週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#047 -’17. 今日のナナちゃんです。(2月20日) & サントリーニ島 Oia Vacation Travel Guide | Expedia

2017年02月20日 16時43分09秒 | ねこ
今は直ぐにでも雨が落ちて来そうな空模様です。
午前中は晴れていたので、日光浴です。
気分は良い筈なのに、どうしても視線が気になるようで落ち着きません。
家内が機嫌を取ってのガラホにて撮影です。
今日も家内は猫パンチを食らいました。
その根性には感心すると言うか、学習能力が無いのか、痛みを感じる神経がないのか、それとも猫に対する愛情が私とはレベルが違うのか気になる所です。

写真をガラホで撮る事前サービスは怠らない家内です。
シッカリとブラッシングして落ち着かせてからの撮影です。


ナナちゃん曰く「視界を遮る段ボールの覆いを掛けてほしいな---!」



ギリシャのサントリーニ島です。
記憶違いでなければ、早朝にサントリーニ島に近づいて来た時、島の上は雪景色かと勘違いするほどの白さでした。
ナレーターはギリシャ訛りでしょうか。
Oia Vacation Travel Guide | Expedia


サントリーニ島の観光地はエクスカーションでお邪魔したのにスレッドがありません。
有ったのは、サントリーニ島観光で船に戻る途中で立ち寄ったSANTO WINESのスレッドだけでした。
そちらのスレッドはこちらです。
コメント

#042 -’17. 本日、初のナナちゃんの爪切り(2月17日)& Amsterdam Vacation Travel Guide | Expedia

2017年02月17日 17時13分01秒 | ねこ
時々、部屋の中を歩くようになってきたナナちゃん。
と、言っても視線が合うと直ぐにケージに逃げ帰ってしまう。
大好きな猫ベットを部屋の中に置いて視線を遮ればその中で大人しくしている。
その状態でブラッシングや撫でる事が出来るようになって来たし、餌も食べてくれる。
それでも、ちょっとした音などでケージに逃げ帰ってしまう。

家内は数日前から肉球を触っていたのでこれ幸いに爪を切る事にトライした。
抱ければ、ナナちゃんの視界から爪切りを隠すことが出来るが抱くことがまだできない。
騙し騙し一回目のナナちゃんの爪切りにトライして上手くいった。
でも、ナナちゃんの前に家内の額がある格好だ。
強くはないが、ご挨拶程度に猫パンチが飛んで来た。
額に刀傷の如くの負傷です。
懲りずにその後も騙し騙し、猫の爪切りを殆ど終えてしまった。
その後は勿論猫パンチは食らっていませんが、時間をかけて様子を見ながら忍の一字の家内でした。

以前飼っていた三匹の猫は総て人間とは共用していませんが、人間用の爪切りできっていました。
今回は、家内が買ってきた猫用の爪切りです。


最初は、お気に入りの猫ベットでのグルーミングです。
次は、素手にてナナちゃんの体を色々さすり緊張をほぐして行く作戦です。


肉中を触り、爪を押し出しても避けるでもなく、なすがままにさせてくれているのを確認して、一回目を敢行です。
その後すぐに反射的に猫パンチを食らったようです。
その後は慎重にも慎重にしたようですが、逃げ帰る事も無かったようですから上手くいったのかも。
20本総てではありませんが、殆ど切り終えました。

以前から夜中になるとケージの中でガリガリと爪研ぎしていました。
本当にすごい音を立てて爪とぎしています。
今日は少し良いかも。
爪切り後のナナちゃんです。

撮影は総てスマホです。


自分が撮影したアムステルダムの画像は後日。
先に素敵なエクスペディアの動画をご覧ください。
Amsterdam Vacation Travel Guide | Expedia
コメント

#037 -’17. 昨日のナナちゃんです。 & Cape Town Vacation Travel Guide | Expedia (4K)

2017年02月14日 16時33分03秒 | ねこ
昨日のナナちゃんの出来事です。

猫は16時間寝ると言われるぐらいにウトウトしていますが、緊張の我が家ですからそうもいきません。
普段だとカメラで撮影すると撮影音で起きるのにこの時は爆睡中との事でした。
段々と心を許すようになったみたいです。


