フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

今年は自生地の申し子のような田口時男さんはいません

2014年03月29日 14時52分48秒 | インポート

2014年の田島ケ原サクラソウ自生地を守る会の現地案内活動が好天の3月28日(金)に開始されました。4月27日(日)まで約1ヶ月です。雨など天候の悪い日はお休みですが、田島ケ原サクラソウ自生地に来た際には是非石碑前のテントを訪れてください。


25日初咲きが見られたサクラソウは多くの花をつけていました

28日は朝から晴れ渡り、ほとんど無風で最高気温は22℃まで上がり、5月上旬の暖かさでした。アマナは全開でいつもはうつむきがちな花が茎をいっぱいに立てて白い花を咲かせていました。そして早くもノウルシが全域で黄色く色づき始め、繁茂しています。


上を向いて開いたアマナに吸蜜に来た蜜蜂

ノウルシに吸蜜に現れたベニシジミ

田島ケ原サクラソウ自生地の生き字引のような田口時男さんが3月17日に急逝。誰よりもサクラソウ自生地を愛した彼がいないのは寂しい限りです。今日のような好天の日ばかりではなく荒天の日にも自生地に通い続けていました。ここの植物を紹介するのが何よりの楽しみだった彼の笑顔が目に焼き付いています。
ご冥福を祈ります。


田口さんがいたら満面の笑みで指棒を向ける今日咲いたヒキノカサ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

田島ケ原サクラソウ自生地でサクラソウの初咲きが見られました

2014年03月26日 00時00分54秒 | Main

最高気温が22度まで上がり、5月上旬並みの暖かさになった今日田島ケ原サクラソウ自生地のサクラソウの初咲きが見られました。
記録的に早かった昨年の16日より9日遅い初咲きで、2012年よりは3日早く、2011年と同日です。


2014年3月25日16時46分撮影

開花は時間の問題でした。前日の16時02分撮影

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サクラソウがようやく蕾を持ちました。開花は25日ころでしょうか

2014年03月21日 18時07分05秒 | Main

5日振りのサクラソウ自生地は若草色に彩られ春の息吹を感じさせられた。


ノウルシやノカンゾウなどの若草色に彩られた自生地

特別天然記念物碑の手前のサクラソウノ株が小さな蕾を付けていた。葉に囲まれた中にピンクの蕾が見えたのが2株あったが、花開くまではまだ日時がかかりそうだ。記録的に早かった昨年は春分の日には7~8株が花開いていたが、遅かった一昨年の28日よりは早く咲きそうだ。


手前の花芽に注目して蕾には後から気づきました
どちらが早く花咲くか、それとも遅く蕾をつける第3の株か

北風が強かったのでアマナは低い姿勢のまま半開きの花が多かった。明日からは気温が上がり穏やかな日が続くようなのでアマナの見頃を迎えそうだ。


太陽が出て気温が上がり風の無い日に茎を立て花開きます

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

高知で桜が開花し、さいたまでは田んぼ周囲の花が咲いています

2014年03月18日 14時26分12秒 | Main

今日18日高知で桜の開花が発表された。東京は3月26日の予想で関東は記録的に早かった去年よりは遅く、平年並みかやや早くなりそうだという。

いつも通り過ぎてしまう油面川(あぶらめんがわ)沿いのほとんど水が流れることはない小さな用水路の南斜面を観察してみた。ここにはコスミレがあるのでもう咲いているかとおもった。1株花をつけていたが、よく見るとコスミレではなくノジスミレだった。


春先に咲くノジスミレは泥にまみれる事が多いようです

付近を見回すとキュウリグサが小さいがよく目立つ空色の花をつけ、コオニタビラコも鮮やかな黄色い花を咲かせていた。


2花づつペアーのムラサキ科のキュウリグサ

春の七草のホトケノザはこのコオニタビラコの事

小さめの薄黄色の蝶が鴨川桜公園通りの南斜面を何羽も忙しく飛び回っていた。なかなか止まってくれない。そしてやっと止まったと思っても花ではなく草陰のくぼんだ所で、ナカナカ見つからない。やっと長く止まっているのを撮った。


モンキチョウは吸水しているのでしょうか

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サクラソウ自生地は暖かな春日和に恵まれ明るく輝いていました

2014年03月16日 19時22分32秒 | Main

今日の日曜日は最高気温が18℃まで上がり、風もほとんど無かったのでぽかぽか陽気になった。
サクラソウ自生地では相変わらずノウルシが様々な色合いで全域に分布している。


遠くの緑色はノカンゾウの若葉もあります

この暖かさでキタテハが姿を現した。キタテハの秋型は黄色の部分が夏型に比べて鮮やかで、黒点も小さい。そして成虫で越冬して寒さに耐えてきただけに今日の暖かさは嬉しかったのだろう。忙しく飛び回って少し休んだ後、何を思ったのか私の近くに飛んできた。


私のすぐそばに来て止まりました

ヒロハアマナはE区の広い範囲に群生し、アマナもアチコチで白い花を咲かせている。サクラソウもしわと毛の多い芽生えが見られるが、まだ花芽をつけるまでにはなっていない。B区の北観察路際にヒロハハナヤスリの小さな芽生えが見られるようになった。


ヒロハアマナの群生


アマナの3人娘が暖かい陽気にさんざめいているようです

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする