銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

ベイビー・ドライバー(2017)**BABY DRIVER

2017-08-22 | 映画:シネコン

 MUSIC ON,GET MONEY.

久しぶりにTジョイ京都。ここでしか上映されていないので京都駅まで出かけて来ました。主演のベイビーを演じるのはアンセル・エルゴートという俳優さん。初めて観ました。なんと身長191センチだそうで、モデルもしているそうです。そんなにイケメンには見えないのだけれど。彼を取り囲む俳優陣も結構豪華。以下が主要なキャスト↓

  

  

何とケヴィン・スペイシージェイミー・フォックス。知っているのはこの2人だけか!

後の方は初めて観る人。主人公ベイビーの恋人デボラには、リリー・ジェームズ。なんでも実写版シンデレラに出た女優さんだとか。スレンダーでなかなか可愛い方でした。
監督はあのエドガー・ライトホットファズ 俺たちスーパーポリスメン! が私の大好きな作品。この作品までは今作はいかないけど、テンポ良くてまあまあ楽しめたかな。なんといってもカーチェイスが凄い。主人公の彼はスタントなしでやっているのかしら?とにかく気分がすがすがしいほどである。

一見大人しいベイビーだけど、車のハンドルを握るとたちまち人格変わる!確かに運転って人の人格を変えるのはあるけどこれがホンマにすごいので見応えありです。

 
何と言ってもこのハンドルさばきには圧倒される!!  アイポッドは必需品

あらすじ(allcinemaより)

 天才的なドライビング・テクニックを買われ、ギャングのボス、ドクの下で“逃がし屋”として働く青年ベイビー。幼い頃の事故で両親を亡くし、自身もその後遺症で耳鳴りに悩まされている。そのためiPodが手放せず、常にお気に入りのプレイリストを聴き続けていた。すぐにキレる狂暴なバッツはじめコワモテの連中を乗せても顔色一つ変えず、クールにハンドルを握るベイビーは、音楽を聴くことで集中力が研ぎ澄まされ、誰にも止められないクレイジーなドライバーへと変貌するのだった。そんなベイビーが、ウェイトレスのデボラと出会い、恋に落ちる。そして彼女のために、この世界から足を洗おうと決意するベイビーだったが…。

 

 

解説(allcinemaより)

「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」のエドガー・ライト監督が、ギャングに雇われ、“逃がし屋”として働く天才ドライバーの青年ベイビーの活躍を描く痛快クライム・カー・アクション。リアルかつ華麗なカー・アクションに加え、主人公が絶えず聴いているiPodの曲がBGMとなり、そのビートに合わせて全てのアクションが展開していく斬新な演出も話題に。主演は「ダイバージェント」「きっと、星のせいじゃない。」のアンセル・エルゴート、共演にケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、ジョン・ハム、ジェイミー・フォックス。

メディア 映画
上映時間 113分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2017/08/19
ジャンル アクション/犯罪/音楽
映倫 G

アクションも凄いですが、ちょっとミュージカルぽいところも必見!ベイビーの歌声も聴けますよ!余すことなく楽しめる作品でした。

  

オフィシャル・サイト
http://www.babydriver.jp/

 

 

Comments (4)   Trackbacks (12)

トンネル 闇に鎖された男(2016)**TUNNEL

2017-08-15 | 映画:ミニシアター

 全長1.9kmの暗窟。
手元にあるものは
残量78%の携帯電話
水のペットボトル2本
そして、娘への誕生日ケーキ。

京都シネマで2本目鑑賞。主演はハ・ジョンウ。チェイサーで猟奇的な殺人者を演じた素敵な俳優さん。これなかなか面白かったです。ちょいと長いですが。。。。。

あらすじ(allcinemaより)

自動車ディーラーのジョンスは、今日が誕生日の娘と妻セヒョンが待つ我が家へと車を走らせていた。ところが運悪くトンネルを走行中に崩落事故に遭遇、生き埋めとなってしまう。どうにか携帯電話がつながり救助を求めるが、やがて救出までには相当の時間が掛かることが明らかとなる。しかしジョンスの手元には、バッテリー残量78%の携帯と水のペットボトルが2本、それに娘へのバースデーケーキが1つあるだけだった。そんな中、ニュースで夫の身に降りかかった惨事を知る妻セヒョン。一方、キム隊長率いる救助隊の奮闘もむなしく、ジョンス救出は一向にはかどらず…。

 

妻セヒョンにはペ・ドゥナ 空気人形でおなじみの女優さん!何とか助けて欲しいという気持ちで捜索隊のお手伝いに励む!初めは数日で何とかなると思われていたが、思った以上に困難を有する事故。


キム隊長がトンネルの中に入ってみるものの、想像以上の惨状だった。下手すると捜索している自分たちにも災難が。二次災害を起こすと判断。

色々な作戦を取ることに。

 
                                   キム・デギョンにはオ・ダルス 渇きなどでお馴染みの俳優さん

一生懸命掘り当てたのに、場所は違うということに。絶望の淵に立たされる。

さてトンネル内のイ・ジョンスは?

