Sotto voce (^-^)

楽しみを待つ事は、それ自体が楽しみ。
そんなカンジの日々を綴ります♪
Non vedo l'ora!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドン・キホーテ

2007-07-24 01:01:29 | バレエ
家に帰ってきてつけたらバレエ「ドン・キホーテ」演ってた。
ゴハン作ったり洗濯したりの
BGM的なカンジでつけてただけなんだけど。

ふと見ると1幕のクライマックス。まずキトリに目を奪われました。
あの脚の上がり方
なが~い手足に優美な動きでもスペインらしいキレもあって。
スゴイじゃないのぉ
なんと言ってもあの尋常ではない身体の柔らかさ。
ジャンプして前方に脚跳ね上げるのに(なんてゆうんだ?)なんで180°脚開いてんの?おかしくない
キトリってキュートでカワイイ町娘のイメージだったのに。
すっかりカルチャーショックです。

それからバジル。すらりと長身でなんて腰の位置が高いの
しかも脚の筋肉が過剰すぎず。なんてノーブルなバジル。

優美なキトリにノーブルなバジル。
とても旅館の娘と床屋の息子には見えない。

でもそこから3幕まで二人に釘付け。
パドゥドゥなんか溜息しか出なかったわ美しすぎるぅ

最後にキャスト確認。
ボリショイ劇場のスヴェトラーナ・ザハロワと、同じくボリショイ劇場のスター、アンドレイ・ウヴァーロフ

いつかお二人の舞台を実際に観たいものです。
コメント   この記事についてブログを書く
« 7/17 お稽古 銀宝殊 | トップ | 滝いつ子 バレエの夕べ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バレエ」カテゴリの最新記事