なんでも銀行ランキング-とりあえず投票!

最新の情報・ユーザーランキングで、「正しい銀行えらび」。銀行員、大歓迎!

メルマガ「間違いだらけの銀行選び」10月号配信。

2005-10-31 03:46:59 | Weblog
 メルマガ10月号配信しました。今回の内容はこのようなものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ 2005年10月号のコンテンツ □

 1.この1ヶ月で取り上げたキャンペーン
   (ソニー・新生・あおぞら・東京三菱他)

 2.〔特集〕デザインアンケート

 3.最新ランキング

 4.読者アンケート結果

 5.9ヶ月目のひとりごと:「熱気はどこへやら」

 6.お問い合わせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 アドレスのご登録がまだの方は是非ご登録ください。下記アドレスに「空(から)メール」を送るだけ!です。またお友達にもぜひ、ご紹介ください。

★ mailto:sub@ginkou.info


■メールバックナンバーはこちら
http://www.ginkou.info/modules/icontent/index.php?page=16




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行ニュース一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/xfsection/index.php?category=2&orderby=createdD
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★銀行員/情報交換広場(ユーザー登録が必要です)
http://www.ginkou.info/modules/newbb/viewforum.php?forum=25
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー登録
http://www.ginkou.info/register.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント

住友信託+SBIで、ネット銀行!

2005-10-28 01:59:15 | Weblog
 前回の読者アンケート「下がる一方の中国(香港)株ですが、それでも中国に投資する?」では・・・

 ・投資を引き上げて、損益を確定する 38%
 ・むしろ今こそ積極的に投資する 27%
 ・1ヵ月~3ヵ月くらい様子を見る 16%
 ・半年~1年くらい様子を見る 11%
 ・気にせず投資し続ける 5%

となりました。いやぁ、面白いですね!逃げる人が1/3、突っ込む人が1/3、様子を見る人が1/3と、見事に3等分されてしまいました。目先は不冴えだが、長期的には日本よりよっぽど有望。投資スタンスによって投資判断が全く変わる好例ですね。筆者はもうしばらく様子を見ますが、上がり始めたら突っ込みたいと思います(笑)。まだの方は投票をお願いします。11月23日まで。
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=106


 さて今回は、「住友信託+SBIのネット銀行」について。

            --- Ginkou ---

住信・SBIが折半出資でネット銀行 07年に開業
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200510260028a.nwc
FujiSankei Business i. 2005/10/26

■住信の森田豊社長とSBIの北尾吉孝CEO

 


 住友信託銀行と、ネット金融事業のSBIホールディングスは二十五日、共同出資でネット銀行を設立することで合意したと発表した。同時に、両グループで株式を持ち合う資本提携も実施する。

 新しいネット銀行は、住信、SBIグループがそれぞれ百億円を折半出資し、二〇〇七年度上期(四-九月)に営業を開始する予定。社長は住信、副社長をSBIから出す。

 資本提携では、住信がSBIホールディングスの第三者割当増資七十億円を引き受けるほか、SBI傘下のネット証券であるイー・トレード証券の既に発行している株式三十億円を取得する。これに呼応する形で、SBIも住信の既発株式百億円を取得する。

 今回の提携は住信がこれまでに築いてきた銀行経営、信託業務のノウハウと、かつてはソフトバンクグループの中核企業として培ってきたSBIのネット金融サービス力を融合。新ネット銀行は、ネットの持つ決済面での使いやすさと、金銭信託、遺言・遺産整理、不動産、証券代行などの信託銀の取扱商品を利用者に提供できるフルサポートの銀行となる。

 こうしたこれまでにない特性を生かし、両社の計画によると、三年目に五十万口座の獲得で単年度の黒字化、七年目に八十万口座で業務純益百億円の規模にまで拡大させる。

 口座開設者にとっては、既にあるネット銀行と同じような預金や振込などの機能に加え、普通銀行と同じように住宅ローンなども利用できる。加えて、イー・トレード証券の口座を開設した場合、証券口座と銀行口座のリアルタイムでの資金のやり取りができ、ネット上での銀行と証券の機能融合も可能となる。

 住信の森田豊社長とSBIの北尾吉孝CEO(最高経営責任者)は二十五日、東京・内幸町の帝国ホテルで記者会見に臨んだ。席上、森田社長は「両社ともに顧客中心主義にこだわる点で一致した」と説明した。

 北尾CEOは「SBIはネット金融に関連した事業を展開してきたが、銀行を持たないので、画竜点晴(がりょうてんせい)を欠く状態だった。一年以上かけてパートナーを探してきていたが、(住信は)誰が見てもベストのパートナーだ」と、語った。

