福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日は旱魃で清和天皇が自らを戒められた日 

2022-11-13 | 法話
            三代実録 / 貞観十五年873/十一月十三日甲戌条 十三日、(清和天皇)詔して言うには、垂鴻は徳を一とする。道に違う者はまずその行いを乱す。歴象は天に同じ。常を変える者はすなわちその怒りに遭う。朕の政は寒暑なく、化は水波に負う。陵遅の運を仰いで洪緒(帝王が国家を統治する大業)に慙ず。十一年に至るに及び、夏旱の映 . . . 本文を読む
コメント

今日は實慧大徳御遷化の日

2022-11-13 | 法話
  「承和十四年十一月十三日東寺長者實慧大徳遷化。行年六十二、夏臈四十二」(高野春秋) 「此の年(承和十四年)十一月十三日、師河𣧓(州)に示寂す。世壽六十二、法歳四十四.東寺几すること十二年」(弘法大師弟子譜) . . . 本文を読む
コメント

今日11月13日は道興大師実慧上人の入滅された日です。

2022-11-13 | 法話
今日11月13日は道興大師実慧上人の入滅された日です。実慧上人は大師十大弟子の一人、「檜尾口訣」を著す。承和14年(847年)11月13日自ら創設した河内観心寺側の法禅寺にて入滅。享年62。檜尾山に葬られる。安永3年(1774年)8月、道興大師の諡号を賜っています。承和十年十二月十三日の承和灌頂(於東寺)では実慧大徳が大阿として堂内に入り三昧耶会場の西方を進まれたとき、大師が高座に影現されたといい . . . 本文を読む
コメント

今日は高倉天皇が中宮平徳子無事御産の御礼の宸筆を守覚法親王に賜った日

2022-11-13 | 法話
今日は高倉天皇が中宮平徳子無事御産の御礼の宸筆を守覚法親王に賜った日。今日治承二年1178十一月十三日は高倉天皇が中宮平徳子無事御産の御礼の宸筆を守覚法親王に賜った日。守覚法親王と高倉天皇は兄弟。以下「宸翰英華」等によります。「治承二年十一月中宮徳子の御産に當り皇兄喜多院御室守覚法親王は六波羅邸にて孔雀経法の修法を以て霊験を示された。守覚法親王は承安二年十月にも孔雀経法で霊験を示されており重ね重ね . . . 本文を読む
コメント

「諏訪神仏プロジェクト」

2022-11-13 | 法話
先ほどNHK教育テレビで「諏訪神仏プロジェクト」が紹介されていました。 https://suwa-tabi.jp/suwa-shinbutsupj/ 諏訪地方の神仏一体の歴史を復活する地元の寺社一体の活動です。 またこの中で、上社での僧侶の神前読経も紹介されていました。現地の新聞でも「「諏訪神仏プロジェクト」の開始を諏訪大社の神前に奉告する神事「奉告祭」が9月30日、諏訪市の上社本宮で行われ . . . 本文を読む
コメント

今日11月13日は慈恩大師の誕生日です。

2022-11-13 | 法話
今日11月13日は慈恩大師基の誕生日です。慈恩大師基(631~682)は、17歳で玄奘三蔵の弟子となり、瑜伽唯識を究め法相宗を開かれました。大慈恩寺に住したので、慈恩大師と尊称されています。法相(ほっそう)とは、あらゆるものの根本のあり方を指す言葉で、「一切の存在現象はただ識による」(唯識)としています。これによるとわれわれの苦しみもすべて自分の過去から積み重ねてきた心の一番深いところにある「阿頼 . . . 本文を読む
コメント