福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

興正菩薩叡尊が石清水八幡に祈願して神風を吹かせたときの願文

2022-11-06 | 法話
弘安の役で興正菩薩叡尊が石清水八幡に祈願して神風を吹かせたときの願文です。 「・・政道が廃れ、神祇が国民の非礼を咎め、仏が日本人が虚妄の生き方をするのを咎められるとしても、日本は神の国であり、日本人は神の末裔であります。昔新羅僧道行は熱田神宮の草薙の剣を盗み出そうとしましたが(風雨に遇い失敗して返しました)、彼などは三帰五戒を守ってる僧侶に過ぎず、日本の僧侶は二百五十の具足戒を守っています。尊卑 . . . 本文を読む
コメント

今日は昌子内親王病気平癒のため千手観音法が修された日

2022-11-06 | 法話
日本紀略「長保元年999十一月六日太皇太后御悩に依り、権僧正観修をして、千手観音法を修せしむ、尋で、少僧都勝算をして、御修法を行はしむ」・天皇は一条天皇。・太皇太后とは昌子内親王 のこと。朱雀天皇第一皇女で冷泉天皇の中宮。資質淑慎で仏教に帰依すること篤く、永観三年(985)北岩倉山大雲寺に観音院を創建したことから、観音院太后とも呼ばれた。和泉式部も仕えた。長保元年12月1日には五十歳で崩御。観音院 . . . 本文を読む
コメント

11月6日は四千日分のお大師参詣功徳日です。

2022-11-06 | おすすめ情報
11月6日は四千日分のお大師参詣功徳日です。 . . . 本文を読む
コメント