週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#071 -’12. 街角(ミ二)

2012年03月31日 22時22分45秒 | 街角
新宿西口で展示会が行われいた。
ミニも随分と大きくなりました。


今日の東京は嵐のような強風。
用事があり車で出掛けましたが午前中はパラパラとウインドシールドを濡らすぐらいで、校庭や畑の土の脇を通ると舞い上げていた。
早く雨が降って砂埃を収めてもらいたいと願うほどの強風。
色々の物が風に飛ばされていた。
午後になり本格的な雨になり気温は低下したものの、風は弱くなりました。

お山の天気は太平洋岸の天気に左右されます。
午後から原村も雪になったようです。
原村の五月の連休が明けるまで、雪には警戒しなければならない。
もう10年近く前になるが五月の連休に降ったことがあった。
お山は春と冬のせめぎ合いが続いている。

原村への足が遠のくと、自然と原村の記事も減ってしまう。
久遠寺のしだれ桜が見える頃に原村に行ってみたいと思っている。
コメント

#070 -’12. JTB旅物語(九州旅行一日目)

2012年03月31日 00時00分01秒 | 国内旅行
ひょんなことからJTB旅物語からパンフレット類が送られてくるようになった。0331000001
JTBの中にあってもリーズナブルな値段設定がされているブランド。
今回の九州旅行と前回の甲府の談露館で利用させていただいた。
JTBの店舗ではこの旅物語のツアー類等は販売していない。
ネットと電話に特化した為に実現した料金である。
今回の二泊三日で連休で且つ色々盛り込んでも、5万5千円程度であった。
値段の表示を安く抑える為、食事などオプションになっているものが多かったがそれらを入れて、飛行機代もこみでである。

尚且つ若くてハンサムな添乗員さんは熟年女性人には大人気だし、若い女性にも人気が有る。
嫌味なところが無く男性陣にも好印象で、爽やかで楽しい旅行になった。
ガイドさんの地元に根差した話題と、黙々とハンドルを握るドライバーにも感謝が絶えない素敵な旅であった。

第一日目を。

天気が悪くて、雨の中。
撮影は総て携帯電話です。

雨が益々強くなり最初に訪れた場所が九重夢大吊橋です。



こちらの九重夢大吊橋からの景色を見に来たくて訪れた訳ではありません。
お仕着せのツアーコースに入っていたから来たまでですが、このつり橋だけで沢山の観光客が訪れています。
既に建設費の償却もすみ通行料などは収入だそうです。
観光以外に通行の必要性の全く無い吊橋とのことですが、地元の懐を富ませています。



福岡空港に着いたときは小雨でしたが、こちらに付いた時は結構な雨脚でした。
吊橋部分からの歩行時に傘をさす事は禁止されています。
合羽を持っていない観光客はビニールの簡易合羽を売店で買うことになります。
我が家も二つほど買い求めました。



途中まで来ると偶然雨と霧が晴れて眼下の滝が一瞬だけ見ることができました。
雨も風も強いのでバスに戻ることにしました。
橋から売店方向に戻る所には、使用済みの100円の簡易合羽が捨てられていました。
資源の浪費を痛感するほど沢山ゴミ箱に捨てられていました。
ナイヤガラ瀑布に行ったとき、カナダ滝から霧の乙女号に乗ったときは頑丈な何度も使用できる青い合羽を着たのを思い出しました。
高い通行料を取るのですから使い捨てではない合羽を用意して欲しいと願ってしまいました。
因みに、エレベーターを使用して訪れるアメリカ滝は黄色の合羽を使用していました。





こちらの明礬温泉で湯の花を買ってきました。
お風呂に入れてもそれほど効果を発揮する感じではありませんでしたが、鉄分が多いのかタイルの目地が一部赤くなりました。
使用には注意書きどうり気をつけねば。











東京では団体の中国人観光客は目にしても韓国人の観光客を目にする事は殆んどありません。
韓国に近い九州では沢山の韓国人が来ていてお金を落としてくれているようです。



群馬の草津温泉などの湯の花とは大きく異なり化学の知恵で作ったものです。









宿泊する別府温泉と言えば湯量も豊富ですし地獄めぐりも有名ですが、宿泊するだけで素通りでした。

コメント

#069 -’12. 湯布院

2012年03月28日 05時48分16秒 | 国内旅行
湯布院とも由布院とも書くとガイドさんに教えてもらった。0328054816



トイレタイムを兼ねて訪れたお店です。



観光客でごった返す街中始発ではなくなり、駅前からの出発になった馬車です。



バスガイドさんが何時間あっても時間が足りないほどと言っていた湯布院。
でも、自分の想像していた湯布院のイメージと大きく異なっていた。

自分が想い描いていた所は由布院の温泉街に行けば落ち着いた素敵な街並みを呈していたのかも知れないが、自分たちが案内された所はまさに賑やかな観光地そのもの。
原宿の竹下通りや、清里の駅前周辺や一部の軽井沢の周辺のような観光地であった。
既にそのような観光地を訪れて喜ぶ歳でもないし、大人の落ち着いた本物志向の温泉街を想像していたので少しがっかりしてしまった。


由布院の金鱗湖です。
観光バスを止めるのも一苦労でした。






猫大好きな家内の事、素通りはできません。
でも何も買わずに出てきました。










由布院から黒川温泉へ・・・・。
コメント

#068 -’12. 高千穂峡(その二)

2012年03月26日 21時52分46秒 | 国内旅行
その二では高千穂峡の後半を。
高千穂らしい景観に感動です。


よくポスターなどで見かける高千穂峡の風景です。











団体旅行ですから集団行動を乱すようなことはできません。
でも、食事が終わってから30分程ありましたからボートに乗る気ならば乗れたのですが。
何故かのりませんでした。
ボートを漕ぐのも大好きなのに。








 
石橋の欄干部分の隙間から一枚。



今度、個人旅行で行ってボートに乗ってみたいものです。

コメント

#067 -’12. 高千穂峡(その一)

2012年03月25日 14時18分36秒 | 国内旅行
大学時代、2週間掛けて九州一周を行ったのも春休み。
今回も季節は同じ春。
前回の時は行くことが叶わなかった高千穂峡。
高千穂峡は今回の九州ツアーの大きな目的での一つであるが、その期待を裏切ることの無い素敵な所であった。

今回はツアーですから、JTBの旗を持ったガイドさんの後に続いての見学です。
良く観光地で見かける金魚のふん状態です。
良いガイド(女性)さん、良い(若い男性)添乗員さんに連れられて楽しいたびでした。



階段を下り出すと直ぐにこんな素敵な景色が目に飛び込んできました。
益々期待が大きくなります。



石で出来たアーチ橋が出てきたので、皆さん橋の上からパチリ、パチリと写真撮影です。
自分も橋の上から。







そのアーチ橋のしたから一枚。
石の橋は風情があります。
自然の中に有っても周りの雰囲気を損なう事無く佇んでいます。



一番奥のコンクリート製の国道に掛かるアーチ橋。
真ん中に見える県道に掛かる鉄骨のアーチ橋。
一番手前の遊歩道に掛かる石のアーチ橋。
どれを取っても個性があり素敵な景色を織り成しています。



高千穂峡の独特の景観を創り出している柱状節理です。



長崎のメガネ橋にもいきましたが、高千穂峡のダブルのアーチ橋です。



綺麗なコケに光が当たり輝いていましたが、団体行動の悲しさか。
それともカメラ撮影の技術の未熟さか。
ピントが甘くて見たほど綺麗に写っていないのが残念です。
じっくりと腰を据えて撮影してみたい被写体でした。
それでも綺麗なコケでした。



ここまではボートが来ても良いそうです。
これからボート乗り場の方に向かい。







神話の故郷・高千穂の地です。
観光客が少なければ荘厳さも増したのですが。
そんな観光客の一員でしたが。





つづく。

コメント

#066 -’12. 春めいて

2012年03月25日 13時08分29秒 | お山の日記
東京もやっと、ジャケットで良い陽気になって来ました。0325130829

小田急の前から都庁方面を望み。






デパートから帰る途中で植木屋さんに寄り道です。
春ですね。







画像は総て携帯電話にて撮影。


コメント

#065 -’12. 新宿へ

2012年03月25日 10時56分26秒 | その他
久々に車で新宿のデパートに来た。



西口地下駐車場。






基本的には電車で来るが今回は荷物運びのアッシー君です。





今回もデパ地下に出店していましたので漁場弁当をゲット。
値段的には張りますが、ウニもイクラ等のかいせ


コメント

#064 -’12. ひかりのレストラン

2012年03月25日 00時13分27秒 | 八ヶ岳ご近所の食事処・お茶処
二日目に宿泊した稲佐山観光ホテルでの夕食の代わりに、こちらの『ひかりのレストラン』で夜景を見ながら夕食を頂いた。

取りあえず画像のみ


a1



a2



a3



a4



a5



a6



a7



a8



b1



b2



b3



b4



99
コメント

#063 -’12. 稲佐山(日本三大夜景)

2012年03月24日 16時33分41秒 | 国内旅行
稲佐山にお邪魔するのは自分は二度目、家内は初めてである。
昨年六甲山にはお邪魔したし、残るは雨で夜景を見ることを中止した函館だけである。