〔 出典:フジサンケイ・ビジネスアイ 〕

            --- Ginkou ---

 驚きましたね。住友信託とソフトバンク系のSBIホールディングスが合弁でネット銀行を作るようです。驚いたのは3点ですね。1点目は、SBIがパートナーとして、やや旧態依然とした住友信託銀行を選んだところです。住友信託のサイトって、それほどパッとしないですよね。ネットバンキングにそんなに力を入れてない、というのがハッキリと分かります。そこがなぜSBIと組んだのか、ということですね。もしかすると「ネットで失敗しても、失うものは何もない」ので気楽に結論が出たのかもしれませんが・・・。

 驚いた2点目は、合弁だったことですね。合弁での経営の難しさは「あおぞら銀行」への投資失敗でソフトバンクグループとしてよく分かっているはず。また住友信託とSBIでは恐らくカルチャーが対極にありそうなので、両社がほぼ対等な合弁というのは、もう絶対「上手くいかない」ニオイがプンプンします。そう簡単に互いが顧客を融通するとも思えませんし。

 そして3点目が、有力グループ会社であるヤフーがあおぞら信託を買収して準備を進めている「Yahoo銀行」構想があるのに、なぜわざわざソフトバンクグループ内で銀行を2つも作る必要があるのか、と言う点ですね。まぁ、結局はSBIがソフトバンクから独立したがっていることなのかもしれませんが。

 というように、よくよく考え始めるとバラ色の絵をすぐに描きにくい今回の提携ですが、ユーザーの目から見た場合はどうでしょうか。ユーザーの視点から言うと親会社が仲がいいとか悪いとか、戦略的に優れているかどうかはというのはどうでも良く(笑)、最大の関心は差別化されたサービスが提供されるのか、されないのかということですね。そこが大事です。

 そういう意味では、今回の提携で最大の武器は2つ。1つは、最大のネット証券会社であるイートレード。もう1つはスーパー「フラット35」で存在感のあるグッド住宅ローンです。特に前者のイートレードはすでに口座数はネット証券で最大の上に、業界最低水準の手数料で顧客を大きく増やしていますから、上手くコネクトできれば大きな牽引力になりますね。それこそ新銀行の口座を指定口座にすると、株式の売買手数料が1割引になるだけでも、たくさんの人が開設すると思います。

 実力は未知数ですが、グループ内にネットで大成功した金融機関があるだけに、期待したいですね。

 というわけで、今回の読者アンケートではこの「住信+SBI銀行」がうまく行くと思うかどうか。サービス内容がまだ漠然としていますので、「勘」でどうぞ!11月27日まで。 

  
 
■カルチャーが全く違う上に、迷走しやすい「合弁」で、前途多難そうな「住友信託銀行+SBI」オンライン銀行ですが、あなたは成功すると思う?失敗すると思う?(11月27日まで)■
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=108




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行ニュース一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/xfsection/index.php?category=2&orderby=createdD

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★銀行員/情報交換広場(ユーザー登録が必要です)
http://www.ginkou.info/modules/newbb/viewforum.php?forum=25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー登録
http://www.ginkou.info/register.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント

ジャパンネットバンク銀行:サイトリニューアル

2005-10-26 01:22:14 | Weblog
前回の「キャンペーンを斬る」では、住友信託銀行の「信託世代応援キャンペーン」を取り上げました。今回の読者アンケートでは、キャンペーン内容ではなく、その広告のデザインとメッセージについて共感するかどうか聞きましたが、その結果は・・・・

 ・私は「団塊の世代」ではありませんが、好感を感じる 50%
 ・私は「団塊の世代」ではありませんが、好感を感じない 41%
 ・私は「団塊の世代」ですが、好感を感じない 8%
 ・私は「団塊の世代」ですが、好感を感じる 0%

 となりました。思ったより拮抗していますね。意外なのは「団塊の世代」ではない人に支持されているのと、逆に肝心の「団塊の世代」に支持されていない点でしょうか。なかなか難しいものですね。まだの方は投票をお願いします。3月31日まで。
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=105

 さて今回はキャンペーンではありませんが、ジャパンネットバンク銀行のサイトリニューアルを取り上げたいと思います。



 すっきりしましたね!ジャパンネットバンク銀行のサイト。デザインというのは不思議なもので、ジャパンネットの旧デザインが出たときも情報が四角で囲まれていて分かりやすいし、何より「デジタル」な感じがしてクールだと思ったものですが、情報量が増えてくる内にだんだんゴチャゴチャしていって、最後には目も当てられない乱雑ぶりになっていました。

