フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

後発白内障とは水晶体の袋(嚢)が再び濁ってくる現象という

2021年10月19日 17時55分34秒 | 身辺雑記

このところ細かい字はまるきり読めなくなって景色が霧がかかっている様に見えるようになった。白内障の手術をした方がまた白内障の症状で、手術をしていない方の右目も大分白内障の症状が進んでしまったようだ。とにかく字が読めないのは閉口で仕方なしにまた眼科を訪問した。

そうしたら後発白内障で白内障を手術した人は誰でも起こる症状で病気ではなく、濁りをYAGレーザーで除去すれば視力は回復するという。取り敢えずは一安心で昨日レーザー治療を受けてきた。お蔭様でどうやらカスミが取れ、字も読めるようになった。

散歩の途中にフウセンカズラの実を見つけた。熱帯原産のムクロジ科のつる植物だ

風船の実に比べると花は白い小さな可愛い花だ

後発性白内障は白内障の手術を受けた人ならだれにでも起こりうることと言い、本当にきれいに見えるようになった。でも右目は手術しなければならないようで、厄介だ。年をとるというのはどうしようもない。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キカラスウリが根元から腐ってしまいました

2021年10月06日 12時04分03秒 | 身辺雑記

ブロック塀に這わせておいたキカラスウリが急に全面的に枯れ始めあっと言う間に枯葉だらけになってしまった。一か所だけから伸び出した蔓なので根元近くで切断されてしまったのだろうと調べてみた。


結構大きな実が20個近く付いていました

狭い庭なので色々な鉢が所狭しと置いてある。それらをどけてみると蔓の根元に白いカビのようなものが盛り上がって盛大についていた。切断されたのでは無く、病害で茎が腐ってしまったようだ。

白いのはカビのかたまりの様です

試みにツルを引っ張ってみると難なくスーと抜けた。あまりの抵抗の無さにビックリだった。完全に根元から腐り、なにも茎から供給されなくなっていた。枯れるのは当たり前だった。

正確な事は分からないが、スイカなどのウリ科の植物にはつる枯れ病という糸状菌が取り付く病気があるという。恐らくそれだったのだろう。
でも、木状のつるがこんなに根元からやられるとはまさにビックリで恐ろしささえ感じた。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バンの若鳥の翅はブラウンと初めて知りました

2021年09月13日 18時25分52秒 | 身辺雑記

遅ればせながら動画編集に凝っている。と言っても高等技術の習得ではない。全くの素人がパソコンはフォト、スマホはVNの初心者用の無料アプリに四苦八苦しているだけだ。
ネット上には多くのマニュアルめいた解説があふれているが、どれも核心は避けて解説している。マニュアル作成会社の呼び水に過ぎないのだ。でもあれこれつなぎ合わせてどうやら初歩的な動画は作成できるようになった。

今日は近くの別所沼でバンを撮影すべく出かけてみた。サンクチュアリにいたが、スマホでは遠すぎてダメ、カメラでは金網が邪魔して思うようにいかない。それでもマアマアの写真は撮れたと思って帰宅したが、肝心なハイライトは写っていなかった。スマホは熱くなって機能停止になってしまった直前だろうか、肝心な場面が同じ静止画が何枚も撮れていただけだった。

バンは翅は黒いはずなのにと思ったら、ヒナから幼鳥になったばかりは褐色と知って納得、前回見たヒナが立派な若鳥になっていた。

近くの公園ではもうヒガンバナが花開いていた。友人から見沼で咲いていたとの知らせを受けたが、本当に今年は全てが早い。荒川土手もそろそろ咲いているかもしれない。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヘチマのようにうまく収まってくれればいいが

2021年09月03日 17時36分59秒 | 身辺雑記

菅首相が総裁選挙に立候補しないとの表明をした。
1年の短命総理大臣で終わる。コロナに苦しみ抜いた1年で気の毒だった。平常時なら手堅く政策を実行してそこそこの実績を遺せただろう。コロナ禍のように前例のない混乱期には向かない政治家だった。この時期は小泉純一郎や田中角栄タイプが舵取りするべきだった。色々批判は受けながらも信念を貫き通す政治家でなければこのコロナ禍は乗り切れまい。

名前が可哀想なヘクソカズラ

次が誰になるかまだ分からないが、今立候補を表明している岸田さんでは菅さんと大差なさそうだ。ここはやはり石破さんだろう。長い冷や飯時代を乗り越えて乾坤一擲の勝負ができれば面白い。まさに大外からの岡目八目だが、内情は未だ安部さんの力がありそうでドロドロのようだ。火中の栗を拾う信念の政治家が現れる事を望む。

全くのど素人が縁台将棋の見物人のような事を書いたが、まあこれも市井の一つのガス抜きだ。
9月に入って急に秋めいてこうしていても暑かったのが別世界の事のようだ。
雨の中、散歩に出たらヘチマらしきが花を咲かせていた。グリーンカーテンとしては最適の植物のようだが名前の由来が面白い。

ヘチマは雄花と雌花がありこの花は雄花のようだ

かってはイトウリ(糸瓜)と呼ばれていたようだ。それがなまって次第にトウリに変化し、トはイロハでヘとチの間にあるのでヘチ間、ヘチマとなったという。嘘のようなホントの話らしいがコロナ禍も日本の首相もこのようにうまく収まってくれればいいが。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近出会った小さな生き物たち

2021年08月22日 18時38分53秒 | 身辺雑記

今日が立秋の最終日、明日は処暑だ。
8月7日の立秋からカラカラ天気が急変し、九州や中国地方、北陸、北海道まで集中豪雨が線状降水帯となって襲った。各地で土砂災害が報じられた。埼玉は豪雨災害は無かったが、コロナの猛威は日を追うごとに大きくなっている。

そん中でも一昨日は近所のお寺さんの桜の老木の目の高さくらいの所に2匹のアブラゼミを見た。11時頃だったがまだ孵化して間ガない様で翅が新鮮だった。

昨日は我が家の小さな庭のハナキリンに小さなハナアブが吸蜜に来ていた。忙しく飛び回っていたが朝の内の涼しいうちにしっかりお腹を満たしていたようだった。

表のブロック塀を覆っているキカラスウリは一昨日から全く花を付けなくなった。いよいよ果実の季節のようだが、単為生殖の果実なのではたしてどうなるかこれからの興味だ。

キカラスウリの葉を食草にしているクロウリハムシもだんだん少なくなる。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする