銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

ドイツ写真の現在

2006-01-31 | アート

日曜日に「ドイツ写真の現在」展を観に、京都国立近代美術館へ・・・・。週末から風邪でダウンしていましたが、何とか復帰できたので!この展覧会に行ってきました。さすが、日曜日という事もあって、大勢の人で賑わっています。くしゃみと鼻水がでるので、マスクをして、少々頭もボッ~状態での観覧です。10人の写真家の作品が出品されていました。熟年のご夫婦らしき方のご主人は「何が言いたいのか、理解できない!」と美術館のスタッフの方に訴えておられる場面も・・・。確かに難しいですよねどちらにしても観る側の受け止め方・感じ方だろうし・・・。好きか嫌いかもあるだろうしこの中で、私が強く惹かれた作家はロレッタ・ルックスという人です。子供のポートレートを主に制作してきておられる方だそうです。方法は子供にあらかじめ用意された衣装を着せて撮影し、背景は、別で制作したものとデジタル合成しているそうです。そう言えば、子供と衣装が何故かアンバランス・・・。でも面白いのです。写真なのですが、造形的な作品なのです。冊子を読むとロレッタ・ルックス、写真をする前は絵画を勉強なるほどそれで、写真も造形的なんだあ(納得しました)今回この展覧会のポスターがこの作家の写真です。

          不思議な雰囲気がありますよね

ロレッタ・ルックスの作品のサイトもあります  Loretta Lux

ドイツ写真の現在についての詳細はこちら からどうぞ    

Comment

MINI PRINT INTERNACINNAL DE CADAQUES 25

2006-01-29 | 銅版画関連

毎年スペインのカダゲスというところで、開催されるミニプリント展の作品が、今日戻ってきました。作品とともに、作品展の図録も一緒に同封されています。すべてスペイン語なので、記載されている細かい内容は分かりませんが・・・。出品者・入選者・作品の写真などの簡単な事はわかるので、展覧会の様子も何となく伺えます。今回は25回目となるこの展覧会、世界49ヶ国・616人のアーティスト・作品数2,364点という膨大なものです。私は今回5度目の出品です。この中から6名の入選という事なので、凄い激戦ですよね。とりあえず、結果はどうあれ出品する事を目標に、毎年作品作りに取り組んでいます。日本からの出品者もたくさんおられます。そして毎年6名の中に日本の方が選ばれています。日本のアーティストのレベルも高いと思います。さて26回目がまた始まろうとしています。今回も出品予定です。

             ミニプリント展の本です

  25e MINI PRINT INTERNACIONAL DE CADAQUESHPです
         

Comment

花の名山:藤原岳

2006-01-28 | 登山

三重県鈴鹿山脈の中に藤原岳という山がある。標高1140m、ここは四季折々に色々な花が見られる。私が登ったのは、平成11年の初春。今から7年前だ。この山の代表的な花は福寿草である。福寿草といえば、鉢植えの花というイメージだが・・・。ここには野生の福寿草が群落となっている。一番多く見られるのは、6合目・8合目あたりだ。ただこの花はお天気が悪いと花が開かない。見ようと思うなら、ている日に登るのがお薦め後お薦めの花は節分草である。もちろん名前のとおり、節分の時期に咲く事からである。

               私が撮った花の写真です!

          
          節分草です。大変小さな花です。(クリックしてね!)

          
             福寿草です。(クリックしてください!)

          
          福寿草の群落です。藤原岳6合目で撮影

  福寿草・節分草が終わると、いちげ・えんれい草・いわうちわ・いわかがみなど
  の花が次々に咲きます。
  藤原岳へのアクセスは近鉄名古屋線近鉄富田駅から三岐鉄道に乗り換え、
  終点、西藤原駅下車。ここから登山口まですぐです。

    藤原岳情報  詳しくはこちらから

                   三岐鉄道のHPです 三岐鉄道

 

  登山というカテゴリーを加えました。今まで登った山についての話を、少しづつ紹介し
   ていきたいと思います。
 

Comment (1)

ピンチ!!

2006-01-26 | その他
パソコンの不具合で少々ピンチ状態です迷惑メールが毎日20~30件と来るため、とうとうアドレスを変更しました。が、それが引き金・・・。突然outlook expressを開くのに、不具合が起こりました。パスワードを保存して設定しているのに、ログイン画面が出てきてパスワードの入力しなければ、開けないという状況にプロバイダーに問い合わせ指示通りしましたが、だめ パソコンメーカーのサポートに問い合わして下さいとの事。サポートの指示で、上書きインストールもしましたがこれも上手く行かずという事で結局再インストールをする事になりました。パソコンを初期状態にしなあかんわあ~大変やあまたまた長時間パソコンと格闘する事になりそうです
Comment (1)

カラオケのお店情報で~す!

