郡保家の一日

極く有りふれた家庭です。その生活の一端を記録していきたいと思います。

槇枝を

2016年07月31日 | 日記

 槇の枝が伸び放題になって見苦しくなっていたので最近その枝を切るために購入した高枝切鋏を使って朝早くから目立つ枝のみを家人が切ってくれた。切られた枝葉を拾い、私も少し手伝った。その後も家人一人で低い枝を風通しよくするため小枝をすいてくれた。今年は古くなった葉がよく落ち、新陳代謝がいつもの年より激しいように思う。暫定的な剪定であったがマシになった。この槇を見ながらこの木があるからこそ、わが家に風格が出ているのだと一人満足した。

 今日の夕食は、
















 ◆鶏肉とエリンギの中華炒め ◆麻婆揚げ豆腐 ◆小松菜の胡麻和え ◆トマトのピックルス ◆冷やし湯葉汁 ◆ご飯
   ~ 昨日のように料理の個別写真を撮り忘れないように確認しながら撮った。酸っぱいものは夏に合う ~


「土用の丑」の日で

2016年07月30日 | 日記

 土用の丑で美味しいものを食べ、元気をつけ、この暑い夏を乗り切ろうと意を新たにするが、今現在が健康であるかどうか特定健診を近くの病院で受けてきた。今回はガン検診も無料なので必須のものを纏めて受診した。結果のすぐ分かる心電図は不整脈でエコー検査を受けるように医師から勧められた。家人も心電図は同じ要観察らしい。二人して同じとはどういう事かと思う。でも、違うところもある。家人は血液採取で血の出が悪くて腕の3か所に何回も注射針を打たれたらしいが、私は1回で終わり、終わった後も止血パットから血が溢れ出たので看護師に処理をお願いした。看護師は血液サラサラ薬を飲んでいますかと聞かれたが、家人からはあなたは血の気が多い(⇒ 強気な)人だから…とからかわれた。私は血の巡りが良い(⇒ 聡明な)のよと言い返した。

 今日の夕食は、
















 ◆うなぎの蒲焼き ◆炊き合せ(南瓜・茄子・三度豆) ◆酢の物 ◆れんこんの金平(写真なし) ◆ご飯
   ~ 今年は 特大うなぎ にありつけました ~


サマージャンボ宝くじを買って

2016年07月29日 | 日記

 今月、私は生活費の中から少しお金を残せるかなと思っていた。家人もお小遣いの中から同じように思っていたらしいが、サマージャンボ宝くじを買ってしまったので殆ど残らなくなったと言う。私も同じだ。収入に応じて支出を考えていかねば家計は赤字になる。政府は経済対策として28兆円も行うと言うがその財源はどうなるのであろうか。その中で低所得者に1.5万円を一括給付するとも言うが、有効な対策となるのだろうか。改憲への鼻薬だと深読みしてしまう。その裏に隠されたものを探そうとする悪い癖が出る。それにしても右肩上がりの成長主義を追い求め続けるには人口減を考えると無理があり、武家の商法で政府が口を出して上手くいく筈がない。また日銀のデフレ脱却、年金の株運用、等々うまくいっていないことばかりである。

 今日の夕食は、
















 ◆鯛の塩麹と西京焼き ◆豚肉と生キクラゲのオイスターソース炒め ◆焼きナスのオクラ掛け ◆つみれ団子のすまし汁 ◆ご飯
   ~生キクラゲは柔らかくて美味しい ~


夕立あり

2016年07月28日 | 日記

 夕立があった後、いつもなら涼しく感じるのに風がなく湿気が身体にまとわりつくように思えました。カラッと上がるかと思いきや小雨が長く降り続いたせいかも知れません。家人は朝8時半頃テニスの壁打ちに出掛け、戻って来たのが3時半でした。11時半頃テニス練習を止め、家電量販店2店で扇風機と洗濯機を見て、ホームセンターで高枝切鋏などを買い、食料品店で牛乳を買いに立ち寄ったが売り切れであったので仕方なく帰って来たと言う。昼食も食べず、運動をしているのによくお腹が空かないものだ。それよりも何よりも連絡をくれず、私は心配をしたと小言を言った。ほんと糸の切れた凧と同じ…。

 今日の夕食は、
















 ◆湯葉のカニ巻き ◆子持ちシシャモ焼き ◆筑前煮 ◆おろしチリメン ◆ご飯
   ~  ~


鱧で

2016年07月27日 | 日記

京都の祇園祭や大阪の天神祭の頃には鱧料理を提供する料理屋さんが多いと聞きます。魚屋にも鱧が並んでいます。先日娘の所にフライにして持って行きましたが今回は初めて棒寿司を作りました。鱧を綺麗に焼ければ何とか形になり簡単に作れました。外食をすることが少ないのでいつも我流です。

 今日の夕食は、
















 ◆鱧の棒寿司 ◆とりの湯引き、梅肉で ◆野菜の天ぷら(コーン・南瓜・大葉) ◆チンゲン菜の胡麻和え ◆すまし汁
   ~  ~