週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#015 -’17. 猫パンチをくらい & おまけ Tokyo Vacation Travel Guide | Expedia

2017年01月21日 17時38分52秒 | ねこ
今日も我が家のナナちゃんはご機嫌斜めのようです。
我が家に来てから、始めて私がナナちゃんの猫パンチをくらいました
キズになる程ではではありませんが、三ヵ所から一寸だけ血が出ました。
ご機嫌斜めでナナちゃんが警告を発していましたが、無視していたのが猫パンチを食らう原因です。
でも、そんな事に気を留める必要は無いのですよと、ナナちゃんに教えたいのです。
危害は決して加えられないと、信じさせるまでは仕方ありません。

それでも、確実に進歩しています。

昨日から小淵沢のホテル、風かに宿泊して原村に数時間ですが滞在する積りでいた。
東京地方でも雪が降るとの予報が出ていたので、キャンセルしてしまった。
スタッドレスだし、タイヤチェーンは有るので、雪道でも問題ないが何も山梨から雪なのと東京から雪道では大違いだ。
雪に慣れてない人も車も沢山走っている筈。
何も難行苦行しに行く事は無いと言う事でキャンセルしてしまった。
楽天経由で予約したのでそれ程良心が咎めなかった事もある。
でも、関係ない程度しか降らなかったようなので行けたが、こればかりは如何とっもしがたい。
いっその事、イナックスのシャワートイレの便座を外す方法を覚えるべきかもと思っている。


エクスペディア編集の東京ヴァケーション・トラヴェル・ガイドがありましたので時間がある方暇つぶしにのぞいて見て下さい。
Tokyo Vacation Travel Guide | Expedia
コメント (6)

#014 -’17. 1月20日の雑感

2017年01月20日 17時30分16秒 | その他
本日の思うままの雑感です。

〇 本日のナナちゃんは1日ご機嫌斜めです。
2歩前進1歩後退どころか、3・4歩後退しているぐらいです。
ナナちゃんの信頼を損ねた行為が思い浮かびません。
過去の悪い記憶のフラッシュバックでもあったのか。
忍耐と愛情あるのみです。

〇 トランプ新アメリカ大統領誕生です。
最悪のブッシュ親子の大統領より良いと思っている気持ちは変わらない。
しかし、自分の意に反して大統領就任直前になっても言動が穏健になってこない。
基本は変わらずとも、アメリカの大統領である。
アメリカ一国の大統領ではない。
世界に影響を与える権力を持つのである。
政治的にも経済的にも宗教的にも武力的にもである。
なのに現実的な穏健な現実路線に戻らない。
本当の所は就任してみなければわからないが、それでも世界の人々は心配の種である。
何と言っても、核爆弾のボタンを握っているのである。
ダボス会議で中国の習近平国家主席が初めて出席して、「保護主義に反対する」と強調した。
中国の国家主席ですよ。
自由主義経済を主張するアメリカ大統領ではなく、中国ですよ。
アメリカ大統領になるトランプ氏は「アメリカ第一主義」を掲げて保護主義的な姿勢をとっているのである。
何か反対の感じがしないでもない。
経済関係が密接になれば国家間も密接になれるのかもと、希望を持たせてくれる。

アメリカ大統領の資格は、1.プロテスタントである事。2.アングロサクソン系白人である事。3.離婚歴が無い事。4.男性である事。
勿論、これらは何処にも書かれていませんし、慣習法でもありません。
政治学上言われていたアメリカ大統領の資格でした。
J・F・ケネディー大統領は初のカソリックです。
バラク・オバマ大統領は初のアフリカ系アメリカ人です。
ヒラリークリントン氏が大統領に選出されて居れば、女性初のアメリカ大統領であった。


〇 韓国プサンの少女像。
歴史を認識していないのはどちらなのか。


〇 UK、メイ首相がEU単一市場からの脱退を表明した。
ハード・ブレグジットを選択したのである。
イギリスとEUと個別的に自由貿易協定(FTA)を締結して実害を無くすつもりである。
EUとのその交渉はいばらの道になる事はまちがいない。
例えば、金融機関向けの単一パスポート制度が維持できなくなる可能性が高くなるので、EUでの活動を念頭に置いている金融機関は大陸に移動してしまう可能性すらある。
イギリス病の回復にはロンドンのシティーが多大な貢献をした。
昨年ロンドンを訪れた時のシティーの繁栄も衰退しかねない。
ただ、イギリスはUE内で厳然たる大国である事は間違いない。
その事に期待して自由貿易協定を有利に締結できると思っているのである。
因みに、メイ首相は氷の女王だそうです。
サッチャー氏は鉄の女と呼ばれていました。
イギリス女性は強です。


〇 文科省の天下り。
関係者は全員解雇せねば、根絶できない。
贈収賄に近い犯罪を犯しているのである。
軽い罰で有れば同じようの犯罪の再発は無くならない。
言葉は重い処分を科したと言っても、減給程度で有れば何ともない。
関与した全員を解雇あるのみである。
次にこの犯罪を起こさせない為にも、損得が合わないとしなければならないのである。
因みに、大学教授は何の資格も必要としないのである。
大学と文科省は利益相反する監督官庁である。
その罪は重いのである。

〇 石原氏の大罪
気が向いた時に単独スレッドで。
コメント

#013 -’17. 保護猫ナナちゃんのリハビリ状況

2017年01月19日 17時30分04秒 | ねこ
数日前には部屋の中を5分程度歩きました。
キャリーケースに入れてケージから出して、目に留まる景色を多く見せるようにしています。
キャリーケースの扉を開けて日向ぼっこをさせていたら、自発的にナナちゃんが恐る恐る出てきました。
最近は、頭の周りをさすらせるようになしましたし、少しづつですが進歩して来た感じです。
家内の手から餌を頂く時もあります。
大きな進歩ですが、良い時と悪い時の起伏があり長い時間を掛けて信頼関係を構築せねばなりません。
気分の悪い時など、ハーと威嚇して安全距離を確保しようする時もあります。
そんな時は、以前と変わりませんが確実に進歩してきている事は確かです。

ナナちゃんに対する行動は全て急のつく事はしないようにしています。
突然、目の前に手を出すとか、突然近づくとか。
事前にこれから近づきますよとの意味を込めて「ナナちゃん」と呼んでから近づきます。
手で撫でる時も、ナナちゃんの眼前に突然手を出さずに視界に手も見せてからゆっくりと首の周りをなぜています。

家内が最近撮影したナナちゃんの写真をアップします。
こちらは1月6日に撮影です。
いつもの心落ち着くキャリーケースでのナナちゃんです。
保護者の方からナナちゃんを譲り受けて我が家に貰われて来た時の物です。


1月11日にプレゼントした猫ベットです。
最初は屋根が無く視界を遮るものがない為緊張していまいたが、翌日には慣れてご覧の通りに落ち着きだしました。
でも、体を覆うタオルケットは必需品です。
この時は写っていませんが、寒い事もありいつもかぶっています。


凛々しい姿の我が家のナナちゃんです。
親ばかが言わせる一言です。
トイレの蓋の上に乗り2階のペットベットに行くところです。
ナナちゃんの顔がほっかぶりした泥棒の顔していると言った事も忘れてこのりりしさ
可愛いですね。


コメント (2)

#012 -’17. 小寒のスキューバダイビング@江之浦を後に

2017年01月15日 19時49分01秒 | スキューバダイビング
小寒の1月15日のスキューバダイビングです。
巷ではセンター試験で人生の選択肢を広げるべく格闘しているなか、自分は神奈川県の江之浦海岸での今年初めてのダイビングです。

【只今の外気温は】
我が家の集合場所はショップです。
色々の指定の所でピックアップしていくので、ショップでの集合時間は午前6時です。
なので、遅れる訳にはいきませんから、午前5時半には我が家を出ます。
殆どの方は途中の平塚PAのコンビニで食事を買って朝食を摂ります。
我が家では家内が朝食を造ってくれるので、頂いてからの出発です。
ですから5時少し前に起きます。
家内はその前には起きて居ます。

午前5時半過ぎの車での外気温がこの通りです。
流石今年一番の寒波襲来です。
マイナス3度です。
スマホのピントがどうしても合いません。



【休憩中】

今日は最悪かも。

何が最悪かとは、レギュレータのマースピースに何故か塩水即ち海水が入ってきます。
こんな事は初めてでした。
潜水して居ればマースピースの下側から空気と水の比重の関係で自然に口に入らすに海中に抜けていくのに。
何故か完全な空気が来ないで塩水交じりのエアーです。
ショッパイし、何度か咥え替えましたが一度目のダイブでは完全には回復しませんでした。
原因は分かりませんが、二度目のダイブでは問題なく幸いでした。

画像はウミウだと思います。
カワウが増えて困っている地域がありますが、海なのでウミウだと思います。
我が家の近所の公園などでも最近はカワウを見かけるようになりました。
因みに、長良川の鵜飼いのウは捕獲して訓練したウミウです。



【江之浦を後に】

2ダイブも完了して、江之浦を後にして食事に向かいます。


早川漁港の食事処へ。





美味しい食事でした。

撮影はすべてスマホです。
コメント (4)

#011 -’17. 2017年1月14日の日記

2017年01月14日 21時30分15秒 | 日常の出来事(日記)
今日は私の誕生日です。
何時もだと、プライベートのことなので特段ブログにはアップしないのですが、今日はナナちゃんの事と絡めてアップです。
明日は朝が早いので、取り急ぎ画像のみ。
全てスマホにての撮影です。

一ヶ月のプレゼントで買った暖かいペットベットにも二日目には慣れました。
強制的に使用しましたので、視線を遮るカバーが無い為に、新聞紙を掛けて慣らしを一日実施です。


二日目からは気分が良い時はなぜさせるようになりました。



今回の誕生日プレゼントでは自分では決して買わない高島屋の高級なカーデガンが送られてきました。
プレゼントも嬉しいですが、孫からの絵のプレゼント&孫の成長のアルバムです。


誕生日の家内と二人での会食です。
美味しい、お店を探してくれていました。
美味しい生ビールを頂いて。








最近は日本酒を飲んでも冷酒です。
寒いですから熱燗が最高です。



大好きな天婦羅です。
揚げたてが何よりも美味しい天婦羅です。


既に食べかけになってしまいましたが美味しいお寿司です。


美味しい牡蠣を別に頂きました。


デザートで〆です。


会計も家内が出してくれました。
感謝感謝です。
可能な限りどこに行くのも一緒です。
一緒に歩いてくれる家内に感謝です。


コメント (2)

#010 -’17. ナナちゃんへプレゼント

2017年01月12日 08時30分16秒 | ねこ
保護猫のナナちゃんが我が家にやって来たのは平成28年の12月12日でした。
なかなか心を開いてくれないナナちゃんですが、一ヶ月の記念してプレゼント。
昨日から使い出したが、慣れていない事もあり馴染まないようである。







ねこちぐらはこちらです。
コメント (5)

§ 民主主義と共産主義(ソビエト連邦崩壊と共産主義)

2017年01月11日 12時52分37秒 | たわごと(少し硬派に振って)
ソビエト連邦が崩壊したとき、自分はてっきり日本共産党も崩壊すると思っていた

ソビエト連邦は世界で共産主義政治体制を具現化した最初の国であり、その盟主が崩壊したのである。
国民が共産主義を否定したのである。
民主主義ではない、権力者が政治を司る専制君主の時代ならいざ知らず、民主主義・自由主義社会の軍門に下ったと思い込んでしまったのである。
専制君主体制・帝国主義社会での権力者に搾取される国民が苦しむ世で有ればその存在意義のある共産主義だと思っていた。

武力革命を目指さずとも、主権者たる国民が共産体制を望めば政権移行が可能な民主主義体制です。
民主主義体制とはそれ程、懐の広い政治体制です。
国民の絶対数が望むなら可能な20世紀でした。
反対に、共産主義体制では政治体制の変更は、是認できないのです。
すなわち、共産主義体制から民主主義体制の政治体制に戻る事は共産主義の否定に他ならないからです。
民主主義体制下では、自由主義の政党も共産主義の政党も社会主義の政党も超右翼的な政治体制の政党も民主主義の政党も全て包含する事が出来るのです。
党首が一人で有っても、政党を設立して政治活動をする事が可能なのです。
その党首がどんな政治的信条を持ち主義主張を述べる事も可能なのです。
国民の共感を得る事が出来なければ、その主義主張の政党は大成することはなく、政治勢力として厳然たる地位を議会に占める事は叶わないのです。
でも、その主義主張に同感し支持する人が居れば存続する事が可能なのが民主主義なのです。

しかるに、共産主義体制では共産主義を否定する政党は存続する事が基本的に許されません。
許されていたとしても、実際は共産党の御用政党なのです。
共産主義国家にあっても民主主義が実践されていますよとの広告塔でしたありません。
共産主義と異なる政党は共産主義を否定することと同じなので、共産主義国家では認める事が出来ないのです。
それは、共産主義の宿命なのです。
その共産主義の本質からして、ソビエト連邦が崩壊した時に日本共産党も崩壊すると思い込んでいた私でした。
でも、実際は日本共産党は今も厳然と存在しているのです。
武力革命を目指していた党是はとっくの昔に廃止しましたが、日本共産党にあっても民主主義は相いれないのです。
日本共産党幹部も共産主義と民主主義の根本的な相反には気が付いていますから、いち早く手を打ったことは当たり前です。
ソビエト連邦もその他、地球上に存在した共産主義を標榜した国家で民主的な国は存在しないのです。
共産主義国家では、時の権力者である最高権力が民主的に選挙で選出されたことはないのです。
形式は選挙と言う方法を採用していても民主主義体制の国家で言う所の自由選挙とは異なります。
権力闘争の中から時の権力者が進出されるのです。
この事は、日本共産党が民主主義を党是の中に組み込もうがそれは机上の空論でしかありえません。
民主主義を否定する方は現在の日本では殆ど存在しないと思います。
日本共産党が民主主義を認めないでは存在できなくなってしまいます。
そこで、今では日本共産党綱領で民主主義革命を謳っているのです。
共産主義者が民主主義とは可笑しくて笑ってしまいます。
民主主義は時により、自己の意思に沿わない政権ないし政治体制になったとしても受け入れなばなりません。
自由主義政権から共産主義政権になったとしても国民の選択なら従うのが民主主義です。
共産主義体制では、国民の総意が共産主義体制と決別すると決めた時それを是認するだけの懐の広さがあるのでしょうか。
その事は共産主義の否定につながるのです。
日本共産党が民主主義革命と民主主義の語彙を使用していますが、その事自体が私には解せないのです。

私自身、日本共産党について殆ど知らずにこのスレッドを書いて居ます。
知らない私がスレッドを立ち上げるのも可笑しなことですが、言いたかった事は『ソビエト連邦が崩壊してロシアになった時、日本共産党も崩壊すると思ったからなのです。』なのです。

共産主義だから=平和 は成り立たないのです。
共産主義が平和な時も、平和で無い時もあるのが現実の世界なのです。
民主的な自由主義国家でも= ではないのです。
同じく平和な時も平和で無い時もあるのが現実なのです。
平和を念仏の如く標榜すれば平和である程現実は甘くはないのです。

カントの「永遠平和のために」に著されている秘密が無い事が平和には必要な事を待つまでもなく、全てオープンにされなければなりません。
日本共産党の権力者の交代も選出も部外者の私からすると、密室での権力闘争ゆえの地位だと思っています。
党の中枢の責任者たる権力者が変更されないなど、私の感覚からすると党自体が民主主義とは思えません。
権力者が変更されるべきだと強く思う次第です。
長い権力の座は淀みを生み、本来の目的から逸脱するのは人間の性です。













コメント

#009 -’17. 猫パンチのナナちゃん

2017年01月10日 17時32分13秒 | ねこ
12月の12日に我が家の来たナナちゃんですから、明日でジャスト一ヶ月です。
基本は未だケージから出られません。
出る時はナナちゃんの自宅のキャリーケースに入った状態で出しています。
まだまだハーと威嚇しますし、それ以上に近づけば猫パンチを食らわせて来て居ました。

ナナちゃんに威嚇されても動じる事無く無視しています。
今は安全距離を限りなく近づいていっても威嚇する事が殆どなくなりました。
キャリーケースに入っていたり、ケージの中に居る時に近くに寄る時は必ずこれから行きますよと、名前を呼んで声掛けしえいきます。
突然に行く事はありません。

心に刻んでいる事を一つ二つ・・・・、列挙してみます。

〇 ナナちゃんの信頼をとる事の大事な事として、突然驚かすような行動はとらない。
ですから、近づく時はこれから近寄りますよとナナちゃんに心の準備をさせていきます。

〇 それでもでも、安全距離を保ちたいと言う状況の時もありますが、威嚇しても一切引き下がりません。
耐えられなくなると猫パンチを繰り出してくることもあります。
猫パンチでその場を後にすれば、リハビリになりません。
(ナナちゃんにとっては凄いストレスですから、視線を外すとかそっぽを向いて姿だけ見せるなど)
その場で、威嚇しなくても私は無害ですよと認識させる為にもさがりません。
さがれば、威嚇すれば下がってくれて安全距離が保てると誤認してしまいます。
リハビリです。
威嚇しなくて私は人畜無害ですよと認識させねばなりません。

〇 今では、昼間は覆いをつけません。
ナナちゃんが我が家に来てから、私たちの視線を避けるために色々隠れていました。
少し前から視線を遮り遮蔽物を取り除いています。
ナナちゃんからもこちらが良く見えるようにしているし、反対に此方からもナナちゃんが良く見えるようにしています。
貴方の視界に私が入っていても、直ぐ脇に居ても、心配する必要はありませんとナナちゃんに自覚させるほかありません。
それは慣れでしかないのです。

〇 ナナちゃんの食事やトイレなどは隠れた場所で食べたり排尿したいのです。
でも、トイレは別にして食事は目の前でも平気で食べるようになりました。
少しは信頼されてきたようです。
三四ヶ月程度で普通の飼い猫になれば嬉しいです。


今日のナナちゃんです。(1月10日)






コメント

#008 -’17. 初春の孫との祝い膳(ニコン版)

2017年01月10日 13時46分56秒 | 訪問した食事処、お茶処
先日、孫と母を伴い初春のニコン版でのお祝い膳です。

只の爺&婆の自己満足です。


        御  献  立
   
                   嵐 山

富貴長春


         ゆずり葉
温 附       炙りつぶ貝  天蕪   菜の花  喜餡

         お浸し  数の子
八 寸       金柑釜いくら  慈姑  鶏松風
         磯の雪  たたき牛蒡
 
         雪中仕立て
御 椀       蟹真薯  丹波占地  サラダ
           口  柚子

向 附 


焼 物      寒鰤柚香焼
          酢蓮根  しらす芽かぶとろろ

揚 物      愛魚女  シルクスィート  空豆  天出汁


炊 合      牡蠣  海老芋  堀川牛蒡  のし金時人参


食 事      本日のお茶漬け(追加料金を払い赤飯に変更)
               香  赤蕪  奈良漬け  壬生菜

水菓子      メローゴールド  苺  石榴  
          ヨーグルト掛け  
         胡麻豆富  黄粉  黒密
 
平成29年   睦月
             日本料理  瑞 鳳
   


書に関する知識が無い事もあり良いのか悪いのかわかりません。
01



本日のメニューです。
最初は生ビールをグラスで頂きました。
飲めない家内などは
孫はリンゴジュースをお願いしました。
いつも持ち歩き飲み物のカップと同じ形式でした。
02



日本料理の素敵な所です。
この飾り付け。
今では地方のじいちゃん&ばあちゃんが木の葉などを採取して大変な利益を上げているとの事。
03



温漬けです。
04



子供料理は少なめの物とこちらの多めの物がありましたが、孫は幼いにも拘わらずご覧の通り大食です。
左手のオレンジ色のボトルが瑞鳳からのリンゴジュースです。
05



黄色いボトルが自宅から持参した物です。
06



フォークを持って食用旺盛です。
えほんも食べ物版です。
07


08


09



生ビールの後の自分の注文した白ワインです。
息子達は焼酎やジョッキーの生ビールなど戴いていた。
10




11


12


13


14



大好きなおにぎりをほうばっています。
15



お店からの振舞の樽酒を枡で頂きました。
勿論、枡の角にはお塩もありました。
16



ブリの焼物です。
17


18



揚物です。
19



牡蠣の入った美味しい炊き合いです。
20


21


22



母も自分も大好きなお赤飯です。
美味しかった。
蒸籠で蒸された美味しい美味しい赤飯です。
23


次のもスイートですが、どちらかが全員にでましたが、どちらか片方は私のみに出たスイーツです。
24


25



両手首に大きな、ブレスレット型のぶら下がったおもちゃを付けていました。
女の子ですね。
それにしても少し垂れ下がり大きすぎるのではと思うのですが。
お気に入りだそうです。
26


27



店内の御池の錦鯉が餌を求めて。
28


元気な孫と母のお祝い膳でした。
29
コメント

#007 -’17. 富士川PAにて

2017年01月09日 12時13分58秒 | 中央高速・他の高速道路
義母を静岡に送る為に早朝に瀬田から東名高速へ。
真っ暗で雨の降るドライブです。
夜の雨のドライブは大嫌いです。
でも、そんなことは言っていられません。
母を送り届けなければなりません。

午前7時20分に富士川パーキングに到着です。
朝食を摂って際スタートです。

富士川パーキングからの富士の雄姿を撮影です。



朝焼けです。
リア・ウインドウには、朝日が昇ってきた綺麗な景色が見えます。



由比ガ浜の海岸脇を通過です。
太平洋に一番近い場所です。
ここまでが下り線の東名高速の画像です。


ここからは、新東名上り線の画像です。



コメント (4)

#006 -’17. 初春のお祝い膳

2017年01月07日 17時24分57秒 | 訪問した食事処、お茶処
母が静岡に帰る前に瑞鳳にて新年のお祝い膳です。
母はひ孫と会うのは二度目です。
1歳7ヵ月のお祝いのお膳です。

息子夫婦と孫の3人は三鷹からダイレクトに瑞鳳に。
我が家は瑞鳳から迎えのワゴン車に乗ってお店に到着です。

楽しく美味しい食事会でした。

ニコン版は後日。
今回はスマホ版です。















コメント

#005 -’17. キアリスことファミリア(べっぴんさん)

2017年01月06日 22時10分54秒 | その他
NHK朝の連続テレビ小説で現在放映されているべっぴんさんです。
物に頓着しない自分ですが、べっぴんさんを見ていない家内から番組中のキアリスさんはファミリアさんではとの事。
幼児、子供洋品では有名なようだ。
ブランドに凝る我家ではありませんが、孫のお食い初めのよだれ掛けがファミリアさんの物だと家内の弁。
それではと孫のお食い初めの時の画像をブログ上検索してみた。

