なんでも銀行ランキング-とりあえず投票!

最新の情報・ユーザーランキングで、「正しい銀行えらび」。銀行員、大歓迎!

日本株価も、急降下中・・・

2006-06-14 01:35:22 | Weblog

さて、前回の読者アンケート「最近、あなたが最も気になる、銀行のCMは?」では・・・


 1位:気になる銀行のCMは無い 29%
 2位:新生銀行 20%
 3位:ソニー銀行 16%
 4位:みずほ銀行 8%
  〃:りそな銀行 8%
 6位:三井住友銀行 4%
  〃:三菱東京UFJ銀行 4%
  〃:住友信託銀行 4%
  〃:その他の銀行 4%


となりました。何と「気になる銀行のCMは無い」と答えた方が1位となりました。好印象であろうが悪印象であろうが記憶に少しでも留めさせるのがCMの最低限の役割だと思いますが、それすらできていないとなると「無駄遣い」以外の何物でもないですね・・・。銀行の広告担当者が卒倒しそうな結果です(笑)。いや、実際にCMを作っているのは電通か博報堂でしょうから、彼らの問題なのでしょう。放映自体はそれなりの量を確保しているはずなのに、勿体無いですね。


 2位以下は、2位:新生銀行、3位:ソニー銀行、4位:みずほ銀行・りそな銀行と続きます。ソニー銀行はよく目に付きますし、みずほ銀行も何となく覚えていますが、新生銀行とりそな銀行は分かりませんねぇ。どんな内容なのでしょうか。いずれにせよソニー銀行のように印象に残るCMを期待したいですね・・・ってソニー銀行のCMも決して評価が高いわけではないんですけれど(苦笑)。まだの方は投票をお願いします。7月6日まで。
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=176



 さて今回は日本株の下落について。中島みゆきのメロディに乗せて、「下がる~、下~がる~よ、株価は下がる~♪」と口ずさみたくなるような世界の株式市場の惨状です。もちろん、日本株もその流れから逃れられるわけもなく大きく下落し、今日なんかは日経平均で言えば600円も下がり、14,200円台をつけました。去年は「15,000円を超えれば割高」というような主旨のことを書いていたと思いますが、すっかり下回っております。最近、日本株・日本株投信への投資を始めた方は、ほぼ間違いなく損失を被ったことでしょう。昨日はジーコ・ジャパンも負けましたし、公私ともに(?)最悪な状況ですね。


 投資している人が今、一番知りたいのは「損切りして逃げるべきなのか、買い向かうべきなのか」という点と、「いつまで我慢すれば上がるのか」という2点ではないでしょうか。その答えは・・・もちろん誰も分からないのですが、そのヒントとなる資料を探してみました。こういう時にニュースはあまり役に立ちません。ニュース記事はあまりにも短期情報だからです。我々が欲しいのは日々の「上がった下がった」という話ではなく、中長期的な見通しと過去の実績を基にした冷静な分析、ですね。


 で、案外役に立つのが、投信会社がこういう大幅な変動の際に出してくる「臨時レポート」ですね。今回はソニー銀行の提供する「臨時レポート」が3社分を一覧できたので紹介したいと思います。


            --- Ginkou --


日本株式市場の下落について(委託会社レポート)
http://moneykit.net/visitor/info/info060609_01.html


<三菱UFJ投信>
国内株式市場は、目先は一旦反発する可能性が高いものの、需給調整にはなお時間がかかると考えております。しかしながら、良好な国内経済を反映して徐々に市場も落ち着きを取り戻すとみており、今回のようにファンダメンタルズとかい離し、需給が主要因となって株価が大きく下落した局面こそ日本株投資の好機と考えております。


<第一勧業アセットマネジメント>
中長期的には、都心部を中心とした不動産価格の上昇に見られるよう、国内のデフレ脱却・景気回復は鮮明になっています。景気が回復する中では、ゼロ金利政策の解除は通貨価値を保ち、持続的な成長を保持するための当然の金融政策であり、株式市場のマイナス材料とはならないと考えます。また、当社では現状の企業の業績見通しは保守的であると判断しており、時間の経過とともに、業績は上方修正され、これに加えて自民党総裁選挙の行方等の不透明感も解消すると考えており、7 月頃を目処に市場は落ち着きを取り戻すと予想しています。


