銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

死霊館(2013)**THE CONJURING

2013-10-22 | 映画:シネコン

  

“心霊現象の大半は科学的に解明できる”
と証言する著名な学者が、キャリア史上唯一
100%本物と認めた事件。

結局この前観た「悪いやつら」は記事アップ出来ず、、、、。昨日観た死霊館を書くことにしました。ジェームズ・ワン監督作品の代表的な「ソウシリーズ」はまったく未見で、観たのはインシアデスだけかな。そうそうあれはなかなか面白かった。その余韻を引きずりながら今回この作品をMOVIX京都にて鑑賞。

お話はいたってシンプル。悪霊の住む館に引っ越してきた家族の物語。最初からなんとなく胡散臭い館だと思ったら、やっぱりそれらしく、、、。寝ている娘たちの足を引っ張ったり、階段にかけてある額がいきなり爆発して破損したり、母親の体に謎の痣が出来るという色々な怪奇現象が起こる。飼っていたセディ(犬)はやはり何か動物的なかんがあるのか初めから館には入らず。もうもうそれらしき雰囲気はムンムンと感じるのであります。そのセディも翌朝、死体となってしまう。あああああもうもう見え見えなんだけど。でも必死で見ちゃうのよね


末っ子のエイプリルは皆が見えない少年の姿を見たりも。後の子供たちはどの子が誰なのかが把握できずちょっと困りましたが(笑)

それからこの館は悪臭と寒気を感じる。時計は午前3時7分をすべて示しているという何とも言えないところがまた味噌なのです。

こういうパターンは分かっていてもついつい見てしまうのでありました。さてこのままではこの家族は死霊に取りつかれてはいさよなら!というわけにはいきません。ここに彼らを助ける正義の味方がでないとね。

ジャーンそれがこの夫婦であります。

 

 旦那エド・ウォーレンにはパトリック・ウィルソン、妻ロレイン・ウォーレンにヴェラ・ファーミガ。ロレインは透視能力にたけている。
なんでもこの夫妻は実在の人物らしく、心霊学者とのこと。このお話も実際にあった話だそうです。そう考えるとやはり描かれていることはマジ本当のことだと思うと怖いです。

霊感なんてまったくない私にはまるでフィクションとしか思えませんが、、、、。館で起こる怪現象はまさに事実だなんて誰が思えるでしょう。

  
足が引っ張られる娘・・・・。            目隠しをして鬼ごっこをするんですが、、、、。ここにも悪の手が忍びこむ。

 
こういう不気味な館につきものが地下室ですね。古びたピアノが勝手に音が鳴る、、、、、。

 鏡に映るものは一体??


なんとか悪霊を取払うことはできないものか。

 

あらすじ(ヤフー映画より)

1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。しかし、毎朝母親の体にあざができ、一定の時間に止まる時計など不気味な怪現象が次々と発生し、娘たちに危害が及んだことから、一家は心霊学者のウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)に解決してほしいと依頼する。夫妻が現地を調査すると恐るべき歴史が明らかになり、夫妻は館に巣食う邪悪な存在に立ち向かうが……。

  
妻キャロリン・ペロンに悪霊が取りつく。このあたりのシーンは壮絶な感じも。

 
お祓いをしないとキャロリンは死んでしまうことに・・・・。

 
宙づり状態のキャロリンは助かるのか?

解説(allCinemaより)

「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督が、実在する著名な超常現象研究家エド&ロレーヌ・ウォーレン夫妻が1971年に体験した衝撃の事件を基に描く戦慄のオカルト・ホラー。出演はヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、リリ・テイラー、ロン・リヴィングストン。

メディア 映画
上映時間 112分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2013/10/11
ジャンル ホラー
映倫 PG12


この人形もなかなか良い味出していましたね。

オフィシャル・サイト
http://www.shiryoukan-movie.jp/
オフィシャル・サイト
http://theconjuring.warnerbros.com/ (英語)
 
 
 
 
 
Comments (4)   Trackbacks (9)

そして父になる(2013)

2013-10-12 | 映画:シネコン

 6年間育てた息子は、他人の子でした

MOVIX京都にて鑑賞。観てからしばらく時間が経ってしまいました。

大好きな是枝監督作品。今回も家族の物語。福山雅治と監督が組んでというのは初めてですね。そういや福山君も44歳。人の親になってもおかしくないんだよね。でもちょっと違和感感じちゃったな。何だろう。若く見えるのかしら。結婚して子供がいる役っていうのは何かとても不思議なような。それが違和感なのかしら・・・?

いやその違和感が今回の役にマッチしていると言えばそうなのかもしれない。前半は子供への愛情深さは感じられない。どちらかと言えば、企業戦士でインテリー。その上中流以上の家族という感じで何かしら冷たさを感じる。子供はそんな父親に従順な良い子なんだね。
なかなか父に本気で甘えられないというところが可愛そうな気もする。そんな野々宮慶多を演じた二宮慶多君も芸達者だなと・・・・。

尾野真千子はさすが上手いよね。インテリー妻の苦しさや子供への深い愛情をとても自然体で演じていた。

何よりも凄かったのはリリー・フランキー。この人の演技はその中でもピカイチだった。ほんまに子供と同じ目線で楽しく遊び、子供と同化しているのだ!福山君演じるインテリー家庭父とはまったく違う下町のおとうちゃんを憎らしいほど味わい深く演じているのである。妻役真木ようこもそのおとうちゃんにかみ合うくらい良い味を出していたなあ。
福山君が悪いわけではない。あまりにも周りを固める俳優陣が凄すぎるのだ!!ちょいとそのあたりで福山君弱いかも。

 

出番はすくなかったけど、樹木希林、夏八木勲の存在も作品にスパイスを付け加え作品を盛り上げているし、、、、、。

とにかく安心して見られる作品とでも言おうか。あまりにも完璧すぎるくらいの出来上がりなのではないだろうか。

あらすじ(allCinemaより)

 これまで順調に勝ち組人生を歩んできた大手建設会社のエリート社員、野々宮良多。妻みどりと6歳になる息子・慶多との3人で何不自由ない生活を送っていた。しかしこの頃、慶多の優しい性格に漠然とした違和感を覚え、不満を感じ始める。そんなある日、病院から連絡があり、その慶多が赤ん坊の時に取り違えられた他人の子だと告げられる。相手は群馬で小さな電器店を営む貧乏でがさつな夫婦、斎木雄大とゆかりの息子、琉晴。両夫婦は戸惑いつつも顔を合わせ、今後について話し合うことに。病院側の説明では、過去の取り違え事件では必ず血のつながりを優先していたという。みどりや斎木夫婦はためらいを見せるも、早ければ早いほうがいいという良多の意見により、両家族はお互いの息子を交換する方向で動き出すのだが…。

血のつながりが大事なのか?それとも一緒に時を過ごしてきたほうが大事なのか?それは映画を見ている私たちにも手に取るように理解出来る。途中で交換してはたして上手くいくのか?何が大事なのか?色々観る側の観客に問いかけてくる。

王道的にも見える作品ではあるが、ともに2人の小さな役者さんの演技で私たちに問いかけるものを感じさせてくれます。

 

メディア 映画
上映時間 120分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2013/09/28
ジャンル ドラマ
映倫 G

解説(allCinemaより)

「歩いても 歩いても」「空気人形」の是枝裕和監督が、「容疑者Xの献身」の福山雅治を主演に迎えて贈る感動の家族ドラマ。ある日突然、6年間育てた息子が病院で取り違えられた他人の子どもだったと知らされた対照的な2組の夫婦が、過酷な決断を迫られ、それぞれに葛藤を繰り返す中で本当に大切なものを学んでいく姿を丁寧な筆致で描き出す。共演は尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー。カンヌ国際映画祭でみごと審査委員賞を受賞、大きな話題となる。

オフィシャル・サイト
http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp/
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Comment   Trackbacks (11)

地獄でなぜ悪い(2013)

2013-10-05 | 映画:シネコン

 世界が笑った。

今晩は☆★ お久しぶりです。半月ぶりの更新となります。10月1日のファーストディに鑑賞してきました「地獄でなぜ悪い」。

いきなりこんな可愛い女の子のCMから始まるもので、まともにこれは何かの映画での宣伝の一つかと思ってしまいました。実はこのCMからもう映画は始まっていたのですね。まあ考えればガガガはみがきなんてないですもんね(笑)

いつもわくわくさせて頂く園子温監督作品。今回は多少毒気もあるものの、一言で言えばハチャメチャな作品。くだらないといえばくだらないというようなところもありますが・・・・。何故かこのくだらなさが一種たまらない面白さを醸し出しています。

さて上記の可愛い女の子のCMソングも何ともいえない歌あり。全力歯ぎしりレッゴー♪という変な歌詞流れます。しかしこの歌が観終わっても忘れられなく、頭の中でガンガン鳴っていて思わず歌っちゃう私。いまだに思い出してしまいます。これってなんでしょうね。

さてお話はやくざが映画製作をするというもの。内容は単純です。服役中の妻のためやくざの組長が妻のたっての希望を叶えべく娘を主演に映画を作るというものなんです。

ガガガはみがきの女の子ミツコが立派に成長したのが・・・・・。

 二階堂ふみちゃん演じるミツコです。

 その組長武藤大三には國村隼
なかなかこのスーツがお似合いで、やくざも板についている。

 そしてその武藤の妻しずえを演じているのが友近

出番は意外にも少なかったけど、最初の場面では血みどろで猟奇的なのがとても印象的でしたね。

 堤真一は武藤組のライバル池上組の組長でミツコに片思いをしているという設定。 

この人もこの役がぴったり。一見真面目そうだけど、こういう役やらすとピカイチですね。

 ミツコが行きずりで知り合う普通の青年橋本公次には星野源

初めて見たんですが、歌手活動や俳優として活躍されている方だそうです。今回この映画の主題歌も歌っている。

そしてなんといってもこの人にはびっくり!!

 
映画狂いの映画青年 平田を演じた長谷川博己

物静かな雰囲気のある役者さんというイメージだったが、そんな感じを完全に払しょくして凶器の沙汰で演じているの本当に驚きました。

ということでこの人たちが中心となってこのとんでもない作品は始まって行くのでした。

あらすじ(allCinemaより)

ヤクザの組長・武藤は、獄中にいる最愛の妻・しずえの夢を叶えようと躍起になっていた。それは娘のミツコを主演に映画を製作するというもの。しかし、肝心のミツコは男と逃亡してしまい、映画が出来ないまま、いよいよしずえの出所まで残り数日となってしまう。そこで武藤は、手下のヤクザたちを使って自主映画を作ることを決断する。そして何とかミツコの身柄を確保し、映画監督だという駆け落ち相手の橋本公次に、完成させないと殺すと脅して映画を撮影するよう命じる。ところがこの公次、実は映画監督でもなければミツコの恋人でもないただの通りすがりの男だった。それでも監督として映画を完成させなければ彼の命はない。そんな絶体絶命の中で出会ったのが、自主映画集団“ファック・ボンバーズ”を率いる永遠の映画青年、平田。一世一代の映画を撮りたいと夢見てきた平田は、ここぞとばかりにミツコに執着する敵対ヤクザ組織の組長・池上まで巻き込み、ホンモノのヤクザ抗争を舞台にした前代未聞のヤクザ映画の撮影を開始してしまうのだが…。


鳴海凛子ちゃんも特別出演。その他ミッキー・カーチス、江波杏子なども登場!!

 
ファック・ボンバーズの活躍も目が離せないし、やくざたちが音声、カメラなどで活躍するという設定も見もの。


銃より刀の方がリアリティあり。。。。。本物の任侠ものってところ


監督に指された光次も無我夢中で挑む


このシーンはわお(汗)ミツコの毒気も光る。二階堂ふみ凄い・・・・。

解説(allCinemaより)

「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」の園子温監督が20年前に手がけたオリジナル脚本を基に、自らの自主映画時代の経験を盛り込みつつ、ヤクザの世界を舞台に贈る衝撃の血まみれ任侠アクション活劇。突然、自分の娘と組員を使った自主映画の製作に乗り出したヤクザの組長と、そのトンデモ・プロジェクトに巻き込まれた平凡な青年の運命を描く。出演は國村隼、堤真一、長谷川博己、星野源。

メディア 映画
上映時間 129分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(キングレコード=ティ・ジョイ)
初公開年月 2013/09/28
ジャンル コメディ/アクション/任侠・ヤクザ
映倫

PG12

ということでこれは何なの?!と思う人もいれば、最高と思う人もいると思う。多分好き嫌いが分かれる映画だと思う。個人的には唖然としましたが、何故か観終わった後も印象深い作品でした。園監督の無限の凄さを改めて感じました。

 <iframe src="//www.youtube.com/embed/viU4P_XG_eA" frameborder="0" width="420" height="315"></iframe>
 
 
オフィシャル・サイト
http://play-in-hell.com/
 
 
 
 
 
 
Comments (2)   Trackbacks (8)