瀬戸際の暇人

もう台風は勘弁…

歌え!!アニソン!!~超時空世紀オーガス~

2007年11月22日 21時42分39秒 | アニソン
――イッツ・ア・スモール・パラレル・ワールド。




――ズオッ…!

「オーガァス…!!」

――ズズウ~~~~~~~~~~~~…ン♪
          …ジャ・ジャ・ジャ・ジャ・ジャ♪

「オーガァス…!!」

――ズズウ~~~~~~~~~~~~~~~~~~…ゥゥン♪
       …ジャジャ・ジャジャ・ジャジャジャ・ジャジャジャジャ…♪

「オーガァス…!!」

――ズズウ~~~~~~~~~~~~~~~~~~…ゥゥン♪
       …ジャジャジャジャ・ジャ・ジャ・ジャ…ジャ…ジャッ…♪

白い~闇ぃ~のぉ~なぁかでぇ…♪

密かぁ~にぃとぉきは…流ぁれてぇ…♪

浅い~眠ぅりぃのぉなぁかぁ…♪

遠くにぃ~♪ きぃみのぉ♪ 微ぉ笑み…♪

――ジャーーン♪

見うしぃなぁったぁ~~~♪ こころぉのたぁ~びぃ~じぃ~~~~~~~~…♪

――ジャ・ジャ・ジャ・ジャ・ジャジャン♪

フェーアユーゴーインツ♪ フェーアユーカミィングホーーム♪

――チャ~チャチャッチャ♪チャ~チャチャッチャ♪

ひぃ~かり溢れる未ぃらぁ~い求めぇ~てぇ♪ ウォ~ウォ~♪

フェーアユーゴーインツ♪ フェーアユーカミィングホーーム♪

――チャ~チャチャッチャ♪チャ~チャチャッチャ♪

とぉ~きの流れっ♪ 乗ぉ~り越えっ♪

――ヴーーン♪

こぉ~の大空っ♪ 駆ぁ~け抜けっ♪

――ヴーーン♪

こぉ~の手で創ろうあ~たらしい世界~~と♪ 愛~のう~た~を~~~~~~~…♪

「オーガァス…!!」

…タン♪タ~ララン…♪タン…♪タ~…♪
――キュウーーーーーーーーー……!!




1983年7/3~1984年4/8迄、毎日放送をキー局にTBS系で放映されたアニメ。
マクロスの後番で、同じ「超時空シリーズ」と銘打たれたけど、制作は何故かマクロスとは違い、東京ムービー新社でした。
これは一説によると、マクロスの作画があまりに崩壊してた為、怒ったTV局がタツ○コプロを降板させたからだとか…まぁ確かに酷かったけどね。(苦笑)(けどそれなら、『オーガス』の後番にして超時空シリーズ最終作『サザンクロス』の制作は何故タツ○コに戻されたのだろう??)
もっともメインで制作してたのは、マクロスに引き続きスタジオぬえ&アートランドのスタッフ。
キャラデザも同じ美樹本晴彦氏が行ってる為、見た目マクロスによく似て思えます。


OPタイトルは『漂流~スカイハリケーン~』、作詞は三浦晃嗣氏、作曲&歌はケーシー・ランキン氏。
カンザス州生まれの在日外国人ミュージシャンが作っただけあって、和製ポップスとは雰囲気まるで違う歌です。
段々盛上ってく構成が素晴しく、アニソン史に残したい名ソングじゃないかと。(イタダキマンの後…音が出ます→http://www.youtube.com/watch?v=UJnjsmLCvr4)


西暦2062年――地球は軌道エレベータの所有権を巡り、2つの陣営に分かれて争っていた。

主人公相沢耕平(←は『軽シン』の主人公)…もとい『桂木桂(かつらぎ けい←山本山みたいな名前だな…)』と親友『オルソン』は、所属する自由宇宙軍(フリーダム・スペース・コープス)から受けた任務により、最新のD兵器『時空震動弾』を使って軌道エレベータのエネルギープラント破壊作戦を敢行する。

しかし実は未調整だった爆弾(←なら持たすなよ)を作動させてしまった結果、時空が甚だしく混乱…地球はまるでモザイクの如く無数の世界・種族が共存する「相剋界」と化してしまう。

そして桂自身も時空転移に巻き込まれ、時空振動弾破裂より20年後の世界に吹飛ばされる。

そこで桂は『エマーン人』と言う触覚を持った人種のキャラバンに拾われ、自分が『特異点』と呼ばれる存在だという事を知った。

『特異点』――それは時空の混乱を解消する切り札と推測され、各勢力が奪取を目論んでいる存在だ。

拾って貰ったキャラバンに美女が多かった為、取敢えず行動を共にする桂…だが彼の前に、あの日生き別れた親友『オルソン』が、『アテナ』と言う少女を連れて現れる。

その少女は、なんと桂の娘だった。

桂と、桂の恋人(の1人)『ティナ』との間に産れた子供だったのである。

そして『オルソン』もまた、桂と同じ『特異点』と呼ばれる存在だった――


……前回紹介した『プラレス3四郎』に負けず劣らず、アニメ史に於いてかなり特異な作品と呼べるんじゃないかと。(作品自体が正に『特異点』)
あまりに斬新な世界観だった為、今一マイナーに終り、追随者が中々現れない点でも似ている。

モザイクと化したパラレル時空混乱世界。
トンネルを抜けるとヨーロッパもびっくりの異世界。
パラレルワールドが同時に発生して、地上に現れたと考えてくれれば…。
各世界は他と異なる生態系を持ち、異なる人種が独自の文化を発展させてってる訳ですよ。
それをアニメで表現しようってんだから凄い。
さり気に余談だが真昼間近い放映時間にべっどしーんから始めたのも凄い。
エマーン、チラム、ムー、アトランタ、ファンシィ…登場させる世界の数だけ、文化や歴史、人種等を設定しなきゃならんのだから、非常に手間がかかりますよ。
「意欲作」と片付けるには惜しいくらいだ。

…しかし労作の割にはウケなかった。(まぁ世の中そんなもんよ)

玩具も売れんかったそうで。
前作マクロスの上を行く4段可変ロボ『オーガス』は、しかしマクロスの『バルキリー』程インパクトは得られず、顔のデザインが恐いと子供が泣き出した等、散々な評判に終ってしまったらしい。

……そんなに恐いですかね?(汗)→http://members.at.infoseek.co.jp/inukakure/org.htm

未だビデオで収益上げる事が出来ない時代、玩具が売れないのは致命的。
そしてあまりに凝ったSF設定が難解だと、アニメファンからの人気もマクロスほど獲得出来ず…結局1年間放送もたずに全35話で終ってしまったのでした。

しかしあの最終回は凄いと思う。
或る意味卑怯だが、スタッフの開き直りを感じた。(笑)
レンタル店にビデオが出てたら、是非鑑賞して欲しいです。

アンドロイドのモームが好きでした。

「…だって桂様…ミムジィさんが死んだら、悲しむでしょう…?」(←うろ覚え)

あのシーンには泣いた…神レベルの作画も有って、ボロッボロに泣いたよ…。

TVの再放送で観たいんだがな~~。(ネット配信だとブチブチ切れるから、のめり込み難いんすよ)


…しかし『超時空シリーズ』って銘打っときながら、ちっとも連続してないよね、このシリーズ。(笑)



参考)…フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』等。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 歌え!!アニソン!!~プラ... | トップ | 歌え!!アニソン!!~魔法... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大尉好きでした。。 (urouro)
2007-11-23 22:10:32
オーガスはマクロスの後番組だから期待したのですけど・・・・

個人的にはマクロスの事が後を引いていてどこかでマクロスに関係するものが出てくるのかな、と思っているうちに終わってしまった(笑)

確かに設定はしっかりしていたんですよね。
そこは元々パロディだったマクロスとの大きな違いでしょうか。。。

しかし・・・複雑すぎた(^o^;

後半なんか打ち切りに近い形で終わりになるから、詰め込みすぎな感があるし・・・

でも、そんな中キャラクターは好きでした。
桂は軽薄すぎて好きになれなかったケド(笑)
(いきなり子作りは無いでしょう(^o^;)

その中でも大尉好きだったなぁ。
普段はボーっとしているくせにいざとなるとあんなに強いんですもの。
あのゴーグルつけたところなんか凄かった。。

オーガス自体まぁ2番煎じの感は否めないかなと。。
それにしてもいろんなアニメでタンク形態は冷遇されるんですね(笑)

ガンダム、ザンボット、ダイターン、ゲッターetc
上げたらきりがない。。。

さて帰国まであと一週間です!!
実は結構好きだったり… (びょり)
2007-11-24 00:00:36
物凄く嵌ってた訳じゃないけど、あの世界観は斬新で、もっと練ったら凄い傑作になったんじゃないかと思えるのですよ。
作画も安定してましたしね。(笑)
ちなみにあの世界観…『不思議の国のアリス』から発想したそうで…言われてみればそれっぽいなと。

あの最終回は開き直ってて、思わず笑ってしまいました。
アニメ史に残したい、凄まじいラストの1つじゃねーかと。(笑)

私も主人公は今一…自分が原因でこんなんなったんだから、もちっと責任背負えよなんて…こっそり考えてなくもなかった。(焦笑)
悪い奴じゃないんだけど、ちょいと軽過ぎましたね。
あの軽薄さは日本人には受け難かったんじゃないかなぁ…。

タンク形態…確かに不人気ですね。
地味な印象持てるからか…。(汗)

帰国は待ち遠しいのですが…近付いて来ると、後の事を考えて気が重くなったり…次の日に仕事が控えてると複雑です。(苦笑)

コメント有難う御座いました!
会うのが待ち遠しいです♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アニソン」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事