銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

ジュラシック・ワールド(2015)**JURASSIC WORLD

2015-08-31 | 映画:シネコン

 あのテーマパークが、ついにオープンする。

映画がオープンしたので、鑑賞してきました。いやあ最初睡魔に襲われ、困りました(汗)何故なのかなあ?まあ何も起こっていないし単調だからなのかも?

実はこの作品の前に「ラブ&マーシー」を鑑賞したのに書くタイミングを失い・・・・。結局書くことをやめてしまいました。さてさてジュラシックワールドですが、恐竜、なかなか迫力ありました。さすがアメリカはこういう特撮ものは凄いですね。とてもリアルだし、観ている方も圧倒されます。おぉ~スピルバーグだったんだ。どおりで・・・・・。

さてちょいとネタばれになりますが、観ていない方は読まないで下さいね。

新種のインドミナス・レックスという恐竜らしく、人間が作り出したものらしいけど。
人間は喰い殺すし投げ飛ばしてしまう強烈なやつ!

最初は檻のような森のなかに隔離されているので、大丈夫なんだけど、あることがきっかけで脱走してえらいことに!まあここからはどいういことになるかは皆さんお分かりになると思います。


動物行動学のエキスパート オーウェン この人がこの映画の中心人物で凶暴なTレックスを手なずけるという力の持ち主


それがこのシーン!!オーウェン役の俳優さんはクリス・プラット ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに出演していた人らしいんだけど、未見なので馴染みなし


そのオーウェンを取り巻くのはこのパークの監督官のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)とその甥子たち。ブライス・ダラス・ハワードはご存知、ロン・ハワードの娘さんですよね。

役者さんの話は置いといて、、、、。面白さで行くとまあまあというところでしょうか。そんなに斬新さはありません。まあこういう作品にありがちなストーリーだと思います。とにかくスリルとアクションは十分味わえるとは思います。お金がかかっているだけあってその辺は楽しめるのではないでしょうか。恐竜に襲われるシーンなんかはドキドキハラハラもんですし。眠気もすっ飛んでしまいますからね。


まるで未来のサファリパークとでもいいましょうか。でも現実にあったらやはり面白いでしょうね。

 
なんせでかい恐竜に襲われて乗り物は無茶苦茶!!危機一髪で助かるところは大体見当がつくところ(笑)

 
パークを操作するスタッフたちもインドミナス・レックスのおかげでてんやわんや

 
パークを何とか自分の手の内に入れたい性悪なおじさんに 問題の恐竜を甦らせたウー博士やパークの資金源となるオーナーも大慌て!

さまざまな人間模様、パークを暴れまわる恐竜たちからどのように回避するのか?それが見どころですね。

あらすじ(MovieWaklerより)

コスタリカ沖の島に建設された“ジュラシック・ワールド”は、本物の恐竜を身近に体験できるテーマパーク。安全な環境の中で、訪れた家族連れが様々な恐竜たちの動き回る様子を見て楽しんでいた。その全てを監督するのは、出世に意欲的な野心家のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)。そこへ、彼女の2人の甥、16歳のザック(ニック・ロビンソン)と11歳のグレイ(タイ・シンプキンス)がやって来る。相手をする時間のないクレアは、甥たちにフリーパスを渡して自由に見学させる。恐竜たちを蘇らせたのは、遺伝学者ヘンリー・ウー博士(B・D・ウォン)。ジュラシック・ワールドの後援者で億万長者のサイモン・マスラニ(イルファン・カーン)の下で研究を続けていたが、パークをビジネスとして成功させるためには、リピーターを増やさなければならない。それには、毎年新しい種を創り出す必要があった。プレッシャーを感じたウー博士は、倫理上の一線を越えて遺伝子操作を行ってしまう。それは、史上初の遺伝子組み換え恐竜の誕生だった。秘密裏に誕生した大型恐竜インドミナス・レックスの性質は謎に包まれており、遺伝子構造に関するデータも機密情報として扱われ、隔離状態で飼育されていた。その生態と安全性を確認するため、クレアはメイン・パークから離れた研究施設に勤務する恐竜行動学のエキスパートで元軍人のオーウェン(クリス・プラット)を訪ねる。そこへ、インドミナス・レックスが逃亡し、ジャングルの奥深くへ姿を消したとの連絡が。それは、恐竜も人間も、パーク内の生き物すべてが危険に直面したことを意味した。2人の甥の身を案じるクレア。彼らは周囲360度が見渡せるアトラクション“ジャイロスフィア”に乗って恐竜の間を回っているのだ。パニック状態の中、救出に向かうオーウェンとクレア。他の恐竜たちも逃げ出し、安全な場所が失われたパークに残された人々の運命は……。

解説(allcinemaより)

最新のバイオ技術で現代に蘇った恐竜たちが巻き起こす恐怖の惨劇を描き大ヒットしたSFパニック・アクション「ジュラシック・パーク」シリーズの第4弾。新たに建設された恐竜のテーマ・パークを舞台に、遺伝子組み換え操作で誕生した新種の恐竜によって引き起こされた史上最大のパニックの行方を圧倒的スケールで描き出す。主演は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクリス・プラット、共演にブライス・ダラス・ハワード。

何にも考えないで娯楽として観るにはいいかもしれませんね。

メディア 映画
上映時間 125分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(東宝東和)
初公開年月 2015/08/05
ジャンル SF/アクション/アドベンチャー
映倫

G

 オフィシャル・サイト
http://www.jurassicworld.jp

そうそう海の中にも怖い巨大魚が・・・・。

 

 

 

 

Comments (2)   Trackbacks (4)

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015)

2015-08-14 | 映画:シネコン

 絶対不可能に挑め。

先週の土曜日、8月久しぶりの映画鑑賞をしてきました。前日に公開となったトムの新作です。キャッチコピーの通り凄い挑戦ですよね。噂によるとトムはスタントを使わず自らやっているというのですからほんまにびっくりです。それだけでも見ごたえのある作品だと思います。
あらすじがどうでもいいとは思いませんが、こここまでやってくれると気分爽快です。

飛行機の翼に乗るトム、本当に驚き!怖くないのでしょうかね。

  
相手役の女優さんは自らやっているのかしら?もし本人がやっているとしたらこの人もなかなか凄いよね。

なかなか美人な女優さんですが、名前を知ったのは初めて。役名はイルサ・ファウスト。レベッカ・ファーガソンという方らしい。何でもスーエデンの女優さんだとか。キャスト地味すぎるかも(笑)

その他のキャスト陣は・・・・。


ウィリアム・ブラント役(左)にジェレミー・レナー。出番はちょっと少なかったけど・・・・。右の黒人さんはヴィング・レイムス。この世界ではかなりキャリアのある俳優さんだそうですが、個人的には知りませんでした。

そしてこのひと!

 トム演じるイ―サン・ハントの相棒ベンジー・ダンを演じるサイモン・ペッグ
今回もおとぼけでドジだけど良い味だしていました。

CIAの上司役にはアレック・ボールドウィンも登場。脇を固める俳優もなかなか豪華ではありました。

 
バイクでのトムのスタントは息を呑むものがありいやあ凄いとしか言えません。怪我もきっとすることあるでしょうね。

あらすじ(allcinemaより)
イーサン・ハントと彼のチーム“IMF”は、各国の元エリート・スパイたちによって結成され、国際的な陰謀をめぐらす謎の組織“シンジケート”を追っていた。しかしその矢先、IMFはCIA長官によって解散を命じられ、メンバーはバラバラに。その後、単身でシンジケートの実体解明を進めていたイーサンは囚われの身となってしまう。その窮地を救ったのは、なんと敵側のスパイと思われた謎の美女イルサだった。やがて秘かにベンジーらチームのメンバーを再集結したイーサンは、敵か味方か分からないイルサをも、その能力を買ってチームに加えると、シンジケートを壊滅すべく史上最大の不可能ミッションに挑むのだったが…。

お話しは観ていると少し複雑に感じました。まあそれよりアクションを楽しめばそれだけで良かったかなという気もします。何よりもトムの不可能な事に挑むことに価値があるかなあとも思える作品でしたね。

解説(allcinemaより)

トム・クルーズ演じる伝説のスパイ、イーサン・ハントが数々の不可能なミッションに挑む大人気アクション・シリーズの第5弾。イーサン率いるスパイ・チーム“IMF”が解体の危機に直面しながら繰り広げる、謎の組織“シンジケート”との究極の諜報バトルの行方を、迫力のアクション満載に描く。共演はジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン。監督は「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。

メディア 映画
上映時間 131分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(パラマウント)
初公開年月 2015/08/07
ジャンル アクション/サスペンス/アドベンチャー
映倫 G

オフィシャル・サイト
http://www.missionimpossiblejp.jp/

さてさて次回は何を鑑賞かな?色々観たいものがあるので悩んでいます。今回はスカッとした気分で観ることが出来ました。

 

 

 

Comments (4)   Trackbacks (8)

近況、そして病気について。

2015-08-08 | その他

今晩は☆★

ご無沙汰しています。一応何とか復帰しました。とはいっても再発するかもとドクターには言われているので少々ビビッています。
病名は口腔心身症という何やらややこしいものです。もう少し簡単に説明すると、心因性よる口腔乾燥症です。口が乾燥するというとそれほど気に留めるほどのものじゃないとなめてかかっていたのですが、、、、、。

結構これが無茶苦茶凄い症状が起こり、喉の奥に異常な乾燥感を感じたり口では表現できないような喉の痛みを感じることもあります。そのため喉の筋肉痛が起こることもありました。食事も知覚過敏を感じて食べられなくて、その結果一時期激やせとなったことも。喋りずらくなったりもします。とにかく色々大変な状況でした。

関西には専門医が一か所ということで今は一か月1度受診しているような状況です。薬の服用で症状はみるみるうちに回復しましたが、最終的には薬服用しなくても良い状態にしなければならないそうですまあそんなことで一体いつまで薬を飲み続けなければならないのか?先はわからない状況です。

ということで更新もぼちぼちだと思いますが、皆さん宜しくお願いします。さて6月からぼちぼち映画鑑賞を始めました。一応何を鑑賞したかだけ記録をして少し感想をちょこっとメモ程度に・・・・。

 

映画鑑賞作品、月日、ちょこっと感想をメモ

6月12日(金) 園子温監督作品 「新宿スワン」  園監督にしては割合普通ぽい作品でした。スカウトマンのお話

  17日(水) 是枝裕和監督作品 「海街ダイアリー」 少々睡魔に襲われた作品、まあ普通かな

  29日(月) 監督?ジュリアン・ムーア主演作品  「アリスのままで」 主人公アリスが若年認知症を患うというお話 次第に症状が悪化。ムーアの演    技は自然体で良かった。全体的には劇的ではなく淡々としていたかな。

7月14日(火) 園子温監督作品 「ラブ&ピース」 個人的にはこの作品が一番好き!主人公を演じた長谷川博己の極端な役どころにぶったまげた!!

以上4作品鑑賞。8月も2本か3本観れたらいいなあ。まずはトム・クルーズのミッションポッシブルシリーズが観たいです。

 

 

 

Comments (6)