 残りわずかの水とケーキで飢えをしのいでいたが、同じように事故にあった女性を見つける。
泣く泣く水を分ける羽目に。また唯一の食糧だったケーキを女性のペットの犬に食べられてしまう。次第に女性は力尽き亡くなってしまう。

食べ物も水もなくなってしまったジョンス、果たして生き延びることができるのか。尿を呑もうとも試みるも・・・・・。

季節は冬に突入。捜索隊は焦り始める。時間だけがどんどん過ぎて行く。


生きているかどうかを知るのは携帯のみ。しかしその携帯の残量も残りわずか。そしていよいよ残量も切れてしまう。

その後は生死が分からなくなり、捜索を打ち切る話も飛び出す。

 
打ち切りを迫られるセヒョン                  キム隊長もその判断に決断できず。


最後の望みをかけるキム隊長

さてさてどうなるのか?事故から一か月、ジョンスは一体どうなっているのか?

解説(allcinemaより)

全長1.9kmのトンネルで崩落事故に巻き込まれた男を主人公に、その過酷なサバイバルの行方を、家族や救助隊、政府関係者それぞれの思惑が交錯する人間ドラマとともに描き出したサスペンス・ドラマ。主演は「チェイサー」「お嬢さん」のハ・ジョンウ、共演にペ・ドゥナ、オ・ダルス。監督は「最後まで行く」のキム・ソンフン。

少し長く引っ張りすぎのようにも感じ、だれることもありましたが、まあまあそれでもジョンスの生還をマジで観ている私も望みましたね。ラストはどうなったかは是非シアターで。2時間超えでしたね。

メディア 映画
上映時間 127分
製作国 韓国
公開情報 劇場公開(アルバトロス・フィルム)
初公開年月 2017/05/13
ジャンル ドラマ/サスペンス
映倫

G

オフィシャル・サイト
http://tunnel-movie.net/

 

 

Comments (2)   Trackbacks (2)

ヒトラーへの285枚の葉書(2016)**ALONE IN BERLIN

2017-08-11 | 映画:ミニシアター

 ペンと葉書だけを武器にして、真実を生きていく―

京都シネマにて2本鑑賞。1本目がこの作品でした。事前に内容を読み、かなりショッキングな感じかなと思っていましたが、意外にもさらっとした雰囲気。
もう少し重いのかと思っていましたが。戦争で息子を失った夫婦の悲しみはそれなりに痛感しました。アンナ・クヴァンゲルを演じるエマ・トンプソンの迫真の演技もそれなりに伝わって来たのですが・・・・・。時間的に短いせいか?結構省略されているようにも思えました。

とはいえ、ヒトラーのために息子を捧げた夫婦の悲しみはぐっとくる場面も。でも犯人として見つかるまでのハラハラ感はあまりなかったような気もします。
あっけなく捕まってしまい、結局2人とも死刑にされてしまったようです。

 夫オットー・クヴァンゲルにブレンダン・グリーソン
ばれないような字を書き、ヒトラーへの怒りを表す。

 アンナもその葉書をあちらこちらにそっと置く。

あらすじ(allcinemaより)

 1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリン。静かに暮らしていた労働者階級の夫婦オットーとアンナのもとに、ある日一通の封書が届く。それは出征したひとり息子ハンスの戦死をしらせるものだった。失意に暮れる夫婦だったが、やがてオットーはペンを取り、葉書にヒトラーを批判する言葉を書き連ねると、アンナとともにその匿名の葉書を公共の場所に置いて立ち去る行為を繰り返すようになる。市民からの通報を受け、ゲシュタポのエッシャリヒ警部が捜査に乗り出す。それでもなお、この危険な行動を続けるオットーとアンナだったが…。


エッシャリヒ警部役にはダニエル・ブリュール


この場面は2人が最後に一緒に逮捕されたところ。淡々としていました。もう少し臨場感が欲しい。

解説(allcinemaより)

