郡保家の一日

極く有りふれた家庭です。その生活の一端を記録していきたいと思います。

2月最終閏日

2012年02月29日 | 日記

 4年に1回の閏日である。(厳密な言い方ではないが)ただ、一日は変わらないのに一年の季節のズレが毎年6時間先に行ってしまうのを調整するための一日に過ぎない日である。善い事がありそうな気がする一方、悪いことも起こりそうな気もする。また、損をしたような、得をしたような日でもある。
 明石沖、播磨灘でいかなご漁の解禁がこの27日にされ、初物が魚屋店頭に並ぶようになりました。それで今朝水揚げされたものを1kg買い、釘煮を作りました。少しべちゃっとした感じですがまぁまぁの仕上がりです(一人で納得)。
 今日の夕食は、












◆ぶりの照り煮 ◆蛤の酒蒸し ◆辛子酢味噌和え ◆味噌汁

    かため:日本語の難しさ
 関大Kids料理教室でひな祭りに因んでちらし寿司の作り方を教えてきました。レジメのご飯の炊き方で‘かため’を‘固め’、‘堅め’、‘硬め’かが当日朝の予習で分らなくなり、当初の‘固め’を‘硬め’に置き換え、修正しました。が、‘硬い’と言うけれど‘硬め’とは言わないと辞書に書かれていて、元の‘固め’が正しいと分りました。それで再度、印刷をやり直しました。この際、調べた結果を以下にまとめました。
【固】 周りがかたまって動かないイメージ。⇔ゆるい
【硬】 ものが物理的に結合し、壊れないイメージ。⇔軟らかい
【堅】 人(臣)が用意周到で綻びが無いイメージ。⇔もろい
【剛】 力が働いても変形しないイメージ。⇔柔らかい
【牢】 しっかりしていて、動かしたり、変えたりできないイメージ。⇔細やか
【強】 [こわばる]緊張感で不自然にかたまったイメージ。⇔だらける    以上


娘がインフルエンザに

2012年02月28日 | 日記
 娘が風邪かインフルエンザかに罹り、寝込んでいるというので昨日のセミナーの帰りに主人が「明日、姫路まで行くよ」と切符を買って来てくれた。食事も作れないでいるだろうと思い簡単な料理を数種類作り、朝それを主人に託しました。午後から私は再来週に初めて行なう三箇牧料理教室の道具、食器等の下見に行きました。
 今日の夕食は、














 ◆麻婆豆腐 ◆ほうれん草の磯和え ◆はたはたの南蛮漬け ◆しんこのみぞれ和え ◆ご飯

ちぐはぐな主人

2012年02月27日 | 日記
 大阪・Rホテルへ「現在の世界経済と今後の展望」セミナー(講師:東大教授・伊藤元重氏)に行きました。私の席もあり、聴いて教養を身に着けるべきなのですが、一週間家を留守にしていたのでやるべきこともあり、遠慮しました。主人はいつも内容をノートに書いて帰ります。何かぼんやり聴いていると右から左に抜けてしまうのが、怖いみたいです。退職してからも勉強熱心で感心します。でも、時計代わりの携帯電話をこのために充電しておきながら、そのままにして忘れて行く、ちぐはぐなところがあります。人間!スーパーマンにはなれませんね。
 今日の夕食は、














◆豚トロ塩味 ◆牡蠣のオイスター炒め ◆ポテトサラダ ◆白菜の胡麻酢和え ◆中華スープ ◆ご飯

天神さん

2012年02月26日 | 日記

 天神さんの頃は寒いのが通り相場で雪がちらついています。でも、一年に一度のイベントであり、植木市を見に行きましたが、最近は飲食関係の出店の方が多いようです。。蝋梅か、枝垂れ梅を重点的に見て回りましたが、売られている植木も例年に比し花を付けているものが少なく、買いたいと思うものにめぐり合いません。2、3日前の暖かさとの落差が大きく、底冷えするような寒さなのでそれらを見るのを、早々に切り上げて帰りました。
 ひな祭り寿司を昨日試作しましたが、蛤を使うと食中毒ノロウィルスが心配と主人が言うものですから生麩とウドを使った汁物に変更しました。それで、今日も試作のちらし寿司になりました。
 今日の夕食は、














 

 

 

 

◆ちらし寿司 ◆ホウボウの柚子胡椒焼き、クレソンのゴマ和え ◆蛸の酢味噌かけ ◆うどのきんぴら ◆すまし汁


春雨?のごとき

2012年02月25日 | 日記

 春雨?のごとき音もなく細い雨が朝から降っています。来週開催のキッズ料理教室が担当になっているので最終確認のためにちらし寿司を作って写真に収めました。本当はイクラや木の芽も使いたいのだけれども生のものは使えないのでこんな感じになりました。

今日の夕食は、







 

 

 

 

◆ちらし寿司 ◆蛤のすまし汁 ◆烏賊の照り焼き

 春雨:3月下旬頃から4月初めにかけて降る細い霧雨。菜種梅雨。