<日興アセットマネジメント>
過度に積極的な改革が行なわれるか否かに関係なく、日本は優良な企業を多く擁しており、日本経済は十分に再構築されています。もちろん、ポイズン・ピルなどの企業買収防衛策や株主軽視が広まるようなことがあれば、日本が被害を受けることは免れないでしょうが、それが実際に起こるとは思えません。なお、投機的な銘柄が売り込まれるだけでなく、優良な銘柄の中にも不当に売られるものもあるかもしれませんが、そうした局面は、弊社のファンダメンタルズ・チームに長期投資の好機をもたらすものです。


〔 出典:ソニー銀行 〕


            --- Ginkou ---


 いかがでしょうか?結構、積極的かつ具体的な表現ですよね。三菱UFJ投信のレポートでは「需給調整にはなお時間がかかる」と明言した上で「今回のようにファンダメンタルズとかい離し、需給が主要因となって株価が大きく下落した局面こそ日本株投資の好機」と力強く述べています。


 また第一勧業アセットマネジメントのレポートではもっと突っ込んだ表現で「7月頃を目処に市場は落ち着きを取り戻すと予想しています」と反転時期を明言しています。


 筆者があまり根拠もなく予想すると、日経平均15,000円程度が2005年度の適正水準とすると、2006年度に10%増益になれば株価も10%増加して16,500円が適正水準と言えます。10%増益となるかどうかは別にして、どうやら増益することは間違いなさそうですので、その分だけ株価が上昇するというのは自然です。となると今の14,200円台というのはかなり自信をもって購入できる水準ですね。


 ただし、三菱UFJ投信のレポートにある通り、まだ今すぐ上がるわけではなさそう。従って、「しばらく含み損をかかえてもいい」という「覚悟」をして投資することをオススメします。とは言っても我慢するのは長くて半年でしょうけれど。


 日興アセットの「投機的な銘柄が売り込まれるだけでなく、優良な銘柄の中にも不当に売られるものもあるかもしれませんが、そうした局面は・・・長期投資の好機をもたらすものです。」という表現は「世界同時株安」の中で下落した日本株そのものに当てはまることなのかもしれません。筆者は慎重に、慎重に、ゆっくり、ゆっくり、日本株を買い増していく予定です。すでに相当、含み損を抱えていますけれど(苦笑)。


 さて今回の読者アンケートでは、「下落する日本株、上昇するのはいつごろと思う?」でいきましょう。7月13日まで。筆者は9月ですかね。勘で。
 
 
■下落する日本株、上昇するのはいつごろと思う?(7月13日まで)■
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=178


 



>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行ニュース一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/xfsection/index.php?category=2&orderby=createdD

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2006年、読者が選ぶ銀行ランキング募集中です。投票はこちら
http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

コメント

6月の金利比較、更新しました(その2)。

2006-06-11 23:47:32 | Weblog
先週に引き続き、投資信託・住宅ローン・セキュリティのサービス一覧を更新しました。

4.投資信託比較
  http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=17


  今月は新しいキャンペーンが多いですね。一応、全部書くと、りそな銀行の「投資信託
  ・取引優遇キャンペーン」と「女性が主役の投資信託キャンペーン」、ソニー銀行
  「新ファンド手数料半額キャッシュバック」、新生銀行の「投資信託申込手数料最大
  50%キャッシュバック」と「エマージングカレンシー債券ファンド・キャンペーン」、
  シティバンク銀行の「夏のキャンペーン」、住友信託銀行の「資産運用パッケージ」と
  「夏のプレゼントキャンペーン」と全部で8つもあります!さすが、ボーナスシーズン
  ですね。

  中でも、りそな銀行新生銀行ソニー銀行の各キャンペーンは手数料がストレートに
  ディスカウントされるものです。いいですね!

