週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#027 ’15. ユナイテッドのラウンジにて

2015年01月26日 17時26分22秒 | 海外旅行
生ビール、白ワイン、赤と頂いて機上する前に出来上がってしまった。
コメント (2)

#026 -’15. 成田空港着

2015年01月26日 15時38分42秒 | 海外旅行(オセアニア&太平洋諸国)
一時間も早く到着した。 手持ち無沙汰です。
タイに帰国する人達で長蛇の列です。日本からのお土産を沢山て、感謝感謝です。

コメント (2)

#025 -’15. 新宿は

2015年01月24日 17時30分55秒 | 街角
今日はプリンターのインクとニュージーランド$の両替で新宿の東口に来た。
新宿は外国人が沢山買い物袋をぶら下げて歩いている。
銀座も新宿も海外の旅行者が大変多くなった。

ついでにヤマダ電気に寄って、予備に32GBのSDを買ってから紀伊國屋書店に行き本を買ってきた。
以前から家内は読み終えたら、捨ててくるうな推理小説を何冊か持参していた。
自分は今まで、海外旅行ではウオークマンを持参しても、重くなるので本を持参する事は無かった。
機内では読まないし、船でも遊び廻っているから本を読むこともなかった。
でも、今回は水泳に向かないかもしれないので以前から気になった本を買ってきた。
安藤優一郎著の30ポイントで読み解く吉田松陰『留魂録』です。

旅行に関係なくはやる気持ちを抑えて我慢して読まずにいる。
タブレットに本を入れていけば全て解決ですが、人間的にアナログなもので。



成田空港にスーツケースも送ったし、何かそわそわするいつもの気分です。
コメント

#024 -’15. 後藤さん達を日本に帰してください。

2015年01月24日 09時49分13秒 | たわごと(少し硬派に振って)
後藤さん達を元気な姿で日本にかえしてください。
يرجى العودة إلى اليابان في شخصية صحي وانتقل الى سان لنا.
Please return to Japan in a healthy figure Mr. Goto and his Friend.


今回の援助はイスラム諸国に紛争を拡大して、イスラム教徒を苦しめる為ではありません。
هذه المساعدة هي موسع للرأي نزاع في الدول الإسلامية، وليس في النظام تصيب المسلمين.
This assistance is an enlarged view of a dispute in Islamic countries, not in the order afflict the Muslims.


今回の日本政府が援助する二億ドルは人道支援です。
$ 200،000،000 أن هذا الوقت من المساعدات الحكومية اليابانية المساعدات الإنسانية.
Two hundred million US dollars, which this time of Japan's aid is humanitarian aid.


日本人は過去の過ちから武力を極端に嫌い、平和を探求する国です。
اليابانية أكره للغاية ومسلحة من أخطاء الماضي، هي الأمة لاستكشاف السلام.
Japanese extremely hate the armed from past mistakes, is the nation to explore the peace.

後藤さんは、イスラム諸国に沢山の友人を持ち地域の平和を深く探求している人物です。
انتقل الى سان هو الشخص الذي كان عميقا استكشاف السلام في المنطقة لديها الكثير من الأصدقاء في الدول الإسلامية.
Mr.Goto is a person who has been deeply explore the regional peace has a lot of friends in the Muslim countries.

日本では勿論のこと、後藤さん達を失う事は耐え難い悲しみです。
بالطبع من الأشياء في هذا، هو الحزن لا يطاق من فقدان انتقل الى لنا.
Course of things in this, it is unbearable sadness of losing Mr.Goto us.

ミスター後藤は日本、イスラム諸国は勿論のこと、世界の子供たちにとって大きな損失です。السيد غوتو هو خسارة كبيرة لليابان والبلدان وأطفال العالم الإسلامي.
Mr. Goto is a big loss for Japan and Islamic countries and children of the world.

どうか、後藤さんと湯川さんを元気に日本に帰して下さい。
ما إذا كان بقوة انتقل الى سان وعلى يوكاوا الرجاء يعزى إلى اليابان.
Whether, please attributed Mr. Goto and Mr. Yukawa cheerfully in Japan.


日本からの願いを叶えてください。
يرجى منح رغبات من اليابان.
Please grant the wishes from Japan.


現在の情報社会の世界では、小さな個人の発信が世界に届きます。
報道機関、政府など公的な方法で無くても情報を発信できます。
個人のツイッター、フェースブック、ブログ、ホームページを活用して後藤さんと湯川さんの解放の輪を広げようではありあせんか。
小さな一歩ですが、世界に対して大きな一歩になるはずです。
世界に対して後藤さんと湯川さんの解放を願うメッセージを発信しようではありませんか。
大きなうねりになり元気に日本の地を踏める事を願うのみです。



画像で謹賀新年『平和で平凡な一年であることを願い。』にて願った1月1日のスレッド。
平和で平凡な事が如何に手にするのが難しいのかと、思わずにいられない。
コメント (2)

#023 -’15. 坂東三十三観音巡礼(第一番札所)

2015年01月23日 22時02分53秒 | ご朱印帳(神社仏閣)
第一番札所・大蔵山 杉本寺(杉本観音)です。

我等の巡礼バスは池袋が始発で新宿で私たちを乗せて再出発です。
新宿西口の集合場所から首都高速にのって目指すは大黒ふ頭です。
大黒ふ頭でトイレ休憩をとり、三十三ヶ所の巡礼の一番札所の杉本寺へ。

首都高一号線からレインポーラインを通り湾岸線へ。
橋の先にフジテレビの球体が見える。



a2



a3



a4



a5



a6



a7



a8



a9



b1



b2



b3



b4



コメント

#022 -’15. 血液不足

2015年01月23日 15時29分36秒 | たわごと(少し硬派に振って)
物騒なタイトルですが、医療機関で使用する血液が不足するとの意味です。

1月9日の日経に献血に依る血液の確保がピンチである記事が載っていた。

最近はγーGTP等の数値が少し高く献血していない。

年末の掃除で過去に貰った楯が出て来た。
名前も印字されているので処分するのにも困る。
授与式に欠席したので、お送りしますとの文面が入ったままであった。
こんなものがある事自体忘れていた。
こんなものに金をかけて献血した人は喜ぶのだろうか。
善意で献血したのだし、見返りなど何も求めていない。
それから、日赤ではボランティアを募集している。
病院でも、ボランティアの方が来院した患者さんに対して援助をしている。
献血時にもボランティアのご婦人や老人などが献血の呼びかけや、簡単なサポート活動を行っている。
街頭で活動盛りの盛年男子が良く献血の呼びかけを行っている。
ボランティア活動の一環なのか少し気にかかる。
繁華街の献血センター前では良く連呼している。

69歳まで、献血できるが頼りはやはり若い人たちである。
団塊の世代は全てにおいて若者に頼ることになる。

此方は30回で頂いたもの。







50回で頂いたもの。




献血手帳を何冊も頂いたので、実際は倍以上になっている。

健康で有ると言う事は嬉しい限りです。
成分輸血にしろ人間の血液が有って初めて治療が行える。
血液を頂くのではなく、血液を役に立ててもらう程幸せな事はない。
献血を行える事は健康である証です。
団塊パワーを発揮しては如何かと。

コメント (2)

#021 -’15. 旅の説明会

2015年01月21日 15時15分48秒 | 海外旅行
年に一回のロイヤルロード銀座の説明会にお邪魔した。
我が家が利用しているのはクルーズの旅である。
正確には昨年の12月からロイヤルロードから分離独立してJTBクルーズ銀座本店扱いになった。

今年も八芳園で会食と説明会である。
二件ほど申込みしてきた。
催行される事を願うのみである。

八芳園での軽い会食です。20150121151548

a1




a2



a3



a4



a5



a6



a7



a8



a9
コメント (2)

#020 -’15. 巡礼のモンベル・ザック

2015年01月21日 10時24分12秒 | ご朱印帳(神社仏閣)
今回使用した初回坂東三十三観音巡礼は近所のスパーで頂いたディーバックを利用していた。
海外旅行にも時々使っていたので結構痛んできた。
少し修理補強して使ってみたが寿命のようだ。

