フグさんの雑記帳

さいたま市の荒川河川敷を主なフィールドとして四季を綴っていきます。

遅ればせながら24日の上尾近くの荒川河川敷の報告です

2012年10月29日 10時57分29秒 | Main
パソコンが突如落ちてしまうトラブルでブログもナカナカアップできない状態です。
仕方なく今になってWindouw7のパソコンを買い求めましたがまだデーターの移行などができず、新旧のパソコンを目の前に苦戦しています。


堤防上から富士山、セイタカアワダチソウの先の赤色はなに?

24日の上尾行きは好天に恵まれ、さいたま市ではもう見られないイヌタデやセイタカアワダチソウそしてカントウヨメナの群生も見られました。


河川敷に降りて回り込んで行くとイヌタデの群生でした
ツマグロヒョウモンが乱舞していましたがフト見ると交尾していました
カントウヨメナも群生していました

何時落ちるか分からない不安にとらわれながらアップの準備をしています。何とかアップできますように!
コメント

さいたま築堤に群生し始めたホソバウンランが2度目の群生 荒川河川敷異変No3

2012年10月21日 12時55分58秒 | Main

さいたま築堤の新しく盛土された所に2010年から見られるようになったホソバウンランの群生が今年は7月中旬から8月上旬に見られた。


ホソバウンランの群生 2012年8月5日


名前の通り細い葉がたくさん付きます

それがまた見られ始めた。まだ多くはないが確実に群生し始めている。
ホソバウンランは荒地に生えるゴマハグサ科の多年草。大正初年に観賞用として輸入されたのが野生化したユーラシア原産の帰化植物といわれる。
ネットで見るとノリ面の緑化にも使われ広く分布したようで、花期は長く6月から夏の時期が多いようだ。


また広い範囲でホソバウンランが見られます

でも荒川土手では2010年も2011年も11月上旬に群生が見られ、今年は夏に一度群生し、また今群生し始めている。さすがコスモポリタンと感心ばかりはしていられない。


同じウンラン属の外来種のマツバウンラン、葉は根生

コメント

9月27日には終わりかけていたツルボが再出現 荒川河川敷異変No2

2012年10月19日 11時02分25秒 | Main
塚本の横堤でツルボが鮮やかなピンク色の花穂を付けていた。


2012年10月17日のツルボ

9月27日には花は終わりに近い時ですでに果実になった穂が多く見られた。その時の果実を探してみたが、見つからず代わりに以前よりピンクの色の濃い花ツルボの群生があった。もう終わったとばかり思っていたのに群落は今まで見られなかった所まで広がっていた。


2012年10月17日塚本の横堤のあちこちにこんな群落がありました

もちろん株によって早咲き遅咲きはあるが、同じ所で一度終わった群落がまた復活するのは私にとって初めての経験だ。
2005年からの群生はさいたま築堤の工事が行われている堤防ノリ面だったがすべて9月だった。2009年頃から塚本の横堤になったが唯一10月に花を見たのは2010年の10月7日だ。


2012年9月27日塚本の横堤のツルボの群生の一つ


手前の株にはすでに果穂が見られます 2012年9月27日

今年は10月17日に再度の群生でしかも今度の方がピンクの色が濃い。これも猛暑の影響なのだろうか。
コメント

今年はキクモの花があまり見られません 荒川河川敷異変No1

2012年10月18日 12時29分33秒 | Main

17日は勇躍荒川河川敷に向かった。もう赤くなっているだろうタコノアシに直行するつもりだった。
でも、堤防に上がり休耕田近くになると気が変わってキクモの花を見ていくことにした。


7月31日のキクモの群生

ヨモギやイヌビエをかき分けながらて休耕田に入った。でも、背の高い草が無い所にスポット的に群生しているキクモはどこでもまったく花を付けていなかった。夏に群生したのを見つけた時には今年はキクモの花園を見られると期待したのに当てが外れた。少し紅葉しかかったキクモには花はみられず枯れ始めているようだった。


乾燥も進んでいるのでしょうか

9月には閉じていた花はあったが咲いていたのはほんの数輪で不思議に思いながらも、今年は遅いのかと思った。


やっと2輪を一緒に撮りました 9月14日

そう言えば他の休耕田でも2~3花見つける程度でキクモが咲いている景色はなかった。これも猛暑の影響なのだろか。

埼玉県のRDBでは準絶滅危惧(NT)で近年急速に減少しているとも書かれているが、一方で水田雑草の中では農薬耐性が強いようで、その使用が無くなるといち早く見られるようになる。とも書かれている。

コメント

久し振りに小石川植物園に行ってきました

2012年10月12日 18時57分43秒 | Main

ツマグロヒョウモンに迎えられ、そして送られらた小石川植物園でオケラが花らしくない花をつけていた。
ミツバチが来ていたのでカメラを向けているとスズメバチが飛んで来た。チャンス!とばかりでもこわごわ近づいたが、間も無く飛び去ってしまった。


スズメバチは横から吸蜜でしょうか

オケラは雌雄異株で雌花は花柱が長くつき出て柱頭は2裂するという。でもどの図鑑を見ても雄花の説明も写真も無い。ネットもほとんどが雌花で確たる雄花の写真はない。
撮った写真を見ると雄花のような気がするが、これから柱頭が2裂するのかもしれない。花の姿のように不可解な雌雄異株だ。


オケラの苞葉は魚の骨のようです

奇妙な形のカリガネソウの花には多くのクマバチが入り乱れていた。長い雄しべ4本と雌しべ1本が外に飛び出て垂れ下がっている。


クマバチがとまる度に大きくしなって見ている方がハラハラだ

日本庭園から出口に向かう途中にセリ科の花が3株あったが、セリだろうと思うがどうもそうは思えない。

コメント