坊っちゃん入るべからず・・・南四丁目発

北の街札幌。南四丁目からのランと旅日記。

2014 神戸マラソン2

2014-11-27 12:18:35 | 神戸マラソン

マラソン日和となった2014神戸マラソンとなりました。

 

大阪マラソンから2kg増えた状態で一体どんなレースになるのか・・・

 

宿泊ホテルの東急インでチームメイトと待ち合わせ。お互いの調子を確認し、ゆっくりスタート地点へ向かいました。

予報は最低気温12度、最高19度。

マラソンとしては少し暑めとはいえ、大阪から比べれば贅沢言ってはいけません。みんな同じ条件で走るわけですから。(笑)

チームメイトのM君とAブロック前方へ。Hさんはトイレの列に。

 

1分間の黙とうのあと神戸マラソンがスタートしました。

 

大坂は暑いにもかかわらず、スタート直後から突っ込みました。

今回は本来大阪で試すはずだったペース配分でどこまでいけるか。

3’55から4’00/kmで30kmまで押していき、残りをペースアップできるかです。

スタートのロスが15秒くらいだったので、スタート直後の1kmは4分半くらいでしたが、すぐにペースにのれました。

市役所前をスタートしてすぐに三宮駅の手前を左折します。そのあとはコースマップではわからない曲がり角や、細かいアップダウンがあるなと感じました。

チームメイトのM君もほぼ設定どおりのペースで入っていったので、徐々に背中が遠くなりました。

 

最初の10㎞は 39分57秒

 

スタート直後の遅れを取り戻すために次の2kmをペースアップしたので、若干ペースがバラバラでしたが、その後は目標ペースで巡航しました。

 

沿道の応援がすごくて、気持ちよく走れてます。

 

10㎞地点の須磨を通り過ぎると、海岸線に入ります。

風の影響がどのくらいあるのか心配でしたが、ほとんど気にならないくらい。

そして海をみるとたくさんの漁船が大漁旗をつけて走ってました。

最初は「こんな近くでの漁は変だな」と思いましたが、応援のだったとのこと。

感謝、感謝です。

 

ランの方はというと、海沿いにきてからも意外とペースに乗り切れない。

コースも意外とアップダウンが小刻みにあります。

 

段々と明石海峡大橋が近づいてきて、折り返しの「舞子公園」まできました。

途中、先に折り返したトップ選手をみながら、そして前を走るM君も折り返し手前でエール交換。

ずいぶんと余裕がある感じでした。

 

17km過ぎで折り返し、もと来たコースを戻ります。

後続のランナーさんともすれ違いながらですので、がんばれますね。

 

20km通過タイム 1時間20分06秒(10㎞ 40分09秒)

 

キロ4分ペースが若干落ちてます。

余裕がないわけではないけど、積極的にあげていけない感じです。

それでもなんとか30kmまではいけそうな雰囲気。

 

相変わらず沿道の応援は多く、元気をもらいながら走ります。

復路の須磨を通り過ぎると、コースは海側へ。とはいっても海は見えませんが。。。。

 

25kmを過ぎるとはやり脚が重くなってくるのがはっきりとわかります。

 

別海の時は4’10/kmで押していたのでまったく重くないのですが、やはり4’00/kmだと厳しいですね。(笑)

30kmからのアップはできなさそうで、どこまで落ちないで走れるかという展開になりそう。

 

30km通過タイム 2時間00分20秒(10㎞ 40分14秒)

 

ほぼ4’00/kmで走れているのですが、余裕がなくなってます。

 

この先35kmからの浜手バイパスと神戸大橋の上りをペース維持でいける展開ではなくなりました。

あとは大阪みたいな失速をどれだけ防げるかです。

30km以降ははっきりとラップも落ち始めました。

4’05/km前後を維持するのがやっと。

 

そして35㎞から浜手バイパスに入りました。

事前にわかっていましたが、最初の上りが150mで15mのぼります。

難所といっても大阪の南港大橋、そして京都のきつね坂と比べればなんということはありませんが。

失速といっても、大阪ほどの消耗ではないので、36kmの1kmラップは4’19でクリア。

 

コースはやや下り気味なり、次の1kmは4’03。

 

そして最後の上りの神戸大橋。こちらは高度はそれほどでもないですが、距離が若干長く、4’20かかってしまいました。

コースで一番高いところにでたので、そこからは一気に下るのですが、余裕がないとその下りの恩恵がないんですねぇ。 4’11までしか上げられません。

 

下り終わって40km通過。

 

40km通過タイム 2時間41分54秒(10㎞ 41分34秒)

 

50分切りをと思いながら頑張りましたが、ゴール前の直線に入った時には厳しことを悟りましたね。(笑)

それでもたくさんの応援をもらって気持ちよくゴールできました。

 

2時間51分23秒。

 

なんとか4分ペースでと思いましたが、結果は暑さで撃沈した大阪よりもだめでした。

 

やはりマラソン難しいと同時に面白いです。

 

まずは気持ちよく走らせてもらった大会関係者の方、神戸の沿道の皆さん、家族、友人に感謝です。

そして一緒に走ったチームメイトにも感謝。

 

M君は自己ベスト更新。

福岡でサブ50を達成したHさんは、中1週とうこともあって途中からファンランとなりましたが、無事にゴールに帰ってきてくれました。

N君も大阪、福岡、神戸の連戦でしたが無事ゴール。

函館から参加のTさんも安定したタイムでゴール。

これで年内のレースは終了です。

 

関西シリーズ(三都物語:大阪・神戸・京都)もあと1戦を残すのみ。

 

膝小僧のご機嫌をみながら、京都に向けてまた頑張ります。

 

 


Comment   この記事についてブログを書く
« 2014 神戸マラソン | TOP | 2014神戸マラソン・・・番外編 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 神戸マラソン