フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

オオタカの朝食を邪魔してしまいました

2018年09月28日 15時59分28秒 | 荒川河川敷

今朝は5時40分頃家を出た。途中のカーブミラーは露で雲って使い物にならなかった。

露で曇ってしまい左右確認もできません

浦和ゴルフの所から荒川堤防に上がると正面に富士山がシルエットで浮かんでいた。堤防上を走ると左右の草は露を含んでキラキラ輝き、先の方はかすみがかかっていた。

羽根倉橋から河川敷の自転車道をしばらく走り昭和田んぼに入る所で自転車道を外れてガタボロ道に入った。轍の跡の2本道は水溜まりが多い。左右にハンドル操作しながら真ん中の草地を走るとバッタやトンボがビックリして飛び出してくる。右から左から忙しい。ただ走っていても能がない。良い被写体がないかと思い始めた時真横の草むらから怪鳥が飛び立った。突然のバタバタという大きな羽音に呆気にとられていると急旋回して大空に消えた。飛び立った後には羽が散乱していた。鳩の毛のようだ。ようやく状況が呑み込めた。オオタカが獲物を捕まえて朝食中だったのだ。予想もしなかったことであまりに近づきすぎた。
飛び立った後しか写せなかったが、2メートルも離れていなければ仕方なかったと諦めた。自分よりオオタカの方が折角の獲物を諦めなければならず数倍悔しかっただろう。

上の写真の拡大

コメント

ヒガンバナを蹴散らしても何も生まれません

2018年09月24日 11時27分57秒 | 荒川河川敷

サクラソウ自生地の観察を終えて今年の堤防のヒガンバナは如何に?とさくら草橋側から遠望した。天端の左側は赤いヒガンバナの列が見えたが右側は何も見えない。

不思議に思ってよく見るとなんと右側のヒガンバナは茎の下の方から倒されている。花だけもがれたのも多い。こんな惨状が浦和ゴルフの所まで続いていた。


茎が倒されもがれた花が散乱していました

浦和ゴルフから上流方面を見るとそこからは両端に紅いヒガンバナの列が続いていた。

浦和ゴルフの辺りから左岸堤防を上流方面に望む

堤防のヒガンバナについては賛否が錯綜している。河川事務所は基本的にNOだ。冬の時期に大きく広がり太陽を独り占めにする事から早春の草花に悪影響を与えるし、本来的に植栽すべきではないとの説は有力だ。そしてヒガンバナ自体の好き嫌いもある。
難しい問題だが、ヒガンバナ園として人気を博している所もあり、鼠の害を防ぐという説もある。
でも、なんといっても折角開いた花をへし折り足蹴にする感覚は異常だ。こういう狂気が色々な社会問題を引き起こすのだろうから、ヒガンバナで済んだとするべきだろうか。でも植物に当たり散らしても残るのはそう快感であるはずがない。一層の惨めさが残るだけだろう。


咲いたばかりの花は赤が鮮やかで日時が経つにつれて白っぽくなっていく

コメント

シマヘビにしばしの間通行止めされました

2018年05月01日 18時34分42秒 | 荒川河川敷

27日は三島のスカイウォークで遊んでしまい、27レポートの観察に行けなかったので遅ればせながら青葉園にも行ってきた。例年なら入口の埼玉県指定の天然記念物のフジの花が盛りなのに今年は全てが早い。もうホンのおしるし程度名残の枯れ花が垂れ下がっているだけだった。
いつもとは違って南与野まで埼京線の下を走った。そこから桜区役所を目指して本木さんが丹精込めて育てているサクラソウ園に寄ってみた。3株だけ花をつけていて、種子は収穫済みだった。

鮮やかな濃い目のピンクの6裂片の花です

羽根倉橋の交差点から河川敷に下りてしばらく自転車道を走った。左右の植物を見ながらいつも通り走っているとツーリングの人達が次から次へと追い越していく。ひと声かけていく人もいるが大半が無言の追い越しだ。一部まだらに木の陰になった所にヘビが出ていた。1.5メートルはある大きなヘビで自転車道の真ん中を占拠している。

シマヘビだろうか?日向ぼっこが好きだというが全く動かない。自転車を止めてしばし観察してみたが、このままだったら轢いていっちゃおうか。考えているとやおら動き出して方向転換して草むらに消えていった。


最初はヤマカガシと思ったがどうやらシマヘビのようだ

錦乃原桜草園もすっかりオギやヨシに覆われていたが、去年と同じ所に面白い裂片の花が咲いていた。

コメント

荒川河川敷の原野に正体不明の葉が群生!!

2018年04月13日 18時28分27秒 | 荒川河川敷

久しぶりに荒川河川敷の原野に行ってみた。ヨシをはじめ植物たちはもう脛くらいの大きさになっていた。そしてかなりの広さでこの草が生えていたが一体何なのだろう。マメヅタの葉より薄くて大きいが、形はそっくりで高さは15㎝くらいだ。

コヒロハハナヤスリは周囲の草たちの陰になってしまった事もあり探すのに手間取った。
ヒロハハナヤスリとコヒロハハナヤスリの見分けはかなり難しく、栄養葉の形などからしか推測できない。

かなり大きくなっていたが他の草が少ないところに生育するコヒロハハナヤスリ

ジロボウエンゴサクはサクラソウ自生地と同じで群生は見られなかったが、小さな株がアチコチで見られた。

ケシ科のジロボウエンゴサク

エキサイゼリはもう見られるはずと思いこんであちこち探したが、株は見られるものの花は見られず、日のよく当たる斜面でようやく蕾をいくつか見つけた。どうしてエキサイゼリだけ遅いのかと過去の写真を探すと4月末が多く、まったく自分の思い違いだった。
チョウジソウの花は一部で見られたが、どの株も多くの蕾を膨らませ、間もなく花盛りを迎える。

蕾を膨らませているエキサイゼリ

ツボスミレやアリアケスミレは群生こそ見られなかったが、アチコチで花開いていた。

明日の東京新聞の朝刊にサクラソウ自生地の顧問の先生のコメントが載るというので、どんな記事なのか楽しみだ。

コメント

昆虫に限らず種を同定するには角度を変えた写真が必須を実感

2017年08月31日 18時02分35秒 | 荒川河川敷

イヌタデの花穂に何やら昆虫が来ていたので写真を撮ってきた。パソコンに移すと交尾中だった。カメムシの仲間だろうとは思ったが、細長い長方形の小さな虫で、図鑑を調べればすぐわかると思った。でもどうにも分からない。またまた日本昆虫協会のBBSにお世話になった。

交尾中のホソハリカメムシ

ホソハリカメムシはカメムシ目ホソハリカメムシ科の昆虫で、マメ科やイネ科の植物の害虫の一種という。胸部の両端が鋭く針のように尖っているのが名の由来のようだ。

日本の昆虫1400 文一出版より この図鑑ではヘリカメムシ科になっている

横から見た印象とは全く違い、これでは分からないはずだった。昆虫の写真は上からも横からも撮らねばダメな事を実感した。

アオスジハナバチはお腹に青筋があるのですぐに分かった。

コハナバチ科のアオスジハナバチ

夏から秋にかけて出現し、ハギ類などの花で吸蜜する。というのでヤマハギに来ていたのを映したのはどんぴしゃりだった。この日はアオツヅラフジの黒紫色に熟した実も見られ、食草にするヒメエグリバの幼虫も葉裏に見られた。

この角度だと緑ががった白斑しか見られないが背には赤斑もあるヒメエグリバの幼虫

ヒメエグリバはヤガ科の蛾の一種で、褐色で外縁がえぐれているのが名の由来という。

コメント