涙が鼻に抜ける所が詰まり気味なようで左目が少し目ヤニになり溜まります。
家内が取る時も大人しく取らせていたようです。
少しは美女になったかも。


失礼な。
家内が親父座りだといっていました。
ナナちゃんにも失礼ですし、私も胡坐はかいてもこんな座り方は致しません。念のため。


セットで付いてきたネズミで遊んでいる所です。


撮影は総て家内のガラホです。

ケープタウンです。
自分が撮影したのはケープタウンのスレッドはこちらです。
Cape Town Vacation Travel Guide | Expedia (4K)
コメント

#034 -’17. 保護猫ナナちゃんがやって来て

2017年02月11日 17時53分08秒 | ねこ
ナナちゃんが我が家にやって来て来てジャスト二ヶ月です。
来たのは師走の12日でした。
今まで飼った三度の猫の中では初めての保護猫です。
今回飼い始めて猫種によって人懐っこくフレンドリーな種と、独立独歩型で馴染み難い種がいる事を知りました。
馴染んでくれないのは、野良猫生活時代に虐待を受けて人間不信が原因だと思っていた。
しかし、それだけではないようだ。

と言う事は、気長に猫の気分に沿いながら行くほか無さそうだ。
時間をかけてナナちゃんにとって我が家が安住の地であり、空気のような存在になりたいと思いを新たにした次第です。

猫パンチにもめげずに一番ナナちゃんと触れ合う家内です。
私にはまだここまでさせません。
と言うより、する勇気がないのが本音かも。

撮影は家内のガラホにて。

以前の猫の肉球はピンク色で綺麗だし触るのが大好きだった。
ナナちゃんの猫の肉球に触れるのはいつになるのやら。
家内は既に触っております。

撮影は家内のガラホにて。

お腹をさすらせたからと言って、肉球に触れることが出来たといって、喉の下をさすらせたからといって、手から餌を食べてくれたからと言って、心を許してくれた訳ではありません。ナナちゃんのその一秒後には猫パンチをくらわしてくる。
その一分後にはハーと威嚇してくる。
意にそぐわない事が有れば安全距離を保つために威嚇してくるし、そのまま無視すれば猫パンチ視界を遮れるトイレに逃げ込んでしまう。
コメント

#030 -’17. 2月6日のナナちゃん & San Diego Vacation Travel Guide | Expedia

2017年02月07日 13時04分55秒 | ねこ
お腹を擦らせるようになりました。
それも、段取りを踏んでゆっくりとした動作で近づかなければ緊張してしまいます。
早い行動は全て慎まねばなりません。
何がナナちゃんの近くに迫るのか、そのナナちゃんに近づく物は見慣れた危険のないものですよと。
何度も何度も認識させるようにしています。
それでも、急な動きは禁物です。

この写真のお腹を見せる事は信頼の証ですが、だからと言って信頼されたと言う事は未だありません。
強制的に部屋に出してもケージの逃げ帰ります。
一歩一歩ナナちゃんの世界を広げていくのみです。


年末に最盛期を迎えたデンマークカクタスがこの時期、一輪だけ遅れて咲き出しました。

どちらもスマホにて撮影ですが、少し暗い所の被写体と窓際のものではこれ程違ってしまった。



サンディエゴに行くまで自分の意識の中に有るのは、アメリカ合衆国海軍の軍港がある事と、サンディエゴ動物園ぐらいであった。
メキシコ色も強い、オールドタウンなどバハ・カルフォルニア色の強い事を認識しました。
San Diego Vacation Travel Guide | Expedia


サンディエゴには、二度ほどお邪魔している。
一度目は西部アメリカ、二度目はサンディエゴから乗船してパナマ運河を通りフロリダへ。
今回はのものは、再生したJALが成田~サンディエゴ便の開設の第一便に搭乗した記念のフライトでした。


