フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

6月の27レポートは穴を開けずに済みそうです

2022年06月28日 15時09分15秒 | 荒川河川敷

二ツ宮からプラザウエストまで荒川河川敷を歩いた。27日は本来なら墓参りを兼ねた荒川河川敷観察日で自転車で行くのが常で、マンスリーレポート27の日だった。今回は右手が不自由で自転車に乗れない苦渋の選択だった。
往復はバスで河川敷約6.2キロを歩く予定だった。3日連続の猛暑日がチョット心配だったが、欠かしたくはなかった。

治水橋近くのまだ工事が終わって間もない堤防にはアカツメクサが繁茂しモンシロチョウが飛び交っていた。バトルしているようなのをよく見ると何と体を折り曲げて交尾拒否をしていた。

交尾を済ませたメスは体を折り曲げて拒否のポーズをとるという

少し先の堤防ではもうセイバンモロコシが占拠していました

植水の横堤に入り途中から昭和田んぼに降りた。昭和田んぼの真中を南北に走る農道兼自転車道を3分の2以上北進した辺りの農業用水水路縁にイヌヌマトラノオが繁茂していた。以前はここら一帯に生育していたが、最近はこの辺りだけになってしまった。

そしてオカトラノオとヌマトラノオの交雑種と言われるイヌヌマトラノオだけしか見られなくなった。

1時間くらい歩いただろうか猛暑日の炎天下で、疲労困憊してしまった。荒川運動公園方向を見ると立木の下に木陰が見える。欲も得も無く緑陰に吸い寄せられた。熱いお湯に浸かったような靴を脱いで生き返った。

第2調節池の工事現場を横目で見ながら自然の中にいながら緑陰がないのを呪いつつ、とにかく前に進んで、残り1時間半でプラザウエストにたどり着いた。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サクラソウの正常な種子繁殖の担い手はヒゲナガハナバチのようです

2022年04月22日 13時09分08秒 | 荒川河川敷

20日の穀雨のレポートをアップして21日は宇宙サクラソウを栽培している栄小学校を訪れ、錦乃原櫻草園に寄ってきた。
錦乃原櫻草園はかなり紅色の濃い花が多いが今年はピンク系の花も多く見られた。ここも結構訪花昆虫が来ていて種子をつけているのも多く見られた。

残念ながらチョットピンボケですがヒゲナガハナバチのようです

復路は天端の自転車道ではなく、河川敷を通ってきた。周囲にはクサノオウやセリバヒエンソウ、そして今河川敷で猛繁殖しているナヨクサフジの花も多く見られた。
ナヨクサフジは花筒が長い事もあるのだろうが、吸蜜に来るハチの滞花時間が長く比較的カメラに収めやすい。

サクラソウに来ていたハチと同じヒゲナガハナバチのようだ。
ナヨクサフジを初めて見たのは確か熊谷辺りの河川敷でそれもかなり前、15年以上前だったと思う。クサフジなどより花も大きく白い所も目立ちきれいな花だとの認識だった。それがどんどん下流に広がり、2年前にはさくら草橋から見下ろす鴨川の河川敷を紫一色に染めるほど急繁茂してきた。それに合わせてヒゲナガハナバチも急増殖してきたようだ。そのお蔭でナヨクサフジが花をつける前はサクラソウのポリネーター役に活躍するようになったのだろう。

繁殖力旺盛な外来種のナヨクサフジは今では悪いイメージしかないが、その繁殖を助けたヒゲナガハナバチが間違いなくサクラソウの正常な種子繁殖の担い手になっていると思う。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年初めてチョウに出会い紅梅に来たメジロも撮れました

2022年02月27日 22時18分30秒 | 荒川河川敷

マンスリーレポート27の当日で出かけた。昨日の土曜日から暖かくなり今日も最高気温が16℃になるとの予報だった。このところこの日の自転車行は正直、かなりきつくなってきた。でも、今日は暖かな晴天という事で10時前に勇躍でかけた。
日曜で荒川第2調節池の工事はお休み。その代わり羽根倉橋の河川敷の少年野球の練習場は満員の盛況だ。でも時間が時間なので彼らは練習の真っ最中で車の出入りは全くない。工事音も無い青空の下の工事現場は果てしなく広かった。河川敷を広く取ってあるのが特徴などと自分でも言っていたがこんなにも広大だったのかと改めて実感した。

