事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「桜田門外ノ変」 (2010 東映)

2010-10-31 | 邦画

Sakuradamongai02 監督:佐藤純彌

出演:大沢たかお、北大路欣也、池内博之、長谷川京子、柄本明、生瀬勝久、西村雅彦、伊武雅刀、加藤清史郎

いきなりネタバレです。官軍が江戸城に入城するとき、桜田門前で西郷隆盛は

「ここから(維新が)はじまった」

とつぶやく。カメラがそこからパンすると、現代の国会議事堂につながる……なんか、面白そうでしょ。

井伊直弼が藩主だった彦根藩屋敷が霞ヶ関あたりにあったことと、近代への革命がまさしく桜田門外ノ変からスタートしたことのダブル・ミーニング。

 でもねー、観るべきはそこだけだったあたりがしんどい。60名超で登城する井伊直弼と彦根藩士に、水戸藩士17名と薩摩藩士1名で襲撃する、となればどうしたって「十三人の刺客」と比較したくなる。でも、極悪さが芸になっていた吾郎ちゃんと違い、この作品における井伊直弼(伊武雅刀)は、旧弊で無能な政治家に矮小化されているものだから、単なる勧善懲悪劇に見えてしまう。

 単純にわければ、開国にシフトしようとする井伊と、攘夷を説く水戸藩主、徳川斉昭(北大路欣也)は、立場は違えどどちらも英明な政治家だったはずなのに。

調査魔である原作の吉村昭の貢献で、桜田門外ノ変が単なる暗殺ではなく、薩摩藩士3000名を京にのぼらせる契機となるはずだったというのはお勉強になった。でも、薩摩藩の状況の変化を読み切れず(あそこの内情はわかりづらいでしょうが)、結果として極右テロに堕してしまった経緯には「おいおい、そんなに単純に政治を考えてたのかよ」と突っこみたくなる。襲撃者たちを

「この、馬鹿者どもが」

と唾棄する井伊直弼の気持ちもわからないではない。

 暗殺の戦術的側面を首謀した主人公の関(大沢たかお)が、愛人が獄死したと聞かされてすぐに落涙したり、斬首される寸前に頭をよぎるのが妻と子(子ども店長ってほんとうに演技がうまい)の笑顔だったり、なんか演出もわかりやすすぎ。

ここは演出としてグッとこらえるタメが必要だったし、近藤勇が最後に思い出したのが“遊び相手”の土方歳三だったという「新選組!」のひねり具合がほしかったなあ。

 数多く起用された喜劇俳優たちも味になっていないし、城内の論争やお白州のシーンはコント芝居みたい。井伊直弼の花の生涯が、こんなレベルで語られるのはちょっと哀しい。茨城県の全面バックアップで完成した映画だから仕方ないのかな。滋賀県の反撃を待つ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
« 速報日本シリーズ 中日 2 - ... | トップ | 龍馬伝~第44話「雨の逃亡者」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
数年前、彦根城を見に行ったときに知ったのですが... (mumioli7)
2010-10-31 13:51:32
数年前、彦根城を見に行ったときに知ったのですが、井伊直弼は別に跡継ぎとして生まれたわけではなく、たまたま順番でなってしまったこと、茶人としても有名で、
『一期一会』と言う言葉を広めた人だったそうです(『篤姫』で直弼が篤姫に茶を立てる場面がありました)。時代が時代なら、『彦根の名君』で終わっていたんでしょうが
運命の皮肉ですかね。
まあ、歴史は後の人間に都合のいいように書いてますし、そのとき彦根城では
「ひこにゃん」の方が人気ありましたからね(笑)。
ちなみに私は茨城と滋賀のハーフです・・・
茨城と滋賀のハーフ……ごくろうさまです(笑) (hori109)
2010-10-31 17:09:06
茨城と滋賀のハーフ……ごくろうさまです(笑)
歴史上の人物の評価って、のちにどんな作品で
語られるかに左右されますよね。
これまでは井伊直弼の方が「花の生涯」でぶっちぎり
だったのに、この作品で逆転かなあ。

ちなみに、わたしは庄内藩の生まれですけど、
ここはなぜか官軍側の西郷隆盛が大人気です。
>単純にわければ、開国にシフトしようとする井伊... (sakurai)
2010-11-01 12:55:18
>単純にわければ、開国にシフトしようとする井伊と、攘夷を説く水戸藩主、徳川斉昭(北大路欣也)は、立場は違えどどちらも英明な政治家だったはずなのに。
ここに共感です。伊武さんじゃ、どう見てもただの暗愚な殿様にしか見えませんでしたもん。

だとすると、あたしは庄内藩と山形藩のハーフかな・・・。
小学校のとき、鹿児島と姉妹都市ならぬ、兄弟都市とやらになって鹿児島の小学生とやたら交流したことがありました。
中学校の校長は西郷隆盛の信奉者で、隆盛とは呼ばずに南洲翁と呼んでましたわ。学校のシンボルは「敬天愛人」・・・。とばっちりにしか思えなかったもので、いまだ西郷が苦手です。
どっちかというと、マイナーな大久保の方が好きですわ。
大久保利通が好き、というのに一票。 (hori109)
2010-11-01 19:24:31
大久保利通が好き、というのに一票。
オレも怜悧な行政マンであるあいつが好きかな。
大村益次郎にしても、テクノクラートである自分に
満足してたんでしょう。