その画像は今年一番嬉しかった事にヒットしました。
そのスレッドはこちらです。

その時のスレッドにアップしなかったお食い初めの時のファミリアさんよだれ掛けを中心にアップします。

女の子ですからレースのドレスを着てのお食い初めです。



家内が事前に買い求めて来たファミリアさんのよだれ掛けを掛けてあげる家内です。



自分等はよだれ掛け等どこのメーカーでも関係ないと思う所があるが、家内は可愛い孫にとっては違うようだ。






お食い初めの孫も既に元気に歩いています。
時の経つのは早い事。



昨日&本日午前中までのナナちゃん。:
ナナちゃんの隠れ家を造り落ち着いていられるようにしていたがそろそろ卒業です。
ナナちゃんの視界に家族が入ったとしても気にせず餌を食べ眠りについてほしいと願い、ブライントにしていた遮蔽物を極力排除しています。
でも、ナナちゃんの緊張は解けないようです。


右側のカルカンがお気に入りだそうです。
左手のユニチャームはそれ程でもないようです。
餌奉行は家内です。



午後から雑用です。:
まず最初にお邪魔したのが、ヨドバシカメラです。
母の写真をプリントしてきました。
我が家のプリンターで印刷するより綺麗なのでいつもこちらで行っています。
ついでに、A4の印刷用紙をかいました。 

静岡に帰るお土産も買ってきました。
何時もは大量(ダース以上です。)に買いますので、ネットから注文して直接送ります。
でも、今回から少量になったので吉祥寺の小笹のお店に行って買い求めてきました。
羊羹を買うのは至難の業ですが、最中ですからお店で手に入ります。
でも、いつも並んでおります。


吉祥寺のAUショップにお邪魔したら、混んで居るとの事。
それでは、ユザワヤに行って買い物してくると言う事で、20分後に戻ったから更に一時間も待たされた。
どのような順番で呼んでくれるのかわからないので、プッツンしそうだ。
でも、色々良く相談に乗ってくれた。
私名義の四台のAUの携帯電話の見直しです。
家内と母の携帯電話のプランは変更せずでした。
私のガラケーは、使用していない各種サービスと取りやめました。
スマホは7G/月のLTE契約をしていました。
WIMAXのルーターの契約もしているので、1Gに変更してきました。
来月からですから、いくら安くなるのか楽しみです。

吉祥寺の駅ビルに在るユザワヤによって買い物してきた。
買ったのは、魂の裁判の裏に貼る黒い紙(クラフト紙?)を買いにである。
パピルス紙との兼ね合いで額装しても映えない感じでいた。
後ろから紙を充てることにして、ユザワヤにAUの待ち時間で買いに来たのである。
思い通りの用紙が有ったが、造って見なければ何とも言えない感じだ。
装丁した結果が見映えが良くなれば嬉しいのだが。
コメント

#004 -’17. 本日のナナちゃん(1月5日)

2017年01月05日 14時09分28秒 | ねこ
本日のナナちゃん。:
母と話していて数え年に話が及んだ。
今では数え年など殆どの方が知らない年齢の数えからである。
我が家にやって来たナナちゃんが7ヶ月でも、数え年では元旦を迎えて二歳とのこと。
満年齢では一歳の誕生日も迎えていないのに早二歳である。

我が家にやって来て、間もなく一ヶ月に近づいてきたナナちゃん。
未だ、未だ心を開いてくれないナナちゃんです。

餌を与えるのは家内ですが、未だ敵意むき出しにすることがあります。
何も面倒を見ない自分には、それ程敵意をむき出しにすることは少なくなって来た。
上下関係をそれ程重視しない猫社会にあっても順位付けをしているようだ。

家内に言わせると、こちらは「ナナちゃんのおやつ」だそうだ。
大好きとのこと。
おやつとはどこが違うのか、気になって家内に尋ねてみた。
「おやつって、甘くておいしいのかな?」と。
家内曰く「食べてみれば」との事。
でも、食べ比べする程の勇気はない。

こちらがナナちゃんの大好きなおやつだそうです。
甘くて美味しいのかな?