2006-01-24 | お出かけ

先日仕事で、利用者さんとカラオケに行きました。以前にもブログで紹介した事があると思いますが・・・。障がい児・者のホームヘルパー事業所でヘルパーの仕事をしています。(以前は施設で職員として働いていた事も・・・)今回は外出支援で、カラオケへ・・・カラオケ大好きな、元気な方です。さて今回のカラオケのお店、平日(月~金の11:00~18:00)1時間80円で利用できます。ただし飲み物は別途+380円(ソフトドリンク飲みほうだい)とは言え、3時間の利用で240円+380円=620円(一人)ですアルコールが飲みたいなんて思われる方はもう少しお値段しますが・・・。場所は近鉄小倉駅より歩いてすぐです。
土・日・祝日も料金UPですよ

カラオケクラブ「ガッチャ」小倉店

〒611-0042 宇治市小倉町神楽田-25 レインボープラザ宇治3F
TEL.0774-28-2188

 

Comment

登山の思い出:槍ヶ岳

2006-01-22 | 登山

昨年、北欧にてトレッキングをした。久しぶりに16キロという長丁場を歩く。2003年の9月の栃木の那須岳以来、ず~と山から遠のいていた。今年、また山行きを再開できたらな・・・なんてと思っている。百名山といわれる山が日本にはある。私もその中の20くらいの山に登った。1990年以降、2003年までの間あちらこちらの山へ行く。2000年夏、念願の槍ヶ岳へ・・・ 一般的なルートで、往復するというものなので、私でも楽に行ける。上高地奥上高地(横尾)槍沢槍ヶ岳山荘槍ヶ岳頂上 帰りは横尾宿泊上高地というルートだったと思う。約10時間くらいの行程

 槍は見えていますが・・・なかなかです。

       逆さ槍が見える氷河公園です 

   山頂での記念撮影
        
標高3,180mです。

 

  

Comment (1)

キング・コング!

2006-01-20 | 映画:シネコン

JR二条駅にある東宝シネマ二条で、「キング・コング」を観てきましたこのシアターに行くのも初めて・・・。駅周辺も以前とは変わって、無茶苦茶綺麗になっているのでびっくりさてシアターはBivi二条の4階で、シアターは11あり、収容人数は70人~400人といった色々な大きさです。シアターと分かれて食事をとれるスペースもあり、なかなか良いです さて映画のお話を・・・・。「キング・コング」と言えば皆さんご存知だと思いますが・・・。南の地図にもない島(スカル・アイランド)からキング・コングは捕らえられ、ニューヨークで悲劇的な運命に翻弄されるというお話。最後のエンパイアステートビルでのキング・コングのシーンは有名ですよね1933年に制作されたこの古典的な映画を、今回ピーター・ジャクソンが現代に蘇らせましたキング・コングや恐竜などが画面いっぱいに、迫ってきます思わず息を呑むシーンも・・・・。ジェラシックパーク並みの凄さですやはりアメリカ映画の特撮には脱帽です3時間という長さですが・・・ぜひご覧下さいヒロイン役のナオミ・ワッツもむちゃ綺麗ですよ

       キング・コング  公式サイト

                映画館のサイト 東宝シネマズ二条 

Comments (2)   Trackbacks (3)

メゾン・ド・ヒミコ

2006-01-17 | 映画:ミニシアター

今年になって、初めて観た映画が「メゾン・ド・ヒミコ」です。アンコール上映という事で、どんな映画かなという興味もあり、観にいきました。芝咲コウという女優さんのこともあまり知りませんでしたが・・・いやあなかなか良かった終始不機嫌そうな表情で、凄くブスな女性沙織を演じきっていました。ゲイの父を嫌い、存在を否定しながらも、癌で余命が僅かな父の経営するホームでお手伝いをする事になります。ホームはゲイのための老人ホーム。ここで沙織はゲイの人達と出会います。いつしか不思議な、いいしれない関係が生まれてきます。そして何といっても父の恋人春彦の存在ではオダギリジョーがかっこよく演じていました。私が好きな場面は、クラブでのダンスシーン沙織のバスガイド姿もカッコ良かったバックに流れる懐かしのメロディー「また会う日まで」も最高でしたそして沙織の父卑弥呼役、田中泯も独特な存在感をかもし出していました。私とっては田中泯はやはり前衛舞踊の旗手としてのイメージがある人なので・・・・。このゲイ役と何か重なるものを感じます。不思議な世界だけど、何か日常的なものを感じる映画でした

                     

 メゾン・ド・ヒミコ
公式サイトです

Comment   Trackbacks (2)

映画館が消えて行きます・・・。

2006-01-14 | 映画:シネコン

皆さん、ご存知でしょうか?今月の29日で、スカラ座・京都宝塚劇場、そして京極東宝が閉館されます。スカラ座・宝塚劇場は1935年にオープン以来、70年間続いた映画館。京極東宝においては51年間だそうです。映画ファンにとっては、本当に淋しいですよね最近は新しい映画館も次々オープン時代の流れなのでしょうか仕方ない事かもしれませんが・・・ 1月28日(土)・29日(日)はラストショーという事で閉館イベントが開催されるそうです。厳選16本の邦洋画を一挙上演!全作品500円均一詳しくはスカラ座へお問い合わせ下さい 075-221-5151です

   詳しくはこちらからどうぞ

 

Comment

平安画廊のわんちゃん!

2006-01-13 | 携帯ブログ

平安画廊は版画専門のギャラリーです。昨日、久しぶりに行きました。この画廊には犬がいます。でも画廊の犬ではありません。オーナーの中島さんが預かっておられます。この犬は二代目のシーズ犬です。以前来ていたわんちゃんは亡くなってしまったそうです。かなりの老犬でした。今回、動画で撮影しました。上手くblogに載るでしょうか?帰ってからの楽しみです。さて?(^_^;)

現在、平安画廊にて村上文生展が開催中です(嵯峨美大の先生です)
樹脂版での作品です

  わんちゃんは毎日訪ねて来て、何時間かを画廊で過ごしています。
   

  平安画廊画廊情報はこちらから!

Comment (1)