フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

6月の27レポートは穴を開けずに済みそうです

2022年06月28日 15時09分15秒 | 荒川河川敷

二ツ宮からプラザウエストまで荒川河川敷を歩いた。27日は本来なら墓参りを兼ねた荒川河川敷観察日で自転車で行くのが常で、マンスリーレポート27の日だった。今回は右手が不自由で自転車に乗れない苦渋の選択だった。
往復はバスで河川敷約6.2キロを歩く予定だった。3日連続の猛暑日がチョット心配だったが、欠かしたくはなかった。

治水橋近くのまだ工事が終わって間もない堤防にはアカツメクサが繁茂しモンシロチョウが飛び交っていた。バトルしているようなのをよく見ると何と体を折り曲げて交尾拒否をしていた。

交尾を済ませたメスは体を折り曲げて拒否のポーズをとるという

少し先の堤防ではもうセイバンモロコシが占拠していました

植水の横堤に入り途中から昭和田んぼに降りた。昭和田んぼの真中を南北に走る農道兼自転車道を3分の2以上北進した辺りの農業用水水路縁にイヌヌマトラノオが繁茂していた。以前はここら一帯に生育していたが、最近はこの辺りだけになってしまった。

そしてオカトラノオとヌマトラノオの交雑種と言われるイヌヌマトラノオだけしか見られなくなった。

1時間くらい歩いただろうか猛暑日の炎天下で、疲労困憊してしまった。荒川運動公園方向を見ると立木の下に木陰が見える。欲も得も無く緑陰に吸い寄せられた。熱いお湯に浸かったような靴を脱いで生き返った。

第2調節池の工事現場を横目で見ながら自然の中にいながら緑陰がないのを呪いつつ、とにかく前に進んで、残り1時間半でプラザウエストにたどり着いた。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

見沼代用水西縁を山崎まで歩き、疲れました

2022年06月23日 21時36分17秒 | 身辺雑記

自治医大大宮医療センターのすぐ脇を流れているどぶ川のような掘割が見沼代用水西縁と知ったのは結構前だった。これが?と思いつつ歩こうとの気持は起こらなかった。
今日は何となくカメラを持って出た。専門の医師を紹介するので紹介状を書くという。時間がかかるというのでただ待っているのはバカ臭い。17時までは何時でもいいとの事で西縁を歩いてくる事にした。朝は適当な所まで行って大きな道路からバスで戻ればいいと思っていたが病院に戻らなくてはならなくなった。計画性のない自分はままよとばかりに出かけた。

殆ど見るものは無かった。代用水の水量が多く意外に流れも速いなどと思いながら南下した。やっとネムの花に出会った。

あまり気温は高くないはずだが、兎に角湿度が高い。面白い被写体もなく疲れだけを感じ始めた。でもヤマハギにクマバチが来ていた。慌てると不自由な手は余計に動かない。でも何枚か撮った中には見られるものがあった。

もうこれ以上はと思い始めた浦和西高斜面林に奇妙なものを見つけた。

目を凝らすと今日一の収穫だった。

コマツナギの見事な花の盛りだった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウマノスズクサにもジャコウアゲハの幼虫にも久し振りでした

2022年06月18日 17時26分28秒 | 身辺雑記

右手がおかしくなって20日になるが、相変わらずだ。何もせずにおかしくなったのは自然に直る事もあるようだが一向に変わらない。でも、ボケっとしていても仕方ない。
今日は久し振りに笹目川に行ってみた。荒川は5月に除草が終わっているので笹目川もと思ったが、まだ全然で水量も少なくカワセミのカの字も感じられなかった。

でも途中のフェンスにウマノスズクサが絡んでいた。自然に生える事はまずないだろうとよく見ると一定の間隔で結構植えられていた。ジャコウアゲハの幼虫が居ないか見てみると「いたいた!」全部で7~8匹いたようだった。

何か変なものが付いていたがよく見ると枯れた花を巻き込んでいた。茎を一生懸命食べているがこうしてどこからでも切ってしまうので根元近くだとウマノスズクサが枯れてしまう。単なるバカなのか理由はハッキリ分からないようだ。

意外に可愛い顔をしています

収穫なく笹目川の地上部にでる水門の所に戻ってきたら、水が流れていない所にツバメらしきが群がり飛んでいた。ツバメにしては小さくて丸っこい、習性も違う。イワツバメと思い、帰って調べると予想通りだった。脚に白い毛があるのはイワツバメだけの特徴とあった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

右手が不自由で何もできないピンチです

2022年06月05日 18時24分07秒 | 身辺雑記

右手が不自由だと何もできない。
5月29日に東久留米のTさんのお宅にお伺いした。調べてみると駅からは12~3分で大した事は無さそうだった。ナビを頼りに歩き出した。先入観で歩き始めてしまい方角が分からなくなってアチコチ迷って30分以上かかってしまった。ようやくたどり着いたTさん宅はいくらインターフォンを押しても何の応答も無い。周囲を回ったりしても誰とも会わない。約束していたのにと恨めしい気持ちになってようやく電話することを思いついた。
すぐに応答がありそのあたりTさん一族で「一体どこにいるの」と言われても居る位置が分からない。電話片手の奥さんが見えてようやくたどり着いた。
目的の田島ケ原ゆかりのサクラソウはビックリするほどあった。人の良さそうなご夫婦が歓待してくれて暑さも吹っ飛んだ。
持てるだけの鉢植えを頂戴して帰ってきた。

プランターは持ちきれないので7号鉢3鉢を頂戴してきた

汗びっしょりの体をシャワーで流して机に向かうと睡魔に襲われた。手の上に額を乗せて俯せて寝込んでしまった。昼寝はいつもこのスタイルだが、この日は疲れもあったのか、そのまま1時間30分くらい熟睡してしまった。

目が覚めて気持ちスッキリだった。
でも右手がおかしい。痛みも痺れも無いのに手首に力が入らない。手首が上に向かないのだ。指はどうやら動くが、手首が言う事を効かないので何も掴めない。とにかく痛くも痒くもないのでそのうち直るだろうと、日曜日の事もありそのまま寝てしまった。

翌朝になっても同じなのでさすがに不安になって近くの整形外科を訪ねた。首のレントゲンを撮って診察の結果、取り敢えず薬を出すが大きな病院で検査を受けた方がいいとの事で紹介状を書いてくれた。

6月2日に自治医科大学さいたま診療センターに行って来た。担当した木村優彌医師は脳の方の異常ではなさそうで筋を痛めたのではないかと翌3日に末梢神経伝導検査を予約して結果は9日の診察の時だ。

右利きで右手が不自由だとパソコンも字を書く事も何もできない。カメラのシャッターも押せない。スポーツクラブにも行けない。自転車に乗れないのが最悪だ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする