銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

何者(2016)

2016-10-28 | 映画:シネコン

 恋愛、友情、就活、裏切り。
これが僕たちのリアル。

ここのところ、東宝シネマズに通い続けているな。そろそろ京都シネマにも足を運ばなくてはなんて思っているのだが、バイクで行けるというのがメリットということもあり、また観たい作品がここに集中していることもあったりなかんかして・・・・。

さてなにやら評判がよさそうなので観に行くことにしたこの作品。いまどきの学生の話だった。常にSNSにLINEといったことがでてくる。おばさんである私も少しかじっているがやはり、この世界はどうも理解できにくい。就活にしてもこんな状況なのだということが初めて分かった。内定を取るというのはなかなか指南の技のようである。

佐藤健演じる冷静沈着な二宮拓人はなかなか内定が取れないらしく就活浪人をしている。こういうタイプが取れないというのも何故なのか?ちょっと不思議な感じがするが。

 真面目そうな感じ。まあこの人、後半でびっくりするようなことが判明するんだけどね。それが就活浪人と関係するのか?は違うとおもうんだけどね。

彼とルームシェアしている神谷光太郎は彼とは真逆なタイプ。光太郎演じる菅田将暉君、最近ブレイクしている注目の俳優さんです。個人的にはなかなか良いのではないかと思っている。

 
セトウツミという映画でも高い演技力だったので、この人ちょっと見逃せないと思っています!!映画の中では歌っていたね。

群像映画に近い?いやそうでもないのか?う~んわからないな。色々と考えながら鑑賞。

拓人は光太郎の元彼女、田名部瑞月(有村架純)に恋心を抱いているんだけど、なぜか告白しようとしないのは何故なんだろう?

 
彼女の光太郎への思いが強いからなのか?

それにしてもスマホ見過ぎだ。やっぱりこういう姿はおばさんには理解できないなあ。この空気はやっぱりいまどきの若い人のものかもしれない。


なぜか光太郎が内定取り付ける。光太郎も拓人の方が内定とりつけるはずなのにと不思議がる。これには私も同感。何が悪いのだろうね?


瑞月の友人小早川理香を演じるのは二階堂ふみちゃん。彼女もブレイクしている女優さん。今回は意識の高い女子大生という役柄。何故か彼女も拓人同様中々内定にこぎつけない。

偶然にも拓人たちのアパートの上に同棲して住んでいるという。意気投合して理香の部屋を事務所代わりに使おうということで一致!


理香の同棲相手宮本隆良は就活については、今一つ乗るきではなく、自分で企業を興したいというちょっと頭の高い奴。何やら理屈ばかりこねている。
その役には岡田将生君。

そうそう忘れちゃいけないこの人!


今回は出番少なかったけど、拓人の先輩として登場。山田孝之

メンバーはこれだけだったけどまあ濃い作品だったかな。とにかくいまどきの若い人たちのドラマなので、少々戸惑いもあったが、まあ恋愛ドラマを見るよりは見応えはあったかな。

 友情  恋愛


学生生活 舞台に燃える拓人の姿も見逃せない

私の学生時代はどうだったかな?と振り返るにも色々考えさせるお話だった。しかし就活はこんな感じじゃあなかったね。今は大変なんだと思った。内定とるのは一苦労そうだ。

という意味で少し自分の生活からかけ離れているけど、勉強になりました。皆さんご苦労様です!!

あらすじ(allcinemaより)

大学の演劇サークルに情熱を注ぎ、周囲を冷静に観察・分析する拓人。拓人のルームメイトで、バンド活動をしている天真爛漫な光太郎。その元カノで拓人が秘かに思いを寄せ続ける真面目女子の瑞月。瑞月の友人で、偶然にも拓人たちの部屋の上に住んでいた意識高い系女子の理香とその同棲相手で画一的な就活に否定的な隆良。彼らは、ひょんなことから理香の部屋を“就活対策本部”と名付け、情報交換のために定期的に集まるようになる。大学院生のサワ先輩に見守られ、それぞれに内定を勝ち取ろうと悪戦苦闘する5人だったが…。

解説(allcinemaより)

 人気作家・朝井リョウの第148回直木賞受賞作を「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「愛の渦」の三浦大輔監督が、実力派若手俳優の豪華共演で映画化した青春ストーリー。SNSが大きな役割を果たす現代の就活事情を背景に、情報交換のために集まった5人の若者たちが互いに励まし合いながらも、過酷な就活競争の中で嫉妬や焦燥に振り回されていく悲痛で赤裸々な人間模様をリアルなタッチで描き出す。出演は佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之。

あの桐島部活やめるってよの作家さんの小説だったんですね。知りませんでした。

メディア 映画
上映時間 98分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2016/10/15
ジャンル 青春
映倫 G

タイトルの何者というのも意味あり。なるほどそうだったんだと・・・・。

オフィシャル・サイト
http://nanimono-movie.com/

 

 

Comment   Trackback (1)

永い言い訳(2016)

2016-10-17 | 映画:シネコン

 妻が死んだ。
これっぽっちも泣けなかった。
そこから愛しはじめた。

東宝シネマズ二条にて公開日に鑑賞。本当は京都シネマで鑑賞しようと思っていたんだけど・・・・・。時間がなくて近場で鑑賞となる。もっくんが完璧に崩れていたな(笑)でも良かった!どうしょうもない奴を見事に演じていた。

 妻が亡くなった時に情事だったとはね。ほんまにどうしょうもないわ。

 愛さえ感じない妻への葬式に戸惑う幸夫。まさに悲しいものを感じる。

あんなにどうしょうもない奴が子供と関わっていくうちに人間らしさを取り戻していく姿が何とも微笑ましい。子供は大人と違って純真無垢だから、どうしょうもない大人を変える大きな力があるんだね。主人公幸夫にも子供があれば違っていたかもね。亡くなった妻がめぐり合わせたのかもしれないのかなとも思ったり・・・・。

 
子供たちも幸夫と同じく事故で母を亡くしていた。父親が仕事で面倒が見れないことで幸夫がその世話を買って出る。子供に接することに戸惑いながらも次第に彼らと一生懸命生きていく幸夫の姿が何とも愛おしく感じられた。


幸夫と同じく妻を亡くした子供たちの父親・大宮陽一、彼は本当に妻を愛していた。幸夫まったく正反対。中々妻の死を受け入れられず。

そんな陽一は人間臭くなんかいい感じ。幸夫とは違う。無学なのか?長男真平に少々呆れられているが、、、、。

 
真平君は聡明で勉強も出来る。良い中学に進学したくて塾へ通う毎日。そんな状況をサポートすることになった幸夫。今までとは違い子供らを通じ愛を感じ始めるんだね。父親代わりを一生懸命することになった幸夫、みるみるうちに今までの幸夫とは変わっていくんだ。いや感動!!

坂道を自転車で登り灯ちゃんを保育園へ送る幸夫の姿はまさに父親の姿だなと、、、、。あんなちゃらい男が子供や陽一と出会い変貌遂げていくのは本当に心打たれた。

 幸夫にとって大宮ファミリーはなくてはならない存在となる。そしてすさんだ心を変えてくれたのだと思う。

亡くなった妻が子供を欲しいと思っていたことを大宮ファミリーとのツゥーショットで初めて知るのもその後なんだね。亡くなってしまった妻のことをきっと愛を感じ始めるのもこの写真かもしれない。きっとこの事故や出会いがなければ愛を感じることはなかったのかもしれないなあと感じたのでありました。

あらすじ(allcinemaより)

人気作家の津村啓として活躍する衣笠幸夫。長年連れ添ってきた妻との間に子どもはおらず、夫婦関係も最近はすっかり冷え切っていた。ところがある日、その妻が旅先でバス事故に遭い、一緒に行った親友とともに亡くなってしまう。間の悪いことに、そのとき幸夫は不倫相手と密会中だった。後ろめたさは感じつつも、素直に悲しむことができない幸夫。そんなある日、遺族への説明会で、幸夫とは対照的に激しく取り乱す妻の親友の夫・大宮陽一と出会う。トラック運転手として働く陽一は、まだ手のかかる2人の子どもを抱え、途方に暮れていた。すると幸夫は自分でも驚いたことに、子どもたちの世話を自ら買って出るのだったが…。

もっくんこと、本木雅弘さんのダメダメ男、そして愛を感じる素晴らしい男性と変わる演技、本当に良かったです。大宮陽一演じる竹原ピストルさんも人間味あふれる演技で最高でした。そして脇を固める子供たち藤田健心君に白鳥玉季ちゃんも凄いですよ!

今回も西川美和監督、素晴らしかったです!!