今乗っている車の初めての車検をディーラーで受けてきた。
因みに、オドメーターでは22656キロでした。
年間、7600キロですから少ない方かも。
コメント

#029 -’17. 保護猫ナナちゃんの2月4日のリハビリ日記 & Las Vegas Vacation Travel Guide | Expedia

2017年02月04日 13時50分35秒 | ねこ
今朝も家内が餌を与えてブラシで毛づくろいした後にケージ内のトイレの清掃です。
丁度頭がナナちゃんの居る二階のペット・ベットの前に頭を出す感じです。
強烈に爪を立てて猫パンチをされたようです。
いつになったら、自己防衛を忘れて心を許して接してくれるのやらです。

でも、猫大好き人の家内です、今日も家内のガラホで撮影してプリクラ風に作成して悦にいっていました。
選択出来る気に入ったものが秋の紅葉しかないのが不満のようです。
本日家内が撮影して編集した保護猫ナナちゃんです。

泥棒猫風な所は大目に見るとして。


どちらもスマホにて撮影。



カジノ法案の時色々問題になりました、ギャンブル依存症との関係です。
既に日本には沢山の公的な賭博が存在します。
競馬も競艇も競輪もです。
馬券等など買わなければギャンブルではありませんが、公的に色々ある中で問題なのが?
パチンコです。
手っ取り早い時間つぶしの娯楽であったパチンコでしたが、既に出玉の多さや換金性など射幸心をあおるギャンブルになりました。
このパチンコこそ問題かもしれません。

ラス・ベガスの巨大ホテルには巨大なカジノが併設されています。
スロットマシーンしかこの時はしませんでした。
Las Vegas Vacation Travel Guide | Expedia



ラスベガスに行った時のドキドキのスレッドはこちらです。
コメント (4)

#027 -’17. 2月2日の保護猫ナナちゃん & Lake Louise Vacation Travel Guide | Expedia

2017年02月02日 16時07分32秒 | ねこ
今日のナナちゃんは少しストレスが溜まったかもしれません。

ペット・ベットに入れて何度も和室の雪見障子の所に連れていきました。
タオルケットを被せて居れば大人しくしているのに、タオルケットを外してみました。
これもリハビリの一歩と思っているからですが。
不安で二台建てのケージに逃げ込みます。
以前であれば慌てふためいて逃げ込むと言った感じでしたが、最近はノンビリ自宅に逃げ帰ると言った所です。
戻ると、ペット・ベットを二階の所に入ると再度タオルケットを掛けてケージの外に連れ出します。
それを四五回したら、一階のトイレに入ったまま二階のペット・ベットに戻らなくなってしまいました。
勿論、タオルケットを掛けて顔も体も全て覆いますが、その時はハーと威嚇してきます。
そんな事にめげずに根競べし過ぎました。
野良猫から保護猫へ。
家猫へのリハビリです。
どんな状況でも、心配はいらないですよとのリハビリです。
それにしても牛歩の如くのリハビリです。
手から餌も食べますし、手で撫でさせますが、時に依り気分の悪い時は威嚇はして来ますし、猫パンチはくらわしてきます。
それでも、こちらは引きませんから、トイレに逃げ込みます。

でも、親ばかならぬ・・・・ですが、可愛いものです。

トイレの屋根に乗っている所を一枚。


トイレ前で逃げ込むか思案中です。


こちらは今一番居心地が良く気に入っているペット・ベットです。


カナダアルバータ州のバンフ国立公園内にある湖、レイク・ルイーズです。

Lake Louise Vacation Travel Guide | Expedia



レイク・ルイーズ観光した日は、プロのビデオカメラスタッフが同行しました。
勿論景色も素晴らしいし、記念にもなるのでDVDを購入しました。
海外でのVTRは形式の違いで見る事が出来ない場合もあるので要注意です。
今回も、ヴィクトリア瀑布のも、イグアスの滝も見る事が出来ました。
レイク・ルイーズの道(デジカメで自分が撮影した)のスレッドはこちらです。

コメント

#023 -’17. 昨日のナナちゃん & Tuscany Vacation Travel Guide | Expedia

2017年01月30日 15時33分00秒 | ねこ
昨日撮影のナナちゃんです。
お腹を孫の手で撫でている所を一枚。
今朝も家内が頭を猫パンチされた。




大好きなイタリア。
街が青空の下の美術館のフィレンツェ。
ピサの斜塔の在るトスカーナ州です。
五度程お邪魔しているイタリアですが、まだまだ行きたい所が沢山あるイタリアです.
トスカーナ州の自然豊かで美しい風景に感動しました。
エクスペディア編集の動画をご覧ください。
Tuscany Vacation Travel Guide | Expedia
エクスペディアのイタリア・トスカーナ州のYouTube動画は削除しますので、ご覧になりたい方は検索してみてください。

フィレンツェの画像は後日別スレッドで。
ヴェッキオ橋の画像はこちらです。
追って;
ピサの斜塔のフォトチャンネルはこちらです。
塔の街サン・ジミニャーノは別スレッドで。
コメント

#019 -’17. 野良猫ナナ & St. Petersburg Vacation Travel Guide | Expedia

2017年01月26日 12時37分59秒 | ねこ
きのうのナナちゃんのリハビリです。
朝、ナナちゃんのご自宅のケージに猫ベットにくつろいでいました。
家内が歯磨きする為に洗面所に居るとケージの二階から飛び降りて和室に脱出です。
音に気が付き家内が戻ると、慌てて逃げ戻りました。
その後、家内と私は小金井公園の江戸東京たてもの園にいってしまった。
へそを曲げたのか、一日大人しくしていたナナちゃんでした。
それでも、手から餌は食べてくれるし、撫でさせてくれるから良しとせなば。
(機嫌のよい時のみですが。)



ロマノフ王朝が崩壊してソヴィエト連邦の時代になったロシア。
共産革命でレーニンの名をとってレニングラードとしたサンクトペテルブルク。
ソヴィエトが崩壊してロシアに戻りロマノフ王朝時代のサンクト・ペテルブルクにこちらも戻った。
ドイツから嫁いだエカチェリーナにすればヨーロッパにあってもど田舎のロシア・ロマノフ王朝です。
少しでも文化の香るロシアにしたいと奮戦したのがエカチェリーナ二世でした。
以前にお邪魔したエカテリーナ宮殿はこちらです。
エカテリーナ宮殿のフォトチャンネルはこちらです。
素晴らしいエルミタージュ美術館はこちらです。
血の教会はこちらです。
でも、自分のブログで過去のスレッドを探したら、いつもの如く記事を書いていなかった。

St. Petersburg Vacation Travel Guide | Expedia


コメント

#017 -’17. 小型ライオン と Cusco & Machu Picchu Vacation Travel Guide | Expedia

2017年01月24日 20時39分53秒 | ねこ
ナナちゃんが我が家のやって来た時は野生のライオンでした。
とっても触れられる状態ではありません。
ライオンのように襲う為に攻撃的になっているのではありません。
自己防衛的な本能から派生する危険です。
出来る事なら人間の視界から消えたいとの一心の成せる業です。
又は、ナナちゃんの視界に私達が入っていない事を願っているのです。
視界に入る事自体(猫の存在を認識される事自体が獲物なのです。)が心を引き裂く程の恐怖なのです。
ですから、新聞の覆いを外しただけで、ケージの中を逃げ回りました。
それでも、超遅い進歩ですが確実に進歩してきています。
家内が今日手を引っ搔れていたのは、こちらに架かる起毛のタオルケットを外した時だそうです。


寝てはいないようですが、目を閉じています。


我が家に来た時とは隔世の感があります。



凄い人類の遺産です。
Cusco & Machu Picchu Vacation Travel Guide | Expedia
エクスペディアのマチュピチュのYouTube動画は削除しますので、ご覧になりたい方は検索してみてください。

私がマチュピュチ遺跡に行った時ものはこちらです。
コメント (2)