 そういう状態だったので、今回のリニューアルはとっても好印象です。ずっと汚かった部屋をまとめて一気に掃除したようなものなので当然と言えば当然かもしれませんが。デザインの方向性としは、UFJの操作性に、CITIのデザイン、りそなのボタンを足して3で割った感じのようですが、サイト全体のまとまりはジャパンネットの方が断然、上ですね。

 気になる機能面での改善ですが、ジャパンネットのニュースリリースを読むと以下のようです。

 ※ニュースリリース「ジャパンネット銀行のWebサイトが新しくなります」
  http://www.japannetbank.co.jp/company/news2005/051012_renewal.html

 1.Webサイトの内容を一層充実させると同時に、複雑だった構成を統一してわかりやすく使いやすいものとした。

 2.Webサイトのレイアウトや画面のボタンの位置等を工夫した。

 3.表示速度を改善した(1.44倍の表示速度向上)。

 すみません、リニューアル前のサイトツリーを覚えていないのですが(笑)、新しいナビゲーションはユーザーの動線に合わせた自然なグルーピングだと思います。レイアウトも統一されて見やすくなったのは間違いないですね。そして表示スピードの改善!ネット専業銀行らしいユニークな切り口ですが、しかし1.44倍といっても実感はあまりできませんね。以前も問題ない速度だったと思いますが。

 それから今、各銀行が対応しはじめている「文字の大きさをブラウザの設定で変更できる」という点も密かに対応していますね。全般として、なかなかしっかりしたリニューアルのような気がしますが、みなさんは如何でしょうか。

 しかし最近はサイトリニューアルブームなんですかね。イーバンク銀行もソニー銀行もサイトリニューアルしました。ひそかな不満は、個別にはとてもいいのですが、全般として似通ったデザインになっていっていることですかね・・・。

 ●イーバンク銀行

 

 ●ソニー銀行

 
 
 どこの銀行も課題としては、リニューアル直後はとってもキレイなのですが、そのキレイさをKeepできるかどうかですね。まさに毎日部屋を掃除するようなマメさが求められますね。

 ということで今回の読者アンケートは、ジャパンネットのサイトリニューアルにちなみ、デザインがもっともすぐれたサイトはどこの銀行のサイトか。ログインする前の一般公開サイトのデザインで判断してください。11月25日まで。

 筆者は・・・やはりソニーか新生銀行ですかね。

あなたが最もデザインがすぐれていると思う銀行サイトは?(11月25日まで) >>>投票はこちら




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行キャンペーン一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/news/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★銀行員/情報交換広場(ユーザー登録が必要です)
http://www.ginkou.info/modules/newbb/viewforum.php?forum=25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー登録
http://www.ginkou.info/register.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント

今、中国に投資する?投資しない?

2005-10-24 01:16:51 | Weblog
 前回の読者アンケート「あなたは偽サイトを見破る自信はある?ない?」では・・・

 ・偽サイトを見破る自信はない 66%
 ・偽サイトを見破る自信はややない 22%
 ・偽サイトを見破る自信はややある 11%
 ・偽サイトを見破る自信はある 0%

となりました。過半数の方が「偽サイトを見破る自信はない」と答えています。正直なお答えだと思いますね。やはり「注意深く」などというアナクロな対策ではなく、デジタルな時代なんですから電子認証等、自動的にサイトを見極める仕組みの導入が求められますね。またユーザーとしては積極的にそういうサービスを提供している金融機関を選びたいですね。まだの方は投票をお願いします。11月18日まで。
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=104


 さて今回は、「中国への投資」について。

            --- Ginkou ---

次の5年「年7.5%成長目標」 中国政府責任者
http://www.asahi.com/international/update/1023/001.html
2005年10月23日03時05分

 中国政府は06年からの5カ年計画で、経済成長目標を年平均7.5%前後とする方針を固めた。5カ年計画の策定を担当する国家発展改革委員会の馬凱(マー・カイ)主任が21日、中国共産党機関紙「人民日報」に発表した論文で明らかにした。06年3月の全国人民代表大会で正式に決める。

 論文によると、中国は01年から05年までの5カ年で、当初目標とした年平均7%程度の経済成長率を大きく上回る年8.8%の高成長をとげた。その結果、2010年の国内総生産(GDP)を2000年より倍増させる目標は、06年からの次期5カ年では年5.7%程度で達成できるようになった。

 ただ、「これでは低すぎて経済発展の実際にあわない」と判断。現在、策定中の次期5カ年計画での目標を「7.5%前後」とした。

 中国政府は次期5カ年計画で、農民や出稼ぎ労働者などの弱者対策、環境や省エネ問題をより重視し、「単純に成長速度を追求する傾向を避ける」(馬凱主任)方針だ。成長率目標を05年までの5年間の実績より低く示すことで、開発優先の地方政府を牽制(けんせい)する狙いもある。