  さて評価ですが、★★★は上記の通り手数料をストレートにディスカウントする
  りそな銀行新生銀行としました。ソニー銀行は、対象が2ファンドのみなので★★と
  しました。

  投信ラインナップでは、引き続きイーバンク銀行ソニー銀行新生銀行を★★★と
  しています。特にイーバンク銀行は「グローバル・ソブリン・オープン」の
  手数料を0にしているのは画期的です。


5.住宅ローン比較
  http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=12


  金利は少し落ち着きましたね。今月は新しいキャンペーンはありません。

  さて評価ですが、筆者の長年の勘から(?)以下2つとしたいと思います。
  「5年未満」の基準はなくしました。

  1.「10年もの」で、2.3%程度か。
  2.「30年もの」で、2.9%程度か。

  上記の基準の「いずれか」を満たすのは、みずほ銀行三菱東京UFJ銀行
  住友信託銀行SBIモーゲージ(グッド住宅ローン)の4行です。この4行を
  ★★★としました。


6.セキュリティ比較
  http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=18


  セキュリティに関する評価ですが、★★★は先月に引き続き、三井住友銀行
  三菱東京UFJ銀行イーバンク銀行の3行です。


各銀行のサービスを調べたら、ぜひユーザー投票にもご参加ください。

■ユーザー人気投票■
http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=16





>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行キャンペーン一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/news/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2006年、読者が選ぶ銀行ランキング募集中です。投票はこちら
http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント   トラックバック (1)

東京スター銀行:5周年記念キャンペーン

2006-06-10 02:39:19 | Weblog
前回の「キャンペーンを斬る」では、ソニー銀行の「円定期金利優遇キャンペーン」を取り上げました。今だと1年・100万円以上で0.570%とまずまずの高金利です。読者アンケートでは、3つ★★★満点で平均「0.88」と、こちらもまずまずの評価です。条件の割にやや評価が高いような気がしますが、やはりソニー銀行のイメージがいいのでしょうか。

 ソニー銀行の標榜する「フェア」という理念は、ある意味地味ですが、それができていない銀行が多いので、実は結構、差別化できているのかもしれませんね。まだの方は投票をお願いします。6月30日まで。
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=175

 さて今回は、東京スター銀行の「5周年記念キャンペーン」を取り上げたいと思います。



 はい、またまた円定期のキャンペーンです。すみません。もうそろそろ別の商品のキャンペーンも取り扱いたいのですが、なかなか一巡しなくて・・・。あと2回くらいですかね。

 で、この東京スター銀行の「5周年記念キャンペーン」ですが、「銀行が満期を決める円定期」の一種である「右肩上がり円定期」と同時に1年もの円定期を設定すると、1年もの円定期に高金利が付与されるというキャンペーンですね。こんなイメージです。



 円定期との組み合わせ商品はどの銀行も出していますが、大抵は投資信託や外貨預金とのセット商品。これは両方とも円定期であることがミソですね。手数料も取られないし、元本割れもない。セットで投資信託や外貨預金を買わされると金利よりも手数料の方が高くてなんだか騙されたような気分になりますが、両方とも円定期ならそんな事はないので、安全志向の人にはいいかもしれません。

 さて条件を見て行きましょう。まず「右肩上がり円定期」の方ですが2つの期間の商品があります。、

1.10年タイプ・・・最初の3年1.6%、次の3年1.8%、延長された場合、最後の4年2.0%(10年平均1.82%

2.6年タイプ・・・最初の2年1.1%、次の2年1.3%、延長された場合、最後の2年1.5%(6年平均1.3%)

これが適正な条件なのかみてみましょう。長期金利グラフでは・・・ 
 


現在1.8%くらい。10年ものの国債が1.8%ということですから、「10年タイプ」の10年平均1.82%というのはなかなかの高金利ですね。ソニー銀行の10年もの円定期の金利が1.072%ですから、それと比べてもいい条件だと言えそうです。

 一方「6年タイプ」の方ですが、最近の国債の5年ものが1.3%ですから、6年平均1.3%というのはまずまずの条件と言えそうです。

 次に相手側の1年定期の条件を見てみましょう。

1.10年タイプにセットの1年円定期・・・1.6%

2.6年タイプにセットの1年円定期・・・1.1%

これはもう間違いなく高金利ですね。しかも他の銀行のように利息が計算しにくい3ヶ月ものではなく、1年ものが対象というのもなかなか誠実でいいですね。金利条件はどちらの商品もいいので、全体として非常にいい金利だと言えます。その他の条件では・・・

