なんでも銀行ランキング-とりあえず投票!

最新の情報・ユーザーランキングで、「正しい銀行えらび」。銀行員、大歓迎!

新生銀行が「Try!新生銀行キャンペーン」を開始しました。

2005-01-30 23:48:55 | Weblog
ようやくキャンペーンが出てきました!新生銀行ありがとう。
それはともかく、このキャンペーン。2つのキャンペーンのミックスになっていて、口座未保有者には「口座開設でiPodシャッフルが当たる」。口座開設者には「パワードワンの金利が1年間だけ1.1%になる」というもの。

当サイトのアンケートでも評価が高い新生銀行なのと、今人気のiPodシャッフルという組み合わせは、まずまず。台数はもう一声いってほしかったが(確率は1/100くらい?)、何もやってない銀行よりはいい。

もう一つの「パワードワンのボーナス金利」。「1年間だけの0.1%」ってイマイチせこいなぁ、と一瞬思ったが、よく考えれば他の銀行で0.1%を得ようと思ったら5年定期を組まないといけないので、これはなかなかと言えるかも、と思い直しました。

自動エントリーのようなので、これもGood。

ということで、筆者の評価は3つ星満点のギリギリ「★★★」。0.1%優遇が5年間ずっとなら、迷わず★★★なんだけれど。

みなさんの投票をお待ちしています。
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=19

ちなみに少し気になったのが、キャンペーン開始日。なぜ、28日(金)なんて中途半端な日に???
コメント

東京三菱、生体認証カードだそうですが。

2005-01-28 01:55:42 | Weblog
東京三菱銀、年会費無料の生体認証カード発行
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20050127AT1F2601326012005.html

こんな時間にページ更新をしている暇はないんだけれど、PVはやっぱりWeekdayに多いので、がんばって週2回更新を目指したいと思います。無理かな・・・。

で、生体認証カード。確かにスキミングとか、こわいですよね。ゴルフ場の貴重品ロッカーに隠しカメラをつけるなんて、「素晴らしい」アイデア。客は半日は帰ってこないし、暗証番号は覚えているものを入れるし、唯一のリスクは従業員に見咎められることだけれども、支配人とつるんじゃうとね。もう完全犯罪、間違いないという感じ。

風邪なんか引くと、「健康であることがどれだけ素晴らしいことか」痛感させられるけれど、それと一緒で、犯罪に合うとこういうカードの良さがものすごく分かるんだと思う。あぁ、生体認証カードにしておいてよかったと。

ただ、めったなことで合わないんですよね。犯罪に。せいぜい、財布を落として出てこないぐらい。しかも喉元過ぎれば熱さ忘れる、すばらしい国民性。あとマスメディアがホラーストーリーを書きすぎてしまって、だんだん不感症になってきている気がしますね。記憶に新しい「2000年問題」も、結局、何もなかったじゃないかと。

なので、一体、どれくらいの人がこういうカードを欲しいと思うんでしょうか?まぁ、一万円を超える年会費は論外としても、クレジットなしで2,100円の発行手数料を負担するかどうか。ぜひ賢明なユーザーの方々に民意を示していただきたく。

ちなみに大多数の人は、「生体認証か何だかしらないけれど、保険かなんかで守ってくれればそれでいいです。もちろんユーザー負担なしで。」と思っているとは思いますが。

↓読者アンケート:「生体認証カード」あなたはほしい?(2月11日まで)
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=18
コメント

今度はライブドア銀行!?

2005-01-26 01:05:47 | Weblog
ライブドア、西京銀とネット専業銀行設立で基本合意
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20050124AS3L2405424012005.html

なのだそうである。何度も言うように、ユーザーからすると選択肢が増えるのはうれしい。
だけど・・・。

ライブドアって、この前までイーバンクと資本関係があって、喧嘩別れしたばっかりですよねと。
いや、喧嘩したことはどうでもいいんだけれど、やはり新規参入銀行が、なかなか黒字にならないのを目の当たりにしていますよねと。
で、なんでまた参入する気になったのか。個人的には、是非聞いてみたいものだ。

もちろんライブドア会員に口座を作らせて、囲い込んでしまう、あるいは決済を自分の銀行に集中させるという手はあるんだけれど、イーバンクや新生で決済が実質、無料でできてしまうことを考えると、ユーザーからするとわざわざライブドア銀行の口座を作る意義があまり見つけられない。

YahooのようにオークションのようなECサイトをもっていると、何かうまく優遇してインセンティブを与えられそうだけれど、ライブドアね・・・。うーん、ちょっと分からんなぁ。

それはさておき、堀江氏自身は絶頂ですね。見ていて危なっかしいところはあるけれど、やはり日本って挑戦したもん勝ちなのかなぁ、と思う。勝っても負けても、認知が高まり、ファンが増える、みたいな。追い風が吹いているうちに、ぜひ経営者として一皮向けて欲しいなぁ、と他人ごとながら思います。
(大きなお世話だな、確かに)

さて、お約束のアンケートですが、「成功すると思いますか」のような客観的な判断を聞いても面白くないので、「好きか嫌いか」「あなたならどうか」主観的なものにしました。複数回答可です。ふるって投票ください。(2月8日まで)

http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=17
コメント

りそな、シニアを大量採用ですか・・・

2005-01-22 19:41:41 | Weblog
http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/art-20050119201658-WAYMOYFTDB.nwc
「りそな銀、シニア大量採用 営業強化へ経験重視」

なのだそうだ。
平均寿命はどんどん伸びている。さらに今の「シニア」は確かに若い。筆者の親もピンピンしている。これからはリタイアした後、のんびりしたいシニアもいれば、まだまだ働きたい、というシニアもいるでしょう。

かく言う筆者は、「仕事大好き人間」のため、日がなダラダラ過ごすというのは耐えられない。60になっても70になっても何か生産的なことをしながら社会とかかわっていくことを望んでいます。

なんだけど。


みなさんの会社にいる「シニア」たちは働いていますか?ここでシニアを「50以上」と定義しましょう。もちろん世の中には、最前線に立って元気にやっているシニア・オジサンもたくさんいますし、筆者もたくさん知っています。ですが平均的なオジサマたちは、筆者が見る限り、あまりやる気がなさそう。仕事に飽き、意欲もなく、確かに経験豊富なんだけれど、その経験が足を引っ張り冒険をしない。傍観者となり、難癖だけつけて、定時が来れば帰っていく、まさに「燃え尽き症候群」。だけれども、会社には、というより日本には年功序列の文化だけは残っていて、誰も何も言わない。なんて言うのがイメージなんですよねー。

と言うわけで筆者は、やっぱり若い子と仕事をするのが楽しいよねーと思ってしまうわけです。


もちろん向き・不向きがあって、個人顧客を相手にする「住宅ローンセンター」はいいと思うんですけどね。説得力がありそうで。一方、中小企業の融資とか、融資事務とかになると???と。
融資事務なんて、やっぱり正確でスピードも速いパートのオバサマたちで十分な気がします。
ただし、また偏向記事だと怒られてしまうので、ここでアンケート。シニアな銀行員は役に立つか否か。

(50歳以上の方が読まれたら、本当に不愉快な内容でごめんなさい。ご容赦ください。次回はみんなから愛される話題をかんがえまーす)

http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=16
コメント

Yahoo銀行設立!?

2005-01-21 02:45:14 | Weblog
ヤフー、ネット銀参入を正式発表――あおぞら信託買収
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/hot.cfm?id=d1d2008520&date=20050120

この記事を見て、ドキっとした銀行員も多いかもしれませんが、ユーザーとしては特徴ある銀行が増える分には大歓迎、と言えるでしょう。かつ、必ず特徴があると言えるでしょうし。


ただし、本当に成功するかどうか、メジャーバンクになれるかどうかは、Yahooの集客力・ブランド力をもってしても不透明感はつきまとう。というのも、ソフトバンクは今まで「あおぞら銀行本体」や「イーバンク」と資本関係があったものの、手放した経緯があるから。

また、閉鎖的な日本の銀行業界のこと、素直に振り込みやATMのネットワークをつなげるとも思えない。
さらに言うと、記憶に新しいYahooBBの情報漏えい事件は、心配性の日本人の心象にネガティブな印象を与えるだろう。


でも。それなりの期間(5年以上)、キッチリ取り組めば、メジャーバンクになる可能性は十分に高いだろうと思わせてしまうのが、やはりYahoo神話なのかもしれない。

繰り返しになりますが、ユーザーとしては魅力ある銀行が増えるのは大歓迎!なのです。

では、ここでアンケート。このYahoo銀行、成功すると思いますか?(2月4日まで)
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=15
コメント

NHKディレクター vs NHK vs 朝日新聞

2005-01-20 02:20:09 | Weblog
<ご案内>
下記コメントにいただきましたが、オリジナルな文章は、確かに朝日新聞に偏重していたかなぁ、と反省し内容を大きく修正しました。
ご容赦ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて今回は、銀行関連ニュースだしスキミングの話でも取り上げようかなぁ、と思っていましたが、この騒動の「魅力」に抗いきれず、こちらを取り上げたいと思います。