 中国の5カ年計画の成長率目標は政治性が強く、安定成長を重視して6%目標を掲げた91年からの計画は、高成長を重視する故・とう小平(トン・シアオピン)氏のひと声で見直しに追い込まれた。

〔 出典:朝日コム 〕

            --- Ginkou ---

 すばらしい響きですね、「年7.5%の成長」。中国政府は来年からの5年間で、年平均7.5%の成長を目指すようです。そもそも、この5年で平均年8.8%の高成長ですから、十分可能な数字と言えるでしょう。政府が数字を決める点には随分と違和感を感じますけれど(笑)。

 日本が1%~2%という低成長ですから、投資先として単純に成長率だけ考えると、やはり日本より中国の方が魅力ですね。折からの「中国ブーム」にも乗っかり中国への投資が急拡大したのが昨年のことです。実際、香港の株価指数であるハンセンは大きく上がり、ちゃっかりもうけた方も多いことでしょう。

 しかしながら今年に入って、特に8月からは原油高騰などをキッカケに上がったり、下がったりという感じですね。

■香港のハンセン指数(90週)



 そして特に10月からは、アメリカの利上げとインフレ懸念を契機にした米ドル・ショックでカクっと下がりましたね。中国だけでなく日本やインドも同じような動きなので、アメリカの経済の影響力の大きさが分かります。まぁ、確かに中国からするとアメリカが最も大きな貿易黒字国なわけですから、影響を受けるのは当然と言えば当然ですが。

■香港のハンセン指数(90日)



 さらに長い目でみると、必ずしも上昇一辺倒でないことも分かります。

■香港のハンセン指数(90月)



 というわけで、高成長はとっても魅力な中国ですが素直に株価が上がるかどうかは別、というのが悩ましいですね。特に今のような下落トレンドの中だと、余計、不安に思うわけです。ということで、今回の読者アンケートでは「中国に今、投資するかどうか」。ちなみにハンセンで考えましょう。上海や深センは下がる一方なので・・・。11月23日まで。

 筆者は・・・それなりに儲けが出たので、もう少し我慢して投資しようかと思っています。

 
 
■10月に入り、下がる一方の中国(香港)株ですが、あなたはそれでも中国に投資する?それとも様子を見る?(11月23日まで)■
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=106




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行ニュース一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/xfsection/index.php?category=2&orderby=createdD

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★銀行員/情報交換広場(ユーザー登録が必要です)
http://www.ginkou.info/modules/newbb/viewforum.php?forum=25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー登録
http://www.ginkou.info/register.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント

住友信託銀行:「信託世代応援キャンペーン」

2005-10-21 01:59:54 | Weblog
前回の「キャンペーンを斬る」では、「東京三菱銀行」の「ウェルカム・セレクション」を取り上げました。読者アンケートの結果は・・・・何と3点満点で「マイナス2.2」。これは圧倒的に低いですね!経済効果としては、実質1%なのでなかなか高い還元率ですが、やはり分かりにくいというところが、そのメリットを帳消しにしているということでしょうか。久しぶりのなかなか厳しい結果となりました。まだの方は投票をお願いします。12月30日まで。
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=103

 さて今回は趣向を変えて、住友信託銀行の「信託世代応援キャンペーン」を取り上げたいと思います。



 存在感がありますね、このキャンペーン。その理由はもちろん・・・長塚京三です。この雰囲気の重さは、絶品ですね(笑)。トップページからして京三氏のどよんとした笑顔ですから、サイト全体が重苦しくなっている感じです。

 ただ、このデザインと配役は間違いなく「団塊の世代」に的を絞ったもの(「信託世代」という言葉はいただけませんが(笑))。筆者がどう思おうと関係なく、ひたすら今50歳~60歳の「団塊の世代」にさえ訴求できればいいという割り切ったものですね。その狙いと、実際にそれを実行したことは素晴らしいと思いますね。他の銀行だと若い顧客もほしい、女性客も鍵だ、とあれもこれも欲しがるので、結局、対象がボヤーっとした良く似たサイトがたくさんできてしまうわけですが、住友信託銀行は逆に、若い客はいらない、女性もいらない、一番儲けになるシニア前世代さえ来ればいい、という戦略ですね。まぁ、あまりネット客がいなかったのでできた大胆な戦略なのかもしれませんが。

 このサイトにきた「団塊の世代」は親近感を覚えるでしょう。仮に親近感を覚えないとしても、最低限「自分たちを対象としたサイトなんだな」ということは分かります。来てほしい人にフォーカスした、この戦略。果たしてうまく行くか興味津々ですが、来年3月に延長されるかどうかで、その成否が分かりそうです。

