多言語コーディネーションが業務の中心です。
問題解決の水先案内人のひとりごと。



例年通り、ウォータデザインさんからクリスマス用の花輪飾りを送っていただきました。

いつも通りアラヤの受付の位置に飾りました。

クリスマス気分になります。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




このところの寒さに対処するために、昨日から こたつ を使い始めました。

なるべく こたつ を使わないように我慢していたのですが、この寒さには負けてしまいました。

こたつ を使いだすと、どうしても こたつ に引きつけられますので、動かなくなるというデメリットがあるのですが、その魅力的な存在感は冬を実感させられます。

当然ですが小さい家族たちは大喜びです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




中国・大連にあれほど行っていますので中国人のことはある程度分かっているように思っていましたが、それがまったく違うのだということを、この本を読んで痛感しました。

元中国人である石平氏だからこそ書ける内容に圧倒されたというのが正直な感想です。

日本人が普通に感じたり思っている「中国人・中国」とはまったく違うのだという指摘は、中国がこれからどうなって行くのかという予測をする際に、石平氏が他の評論家とはまったく違う意見を言っている場面を思い返して納得しました。

こんな方が日本人になってくれている有難さも感じます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アラヤのホームページでは業務内容だけの紹介をしていますが、例えば商品を開発している会社などのホームページでは自社製品のインターネット販売をしているものがたくさんあります。

ただアラヤの業務は商品販売をするものではないので、インターネット販売をするという発想すらありませんでしたが、そうするとインターネットでのアクセス数が増える要素が足りないことが気になっていました。

しかし、せっかくアラヤのホームページを見てくれた方々の中に、アラヤのグッズが欲しいという希望があるのなら販売してみることも考えられるのではないかと考えてみました。

そういう意識でアラヤの倉庫の中を調査してみると、販売可能なグッズが10点あることが判明しましたので、さっそくインターネット販売をすべく準備を進めて行きます。

近日中に販売を開始できるようにします。ご期待下さい。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日本で運転免許書を持っていて、国際免許書の交付を受けていても、中国 大連では自動車を運転することは出来ません。

日本と中国が相互の免許でそれぞれの国内で運転出来る仕組みになっていないからです。

したがって、大連で自動車を利用する際には、現地のスタッフに運転をお願いしているのですが、道路上の暗黙のルールは日本とはかなり違います。

一般道でも高速道路でも車線移動を頻繁にするのは、ごく普通のことで、日本人の感覚からすると そんなに急がなくても良いから安全運転をしてくれ! と心の中で言い続けている。

左折の時も、無理やり突っ込む感じなので、思わず身体を固くする場面もあります。

最初はうちのスタッフが乱暴なのかと観察してみると、ほかのドライバーもまったく同じように運転をしているのです。

当然ですが交通事故は多いようで、一日中走っていると、交通事故現場に必ずと言っても良いくらい出会います。

最近、中国人観光客の運転による日本国内での事故が多いと聞きますが、あの中国での運転方法を持ち込んでいるのなら当然だと思います。

中国の免許書を持っていても、日本では運転出来ないはずなのに、なぜ中国人観光客がレンタカーを借りられるのかが疑問として残ります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近のアラヤの玄関風景です。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アメリカをはじめ世界各国で使用禁止になっていると伝えられているファーウェイですが、日本ではテレビで宣伝され販売が続けられています。

いわゆる情報流失の懸念があるということも報じられていますので、インターネットで情報を得ている若者達には周知の事実なのでしょうが、オールドメディアに頼っている層にはその情報が届いていない可能性があります。

いずれにしてもファーウェイの携帯電話を購入した消費者に被害が及ぶ可能性があるのに、いまだに販売を続けている理由は何なのかがさっぱり分かりません。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




出雲大社に毎年この時期に参拝させていただいていますが、参拝の作法が他の神社とは違っています。

普通の神社では2礼2拍手1礼しますが、出雲神社では2礼4拍手1礼するのです。

なぜなのかという説明は受けたことがないのですが、出雲大社ではこの作法でというのを素直に聞いてそのようにしています。

ちなみに出雲大社に祀られているのは大国主命(おおくにぬしのみこと)ですから、名前通りだとすれば、その昔国を治めたという意味にも取れます。

このあたりは日本書紀に書かれたものによれば、出雲地方にあった国を治めた方を祀っていると考えるのが自然なのかも知れません。

なお、大国主命は七福神の中では大黒様として描かれており、財運の神様として親しまれています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




関東にある企業は数の上でも圧倒的に多く、それに比較すると神戸、大阪、京都にある企業の数は少ないのですが、大変ユニークな魅力を持った企業が多いように感じています。

しかも神戸、大阪、京都それぞれで違った地域性が有るようにも感じます。

そんなお客様との接点で、思ってもいなかったようなことに出会えると刺激を受けます。

アラヤでは意識はしていないのですが関東的な考え方が中心になっているはずなので、各地域的な特徴からであろうというお話を聞けると、また違った角度の見方をすることが出来るキッカケになります。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昼食は出雲蕎麦と思っていたのですが、カレーに化けました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