・期間:2006年6月1日~8月11日

・金額:300万円以上

・窓口:電話・店頭のみ。インターネットでは取引できず。

・新規:新規資金に限る

300万円以上かつ新規資金に限る、と言う時点でかなりハードルが上がりそうですね。果たして、みなさんはそれくらいの余裕資金をお持ちでしょうか・・・。

 さていつものように投票の前に、最近の「円定期」に関連する投票結果を復習してみましょう。

・イーバンク銀行のアコーディオン(最長7年:1.4%)・・・「マイナス0.1

・イーバンク銀行の通常円定期(5年:1.05%)・・・「1.2

・新生銀行のニュー・パワードワン(最長5年:平均1.08%)・・・「マイナス0.5

・イーバンク銀行のアコーディオン5(最長5年:1.2%)・・・「1.3

・新銀行東京の特別金利キャンペーン(5年:1.7%)・・・「2.2

・日本振興銀行の開業2周年キャンペーン(3年:1.6%)・・・「0.4

・ソニー銀行の円定期金利優遇キャンペーン(5年:1.002%)・・・「0.88

・東京スター銀行の5周年記念キャンペーン(最長10年:平均1.82%+1年:1.6%)・・・「

 では、みなさんの評価を教えてください。7月9日まで。
  


 

東京スター銀行の「5周年記念キャンペーン」はセットの1年もの円定期が1.6%。あなたの評価は?(7月9日まで) >>>投票はこちら


ソニー銀行の円定期金利優遇キャンペーンについて、ご意見・ご感想はこちら >>>ご意見・ご感想


>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行キャンペーン一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/news/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2006年、読者が選ぶ銀行ランキング募集中です。投票はこちら
http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント   トラックバック (1)

気になる!銀行のあのCM・・・

2006-06-07 00:29:28 | Weblog

さて、前回の読者アンケート「この株価下落局面で、あなたはどうする?」では・・・


 1位:下がった株・投信を購入した 40%
 2位:下がった株・投信を購入する予定 20%
 3位:また上がると思うので様子見 16%
 4位:上がるか下がるか分からないので様子見 13%
 5位:もっと下がると思うので様子見 3%
  〃:もう株・投信はコリゴリ・・・ 3%
  〃:株・投信を始めようと思っていたが怖くなってやめた 3%


となりました。結構、みなさん強気ですね!そういう筆者も強気派で、チョコチョコ買い増しているのですが、結構、下落局面が長引いていますね。長引くのはいいのですが、筆者のような強気派は「下がると買いたくなる」ので困りものです(苦笑)。長引くということは、まだまだ下がるということで、「もっともオイシイ局面がまだ先に待っている」、ということですよね。そういう局面で「もう資金がない!」ということにならないよう、如何に買いたい気持ちをセーブできるかがポイントですね。まだまだ修行中です。


 まだの方は投票をお願いします。6月25日まで。
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=174



 さて今回は銀行のCMについて取り上げたいと思います。何か記事を引用しようと思いましたが、全く記事はありませんでした・・・ということで今回は引用なしで行きたいと思います。


 最近、景気がいいためか銀行のCMをよく見ますよね。手許に何もデータはありませんが、ほとんどテレビを見ない筆者でもよく見ますので、やはり相当、露出があるのでしょう。去年のこの時期と比べても2倍くらいはありそうな気がしますね。根拠は全くないですが。


 そんな中、最もインパクトがあったのがソニー銀行のCMです。そうあの福沢諭吉がたくさん走っているやつですね。福沢諭吉はいいのですが、これがよく見ると無表情で非常に気持ちが悪い。それがたくさん押し合いへし合い走っているわけで、とてもシュールな仕上がりですね。


 さらにその福沢諭吉たちが最後はアメリカ人に扮するわけですが、これまた輪をかけて気持ち悪い。ついでにナレーションも軟弱な感じで気持ち悪い。というわけでトータルとして異様な不快指数を醸し出していて、一度見たら忘れられない「傑作」に仕上がっています。しかも、筆者が見る数少ない番組が、ちょうどソニー銀行の戦略に当てはまっているのかどうか知りませんが、このCMが何回も何回も出てくるので、すっかり目に焼きついてしまいました。


 ちなみに「傑作」と書いたのは決して嫌味ではありません。こうして私が書いているということは、世の中でたくさんの人が話し、書いているわけですよね。で、どこの会社のCM?ソニー銀行なんだ、と「ソニー銀行」の名前が語られる。ソニー銀行の名前を知らない人も世の中にはたくさんいるでしょうから、そういう意味でも非常に効果的と言えるのではないでしょうか。