 さてマーケティングの狙いは置いておいて、キャンペーンの中身に移りましょう。詳細は以下の通りです。

・概要・・・期間中に条件を満たした顧客の中から抽選で4,000名に賞品をプレゼントする。

・A賞・・・3,000名。住友信託銀行とはじめての取引で、30万円以上対象商品に入金した人、または新たな資金で100万円以上対象商品に入金した人の中から抽選で、信託世代を応援する「JTBご宿泊プラン」や、「選べる信託世代応援ギフト」が当たる。

・B賞・・・1,000名。新たな入金がなくても、残高300万円以上あれば抽選で、「選べる信託世代応援ギフト」が当たる。

・対象商品・・・円定期「グッドセレクト」、年金式円定期「季節のたより」、外貨定期預金「ファーストクラス」、投資信託など。


 合計4,000名というのが大きいのか小さいのか分かりませんが、所詮、抽選なので、やはりこのキャンペーンの特典自体には、あまり大きな意味はありませんね。残高280万円持っていた人が、もう20万足して、300万円にする、というようなことはあるかもしれませんが、やはりキャンペーン効果は限定的な感じがします。むしろ上述のように「団塊の世代向けのメッセージ効果」の方が、よほど大きそうですね。

 というわけで、今回のアンケートはキャンペーンの中身ではなく、「長塚京三」を全面に出したデザインに好感を感じるかどうか。3月31日まで。

 



このキャンペーンの「長塚京三」を全面に出したデザインに、好感を感じる?感じない?(3月30日まで) >>>投票はこちら
このキャンペーンにコメントをおねがいします >>>ご意見・ご感想をお願いします。  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行キャンペーン一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/news/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★銀行員/情報交換広場(ユーザー登録が必要です)
http://www.ginkou.info/modules/newbb/viewforum.php?forum=25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー登録
http://www.ginkou.info/register.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


コメント

偽サイトへの備えは十分ですか?

2005-10-19 00:44:13 | Weblog
 前回の読者アンケート「楽天銀行は魅力的?魅力的ではない?」では・・・

 1位:「楽天銀行」の魅力はサービス次第 44%
 2位:「楽天銀行」は魅力的ではない 22%
 3位:「楽天銀行」は魅力的 14%
  〃:「楽天銀行」の魅力は金利次第 14%
 5位:分からない 3%

となりました。「サービス次第」という冷静なご意見が1位ですね。やはり「楽天市場」と「銀行」というのはストレートにはイメージできないということなのでしょう。既存の概念を打ち破るような銀行サービスが出てくることを期待しましょう。でも・・・TBSで手一杯でしょうから、当面、無理かもですが。まだの方は投票をお願いします。11月11日まで。
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=102


 さて今回は、「偽サイト」について。

            --- Ginkou ---

ニセ銀行ウェブサイトに注意! 詐欺事件相次ぐ
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/10/17/20051017000068.html

 詐欺師らがインターネットにニセ銀行ウェブサイトを作り、顧客の預金を引き出す新手の金融詐欺が発生している。金融監督院は17日、「先月5件のニセ銀行サイト詐欺事件が発生、1億6986万ウォンの被害が発生した」とし、注意を促した。

 詐欺団は、有名インターネットポータルサイトに広告を出し、同広告をクリックして入ってきた被害者らがニセ銀行ウェブサイトに接続し、電話番号、預金通帳番号などに記入するよう誘導し、個人情報を盗む手法を用いた。

 詐欺団は銀行員を詐称し、被害者に電話をかけ秘密番号を聞きだした後、被害者の通帳からお金を引き出した。金融監督院は「知能型金融詐欺が横行しているので、秘密番号や保安カード番号をむやみに教えてはならない」と述べた。

〔 出典:朝鮮日報 〕

            --- Ginkou ---

 「金融監督院」という名前からも分かる通り、日本の話ではなく韓国の話ですが、しかしかなりインパクトの強い事件ですね。なんと詐欺団が著名なポータルサイトに広告を出し、そこからニセの銀行ウェブサイトに誘導し個人情報を盗んだということです。

 ポータルサイトに偽の広告を出せたという時点で、少し荒唐無稽というか漫画のような事件ですが、しかし冷静に考えてみるとポータルサイトの受注担当だって興信所のように審査する機能や能力があるわけではないですし、代理店経由だったりすると直接クライアントと接する機会すらないわけですから、やろうと思えば確かに不可能ではなさそうですね。

 で、たとえばYahooにそういう偽バナーが貼ってあったとして、リンク先が正しいサイトでないと気づくというのは、かなり難しいですね。さすがに見知らぬメールのリンクをクリックしたり、添付ファイルを開いたりすることはまず無くなりましたが、Yahooのようなサイトからのリンクは心を許しますよね。見破ることは筆者でも困難です。

 こういう犯罪はすぐ海を渡ってくるもの。日本で本格的な偽サイトの被害が出ても、何らおかしくありません。実際、日本でも犯罪性は薄かったものの、4月1日に下記のようなサイトが作られました。しかもこれはURLも「yahoo.co.jp」として表示されている巧妙なもの。ここまで来るともう、全くわかりませんね。

★エイプリルフールに作られた偽Yahoo



 対抗策はやはり、一にも二にも信頼できるサイトからリンクをたどることと、個人情報を登録するページではべりサインの鍵マークを確認するということですかね。みなさんもしっかり自衛しましょう!

 というわけで、今回の読者アンケートは「あなたは偽サイトを見破る自信があるかどうか」。11月18日まで。

 
 
■だんだん巧妙さが増す、偽サイトによるフィッシング詐欺ですが、あなたは偽サイトを見破る自信はある?ない?(11月18日まで)■
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=104




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行ニュース一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/xfsection/index.php?category=2&orderby=createdD

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★銀行員/情報交換広場(ユーザー登録が必要です)
http://www.ginkou.info/modules/newbb/viewforum.php?forum=25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー登録
http://www.ginkou.info/register.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント

10月の金利比較、更新しました(その2)。

2005-10-17 02:05:52 | Weblog
先週に引き続き、各金利・サービス一覧を更新しました。


4.投資信託比較
  http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=17


  今月から、東京三菱銀行の「ウェルカムセレクション」、住友信託銀行の
  「はじめる&ひろがる 投信キャンペーン」、「ダイレクトで投信キャン
  ペーン」の3つのキャンペーンが始まっています。

  ★★★は先月に引き続き、投信の手数料が最大半額キャッシュバックされる
  「新生銀行」にしています。5ファンド購入するのは大変かもしれませんが。

  続く★★は東京三菱銀行とUFJ銀行、住友信託銀行の各キャンペーンと
  しています。


5.住宅ローン比較
  http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=12


  今月から各銀行の新しい住宅ローンキャンペーンが始まっていますね。

  ★★★は6行です。10年もので2.0%の「東京三菱銀行」と
  「みずほ銀行」、「住友信託銀行」。10年もので2.1%の
  「UFJ銀行」。5年で1.0%(or1.9%)の「新生銀行」。
  そして、今月から追加した「グッド住宅ローン(SBIモーゲージ)」も
  35年で2.42%と破格の低金利ですね。


6.セキュリティ比較
  http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=18


  各銀行でセキュリティ対策が順調に進んでいます。新生銀行では口座出金
  限度額の設定が始まりました。シティバンク銀行では口座への入出金の
  メール通知が始まりました。また住友信託銀行でも口座出金限度額の
  設定が始まりました。

  ★★★は先月に引き続き東京三菱銀行とイーバンク銀行としています。


各銀行のサービスを調べたら、ぜひユーザー投票にもご参加ください。

■ユーザー人気投票■
http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=16





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行キャンペーン一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/news/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★銀行員/情報交換広場(ユーザー登録が必要です)
http://www.ginkou.info/modules/newbb/viewforum.php?forum=25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー登録
http://www.ginkou.info/register.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント

東京三菱銀行銀行:「ウェルカム・セレクション」

2005-10-14 01:19:59 | Weblog
前回の「キャンペーンを斬る」では、「新生銀行」の「投信申込手数料OFFキャンペーン」」を取り上げました。キャンペーン自体はそれなりに評価されそうでしたので、新生銀行の公表する人気ベスト10の中でどのファンドを購入したいか聞いてみました。その結果は・・・

 1位:HSBCインドオープン 28%
 2位:グローバル・ソブリン・オープン 21%
 3位:HSBCチャイナオープン 14%
  〃:インデックスファンド225 14%
 5位:エマージング・ソブリン・オープン 7%
  〃:日本トレンド・セレクト ハイパー・ウェイブ 7%

となりました。相変わらずの投票の少なさですが(泣)、できあがったランキングはそれでも結構妥当な線ですね。「新興国もの」の人気が高く、その中に大きく上昇した「日経平均もの」が食い込み、孤高の人気ファンド「グローバル・ソブリン・オープン」がドンと構える、という感じです。世の中の嗜好も恐らく同じですね。まだの方は投票をお願いします。10月31日まで。
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=101

 さて今回も引き続き「投資信託もの」ということで、東京三菱銀行の「ウェルカム・セレクション」を取り上げたいと思います。



 出ました!と自分で書くのも何ですが、メガバンクの主力商品である「円定期+リスク商品」のパック商品を取り上げたいと思います。まずは東京三菱銀行の「ウェルカム・セレクション」。ちなみにリスク商品とは外貨預金や投資信託など、元本割れが起こりうる商品のこと。