先週は内陸の人たちに責められてました。
芋煮について。
そりゃあわたしだって
内陸→牛肉+醤油
庄内→豚肉+味噌
であることは承知していましたが
sakuraiさんと同じように庄内藩から山形藩に行った
事務職員のひと言にまいりました。

「庄内のには厚揚げが入るからねぇ」

わたし、内陸の芋煮に厚揚げが入っていないなんてこの年に
なるまで気づきませんでしたっ!
だいたい“厚揚げ”なんて単語は庄内にはないっ!

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

30 トラックバック

桜田門外ノ変 (Akira's VOICE)
ドラマへの求心力が弱い。。  
試写会「桜田門外ノ変」 (日々“是”精進!)
「桜田門外ノ変」の試写会に行ってきました茨城県の地域振興と郷土愛の醸成を目的に、市民が主体となって企画し、映画化が実現した時代劇。吉村昭の同名小説を基に、歴史の大きな転...
桜田門外ノ変 (あーうぃ だにぇっと)
9月22日(水)@九段会館で鑑賞。 六本木で “メッセージ、そして愛が残る” を観た後 一旦帰宅し、再度九段会館へ出陣。 2.26事件の舞台となった?会場で桜田門外を見るのも何かの縁か。 ふだんより、圧倒的に年配者多し。 それも、じいさんが多く、途中で
映画「桜田門外ノ変」@一ツ橋ホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割ほど、客年齢高め、試写会の主権は講談社さんだ。 今回久しぶりに一ツ橋ホールを訪れたのだが、東京の試写会場で2番目にボロかった一ツ橋ホールが客席と床とスクリ...
桜田門外ノ変 (花ごよみ)
主人公は水戸浪士、関鉄之介、 大沢たかおが演じます。 その妻に長谷川京子。 長男の誠一郎には加藤清史郎君。 水戸藩主、徳川斉昭に北大路欣也、 井伊直弼には伊武雅刀。 柄本明、生瀬勝久、渡辺裕之、 池内博之、西村雅彦等が出演 監督は佐藤純彌。
桜田門外ノ変 (佐藤秀の徒然幻視録)
大沢たかおの格好悪い桜田烈士ぶり 公式サイト。吉村昭原作、佐藤純彌監督、大沢たかお、北大路欣也、池内博之、長谷川京子、柄本明、生瀬勝久、西村雅彦、伊武雅刀、渡辺裕之、渡部豪太、本田博太郎、榎木孝明、加藤清史郎。いざ桜田門外の修羅場となると、実行部隊隊長
映画を観た~桜田門外ノ変~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
『桜田門外ノ変』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「桜田門外ノ変」□監督・脚本 佐藤純彌 □脚本 江良至□原作 吉村昭 □キャスト 大沢たかお、北大路欣也、伊武雅刀、渡辺裕之、渡部豪太、本田博太郎、池内博之、長谷川京子、加藤清史郎■鑑賞日 10月17日(日)■劇場 109CI
『桜田門外ノ変』 ('10初鑑賞132・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 10月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 16:35の回を鑑賞。
桜田門外ノ変 (2010) 137分 (極私的映画論+α)
 たった150年前のお話なんだよね。
「桜田門外ノ変」日本の歴史のターニングポイントとなった独裁者暗殺事件の全貌 (オールマイティにコメンテート)
10月16日公開の映画「桜田門外ノ変」を鑑賞した。 この映画は1860年に起きた 桜田門外ノ変の出来事を忠実に描いた作品で、 暗殺実行犯の水戸藩士たちが 大老井伊直弼を暗殺する前後が描かれているストーリーである。 桜田門外ノ変から150年経つ
[映画『桜田門外ノ変』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~む、面白かった。  どこが面白かったかと聞かれたら、パッと答えられないのだが、幕末の激動の序章を、きっちりと、『十三人の刺客(2010)』のような「ケレン」を全く排して、「十八人の刺客」を描いていたのが良かった。  私は、例え『ダンス......
桜田門外ノ変 (うろうろ日記)
試写会で見ました。今年、時代劇流行っているのですか?個人的には、何の思い入れも無
桜田門外ノ変 (LOVE Cinemas 調布)
茨城県の市民団体が企画を立ち上げて映画化が実現した時代劇。吉村昭の同名小説をベースに、幕末動乱の幕開けとなった「桜田門外ノ変」の現場指揮官・関鉄之介を主人公に、事件からその顛末までを描いている。主演は『GOEMON』の大沢たかお。共演に長谷川京子、北大
桜田門外ノ変 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
この事件の関係者は、あまり歴史の表舞台で語られることが少ない。同じ脱藩浪人でも、土佐・長州・薩摩の出身者は表舞台で活躍した。この事件の水戸藩士たちは非常に地味な存在だが、同じように日本の行く末を案じて命を落としていった。我々は、彼らの犠牲の上で現在の日
桜田門外ノ変 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
桜田門外ノ変オリジナルサウンドトラック幕末を背景にした正統派歴史劇。井伊直弼暗殺をクライマックスにせず、その事件が個人をどう変えていったかを描くことで、歴史を俯瞰している点が意義深い。黒船来航により開国か攘夷かで揺れる日本。開国派の大老・井伊を暗殺する
桜田門外ノ変 (だらだら無気力ブログ)
茨城県の地域振興と郷土愛の醸成を目的に、市民が主体となって企画し、 映画化が実現した時代劇。吉村昭の同名小説を基に、歴史の大きな転換点と なった大老・井伊直弼襲撃事件へと至る経過とその後の顛末を、襲撃者側で ある水戸藩士たちの視点から丁寧に描き出してい
桜田門外ノ変 (映画道)
安政7年(1860年)、尊王攘夷を唱えた水戸藩藩主・徳川斉昭は、開国派の幕府大老・井伊直弼より永蟄居を命じられていた。事態を憂慮した水戸藩士有志は、脱藩して井伊直弼を討つ盟約を結ぶ。そして安政7年3月3日、関鉄之介ら水戸脱藩士17名と、薩摩藩士1名が実
『桜田門外ノ変』 水戸藩開藩四百年記念だから (コナのシネマ・ホリデー)
歴史上の事件そのものをタイトルにしたこの映画。幕末の動乱、討幕運動のさきがけとなる事件だけに、少々堅苦しいかもしれないという予感もしますが、試写会の招待券が当たったので観てきました。・・・水戸藩開幕四百年を記念しての映画だったんですね。(感想更新)...
桜田門外の変 (迷宮映画館)
水戸の方々の思い入れの強さはわかったんですが・・・・
桜田門外ノ変 (りらの感想日記♪)
【桜田門外ノ変】 ★★★☆ 映画(55)ストーリー 嘉永6年(1853年)、浦賀沖にペリーの黒船が来航、開国の圧力はいよいよ抑えがたくなって
桜田門外ノ変 (Diarydiary!)
《桜田門外ノ変》 2010年 日本映画 幕末の江戸時代、大老の井伊直弼が桜田門を
『桜田門外ノ変』 (ラムの大通り)
----またまた、ずいぶん間があいちゃったね。 久しぶりに、何喋ってくれるのかと思ったら、 またまた時代劇…。 「いやあ。ほんと今年は多いね。 時代がこうも不況だと、 過去にヒントを求......
桜田門外ノ変☆独り言 (黒猫のうたた寝)
とっても丁寧な作りだと思うのですが・・・授業受けてるような気がして眠くなってしかたありません。『桜田門外ノ変』は試写会で鑑賞しました。まぁ、体調不良時期だったので、やたらと眠気が募っていたせいもあるのですが^^;;;元々この時期の日本史ってやたら授業時
桜田門外ノ変 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
桜田門外ノ変10:日本◆監督:佐藤純彌「男たちの大和/YAMATO」「植村直己物語」◆出演:大沢たかお、長谷川京子、柄本明、生瀬勝久、加藤清史郎、西村雅彦 、伊武雅刀、北大路欣也◆STORY◆安政7年(1860年)、尊王攘夷を唱えた水戸藩藩主・徳川斉昭は、開国派の幕府......
「桜田門外ノ変」 (NAOのピアノレッスン日記)
~日本の未来を変えた、歴史的大事件~井伊直弼の育った出身の私にとっては、見逃せない1本でしょう。2010年 日本映画   (10.10.16公開)配給:東映      上...
桜田門外ノ変/大沢たかお、長谷川京子 (カノンな日々)
時代が大きくうねり変わろうとしていた幕末において歴史的かつ象徴的な大事件とされる「桜田門外ノ変」。吉村昭さんの同名小説を原作に徳川幕府の大老・井伊直弼を討った水戸藩士・関鉄之介ら18名の襲撃者たちやその家族の姿を描いた歴史時代劇です。監督は『男たちの大
「桜田門外ノ変」 思い入れが強すぎて空回り (はらやんの映画徒然草)
「桜田門外の変」とは歴史の教科書などでご存知の通り、江戸城桜田門外で開国へ大きく
「桜田門外ノ変」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
2010年・日本/配給=東映監督:佐藤 純彌原作:吉村 昭脚本:江良 至、佐藤 純彌 1860年に起きた、水戸藩士たち18名が徳川幕府の大老・井伊直弼を暗殺した「桜田門外ノ変」を、襲撃部隊の指揮者だっ...
Bar As One (バー・アズワン) (北24条 Bar As One (バー・アズワン))
はじめまして Bar As One (バー・アズワン)と申します。 突然のトラックバック失礼致します。 お忙しいところ大変恐縮ですが 是非、貴サイト様にて、お店のご紹介をさせて下さい。 宜しくお願い致します。 ~~Bar As One (バ