フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

絶好の秋日和の朝、全ての草花が露に濡れ日に輝いていました

2009年10月31日 07時32分40秒 | 花の和名
雲ひとつない晴天の朝、風もなく全くの無風、絶好の秋日和だった。
一週間ぶりのサクラソウ自生地は一挙に秋の色に染まっていた。いつもの所から俯瞰すると枯葉色の世界に変わっていた。


10月23日AM9時25分バス停横より


10月30日AM6時50分バス停横より

そして全ての草花に露が降りていた。オギの穂もカナムグラもアキノノゲシの枯れ姿もそして白いユウガギクの花々も全てが露を含んで朝日に輝いていた。


カナムグラ(鉄葎)は独立のアサ科に分類されることが多いようだ

観察路の縁を彩っているユウガギク達はさすが花の盛りは過ぎたようで多くの実をつけ始めていた。
キンミズヒキ(バラ科)は葉を紅葉させながらたくさんのヒッツキ虫の実を付けてまだ小さな黄色の花を咲かせている。


一個の実にいったいいくつの種子を含んでいるのでしょうか

霜降に見る自生地・たくさんのカナムグラの雌花が赤く色づいていました もご覧下さい。

コメント

桜区道場の田圃地帯の草花も絶好の秋日和を満喫していました

2009年10月28日 23時03分21秒 | 花の和名
絶好の秋日和の今日、桜区道場の田起こしされた田圃が広がる畦道にカントウヨメナが薄紫のきれいな花を咲かせていた。今頃の畦道を彩り風に揺れる様は秋の代表的な風物詩だ。
カントウヨメナは湿地を好む多年草で関東以北に分布し、ヨメナとユウガギクの雑種が起源とされる(雑草図鑑)という。

休耕地にはイヌタデがたくさんの赤い穂をつけ、可憐な花をつけたサクラタデも穂を揺らす。そして大きく伸びたコセンダングサが花は終り実をつけて、イヌホオズキの花、そしてヒメジョオンもたくさんの白花をつけていた。


明治初年に渡来し何処にでも見られるヒメジョオン、今頃になると新鮮です

ハキダメギクが繁茂し、タカサブロウ、アブラナ科のスカシタゴボウが花をつけ、タウコギのびっくりするような大株もあった。そして戻り花のようなニガナの黄色い花が頼りなげに風に揺れていた。


茎や葉を切ると苦みのある乳液を出すのが名の由来
スカシタゴボウの由来は不明。でも煮た根は牛蒡の味がするという

コメント

荒川河川敷には秋と春がのどかに同居していますが・・・・

2009年10月24日 11時19分26秒 | 花の和名

荒川河川敷の横堤には野菊が咲き乱れていた。

でも、のどかな秋の風景をぶち壊すアメリカネナシカズラ(ヒルガオ科)も黄色い網を広げてる。何にでも寄生すると云われ、他の植物に寄生根を張ると地中根は切り離してもっぱらパラサイト生活をするまったくの厄介者で、1970年頃に侵入したようだ。


花冠裂片の先が尖る(円内)のがよく似たマメダオシとの相違

一方河川敷内のあぜ道は春の雰囲気でタネツケバナ、ナズナ、イヌガラシなどのアブラナ科の十字状花が白や黄色の花を咲かせている。
キク科のハハコグサが株を広げ、ムラサキ科のハナイバナ(葉内花)が小さな白い花を咲かせていた。キュウリグサによく似ているが、名の由来の通り葉の間に花をつけるのと花の中心の色が違うので見分けられる。


種もみをつけるころに咲くのが名の由来のタネツケバナ
よく似たスカシタゴボウとは実の形が違うイヌガラシ
葉が尖るのもハナイバナの特徴

コメント

東御苑では10月桜が咲き、ツワブキが群生しています

2009年10月21日 23時50分00秒 | 花の和名
東御苑では10月桜が咲き、ツワブキ(キク科)が鮮やかな黄色い花を群生していた。本来は海辺に自生するが花の少ない寒い時期に庭などを彩る貴重な花として植栽もされる。ツワブキはツヤ(艶)のあるフキの葉が転訛したものといわれる。



そしてユリ科のホトトギスがたくさんの花をつけていた。よく見ると先端から順に花を咲かせ実をつける様子がよく分かって面白い。


若緑色の立っているのが果実

ユリ科の花は萼が花弁様に変化した外花被片と内花被片各3枚が交互につくが、ホトトギスの外花被片は幅が広く、下部が外側に膨らんで中に蜜を貯めるという。名の由来は杜鵑の胸の模様に似ている事から。


手前と斜め後ろの2個が外花被片です

コメント

サクラソウ自生地はオギやヨシの下葉が落ち始めています

2009年10月18日 12時07分20秒 | 花の和名

サクラソウ自生地ではオギやヨシの下葉が落ち始め、覆いかぶさりはあるものの自生地内の見通しは良くなり、明るくなった。
ユウガギクは相変わらず観察路の殆どの両側に花を咲かせているが、白い舌状花の細いもの太いもの、数の多いもの少ないもの、薄紫がかったものなど様々だ。葉の色も明るい緑色から深緑もある。中にはカントウヨメナも少しありそうだが、葉の形など識別点はあっても変異が多く難しい。

台風18号ですっかり花粉を飛ばされたカナムグラの雄花は今回もほとんど見られず、去年はあれほど多かった雌花も僅かしか見られなかった。
その中ではヤブツルアズキの円柱形の長い豆果が割れて種子を吐き出した後の殻が多く目に付いた。ツルマメの豆果も多くさながら豆果のオンパレードだった。


白い模様は種子を飛ばした殻の内側、円内はまだ小豆に似た種子が残る


左はツルマメの種子が弾けた殻、中央はまだ、右は割れたばかり

鴨川沿いの通路を中心にキク科のコメナモミの独特の花が多くみられた。


コメナモミは横に伸びた総苞片などの粘腺で動物に付いて種子を散布

ヒナタイノコズチの節に赤みがかったマアルク膨らんだきれいなものがあった。調べてみるとイノコズチクキマルズイフシという虫こぶだった。タマバエの一種の虫えいで、4月に羽化するという。それまでの越冬する宿らしい。


これはご丁寧に2ヵ所に虫こぶがありました

コメント