「NHKディレクター vs NHK vs 朝日新聞」
番組改変問題 NHKの会見に対する朝日新聞社の反論 番組改変問題 NHKの会見に対する朝日新聞社の反論
http://www.asahi.com/national/update/0120/001.html

経緯は・・・まぁ、みなさん良くご存知だろうと思いますので割愛します。

プロ野球でも「乱闘シーン」が一番、面白いわけで、空前の格闘技(見るほうだけど)ブームにしても、やはり真剣勝負は面白いもの。あんまりハマリすぎると「愚衆政治」になってしまうけれど、やはり大人が真剣に戦うのは、なにか本能的な魅力があります。

ただまぁ、野次馬的にこの事件を眺めてみてももちろんいいんですが、「サラリーマン」の立場から、この事件を眺めると、痛切に考えさせられるのは2つ。

1つ目は「自己犠牲」。現段階では、圧力があったのかどうかは確定していない。ただ、そうでなくても例の会長がイメージを落としてしまったこともあり、ついつい想像してしまう。NHKの元総局長氏が会社のために嘘を言わされているのではないかと。

悪いことに想像のネタ元には事欠かない。もちろん銀行もで、新しくはUFJ。古くは長銀・日債銀・第一勧銀など。サムライよろしく組織を守るため、自分を犠牲にする。・・・そして報われない。

2つ目は「悪いことを悪いと言えますか」ということ。「NHKプロデューサー氏」がどういう動機で声を荒げたのかはわからない。某週刊誌が書いていた「陰謀」ではないにせよ、自分の身に置き換えれば分かるとおり相当の覚悟が必要なはずであり、こちらも、ついつい「正義感のため」だったのではないかと想像してしまう。どんな動機がは分からないが、いずれにせよ彼はこの騒動で何を得るのか。奥さんもいる。子供もいる。会社は間違いなく居心地が悪くなる。と言うより、もう2度とまともな仕事はできないかもしれない。道路公団で藤井総裁にたてついて左遷されたけれど、見事カムバックした人もいるけれど、それは数少ない例外。普通は告発者はつらい思いをする。

「組織」は、ある局面では、社員にとってとっても怖いもの。あとで後悔しないよう「適切な距離」は守り続けたいものです。

さて、ここでアンケート。この騒動、あなたが共感するのは誰?2月3日まで。複数選択可。
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=14
コメント (1)

就職先人気企業に異議アリ!

2005-01-19 01:31:45 | Weblog
http://www.asahi.com/job/news/TKY200501130313.html

この時期になると出てくる、就職先ランキング。自分には関係ないと思いながらも、ついつい見てしまうのが下世話なところです。銀行ではTOPは三井住友銀行。文系女子でもベスト10に入っています。続いて東京三菱・UFJ連合、みずほ銀行と続きます。しかし文系男子はほとんどが「財閥」もしくは「金融」。でもって、「財閥+金融」ということでこの順位になるということで、ある意味分かりやすいが、何とも夢も色気もない。

不景気が原因なのか、それとも終身雇用の幻想がまだ続いているのか分からないが(もしかしたらこのランキングの取り方に偏りがあるのかもしれないが)、このランキングからは「キャリアアップ」するために「企業を利用してやる」ような意気込みは感じられない。

文系男子より理系男子。男子より女子の方が、軽やかに企業を選んでいる感じがしますね。このランキングから「寄らば大樹」や「ブランド志向」=「結局、コンプレックス?」のニオイが消えたときはじめて、日本経済のダイナミズムが復活するのかもしれません。

筆者ですか?もちろん、学生時代は上記企業を受けて落ちました(苦笑)。

では、いきなりですが投票に移りましょう。「もし生まれ変わって、就職するなら、あなたはどの銀行?」(1月31日まで)
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=13
コメント

よりよい銀行えらびを!

2005-01-19 01:30:17 | Weblog
銀行の商品・サービスについて、ランキングや最新情報を分かりやすく、解説したものがない!と思ったことがきっかけで、銀行の比較サイトを立ち上げようと決心したのが半年前(2004年6月)。仕組み等の準備に手間取り、ずいぶん時間がかかりましたが、ようやく公開できました。
http://www.ginkou.info/

その勢いで、メルマガ&blogも始めてみようと思った次第。更新は週1回くらいかもしれませんが、みなさんで日本の銀行に叱咤激励しましょう!

とりあえずお気に入り銀行の投票はこちら。かなり偏っていまーす(苦笑)。
http://www.ginkou.info/modules/xoopspoll/index.php
コメント