#016 -’17. 名誉の負傷 & おまけ ウィーン Vienna Vacation Travel Guide | Expedia

2017年01月24日 14時45分47秒 | ねこ
保護猫のナナちゃん。
手から餌も食べるようになったし、素手で撫でさせるように成ってきた野良猫上がりの野獣のナナちゃん
今朝も家内の手を今までになく強烈に引っ搔いた。
今までで一番鮮血が出たと言っていた。
気分が悪かったのかもしれない。
突然、顔前に出した訳でもないのに反射的に攻撃の魔の爪が伸びて来たようだ。
野良猫の習性がまだまだ抜けないようだ。
身体を撫でさせると言っても鼻筋と額と首回りと背中のみである。
肉球のいたずらや、お腹を擦らせるなどまだまだである。
本日のリハビリのメニューは強制的にペットベットをケージから出して、和室に置きそこに乗せた。
慌てて、ケージに潜り込んでいってしまった。
それを二度ほど。
家内の手から餌は頂いている。


我が家の来て一ヶ月のプレゼントの猫ベットも今では問題なく利用しています。
でも、ナナちゃんの本心は「視界が遮る事の出来ろ屋根が欲しいな!」です。
17日に撮影したリラックス状態です。


こちらは本日(24日)撮影の少し緊張している状態です。
怖いものは何も見たく無いと顔を伏せています。
それでも、いつもの所は問題なく擦らせます。
この状態はストレスが溜まると言う程ではありませんが、好ましくない状況です。
「早く隠れたいな!」と思っています。


顔を上げてくれた所を一枚。



エクスペディア編集のウィーンのヴァケーション・トラヴェル・ガイドです。
因みに私のウィーン街歩きはこちらです。
いつもの如く書きかけで何の説明もありませんが。

Vienna Vacation Travel Guide | Expedia



私のブログでウィーンを検索した結果はこちらです。
量が多いので時間が有る時にでもご覧戴ければ幸いです。
コメント

#015 -’17. 猫パンチをくらい & おまけ Tokyo Vacation Travel Guide | Expedia

2017年01月21日 17時38分52秒 | ねこ
今日も我が家のナナちゃんはご機嫌斜めのようです。
我が家に来てから、始めて私がナナちゃんの猫パンチをくらいました
キズになる程ではではありませんが、三ヵ所から一寸だけ血が出ました。
ご機嫌斜めでナナちゃんが警告を発していましたが、無視していたのが猫パンチを食らう原因です。
でも、そんな事に気を留める必要は無いのですよと、ナナちゃんに教えたいのです。
危害は決して加えられないと、信じさせるまでは仕方ありません。

それでも、確実に進歩しています。

昨日から小淵沢のホテル、風かに宿泊して原村に数時間ですが滞在する積りでいた。
東京地方でも雪が降るとの予報が出ていたので、キャンセルしてしまった。
スタッドレスだし、タイヤチェーンは有るので、雪道でも問題ないが何も山梨から雪なのと東京から雪道では大違いだ。
雪に慣れてない人も車も沢山走っている筈。
何も難行苦行しに行く事は無いと言う事でキャンセルしてしまった。
楽天経由で予約したのでそれ程良心が咎めなかった事もある。
でも、関係ない程度しか降らなかったようなので行けたが、こればかりは如何とっもしがたい。
いっその事、イナックスのシャワートイレの便座を外す方法を覚えるべきかもと思っている。


エクスペディア編集の東京ヴァケーション・トラヴェル・ガイドがありましたので時間がある方暇つぶしにのぞいて見て下さい。
Tokyo Vacation Travel Guide | Expedia
コメント (6)

#013 -’17. 保護猫ナナちゃんのリハビリ状況

2017年01月19日 17時30分04秒 | ねこ
数日前には部屋の中を5分程度歩きました。
キャリーケースに入れてケージから出して、目に留まる景色を多く見せるようにしています。
キャリーケースの扉を開けて日向ぼっこをさせていたら、自発的にナナちゃんが恐る恐る出てきました。
最近は、頭の周りをさすらせるようになしましたし、少しづつですが進歩して来た感じです。
家内の手から餌を頂く時もあります。
大きな進歩ですが、良い時と悪い時の起伏があり長い時間を掛けて信頼関係を構築せねばなりません。
気分の悪い時など、ハーと威嚇して安全距離を確保しようする時もあります。
そんな時は、以前と変わりませんが確実に進歩してきている事は確かです。