ナチス時代のドイツを生き抜いた作家ハンス・ファラダが、当時のベルリンで実際に起きた事件を基に書き上げたベストセラー小説『ベルリンに一人死す』を、俳優で本作が長編監督3作目となるヴァンサン・ペレーズが映画化したヒューマン・ドラマ。ごく平凡な労働者階級の夫婦が息子の戦死をきっかけに、自らの尊厳を守るためにナチスへのささやかながらも命がけの抵抗運動へと身を投じていく姿を描き出す。主演はエマ・トンプソンとブレンダン・グリーソン、共演にダニエル・ブリュール。

メディア 映画
上映時間 103分
製作国 ドイツ/フランス/イギリス
公開情報 劇場公開(アルバトロス・フィルム)
初公開年月 2017/07/08
ジャンル ドラマ/戦争/サスペンス
映倫 G


夫婦愛はなかなかよく情感出ていました。

全体にあっさりした感じでちょっともの足りなさを感じました。

 

オフィシャル・サイト
http://hitler-hagaki-movie.com/

 

 

Comment   Trackbacks (4)

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016)**THE FOUNDER

2017-08-04 | 映画:シネコン

 英雄か。怪物か。

MOVX京都にて鑑賞。今やファーストフードの代名詞と言われたマクドナルド。このような経過を辿り大きくなったんですね。それをやり遂げたのがレイ・クロックという営業マンだった。フランチャイズというのは昔からあったのかしら?マクドナルド兄弟に持ちかけていたけど。ただフランチャイズだと何となくオリジナル感はなくなるよね。とにかくレイは凄い人物だ!よくも悪くもここまで行くと凄いとしか言いようがない。

本家本元のマクド兄弟も彼にかかっては手も足も出せないとはホンマにつらいよね。個人的にはこの兄弟に応援したくなったよ。


結局商標登録までレイにとられる。悔しいよね。レイのやり方は見事に拡大させ、世界一のチェーン店にまで押し上げたのはこんなストーリーが影にあった。私も知らないで時々近くのマクドを利用しているのだから何も言えないけどね(笑)
それにしても昭和29年頃からこのようなお店を展開させていたとはびっくり!

 
怪物営業マン、レイ・クロックにはマイケル・キートン

 
紙袋から取り出して気軽に食べられるというのは本当に斬新です。

これに目をつけたレイはもっと凄い!!全米に店舗を拡大させるのだからね。

 

あらすじ(allcinemaより)

1954年、アメリカ。レイ・クロックはシェイクミキサーを売り歩く52歳の営業マン。ある日、1度に8台もの注文が入り驚くレイ。さっそく店を訪ねてみると、そこはマクドナルド兄弟が経営する大繁盛のハンバーガー店だった。レイはその無駄のない合理的なシステムに感服し、ビジネスとしての可能性を見出す。さっそく兄弟にフランチャイズ化による全国展開を提案し、晴れて契約を取り交わすレイだったが…。


レイの妻レセル・クロックにはローラ・ダーン

アイスも粉状のもので作るというのにはいやあ驚いた!これがマックシェイクの前身かな?まあ結局はこんな宇宙食のようなものにはならず、ほんまもののアイスを使用することになったらしいけど。これからはマクドへ行ったら、何気なく見落としている部分も見つけるかもしれないね。


右 弟ディック・マクドナルド役ニック・オファーマン 左 兄マック・マクドナルド役ジョン・キャロル・リンチ

伝記ものはちょっと苦手ですが、今回はマクドの歴史を知ることが出来て良かったかな。これからは見方が変わるかも。

解説(allcinemaより)

  「バードマン」のマイケル・キートンが世界最大級のファストフード・チェーン“マクドナルド”の“創業者”レイ・クロックを演じる伝記ドラマ。マクドナルド兄弟が始めた片田舎のバーガー・ショップを世界的巨大企業へと急成長させたビジネスマン、レイを主人公に、成功のためには手段を選ばない彼の冷徹な信念と飽くなき情熱を、職人気質の兄弟との対立を軸に赤裸々な筆致で描き出す。共演はニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、ローラ・ダーン。監督は「しあわせの隠れ場所」「ウォルト・ディズニーの約束」のジョン・リー・ハンコック。

メディア 映画
上映時間 115分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(KADOKAWA)
初公開年月 2017/07/29
ジャンル ドラマ/伝記
映倫 G

 

オフィシャル・サイト
http://thefounder.jp/

 

 

 

Comment   Trackbacks (14)