多言語コーディネーションが業務の中心です。
問題解決ガイドのひとりごと。



武蔵小山駅から徒歩5分のところにあるマンションの賃貸契約を結びましたので、引っ越し準備が整いました。

西小山の家電店は家電だけてなく、ガス器具やウォシュレットまで扱っているので必要なものはすべてお願いすることにしました。

照明器具を検討していたら、スピーカーが照明器具に付いていて、テレビの音声が上から降るように聞こえるものがあるとのこと。

なんだかワクワクしています。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




12月24日の夕方に突然iPhoneが故障してしまい、電源を切ろうとしても切れない状態でスタック。

強制的に電源を切る方法を教えてもらったが、まったく反応しない。

そうなってみると電話がかかってきても出ることが出来ない。ベルは鳴るのに、、、。

それよりメールもTwitter、Facebookも見られないので情報が入らないのが厳しい。

ところが、27日朝に何度か電源を切る動作をしていたら、突然回復をしてくれました。

なんともいえないぐらい安心しました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




私が白内障の手術をしたのは2017年1月で、広尾日赤病院の先生にお世話になりました。

かかりつけの眼科医から白内障だと診断されたときは、手術がどのようなものかが分かりませんので、手術をするのをためらう気持ちが強かったのですが、ある日手術を決意し、日赤病院に向かいました。

それから手術までは思いのほかスムーズに進み、手術は考えていたよりも簡単に終えることができました。

手術後は長年使っていた近視用メガネは不要になり、老眼鏡のみになるという効果がありました。また、視界が明るくなって夏はサングラスがないと眩しいぐらいです。

そんな経験がある中、妻が眼科医で白内障と診断されましたので、躊躇なく広尾日赤病院での手術を勧めました。
早めに手術することになると良いのですが。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




年齢を重ねてくると自然に世帯道具だけではなく、衣料品などを含めた身の周り品などが多くなってしまいます。

そのうちに片付けようと思いながらも、気が付けば前よりも多くなっているのが実情です。

家人も同じ思いなのでしょうが、なかなか手がつかないようです。

何とか断捨離をしなければと真剣に考えているのですが、ままならない日々が続いている中で、何とか片付けられないか?と家人に言おうものなら気分を悪くさせることにもなるし、場合によってはケンカの元にもなりかねないのです。

そんな状況を解決するとっておきの手段があると聞きました。それは引っ越しだそうです。

引っ越しを真剣に考えてみようと思う。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




東京オペラシティアートギャラリーで開催されている和田誠展を妻と二人で見てきました。

圧倒的な作品の質ですので、久しぶりに和田誠さんの世界に浸ることができ、あらためてその素晴らしさに感動しました。

そして今回の展示会は作品の量もすごいのです。多摩美術大学に納められた作品の多くも展示されたのでしょう。

今回の展示会には和田誠さんが小さかった頃の作品もありましたが、和田さんは小さい頃から和田誠さんだったのだと。

和田誠さんが生前開催されていた作品展があると、真っ先に行ったことを昨日のように思い出します。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コロナ騒動が一段落しましたので、営業活動を本格的に行っていますが、思っていた以上の反響にいろいろな意味て激震と言えるぐらい戸惑っています。

本格的な営業活動をしていなかったことで、アラヤのやっていることのアピールが不足していることを痛感する毎日なのですが、お尋ねしたお取引先の意外な反応が多いからです。

あらためてアラヤのやっていることをプレゼンをすると、全面的とも言えるくらい賛同していただけるお客様が多いのは何故なのだろうか。

いつの間にかアラヤが変身していることを容認しているだけでなく、アラヤを求めて下さるお客様がいる可能性があるのではないかと感じています。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




55年前の東京は、公害のために空気がよごれていて、特に冬になると50メートル先が見えないほどでした。

東京のビルは暖房用ボイラーの燃料に重油を使っていたのと、車の排気ガスが重なって空気が汚れていたのが原因でした。

それから技術革新が進み、いつの間にか冬でも視界不良という現象から解放されています。

昔の冬は大変だったと言っても、信じてくれる人は少なくなりました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




それなりの年齢になっているのは自覚しているのですが、すべてのことにセッカチになり過ぎているのを制御するのが難しい。

この先の時間より、過ごしてきた時間の方が長いからだろうか?

周りの人たちが迷惑しているのは分かるのだが、抑えられないのが情けない。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昔から毎月一回散髪に行くのですが、長いあいだほぼ同じ形にしてもらっていました。

ふと最近になって、亡くなった祖父の老年期を思い出し、自分もそれにならおうと考えて超短髪にしてもらいました。

職場では何かを感じたのでしょうが、ほぼ無反応。

生活をする上では便利この上ありませんので、もっと早くすればよかったと思っています。

もしかすると、もっと短くしようかという心の中からの囁きに乗って行動するかも知れません。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




9月20日は休日ですが、妻のフラダンス発表会を観に大井町キュリアンに来ました。

出番が4回もあるので2時間はフラダンスの各発表を観ることに。

妻は一生懸命に練習していますので、発表会には出来る限り来ています。

40年前は寒い最中に私の草ラグビーの試合に、妻と子供達を付き合わせたことを考えれば、なんということもありません。

終わったら二人で大井町で食事をする予定です。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