坂東札所巡り用で、日帰りを想定して少し小さめの物をかった。


右が家内用で、左側が自分用です。



家内のは私のより少し小さい20Lで軽くて背負いやすい。


小さくてもそこはモンベルです。
シッカリして作りで良いかも。


此方は自分用で、23Lで家内よりほんの少し大きい。
雨天時のカバーも同時に買い求めた。


空荷で背負ってみたが、今のは大変良くできていて体にフィットする。
第二回の坂東札所巡りも申込みした。
楽しみが増えたのが嬉しい。
コメント

#019 -’15. かんぽの宿の夕餉

2015年01月20日 15時24分17秒 | 温泉&宿
かんぽの宿・諏訪の夕餉です。

美味しく楽しい会話の夕餉でした。

今回頂いた料理は次の通りです。

かんぽの宿 諏訪 のメニューを拝借して。

 
         冬のグルメ旅プラン
 
                お品書き

一、前菜   吹き寄せ南瓜 カニ絹田巻
         海老酒盗漬 サーモン
          公魚南蛮漬
           白身菊花和え

一、造り   本鮪 牡丹海老 大鱒


一、蓋物   鮭豆富 
        大根含ませ   
         吹き寄せ餡かけ

一、焼物   焼りんご

一、蒸物   茶碗蒸し


一、揚物   天麩羅
        牛肉 公魚 野菜 
         天だしにて

 
一、焜炉   炭火網焼き
        海老 カニ 烏賊
         帆立 蛸 野菜


一、食事   白飯 お椀 香の物


一、デザート 季節のフルーツ


       かんぽの宿 諏訪
         料理長 鬼熊貞夫

 
飲み物は生ビールを頂いた。
食前酒はかりん酒でした。
流石に諏訪です。

a1



a2



a3


a4



a5



a6



a7



a8



a9



b1



b2



b3


b4



b5



b6



b7



b8



b9




      
コメント

#018 -’15. 1月18日の日記

2015年01月18日 07時03分25秒 | 信州の自然
【朝の諏訪湖】午前7時3分

宿からの今朝の諏訪湖。





【諏訪湖】午前9時3分

諏訪湖の湖面に朝日がさして輝いている。




PCから追記
宿を発つ時の外気温は氷点下8度でした。
フロントガラスには結氷してしまうので、シートを掛けていた御蔭で外すだけで運転可能でした。
諏訪湖周辺の観光地や諏訪神社など寄る事も無しに一目散で峠の我が家へ。
諏訪湖の湖面の反射光も手前半分と奥半分が結氷と水面との別れて居る為と見えたが凍り付いているようだ。
湖岸に立ち寄れば、はっきりと分かるのだが真っ直ぐに峠の我が家に向かった。
途中で自由農園に立ち寄ろうと言う事になり、寄り道をして野菜や林檎を買って峠の我が家へ。
管理事務所が道路の雪をかいて居る為に、敷地内に入るところが壁になってしまっている。
日曜日だし、午後になれば道路も混むので早々に退散です。

持って来て置いて帰る物と、持ち帰る物を取って最短の30分で峠の我が家をあとにした。
我が家の敷地内の積雪は60センチから80センチ位だろうか。
寒いけど雪はあまり降りませんとのことでしたが、結構雪が降るのには閉口する。

渋滞にも書き込まれずに2時前には帰宅した。20150118070325


かんぽの宿を出発してから峠の我が家に立ち寄り鉢巻道路を通り帰宅の途につくまでの画像を追加。

車載温度計で宿を発つ時の外気温です。



20号を離れて御柱街道を上ってきた。
正面に見えるのは八ヶ岳です。



右折してエコーラインに入り、たてしな自由農園にてお買い物です。



後先考えずに10キロのリンゴを買ってしまった。
旅立つから多すぎた。
限定やお買い得に弱い我が家です。



お店の外に有ったので店内に入る前にワゴンの下に。
野菜を買って東京を持ち帰る。



我が家で名付けた原村大通りです。
ペンション・ヴィレッジの脇を通過して鉢巻道路へ。



a7



a8



この先は美濃戸口方面です。



超短時間の峠の我が家滞在です。
帰宅の画像です。
鉢巻道路は圧雪した雪のある所と無い所が混在していた。



人間の感覚は鈍感になるのか。
感動していた八ヶ岳も富士山もそれ程感動を覚えずに後にした。


雪道を走ると車が汚れる事、汚れること。
車の洗車も原村への足を遠ざける原因の一つになりつつある。
コメント

#017 -’15. 1月17日(土曜日)の日記【今日の宿】

2015年01月17日 20時28分13秒 | 温泉&宿


【今日の宿】今日の宿は諏訪湖を見渡す高台に佇むかんぽの宿・諏訪です。

手前側は氷っているようだが、奥半分は全く氷っていないように見える。

全面結氷する御神渡りは駄目かも。





宿にチェックインするには少し早いので、mont-bellに寄って、坂東巡礼用にザックを買ってきた。
前回買ったザックは、四国巡礼を目的にしていた為に大きすぎた。
今回は、日帰り用として少し小さめの物を。




【洋室】午後9時

美味しい夕食とお酒を堪能した。

機能的ですが、少し小さな洋室です。



ベッドに寝転んでTVを見ている。




【展望風呂】午後9時55分

チェックイン後直ぐお風呂に入った。


今、アルコールを抜く為また大浴場に行ってきた。






コメント

#016 -’15. 坂東三十三観音 巡礼

2015年01月16日 12時23分36秒 | ご朱印帳(神社仏閣)
浅草の浅草寺(13番札所)で買い求めた巡礼関連用品。
いざ坂東三十三観音の巡礼を始めるとなるとナカナカ行動に起こせないものである。
日々の雑踏にかまけて、巡礼用に買ったディーバックも一度も利用されずに眠っているのが現状である。
そんな日々が続いているときに新聞の紙面に広告を発見して申込みしてみたのが今回の巡礼である。

札所巡りする時に団体バスツアーがある事は知っていた。
安易に、目的地に連れて行ってくれて集団でお参りするなどは邪道だとの気持ちがあった。
その為に巡礼の備品も揃えたのに日が過ぎ去っていくのみであった。
そんな時期に新聞広告の記事に目がとまったわけである。
10回に亘り坂東札所を巡礼するのである。
物は考えようだと思い申込みしてみた。
巡礼ツアーの企画旅行社は阪急交通社(トラピックス)です。

個人で巡礼していたのでは、正しい巡礼の仕方もわからなかった。
今回は添乗員さんの他に先達の方も同行してくれて、正しい巡礼の仕方を学ぶことが出来た。
巡礼の仕方は後日、別スレッドにて。

因みに、今回のトラピックスの第一回の巡礼行程を:
池袋(7:00集合・出発)====新宿(7:30集合・出発)====○(第一番)杉本寺【拝観料込】====○(第六番)長谷寺 【高速道路】====○(七番)光明寺 ====○(五番)勝福寺 ====小田原・鈴廣(お買い物/約30分)==== 各地着








【七番札所】







【五番札所】





【初日の団体巡礼を終えて】

車内で夕方のお務めを終えて、小田原のスズヒロさんへ。

小田原厚木道路を通って東名高速に入った。
東名から首都高の3号線に入り、大橋J C T 経由して新宿へ。
渋滞に合わず、無事に新宿に到着です。

色々と勉強になりました。





コメント

#015 -’15. ニューイヤーコンサート

2015年01月15日 15時02分09秒 | 音楽
ニューイヤーコンサート2015 に来てみた。

クラブツーリズムからメールが届いたので申込みしたコンサートです。
年末のコンサートもこちらで申込みした。

肩肘を張ることなしに聴けるコンサートでした。
フルオーケストラでは無いし、楽団と会場が一体になる楽しいコンサートでした。
最初の演目では喜歌劇「こうもり」序曲が有ったので申し込みした。
しかし、会場に着いてパンフレットを見てみるとこうもり序曲が変更されいた。
こうもり序曲が聞けなかったのは残念だったけど、演奏された楽曲は至って耳に馴染んだものばかりで楽しかった。

  ニューイヤーコンサート2015
ウィーン・シュトラウス・フェスティヴァル・オーケストラ です。

プログラム
第一部
  ヨハン・シュトラウス二世  トリッチ・トラッチ・ポルカ
  ヨハン・シュトラウス二世  ワルツ「春の声」
  ヨハン・シュトラウス二世  喜歌劇「ヴェネツィアの一夜」より”ゴンドラの歌”
  フランツ・レハール     喜歌劇「メリー・ウィドウ」より”ヴィリアの歌”
  ヨハン・シュトラウス一世  ギャロップ「若人の情熱」
  ヨハン・シュトラウス二世  皇帝円舞曲
  ヨーゼフ・シュトラウス   フランス風ポルカ「鍛冶屋」
  エドゥアルト・シュトラウス ポルカ・シュネル「急行列車」
  ルドルフ・ジーツィンスキー ウィーンわが夢の街 

第二部
  リヒャルト・ホイベルガー  喜歌劇『オペラ舞踏会」序曲
  ロベルト・シュトルツ    プラーター公園は花ざかり
  ヨハン・シュトラウス二世  ワルツ「美しき青きドナウ」
  ヨハン・シュトラウス二世  フランス風ポルカ「クラップフェンの森で」
  ヨハン・シュトラウス二世  ポルカ・シュネル「狩り」
  フランツ・レハール     喜歌劇「ほほえみの国」より”君はわが心のすべて”
  フランツ・レハール     喜歌劇「メリー・ウィドウ」より”メリー・ウィドウ・ワルツ”(唇は語らずとも)

コメント

#014 -’15. フォーマル ナイト

2015年01月13日 13時16分16秒 | 海外旅行(クルージング)
極端なカジュアル船で無ければ、少なくても1~2回以上のフォーマルデーが設定されいる。
女性たちにとっては、おめかし出来る絶好の機会です。
その女性の心をくすぐる機会が悩みの種でもあるのです。
上流社会の社交界も無い日本の事です。
ドレスを着て社交界を闊歩する事など日常生活ではありえません。
その為に、ドレスコードが設定されたフォーマル・ナイトに着るドレスで頭を悩ますのです。

菊と刀を待つまでもなく恥を嫌う日本人。
遅れを取りたくないのかもしれません。
没個性の日本人の国民性の裏返しでしょうか。
皆で七五三の晴れ着を着れば怖くない。
個性も何のそのです。
日本人は劣等感の裏返しとして恥をかきたくないのかも。
誰もがセレブでありたいと。

でも、ラグジュアリークラスの船では無ければ、それ程気にすることも無いと感じる次第です。
(乗るお金も有りませんし、社交ダンスは踊れませんし、好きでもありません。ラグジャリー船に恨みつらみはありません。でも、乗るつもりもありません。)
正直な所、ラグジュアリークラスには乗った事が有りませんから殆どタキシードなど着用している船の事は実際のところ分かりません。

タキシード姿など日本人にはそぐわないと思っていましたが、先日の同行者で着ている人がいました。
それも、バッチリ似合っていますからOKでしょうか。
それまではタキシード姿などキャバレーのあんちゃんか?との偏見が心の底に有ったのかもしれません。
そのお似合いの方は70歳を超えた紳士でしたから風格も風貌も決まっていました。

無難な所で男子はダークスーツで充分です。
以前は家内が準備してくれたポケット・チーフも今では入れません。
ネクタイのみ少し華やいだ感じの物を選んでいるだけです。


女性も男性も着た物にたいしで自信を持ち威風堂々とした物腰が重要です。
有る方(沢山のクルーズに参加)が言っておりました。
日本人のフォーマルデーは七五三だ。」と。
着た衣服が馴染んでいないのです。

着物に着せられているのではなく、着たものを気にすることも無く、人柄を包む召し物との考えが重要。
それが傍から見て違和感なくドレスも和服もタキシードもダークスーツが馴染んでいる証です。

最近は和服の女性陣も羽織袴の男性もときどき見かけます。
きものの女性は年相応ですから馴染んでいる反面、未婚の若い女性が着る振り袖ほど派手でもない為でしょうか?
全く目立つことも無いのが現実です。
その上、ドレスより日本人には一番かも。
でも、運んで来るのが大変のようです。
 
カジュアル&プレミアムクラスでは、気にすることはありません。
着たいものを着て素敵なフォーマル・ナイトを、着る物を着こなして楽しいひと時を過ごす事が一番大切かと思うしだいです。
コメント (4)

#013 -’15. アッシー君で静岡へ

2015年01月12日 12時49分54秒 | 中央高速・他の高速道路
四時に起きて4時41分に母を乗せて静岡に向かった。
今回も新東名に入らずに全て東名で静岡にむかった。

今回は富士川SAも薄暗かった。
それでも素敵な富士山を見ることができた。







母を送り届けて、お茶も辞退してUターンして東京にむかった。
三連休の最終日だ。
午後になれば渋滞は必至であるから、正午前後には東名を抜けて環八に入りたい。
上りの日本平SAからの富士山です。
このところ表富士づいている。



ワンボックス車が覆面パトカーに捕まり、誘導されて行くところを後方より一枚。
クラウンの覆面パトカーには要注意です。



ナンバーは



今回は、渋滞していないので圏央道に入らずに瀬田まで直進です。
時間的にも距離的にも経費的にも環八を通行した方がベターです。



早かった為かそれ程の混雑ではなかった。


コメント

カウンター