 まだ見ていない人はこちらからご覧になれます。・・・こうやってURLを紹介している時点でソニーの戦略にまんまとはまっている感じがしますねぇ(笑)。


 http://www.sonybank.net/


 でも筆者が気になっているのは実はソニー銀行のCMではありません。どこかと言うと・・・三菱東京UFJ銀行のCMなのです。意外に感じる方もいらっしゃるでしょうか?一体、何が気になっているかと言うと「視聴者のことを全く考えていないこと!」です。そう、視聴者に伝えようとか、理解してもらおう、アクションを起こしてもらおう、なんてことを全く考えていないんですね。


 たとえばカリフォルニア・アカウント。もうCMのストーリーは忘れましたが、メッセージは「カリフォルニアの銀行口座が開設できる」というような内容でした。以前、そういうサービスをやっていることはチラっと見たことがありましたが、詳しくサービスを理解していませんでしたし、CMでやるくらいなのだから、それなりに力を入れているのだろうと思い、三菱東京UFJ銀行のサイトに行ったところ・・・どこにも書いてないんですね。カリフォルニアのカの字も出ていない。それなりに探してみましたが、結局、見つからず理解を断念しました。


 と言いつつ、今もう一度探してみたら、出てきました!「海外口座ご紹介サービス」。そういえば「パリの口座」とも言っていましたね。これのことか・・・。普通、外貨預金は預金保険の対象になりませんが、こちらは現地の預金保険の対象になるのがメリットのようですね。


 http://www.bk.mufg.jp/tsukau/kaigai/kouza/index.html


 ・・・って、このサービス、わざわざ何億円もかけてCMにする必要があるんですかね?そもそも見つからないし。


 でも、気になっていたのはそれだけではありません。もっとも気になっているのは、今も放映されていますが、「ご覧の振込み手数料が無料になります」編ですね。何が気になるかと言うと、「ご覧の~」とCMで書かれている振込手数料が1、2行じゃないんですね。それこそ6、7行ビッチリ書かれている。6、7行書かれているのはいいのですが、それが画面では1秒くらいで消えてしまうんですね。もう全く読めない。「何がご覧の、だ!」と突っ込みたくなるわけです。


 で、それ以降、そのCMが流れるたびに目をこらすのですが、やはり判読不能です。1行目の「・・・振込手数料0円・・・」くらいしか読めません。「もしかするとCMの製作が完了する間際で文字が増えちゃったのかな?」と好意的に考えようとも思いましたが、最近、出てきた新しいバージョンでもやっぱり短い。すぐに画面が切り替わる。・・・やっぱりワザとなんでしょうか。それだとスゴイですが、やはり、視聴者のことを全く考えていないんでしょうね。ムムム・・・。まぁ、でもこんな何億円も払って「無駄遣いCM」を打てるくらいですから、東京三菱UFJ銀行の経営基盤が安定しているのは間違いないでしょう。


 ・・・それを狙ったのでしょうか?・・・そんなわけないですわな(苦笑)。


 さて今回の読者アンケートでは、「あなたが最も気になる、銀行のCMは?」でいきましょう。どこの銀行がCMをしているか把握していませんので、全部書いておきます。7月6日まで。
 
 
■最近、あなたが最も気になる、銀行のCMは?(7月6日まで)■
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=176


 



>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行ニュース一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/xfsection/index.php?category=2&orderby=createdD

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2006年、読者が選ぶ銀行ランキング募集中です。投票はこちら
http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


コメント   トラックバック (1)

6月の金利比較、更新しました(その1)。

2006-06-04 23:56:42 | Weblog
6月になりました。いつものようにまず、口座サービスと円預金金利一覧、外貨預金一覧を更新しております。

1.インターネットバンキング・ATMサービス比較
  http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=7


  先月と変わらずですが、口座のサービスでは残高に関わらず
  1.口座管理手数料がなく、
  2.無料となるコンビニATMがあり、
  3.他行への振込み手数料も無料
  の新生銀行住友信託銀行を★★★としました。


2.円預金比較
  http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=8


  今月もいろいろと新しい商品が出ていますね。

  今月の新商品、キャンペーンはりそな銀行の「退職金きちんと運用プラン」、ジャパン
  ネット銀行
の「夏のボーナス預けて1万円が当たるキャンペーン2006」、ソニー銀行
  「円定期預金金利優遇キャンペーン」、新生銀行の「キャッシュプレゼントキャンペーン」、
  東京スター銀行の「右肩上がり円定期」、そして住友信託銀行の「資産運用パッケージ」
  です。ボーナス商戦も近づき、意欲的な商品が増えてきましたね。なお、りそな銀行
  キャンペーンは3月から始まっていましたね。すみません。