解説(allcinemaより)

「ディア・ドクター」「夢売るふたり」の西川美和監督が、直木賞候補ともなった自身の同名ベストセラーを映画化したヒューマン・ドラマ。妻が不慮の事故で亡くなったにもかかわらず悲しむことができなかった主人公が、同じく事故で妻を亡くした男性とその子どもたちと出会い、彼らとの思いがけない交流を通じて改めて妻への愛と向き合い、人生を見つめ直していくまでの揺れる心の軌跡を、ユーモアをちりばめつつ、切なくも温かなタッチで綴る。主演は「おくりびと」の本木雅弘、共演にミュージシャンの竹原ピストル。

メディア 映画
上映時間 124分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月 2016/10/14
ジャンル ドラマ
映倫 PG12

オフィシャル・サイト
http://nagai-iiwake.com/

 

 

Comment (1)   Trackbacks (6)

高慢と偏見とゾンビ(2016)**PRAIDE+PREJUDICE+ZOMBIES

2016-10-11 | 映画:シネコン

 不朽の名作、感染。

ご無沙汰です。用事があり、ばたばたしていました。気が付けば10月も10日過ぎようとしています。この作品は9月の末に鑑賞。確か東宝シネマズ二条だったと思います。かなり時間が経ってしまいましたが・・・・。

主役エリザベス・ベネットを演じた女優さん、リリー・ジェームズは初めて見た。なんでもシンデレラに出ていた方らしい。本当はブロンド?それともこの髪色が本当なのか?どちらかといえば私は姉ジェイン・ベネットを演じたベラ・ヒースコートの方が好みかな。リリー、綺麗だけどきつそうな感じ。役柄のせいかもしれないかな。やっぱりなんかブロンドの方がいいなあ。

それにしても凄いよね。不滅の名作をゾンビアクションに変えるとは。奇想天外というべきかも。

  
綺麗な衣装に身を包んでいるのにこのアクションがなかなか軽妙で面白い!スタントなしでしているのかしら


ガードル?の下には剣をさしていやいやなかなかセクシーですね。

だけどゾンビの存在は薄かったね。もう少し存在感を出してほしかった気もするけどね。


エリザベスの恋のお相手ミスター・ダーシーにはあのサム・ライリー。彼は作品「コントロール」が印象的だった俳優さん。
やっぱりゾンビの存在がいまいち強烈さ少ない。ゾンビより彼女たちの活躍に焦点を当てているのかな?もう一つ怖さ少なさすぎる。


怖いというのも伝わってこないし、おぞましさも少ないなあ。

あらすじ(allcinemaより)

18世紀末、イギリス。謎のウイルスが蔓延し、増殖したゾンビが次々と人々を襲っていた時代。片田舎に暮らすベネット家の5人姉妹は、幸せな結婚に憧れながらも、カンフーや剣術の訓練に励み、ゾンビと戦う日々を送っていた。そんなある日、近所に資産家のビングリーが引っ越してきて、さっそく舞踏会が開かれることに。思いがけない殿方たちとの出会いのチャンスに胸をときめかせる姉妹たちだったが、次女のエリザベスは、ビングリーの友人ダーシーの高慢な態度に反感を抱いてしまう。以来、ことあるごとにダーシーに反発してしまうエリザベスだったが…。

発想はなかなか面白いのだけど、もう一つひねりがあればよかったのかもしれませんね。


こういう姿は古典的でなかなか綺麗で好きだけどね。

解説(allcinemaより)

 ジェーン・オースティンの古典『高慢と偏見』をベースに、原文をほぼそのまま用いつつ、内容を過激なゾンビ・アクションに改変して話題を集めたセス・グレアム=スミスの同名マッシュアップ小説を「シンデレラ」のリリー・ジェームズ主演で実写映画化。18世紀末のイギリスを舞台に、結婚への葛藤と恋のすれ違いに胸を焦がしながらも、増え続けるゾンビに立ち向かっていくヒロインの運命を描く。共演はサム・ライリー、ジャック・ヒューストン、ベラ・ヒースコート、チャールズ・ダンス、レナ・ヘディ。監督は「セブンティーン・アゲイン」「きみがくれた未来」のバー・スティアーズ。

メディア 映画
上映時間 108分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2016/09/30
ジャンル アクション/ホラー/コメディ
映倫 G

 オフィシャル・サイト
http://gaga.ne.jp/zombies/

 

 

Comment   Trackbacks (5)