郡保家の一日

極く有りふれた家庭です。その生活の一端を記録していきたいと思います。

田舎で

2009年07月31日 | 日記

 27日より田舎に行き今日帰ってきました。瀬戸内海にある島で今は橋がかかり便利になっていますが小学生の頃は橋が出来るなんて想像もつきませんでした。今は母一人で住んでおります。まだまだ元気で、畑仕事が生きがいのようで頑張って生活をしてくれており助かります。今回は網戸を洗ったり台所を掃除したりしてきました。それにしても母は毎日早起きで一日のスケジュールを立て、それに則りながら快活に暮らしている姿に驚きました。私も見習わねばと思います。

 今日の夕食は、

◆麻婆茄子 ◆公魚の南蛮漬け ◆きゅうりとワカメの酢の物 ◆ピックルス

~有合わせのもので済ましました。

 


晴れ

2009年07月30日 | 日記

 真夜中、数回雨が激しく降っていましたが今日は朝から久久振りに青空を見ることができました。

 丁度1ヶ月前A社の株主優待制度のグルメチョイスギフトにより、いろいろ迷いましたが「ウェスティング都ホテル京都のアイスクリーム」を選び、それが今日近鉄百貨店から送られて来ました。昨年は「20世紀梨」を選び、贈り先を娘宅にしたのでそれが届いたときに娘宅では何で送られてきたのか分らず揉めたため今回は自宅宛てにしました。でも多分、娘と孫たちが来たときに食べると思います。それまで静かに冷凍室で眠っておれるかどうかです。トラ年のねずみが夜中に冷たいものを探しにやって来るかもしれません。

 自動車会社H社の第一四半期配当通知はがきが来ました。それによると一株当たり前年度22円が8円と大幅減です。政府や日銀は大分回復してきたように言い、株価も日経平均で1万円を超えて来ましたが実態は期待感の方が大きく、失業率も最悪でこれが低下しないと回復は程遠いと思います。景気も早く晴れた日が続き、働きたい人が働ける良い社会に近づいて欲しいと思うのですが。


今日は雨もなく

2009年07月29日 | 日記

 久しぶりに駅前の商店街に買い物に行きました。やっと外に出られ、多くの人がほっとした顔をしています。この7月は雨に対する忍耐力、外出できないための体力維持と、夫婦でいる時間が長いため、お互いに努力のいる月で時間が長く感じました。

 庭に出るとバラの葉が無くなっているのに気付き、上方の枝先を見ると太った一匹の頭は茶色で胴が緑色の約4cm長さの毛虫がいました。毛虫は瓶洗いのように角にも緑毛があり、首周り、胸周り、腰周りと、胴周りの何重か、リング状に同じ緑毛がグルッとあるものでゴミはさみで捕まえて袋に入れました。昨日の話ではないのですが、もし捕まらなければこの幼虫はどんな成虫になったのかと思う。でも、私にとっては害虫です。昔お寺でお坊さんが蛇を見つけても逃がしてやり、『殺生はしてはいけないよ』と私たち悪ガキどもを諭されたが、このようにはなかなかいかないものです。


蝶と蟷螂(かまきり)

2009年07月28日 | 日記
 ふさふさした紫花のデュランタ・タカラヅカに蝶が飛んできました。蜜を吸うのに精を出していたので、悪戯気で捕まえてすぐ放してやりましたが、指に金粉が付きました。このようにして傷つきどんどん蝶がいなくなる。幼虫時の青虫も葉を食い荒らすので駆除される。蝶の行き場はもう無くなっています。子どもの頃は春になると紋白蝶や紋黄蝶(黄蝶?)がわんさと菜の花の上を舞っていた。そんな光景はもう見ません。蝉も私の田舎で一番最初に鳴く「にいにい蝉」や最後に鳴く「つくつくぼうし蝉」は最近高槻では見たことがありません。散策していたら蟷螂を見つけました。蟷螂は攻撃的で子どもの頃から苦手です。今でも緑の葉の中で黙ってひっそりと隠れて生きているのかなと思います。子どもの頃の虫に対する思い出が沢山あることに幸せを感じました。

ずる休み

2009年07月27日 | 日記

 時々雨に当てているモンステラが元気にまた新しい葉を出してきました。が、私は雨でずる休み。昨日は日経セミナーを、今日も健康リテラシーセミナーを休んでしまいました。こんなに雨が多いと体調管理が大変です。昔は真面目だけが取り柄で、雨だから休むってことなんか無かったのに。そもそも「昔は~」なんて言い出す自分は年寄りじみてきていると思う。気持ちだけは若くと思いながら悲しい実態をさらけ出してしまった。こだわりを捨てたら転がり落ちるのも速い。雨の中、毅然とせよとモンステラが言っているように思う。