フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

今、荒川河川敷にはせり科のシムラニンジンとセリが咲いています

2014年07月26日 18時45分55秒 | 荒川河川敷

セリ科の花は、小さな花が傘状に付きさらにそれらが集まって大きな傘状になる複散形花序が多い。個々の花は白い小さな5弁花だが集まって大きな花序を作る。
今荒川河川敷ではヨシなどが生える草地にはシムラニンジンが、水田などの湿地にはセリの花が咲いている。

 

シムラニンジンは高さが100~150㎝と大きいが、茎は空洞で稜があり折れやすい。葉は線形でセリ科にしては珍しく鋸歯が無い。環境省の絶滅危惧Ⅱ類(VU)だ。

セリは春の七草の一つだが夏には30㎝位になり花を咲かせる。花弁は内側に曲がり雄しべが5本がよく目立つ。
新苗のたくさん出るさまが競り合っているようだというのが名の由来という。


ベニシジミが来ています

 

コメント

どう考えても運命としか言いようのない、過酷な現実があるとは

2014年07月20日 21時51分26秒 | 身辺雑記

甥にあたる33歳が事故死した。一昨年結婚した4ヶ月の子どもの父親だ。昨日はその葬儀だった。
50CCの原付バイクでの事故だ。落ちていたボルトを踏んで転倒した。そこへ後続の車が突っ込んで下敷きになった。

歴史にも人生にもIfはないという。でも、何故ボルトが道路に落ちていたのか。広い道路の小さなボルトを何故踏まねばならなかったのか。何で歩道側に倒れなかったのか。何で倒れた所に車が走って来たのか。何か一つでも変わっていれば、あたら若い命を落とさずに済んだ。

若者の死は積み重ねてきたのものを0にしてしまう。努力してきた全てが一瞬で消える。運命というには余りに苛酷だ。そして残された家族には残酷だ。若い母親に、乳呑み児をかかえてどう生きていけというのか?息子を亡くした母親は思い出だけにすがり、トラウマに陥る。一番大切な人たちを不幸のどん底に陥れる、全てが悲惨な若者の死だ。
どう考えても運命としか言いようがない。受け入れるしかない過酷な現実だ。

 
ネムノキの葉は夜閉じると言い、ヤブガラシの花弁は早く落ちます

コメント

奇妙な唇形花をいっぱいに付けたニガクサが最盛期のようです

2014年07月16日 18時07分36秒 | 荒川河川敷

ニガクサが農道わきに群生し始めた。午前中は健康検診だったので、昼頃桜図書館に行く途中で撮影したが、3~4分しゃがんでいたら背中が猛烈に暑くなり全身汗びっしょりになってしまった。そうカンカン照りのようには思えなかったが、まさに熱中症に要注意だった。

ニガクサはシソ科の多年草で、葉も茎も苦くないのに苦草という。上唇は2裂、3裂した下唇の中央裂片は大きく垂れ下がる独特の形の唇形花だ。そして雄しべ4と柱頭が2裂した雌しべは花の外に大きく伸び出す。

河川敷ではホゾバオグルマが咲き、ノカンゾウが果をつけ始めている。

ノカンゾウの果は小さなピーマンのような形

コメント

荒川河川敷ではオモダカやシロネも白い花を付けています

2014年07月12日 18時08分11秒 | 荒川河川敷

今朝は大丈夫と思ったが、早朝には雨が降っていて今日も荒川河川敷に行くのは中止。お蔭様で久し振りに机周りの整理ができた。
ビオ・荒川さいたまにオオブタクサと戦闘2014 忙中閑ありとさいたま市の荒川堤と水田の花にオトギリソウは明るい日中に咲き、かつ一日花ですもアップしましたのでご覧ください。

9日にお昼頃行っ時には田んぼにオモダカの花が見られた。今シーズンは初めて懐かしい気持ちだった。近くではシソ科のシロネも初めてて見られた。

黄色の雄しべをつけた雄花、雌花は膨らんだ花床に多くの緑色の雌しべがつく

ノカンゾウは今が盛りで、あちこちで群生していた。

黄色みの強いノカンゾウは3重連に花咲いていました

コメント

荒川河川敷ではノカラマツが花を咲かせミツバチが飛び回っています

2014年07月06日 15時49分54秒 | 荒川河川敷

全国的には絶滅危惧Ⅱ類(VU)のノカラマツですが、荒川河川敷では群生し、花を咲かせている。
花といってもキンポウゲ科のノカラマツは花弁は無く、萼と多くの雄しべと4本の雌しべのみで萼は開花するとすぐに落ちてしまう。

 
左は萼が一枚残った花が上に、右は4枚の萼が残っている

黄色の葯だけが目立ちそこに多くのミツバチが来ているが、ブーンブーンという羽音は意外に耳障りで、それと気づかない内は不気味だった。
ミツバチたちは花粉集めにも熱心で、ほとんどが脚に大きな花粉団子を付けています。

6月のマンスリーレポート27
マサキが満艦飾に花をつけ、メハジキが咲いていました

田島ケ原サクラソウ自生地を守る会の7月のついたち観察会のレポート
憂いを忘れるノカンゾウが旬です

をアップしました。是非ご覧ください。 

コメント