本日の母:
デーサービスに行かないので母のリハビルです。
連れ出さないと殆ど歩くのは家の中、今日は少し遠いいですがイオンへ行ったきた。
店舗内しか歩きませんが、2000歩程度にはなります。
心と体にとって良い運動です。
いつもの如く出かける前から母はウキウキ、ソワソワです。


今日嬉しい物が届いた:
年末にネットから申込みした神韻晩會2017SHEN yun のチケットが届いた。
この公演がある事に気が付いたのは年末のネットでの宣伝でした。
申込みした時は、殆どの席が売約済みでした。
その為に、午後の公演を諦めて夜の部を申込みした次第です。
行くのが楽しみだ。
神韻芸術団の案内はこちらです。

コメント (2)

#003 -’17. ESTAの申請完了

2017年01月04日 20時10分41秒 | 海外旅行
昨年の11月に切れたESTAの申請を本日完了した。
ネット上で完結できるので、簡単だったとの認識があったが少し手間取った。
家内と自分の合計二名分を申請する。
その為、グループ申請なのだ。
自分の内容を打ち込み追加申請とあるとので、追加とやると自分の分が消えて家内のものだけになってしまう。
途中で気が付いたが最後のページ直前まで行きその後家内を追加せねばならない。
何故に紛らわしく途中に追加申請が有るのか解せなかった。
それでもネットから申請が完了した。
手数料も〆て28ドルです。
申請状況も1時間しない内に「認証が承認されました」との表示がありました。
サイパンに入国する時もあった方が良いと聞いたもんで、年が明けての申請です。


イランにも行きたいと思っていますが、イランに入国するとESTAでのアメリカへの入国が叶いません。
ビザを取らねばなりませんから、イランへ行くのを躊躇しています。
イラクではありませんから、安全で親日的なイスラム国家です。
「2011年3月1日以降にイラク、イラン、スーダン、シリア、リビア、ソマリアまたはイエメンに渡航また滞在したことがある方は、ビザ免除プログラムを利用して渡米することはできません。」
反対にイスラエルへの入国刻印のあるパスポートではイランに入国拒否されてしまします。
国際政治に翻弄されて上手くいかない物です。
未だ、ハワイに行っていませんからイラクの件は思案中です。
コメント (2)

#002 -’17. 年が明けても、変わらぬナナちゃん。

2017年01月02日 17時11分08秒 | ねこ
我が家のナナちゃんにとっては、正月三が日など何の関わりもございません。

一進一退のリハビリですが、少しだけ前途に光が見えて来た感じもしないでもありません。
キャリーケースの自宅の中で横になるようになりました。
覗くといつも横にならずに、変化する体制に対処できるように座っていたのが、緊急時の対処が不可能な横になる事が有るようになりました。
危険な対象物との認識が少し薄れて来たようだ。
我が家のナナちゃんのリハビリは牛歩の如き進歩だけど、焦らずにナナちゃんの信頼を裏切らない事に徹して行く以外にない。
家内がネットで保護猫の事を検索しまくっている。
それに依ると、何年もかかる事が有ると心配している。
愛情でリハビリの期間が短くなるのなら、たやすい事であるが強硬手段で改善を図るべきなのか思案のしどころで、リハビリ方針が定まらない。
ケージの扉を開けて部屋のドアを締め切り出たい時は自由に出すべきか迷っている。
ナナちゃんの自由意思からケージから出るので有ればリハビリも早い感じがするのだが決心がつかない。

リハビリを急ぎ過ぎて、少し後退したのがトラウマになっている。

今日のナナちゃんです。
前足をピント伸ばして座っている姿から、危険を感じなくなって来たようだ。
それでも、近づき過ぎるとハーと、威嚇して安全距離を保とうとする。
この仕草がリハビリの進み具合の目安になりそうだ。
正月二日の我が家のナナちゃんです。



こちらは、おまけの元旦のお屠蘇です。
福島から復興を願い取り寄せた三本詰めの日本酒です。
その内の一本「寿」の文字があったのでこちらを頂いた。


こちらはノンアルコールのブドウジュースです。
フランス産のスパークリングです。


ナナちゃんの猫語を翻訳して「野良猫&保護猫の皆様に。安全で幸せな一年でありますように。」とのことでした。
コメント (4)

カウンター