 今まではこういう「パック商品」は分かりにくいのと、そもそも投資信託や外貨預金を利用したい人には、ベネフィットを享受するために不要な円定期を組まないといけないということもあり敬遠してきましたが、ついにリスク商品の相手側の円定期の金利が「3ヶ月4%」となかなかの高金利になってきたことから、あえて取り上げてみたいと思います。

 ただし「3ヶ月4%」と言っても、本当に4%ではなく、年4%の3ヶ月分なので、実際には「3ヶ月間1%」ということですね。100万円あずければ3ヵ月後に税引前で1万円、税引き後で8,000円の利息が得られるということです。それでも、なかなかの高金利ですよね。

 もちろんこれにはカラクリがあって、相手側の投資信託を設定するときに最低でも1.5%くらいの手数料を払うので、銀行とすれば0.5%くらいの手数料が残るわけです。それでも手数料が「66%引き」と思えば、なかなか魅力的です。

 商品の詳細は以下の通り。

 ・設定金額・・・円定期預金と投資信託の合算で100万円相当額以上から

 ・円定期・・・預入期間3ヵ月(自動継続のみ)

 ・条件・・・合算で100万円相当額以上。かつ利用金額のうち、投資信託に50%以上、残りを円定期預金に預け入れ。

 ・特別金利・・・円定期預金の特別金利は初回預入時のみ。継続後は通常金利。

 ・チャネル・・・窓口またはテレフォンバンキング

一番のネックはネットで設定できないことですね。また設定する3ヶ月もの円定期が「自動継続のみ」というのも気になります。そのままだと超「低金利」定期預金に、お金が固定されてしまいそうですね。円定期を持っておきたいけれど、投信もほしいという人が、一番向いていると言えそうです。

 というわけで、この「投資信託+円定期」のパック商品である「ウェルカム・セレクション」、あなたの評価は?筆者は・・・ちょっと甘いですが、金利を目一杯つけた勇気を評して「★★」としておきます。12月30日まで。



■東京三菱銀行銀行の「ウェルカム・セレクション」。あなたの評価は?(12月30日まで)
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=103




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行キャンペーン一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/news/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★銀行員/情報交換広場(ユーザー登録が必要です)
http://www.ginkou.info/modules/newbb/viewforum.php?forum=25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー登録
http://www.ginkou.info/register.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント

「楽天銀行」は魅力的?

2005-10-12 00:49:57 | Weblog
 前回の読者アンケート「東京スター銀行の再上場により、投資ファンド:ローンスター社は2,500億円程度の儲けを手に入れるようですが、納得できる?できない?」では・・・

 ・納得できる 54%
 ・納得できない 38%
 ・どちらとも言えない 7%

となりました。意外にも「納得できる」という方が過半数ですね。先進的な考えをもつ読者が多いようです。すばらしい。新生銀行の復活が、投資ファンドのイメージを高めたのかもしれませんね。まだの方は投票をお願いします。10月29日まで。
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=99


 さて今回は、「楽天銀行」について。

            --- Ginkou ---

楽天・三木谷社長、銀行業参入を正式表明
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20051011nt05.htm

★楽天の三木谷浩史社長



 楽天の三木谷浩史社長は読売新聞のインタビューに応じ、既存の銀行と提携して銀行業に参入する方針を正式に表明した。「放送とインターネットとの垣根は低くなる」とも指摘し、放送業参入の可能性を示唆した。今季最下位だったプロ野球「東北楽天ゴールデンイーグルス」については、来季は“赤字覚悟”で球場改修や選手補強に力を入れる考えを強調した。

 ――銀行業参入に向けた考えは。

 「以前は銀行参入を考えていないと言っていたが、うそをついたわけでなく、方針を変えたということだ。インターネット銀行がこれだけ普及してきたので、『行けそうだ』と思い直した」

 ――参入の形は。

 「どちらかと言えば、買収は考えていない。提携を発展させる形になるだろう」

 ――放送への参入は。

 「ネットとテレビの相性は想定していたより相当いい。放送とネットの垣根は低くなる。変化するまでに結構時間がかかるが、変わる時は一気に変わる。変わる前に出ていき、変わるタイミングを待つ」

 ――プロ野球・楽天球団は今季、黒字の見通しだ。

 「来季は赤字になるかもしれない。追加投資するし、選手も補強するからだ。来季は極端な話、赤字でも構わない。フルキャストスタジアム宮城を大幅に改修し、クラブシートや個室の設置、レストランの増設などをやる。投資は全部で40億円くらいだろう。選手補強は今年より最低でも10億円増やし、上積みも考える。ただ、お金で解決できる問題なのか(疑問だ)と思う」

〔 出典:読売オンライン 〕

            --- Ginkou ---

 楽天の三木谷社長がとうとう「楽天銀行」の可能性を示唆しましたね。証券会社や信販会社、カード会社を手に入れ、銀行買収も時間の問題だとは思っていましたが、「ついに」という感じです。しかしこの人は本当に堅実というか、「じっくり派」ですね。一連の買収も、全く奇をてらったものがない。確信がもてるまでじっくり待って、時がくればやおら動き出すという感じです。少しでも儲かる可能性があれば飛びつくライブドアの堀江氏、新しい技術であれば飛びつくソフトバンクの孫氏とは非常に対照的です。

 勇気をもって決断できる人が少ない一方で、待つべきときに待てる人も少ないのがビジネスの世界。じっくり待てる三木谷氏が勝機をつかむのか、逆にチャンスを失うのが興味深いですね。

 本題の「楽天銀行」については、サービスのメインは楽天市場内の取引に関わる決済業務でしょうから、楽天銀行の魅力=楽天市場の魅力とも言え、今後、楽天市場が順調に伸びれば、楽天銀行のチャンスも比例して拡大すると言えますが、今のところ楽天市場は順調に伸びていますね。筆者もアフィリエイトでお世話になっていますが(笑)、そういう意味では十分、チャンスがありそうです。

 ユーザーとしては、購入した商品の代金を簡単に決済ができ、さらに楽天ポイントもたまるようなことがあれば使いそうです。あとは裏の販売サイドが(おそらく、販売サイドが決済料金を負担するような仕組みでしょうから)喜んで決済コストを負担してくれるような魅力があれば、時間はかかるでしょうが火がつく可能性はあるでしょう。

 あとは、楽天に個人情報を公開することに抵抗感がないかどうかですが、「提携」で進めるのであれば個人情報の管理がしっかりした銀行の情報管理システムがベースになるでしょうから、まぁ、マシですね。果たしてうまくいくかどうか。

 というわけで、今回の読者アンケートは「楽天銀行は魅力的かどうか」。11月11日まで。

 ちなみに提携先はどこですかね。証券仲介で取引のある「新生銀行」や、グループ内で位置付けがあやふやな「ジャパンネット銀行」、再再編から取り残されている「みずほ銀行」などでしょうか。どこと組むのか予想しても面白いかもしれませんね。
 
 
■とうとう可能性がでてきた「楽天銀行」ですが、魅力的?魅力的ではない?(11月11日まで)■
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=102




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行ニュース一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/xfsection/index.php?category=2&orderby=createdD

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★銀行員/情報交換広場(ユーザー登録が必要です)
http://www.ginkou.info/modules/newbb/viewforum.php?forum=25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー登録
http://www.ginkou.info/register.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント

10月の金利比較、更新しました(その1)。

2005-10-10 03:06:14 | Weblog
10月になりました。いつものように、まずは口座サービス、円預金・外貨預金金利一覧を更新しております。

1.インターネットバンキング・ATMサービス比較
  http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=7


  大きな変化はなし。★★★は新生銀行。

2.円預金比較
  http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=8


  4つのキャンペーンが始まっています。東京三菱銀行の「ウェルカムセレクション」、
  ソニー銀行の「円定期金利優遇キャンペーン」、住友信託銀行の
  「資産運用パッケージ」「住友信託ダイレクト金利上乗せサービス」ですね。

  中でも東京三菱の「ウェルカムセレクション」は円定期3ヶ月ものが4%と
  なかなか好条件です。またソニー銀行の「円定期金利優遇キャンペーン」も
  難しい条件などないシンプルなものですので、支持を集めるかもしれません。

  各銀行を見比べて、★★★は、引き続き新生銀行の「パワードワンプラス」。

3.外貨預金比較
  http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=
9

  今月の新しいキャンペーンは全部で5つですね。東京三菱銀行の
  「為替手数料&金利ダブル優遇キャンペーン」と「ウェルカムセレクション」、
  みずほ銀行の「外貨定期預金特別金利キャンペーン」、りそな銀行の
  「りそなの外貨定期預金」、それと住友信託銀行の「金利上乗せキャンペーン」。

  キャンペーンが終了してもいつものようにソニー銀行の「最強の」為替手数料が
  ★★★。

残る、投資信託・住宅ローン・セキュリティの各一覧は来週更新予定です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行キャンペーン一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/news/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★銀行員/情報交換広場(ユーザー登録が必要です)
http://www.ginkou.info/modules/newbb/viewforum.php?forum=25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー登録
http://www.ginkou.info/register.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント   トラックバック (1)