福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

祈りの永遠である如く、苦悩もまた永遠であるのか(亀井勝一郎)

2022-11-05 | 法話
信仰の無償性、亀井勝一郎「・信仰途上における最大の誘惑は自分一人だけ一足先に救われようとする焦燥感であろう。・・もし本当に無常に徹したならば無我になりうるはずだ。人は他のすべてに対しては無常の観念をもって臨みうるけど、己に向かってはそれを厳しく適用しない。他に対しては鋭く懐疑的でありながら己については甘い。自分の頭脳をみれば百鬼夜行の如くである。その様々の妄想を神が照覧するならば捧腹絶倒したまうで . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が大安寺別当に補された日

2022-11-05 | お大師様のお言葉
  長者補任 「(天長六年(829))大僧都空海 十一月五日大安寺別当に補す。今年、和気真綱、同清麻呂、神願寺を以て大師に付嘱し奉る。神護寺是也」   大安寺は元興寺と並んで日本における三論宗の二大拠点を成した。入唐僧道慈は、護国経典として重視された新訳『金光明最勝王経』を日本にもたらし大安寺の整備に尽力。鑑真招請の普照と栄叡、大師の師の勤操、また最澄の師にあたる行 . . . 本文を読む
コメント

今日から真如堂十夜法要です

2022-11-05 | おすすめ情報
今日から真如堂十夜法要です。真如堂のホームページでは「お十夜(十日十夜別事念仏会)11月5日~11月15日お十夜(おじゅうや)は、「この世で十日十夜善いことをすれば、仏国土で千年善いことをするに勝る」という「無量寿経」の教え (注)に基づき、阿弥陀如来の法恩に感謝する法要です。室町幕府第六代将軍・足利義教の執権職をしていた伊勢守貞経の弟、平貞国が真如堂で行った十日十夜の念仏行に由来しています。11 . . . 本文を読む
コメント

今日は地震で皇室が諸国に祈願させた日 

2022-11-05 | 法話
     史料綜覧巻七 / 応永三十二年1425十一月五日条( 「五日 地震 尋デ 諸寺ヲシテ祈禳セシメラル 上皇モ亦祈禳セシメラレ 義持モ亦祈禳セシム」 この頃は称光天皇は病弱で後小松上皇が院政。皇室に実権が無くても庶民への地震の影響を心配され諸国にまで祈願させられるお姿は貴いものです。 この前後の年は特に大地震の記録はありません。 . . . 本文を読む
コメント

今日は伝教大師が泰範に手紙を出し弘法大師の灌頂に入壇することを述べた日

2022-11-05 | お大師様のお言葉
    今日は伝教大師から弟子の泰範にあて弘法大師の灌頂に入壇すること等を書いた手紙を出されています。実際この年の十二月十四日には大師は高雄山寺において胎蔵結縁灌頂を開かれ約束どおりに最澄・賢栄・泰範等が入壇されています。 「比叡山老僧㝡澄敬白 應に灌頂を受法する事 右㝡澄去月二十七日(弘仁三年十月二十七日)頭陀の次を以て乙訓寺に宿し空海阿闍梨に頂謁す。教誨慇懃具に三 . . . 本文を読む
コメント