青葉園には12時少し過ぎに着いた。いつもの所に自転車を止めるとチョウが飛んで来た。すぐにいなくなってしまうと思ったら以外にも石垣に止まった。暖かな日射しを楽しむようにとどまってくれた。今年初めて見るチョウに大感激、カメラを取り出して動画まで撮ってしまった。越冬チョウのキタテハだった。

お墓の掃除を始めてフト気づいた。今日は祥月命日だった。墓碑銘板をみると平成19年とあったのでもう15年にもなると気づいた。
お参りを終えて入り口近くの休憩所の植え込みの紅梅を撮っていたら、メジロが飛んで来た。これも母の引き合わせだったのだろうか。素早い動きに撮れたのか不安だったが何枚かはとらえていた。

帰りはフォローの風に乗って楽々帰ってきた。いくつになっても母の庇護の下にいるようだ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

どうしてこうも体力が無くなったのか不思議なくらいです

2021年11月28日 15時18分12秒 | 荒川河川敷

このところ、食わず嫌いでやっていなかったラインやインスタグラムを始めた。特にインスタグラムは色々アップしている内に動画もやりたくなって、このところは動画に凝ってブログにはご無沙汰してしまった。

27日は北の風が強いとの予報だったが、晴天だったので、北風が強ければ行きには河川敷の下を走って帰りは堤防上をフォローの風に乗って帰ってくればいいと楽観的な思いで出かけた。浦和ゴルフの所から堤防上に上がると状況は一変、まともなアゲインストで少し進むのも大変だった。ヤットの思いで羽根倉橋まで行ったが、このところ左脚がおかしく、しばらく椅子に座っていて脚を挙げようとするだけで痛みが走った。
羽倉橋からは河川敷に降りて第2調節池工事際を走ったのでかなり楽になった。

ゴルフ場だった所に荒川に沿って新たな堤防をつくる工事だが、現在は新たな土管を埋める工事が主流のようだった。

途中何カ所か荒川にそそいでいた小川は全て土管を通すのだろうか取り敢えずはたまり水になっていた。興味深かったが河川敷に降りてもアゲインストはアゲインストでこのまま青葉園まで行ったら翌日は足腰立たなくなるのではと思いが強くなり途中から引き返した。

帰りはフォローに押されて楽だったが、疲労困憊でどうしてこうも体力が無くなったのか不思議なほどだった。
28日は桜環境センターが三室の中原堂で「めぐりめぐるWA市」と銘打って障がい者の方たちの作ったものの販売が行われるが、残念ながら欠席を余儀なくされた。

空を舞った猛禽類は残念ながらトビだったようです

唯一観察できた花はノミノフスマだったようです

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コノシメトンボの同定はどうやらできましたが

2021年09月29日 11時41分49秒 | 荒川河川敷

西区の島根で新しい休耕田らしきにミズワラビが生えているのが見られた。この頃休耕田は毎年増えているが何処も農薬を使っているようで昔の様な水田雑草が生える所は殆ど無い。ミズワラビが生えている事で中を見る気になった。

シダ植物門ホウライシダ科のミズワラビは埼玉カテゴリーで準絶滅危惧

でも期待していた植物は見られず、トンボが飛んで来た。何となく小さい感じだったが、トンボは種の同定が難しい。また苦労すると思ったが翅の先端に黒褐色の斑紋がある種は調べてみるとノシメトンボとコノシメトンボそしてリスアカネの3種しかなく、コノシメトンボは胸の側面に逆U字があるとの事で同定できた。

雌は顔面の額上部に眉斑があるあるとの事だが、これはハッキリしなかった。

珍しい水田雑草を期待して回ったが成果が無く残念だった。それより肝心のミズワラビの名前が思い出せず散々過去の記録をひっくり返してようやくこのフグさんの雑記帳の2016年10月17日にあった。このところ認知症ではないかと思うほど色々な名前が出てこないがこれほど苦労したのは初めてだ。シダ植物だったのも意外だった。

ホソバヒメミソハギは繁殖力が強く在来のヒメミソハギを圧倒している。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする