フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

石戸の蒲桜は満開を過ぎ三春の滝桜は開花宣言だけでした

2019年04月11日 09時34分08秒 | 観光旅行

9日からいつものメンバー5人で温泉旅行。今回は磐梯熱海2泊の会津東山1泊の3泊4日の旅行だ。
初日の9日にはまず北本の蒲桜を見学。日本5大桜の一つでエドヒガンとヤマザクラの自然交配種と聞かされ寄ってみた。満開は2日くらい前ですでに散り始めていて少し遅めだった。

2019年4月9日午前9時26分撮影

三春の滝桜は前々日に一輪開花の報道があったので期待せずに、役場によって近くのお寺の裏庭に咲いていたミズバショウを見学した。

滝桜に行くと入場料がかかるが、柵に囲まれた滝桜は入場券売り場から十分に観賞できた。満開にでもなっていれば近くに行く価値があるが1輪2輪の開花に過ぎなければ外から出十分だった。受付の女性も小屋から出てきて無理に入場券を買わせる様子も無く世間話にのってくれた。

まだ花はまったく見えない三春の滝桜 2019年4月9日14時28分撮影

コメント

対象的な宿2泊の伊東・熱海旅行でした

2018年10月26日 22時16分17秒 | 観光旅行

10月22日からいつもの従妹たちと伊東・熱海に行ってきた。ニューアカオの安いプランを利用して2泊3日の温泉旅行が目的だった。一泊目は部屋が広い事で有名なウェルネスの森伊東を手配した。名前からして街中からは離れた伊豆高原に近い木々に囲まれたホテルを想像していた。ところが住宅街の真ん中の大きなマンションホテルだった。着いたら付近の自然の中を散歩しようと早く宿に入ったのに思いと違ってガッカリしてお酒を飲んで昼寝してしまった。お部屋は口コミ通り広かった。100インチ近いテレビの他は何もない空間で、ベッドルームにはサイドテーブルも電話も照明すらなかった。実にシンプルだった。でも、従業員さんの応接は実に親切だった。

2日目は近くの大室山に行った。ロープウェイで上がりお釜を一周した。この日は風が強く山野草を撮るには苦労したがほとんど立ち入り禁止のロープが張ってないのがよかった。取り敢えずは自己責任で斜面も降りて行けた。

最初に目についたのは前掲のヤマラッキョウの鮮やかな赤紫のかたまりだ。かなり風に邪魔されたがいい被写体だった。リンドウ、シラヤマギクなども見られた。

目玉のニューアカオは完全に名前負け。我々は12階に泊まったが、部屋は古くて狭くてビックリだった。建物が古い所でもあれほど部屋特に洗面所、トイレが狭いのは珍しい。ディナーショーもお粗末だった。最大で1000人収容というが、部屋は早急にリニューアルの要有りだ。でも、お風呂特に露天風呂は太平洋を望む素晴らしい展望風呂だ。これだけはニューアカオの面目躍如だった。

3日目に寄った大船フラワーセンターで出会ったナガサキアゲハ

コメント

今年は天城の石楠花の花も早いようです

2018年04月28日 14時58分56秒 | 観光旅行

従妹たちといつものメンバー5人で伊豆長岡温泉に連泊してきた。長岡温泉は本当に久しぶりだったが、周囲の開発に比べ温泉地としては寂れが感じられた。懐かしい名前のお宿が廃業に追い込まれていた。でも人は相変わらず暖かく親切で人情味があったは嬉しかった。
天城グリーンガーデンでは28日から石楠花まつりが予定されていたが、今年は花が早く、もう散りかけていた。でもまだまだ豪華な花は堪能できる。

道の駅 天城越えの真ん前だ

釣り糸を垂れたような花序の付属体が見られるウラシマソウ

渓流のミズバショウ

ナツトウダイも見られた

三日月形の腺体の先端がとがりクワガタの角のように見えるのがナツトウダイの特徴

コメント

ネモフィラが盛りを過ぎても見事で、ギャラリーも適数でした

2017年05月19日 10時00分58秒 | 観光旅行

国営ひたち海浜公園にいつものメンバーで行ってきた。
総面積は東京ディズニーランドの5倍の350haといい、現在はそのうちの57%の約200haがオープンしているとの事だった。駐車場は何処に止めたらいいのか分からず、取り敢えず西駐車場につけた。アシに不安のある女性陣には何処も広すぎたが、身障者手帳のおかげで入り口近くに駐車できるのは有り難い。
園内は乗り降り自由のシーサイドトレインに乗車した。


停車中のシーサイドトレインをみはらしの丘より俯瞰


ネモフィラは北アメリカ原産の一年草。APG分類ではムラサキ科で和名はルリカラクサ(瑠璃唐草)

ネモフィラは見晴らしの丘3.5ha一面に咲き、花径2㎝くらいの白に空色または青紫色の深い覆輪で、中心部の5本の雄しべの葯が黒点に見える。

みはらしの丘から西口ゲートまで無事歩き通した。記念撮影場所で若い女性の2人連れにシャッターを押してもらって笑顔の記念撮影。

コメント

三つ峠駅ルートは最終の林道に出てダウン No3

2016年05月16日 09時24分19秒 | 観光旅行

四季楽園のテラスの横に三ツ峠駅方面の登山道の小さな下り口があった。(12:12)いきなり板で土をせき止め大きな段々を作った急な階段だ。登ってきたら最後の胸突き八丁なのだろう、最初からギブアップしそうな階段だった。どうやら屏風岩まで下りると首の痛くなるような絶壁でロッククライミングしている人もいた。(12:26)

屏風岩を過ぎたところで前面に木の間越しの富士山を見ながらおにぎりの昼食。(12:36)しばらくは山腹を回るような起伏の少ない道をたどる。一字一石供養塔(12:55)を過ぎた辺りから下りの九十九折りの急坂になったが、下りは足元にさえ気をつけさえすれば、幅の広い急な階段以外はそう苦にはならなかった。

さすが高山植物の宝庫で、沿道に咲いていた黄色い花がミツバツチグリからキバナノコマノツメに替わった。シロバナエンレイソウがあったり、タテヤマリンドウやワチガイソウもあった。多く見られたタチツボスミレやネコノメソウ、チゴユリなども見られた。

利尻山以来久し振りに出会ったキバナノコマノツメ

これより下り急坂足元に注意(13:27)の看板を横目で見てひたすら下り続ける。股のぞきは2又に分かれた木の間から富士山が見える事に感心(13:55)しながらベンチで一息つく。
大きな伊豆箱根国立公園 三ツ峠の看板(14:24)を左に見て整備された林道を歩き始めてからが長かった。だらだらの下り坂で足指が痛くて前に出ない。マラソンの30キロを過ぎて急に失速した福士加代子を思い出した。グリーンセンターはオープンな施設ではなく、中に入っていかねばならなくて、どの建物かも分からない。
平地に出たらどうやら歩けるようになって途中、やっと出会った地元の人にクマガイソウ自生地の事を聞くとアチコチにあると言われて一気に熱が冷めた。駅ではタクシーは呼ばねば来ないし、いつ来るかも分からなという。

吹っ切れた気持ちになって、帰りは大月から特別快速の東京行きでのんびり座って帰ってきた。

コメント