  さて評価ですが、今回は基準をちょっと厳しくして「5年で1.2%程度」としました。
  また流行りの「期間が延長されてしまう円定期」も長めのものは不人気のようですので、
  評価を落としました。その結果、★★★はイーバンク銀行、と東京スター銀行の各商品
  としています。続く★★はソニー銀行新生銀行の各商品です。大幅に減りましたねー。

  しかし本当の★★★は条件面だけで言うと、ここには入っていませんが新銀行東京
  「特別金利キャンペーン」と日本振興銀行の「開業2周年キャンペーン」ですね。
  恒常的にいいサービスを出しそうであれば、追加しますかね・・・。


3.外貨預金比較
  http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=9


  今月の新しいキャンペーンは、三菱東京UFJ銀行の「為替手数料&金利ダブル優遇
  キャンペーン」、りそな銀行の「為替手数料・金利ダブル優遇キャンペーン」、
  ジャパンネット銀行の「JNB-FX口座開設・大口取引キャンペーン」、ソニー銀行
  の「外貨キャンペーン」の4つです。ソニー銀行のキャンペーンは待ちに待った
  片道10銭の最強のキャンペーンですね。このキャンペーンを実施すると円安になる
  というジンクスがありますが今回は果たして?

  しかし三菱東京UFJ銀行りそな銀行のキャンペーン名は「&」と「・」を除けば
  全く一緒ですね。真似をしたのはりそな銀行だと思いますが、さすがに節操がない
  ですね・・・。商標の問題とかはないんでしょうか?

  さて評価ですが前月に引き続きジャパンネット銀行ソニー銀行、そして住友信託銀行
  の3行を★★★としています。


残る、投資信託・住宅ローン・セキュリティの各一覧は順次更新予定です。



>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行キャンペーン一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/news/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2006年、読者が選ぶ銀行ランキング募集中です。投票はこちら
http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント   トラックバック (1)

銀行人気ランキングを更新しました。

2006-06-03 01:14:35 | Weblog

 当サイトで通年募集している銀行人気投票の6月までの集計が完了しました。みなさん、投票にご協力いただきありがとうございます。まだ投票されていない方は、ぜひよろしくお願いします。
http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=16



各ジャンル別の上位ランキングは・・・(先月比、順位UPしたものに★)


1.総合ランキング


 1位:新生 2位:イーバンク 3位:りそな


2.口座サービスランキング


 1位:新生 2位:★イーバンク 3位:りそな


3.円預金ランキング


 1位:新生 2位:イーバンク 3位:りそな


4.外貨預金ランキング


 1位:ソニー 2位:新生 3位:りそな


5.投資信託ランキング


 1位:新生 2位:りそな 3位:イーバンク


6.住宅ローンランキング


 1位:新生 2位:りそな 3位:住友信託


7.セキュリティランキング


 1位:イーバンク 2位:新生 3位:りそな


8.証券会社ランキング


 1位:楽天証券・★イー・トレード 3位:★松井証券


全般的に、りそな銀行、イーバンク銀行、新生銀行の3つが3強となっている感じですね。中でも新生銀行の人気が顕著で、8つのランキングの中で、新生銀行が1位になっているのは5つもあります。ただ円定期などのランキングは人気が全般的に分散される傾向にあり、必ずしも独走ではなくなってきました。どういう風にランキングが変わっていくか楽しみですね。


 証券会社ランキングでは、イー・トレード証券が楽天証券と並び1位になりました。


さて、今年投票がまだの方はぜひお願いします。



■銀行ランキング:4位以下の詳細と投票■
http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=15






>>>間違いだらけの銀行えらび ~ 銀行.info<<<


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新の銀行ニュース一覧はこちら
http://www.ginkou.info/modules/xfsection/index.php?category=2&orderby=createdD

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2006年、読者が選ぶ銀行ランキング募集中です。投票はこちら
http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★人気Blogランキング★
http://blog.with2.net/link.php/41491

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


コメント   トラックバック (1)