ナナちゃんに対する行動は全て急のつく事はしないようにしています。
突然、目の前に手を出すとか、突然近づくとか。
事前にこれから近づきますよとの意味を込めて「ナナちゃん」と呼んでから近づきます。
手で撫でる時も、ナナちゃんの眼前に突然手を出さずに視界に手も見せてからゆっくりと首の周りをなぜています。

家内が最近撮影したナナちゃんの写真をアップします。
こちらは1月6日に撮影です。
いつもの心落ち着くキャリーケースでのナナちゃんです。
保護者の方からナナちゃんを譲り受けて我が家に貰われて来た時の物です。


1月11日にプレゼントした猫ベットです。
最初は屋根が無く視界を遮るものがない為緊張していまいたが、翌日には慣れてご覧の通りに落ち着きだしました。
でも、体を覆うタオルケットは必需品です。
この時は写っていませんが、寒い事もありいつもかぶっています。


凛々しい姿の我が家のナナちゃんです。
親ばかが言わせる一言です。
トイレの蓋の上に乗り2階のペットベットに行くところです。
ナナちゃんの顔がほっかぶりした泥棒の顔していると言った事も忘れてこのりりしさ
可愛いですね。


コメント (2)

#010 -’17. ナナちゃんへプレゼント

2017年01月12日 08時30分16秒 | ねこ
保護猫のナナちゃんが我が家にやって来たのは平成28年の12月12日でした。
なかなか心を開いてくれないナナちゃんですが、一ヶ月の記念してプレゼント。
昨日から使い出したが、慣れていない事もあり馴染まないようである。







ねこちぐらはこちらです。
コメント (5)

#009 -’17. 猫パンチのナナちゃん

2017年01月10日 17時32分13秒 | ねこ
12月の12日に我が家の来たナナちゃんですから、明日でジャスト一ヶ月です。
基本は未だケージから出られません。
出る時はナナちゃんの自宅のキャリーケースに入った状態で出しています。
まだまだハーと威嚇しますし、それ以上に近づけば猫パンチを食らわせて来て居ました。

ナナちゃんに威嚇されても動じる事無く無視しています。
今は安全距離を限りなく近づいていっても威嚇する事が殆どなくなりました。
キャリーケースに入っていたり、ケージの中に居る時に近くに寄る時は必ずこれから行きますよと、名前を呼んで声掛けしえいきます。
突然に行く事はありません。

心に刻んでいる事を一つ二つ・・・・、列挙してみます。

〇 ナナちゃんの信頼をとる事の大事な事として、突然驚かすような行動はとらない。
ですから、近づく時はこれから近寄りますよとナナちゃんに心の準備をさせていきます。

〇 それでもでも、安全距離を保ちたいと言う状況の時もありますが、威嚇しても一切引き下がりません。
耐えられなくなると猫パンチを繰り出してくることもあります。
猫パンチでその場を後にすれば、リハビリになりません。
(ナナちゃんにとっては凄いストレスですから、視線を外すとかそっぽを向いて姿だけ見せるなど)
その場で、威嚇しなくても私は無害ですよと認識させる為にもさがりません。
さがれば、威嚇すれば下がってくれて安全距離が保てると誤認してしまいます。
リハビリです。
威嚇しなくて私は人畜無害ですよと認識させねばなりません。

〇 今では、昼間は覆いをつけません。
ナナちゃんが我が家に来てから、私たちの視線を避けるために色々隠れていました。
少し前から視線を遮り遮蔽物を取り除いています。
ナナちゃんからもこちらが良く見えるようにしているし、反対に此方からもナナちゃんが良く見えるようにしています。
貴方の視界に私が入っていても、直ぐ脇に居ても、心配する必要はありませんとナナちゃんに自覚させるほかありません。
それは慣れでしかないのです。

〇 ナナちゃんの食事やトイレなどは隠れた場所で食べたり排尿したいのです。
でも、トイレは別にして食事は目の前でも平気で食べるようになりました。
少しは信頼されてきたようです。
三四ヶ月程度で普通の飼い猫になれば嬉しいです。


今日のナナちゃんです。(1月10日)






コメント

カウンター