灯りの数では完全に六甲山に負けているのに、灯りとの距離が近いこと。
反対側の灯りも下に見るだけではなく斜面を登っている為か長崎の方が綺麗に感じたから不思議だ。



今回も三脚を使用していないのでこれで限界。



九州旅行の最大の目的地である。
後は高千穂。



a4



a5



a6



a7



a8



b1



b2



b3



b4



b5



b6





コメント

#062 -’12. 街角(ショーウインド)

2012年03月24日 13時46分39秒 | 街角
矢で表現したルイヴィトンの素敵なディスプレイ。0324134639

携帯電話にて撮影。(ショ-ウインドに向かいの建物が反射で写りこんでいたのが残念。)

コメント

#061 -’12. クイーン・メリー 2

2012年03月24日 00時00分01秒 | 国内旅行
長崎で逢ったキュナード・ラインのクイーン・メリー 2です。0324000001

宿泊したのは由緒正しき温泉旅館でもないし、大型ホテルの為大浴場も混んでいるはず。
少し酔っ払ってもいるしと言うことでお風呂にも入らず寝てしまった。
喉が渇き、まだ外が暗いうちに目覚めてしまった。
朝一番にお風呂に入ってきた。

明るくなってきたのでカメラを持って部屋のベランダで長崎の港を撮影。



そうこうするうちに大型の客船が入ってきた。
ゆっくりと。
後でガイドさんに教えてもらって分かったが、韓国からの船らしい。




それから少しするとまたも大型の客船がゆっくりとタグボートに曳航されて入港したきた。
JTBのクルーズセレクションで見慣れたいるカラーリングの船体。
この濃紺に塗られた船体は!紛れも無く。




大型クルーズ専用客船は数多くあるが、白色系でなく濃紺はCUNARDの船のみである。
200ミリの望遠レンズに変えて覗いてみるとクイーン・メリー2の文字がハッキリと。



望遠レンズを通してみている為、大きい船ではあるが宿からでは驚く程大きくは思えない。
宿を出発してバスの窓から見ると巨大なこと、驚いてしまった。
(クルーズセレクションより抜粋。170年以上の歴史を誇るキュナード・ライン。
クイーン・メリー2の Ship Data 2004年就航、総トン数:約151,400トン、全長:345m、全幅:39.9m、乗客定員:2,592名。)



バスの駐車場からのクイーン・メリー2.
その巨大さが分かる。




グラーバー園の庭から。
向かいの山が前夜に食事をした稲佐山ひかりのレストランの建物。




b2




b3




b4




b5




船から観光客の人が沢山降りてきていたが、桜の満開のじきでなかったのが少し残念である。




先に入港した韓国からの船も停泊していた。





99
コメント

#060 -’12. 夕食

2012年03月23日 21時43分17秒 | 八ヶ岳ご近所の食事処・お茶処
春から秋までの中央高速では日曜日の午後は大渋滞。0323214317
しかし、まだ大渋滞の発生する観光シーズン直前である。
夕方以降、所により雪が降るとの天気予報である。
それでは、水抜きもあることだし山水楼龍淵で食事して帰ることに決定した。
お山の家にいてもする事ないし、小淵沢に下るまでの路面凍結も気になるので予定よりだいぶ早いが帰ることに決定である。

小淵沢にて夕食を摂ってから高速にのって自宅にむかった。(3月11日)

午後5時過ぎに龍淵に到着です。



いつもの餃子を。



今回は少し変えてチャーハンをお願いしました。
美味しいし、量的には二人前ありそうな位多かった。







家内は五目餡掛け焼きそばです。



6



いつも通り御代り自由の珈琲を食後に頂き、形態でネットにつないで中央高速の渋滞状況を確認してからの出発です。



由緒正しき龍淵。


画像は総て携帯電話により撮影したもの。
コメント

#059 -’12. 半日の滞在

2012年03月23日 21時37分23秒 | お山の日記
雪かきして、一休みしてから買い物に出かけた。(3月11日の出来事)0323213723

日曜日の短時間の滞在の中で今回出かけたのは一度のみ。
いつものたてしな自由農園と富士見の生協である。

富士見の生協で売られているキャトル・セゾンのシフォンケーキを買い求めが既に売り切れていた。
で今回はこちらのケーキで三時のお茶をしました。






たてしな自由農園では薪も売られていました。
一定の量の薪を測る目安になる針金の直径での販売と。
同じぐらいの量と言うことでプラテープ締めつかられて販売されたいた。
コメント

#058 -’12. 焚きつけ用

2012年03月23日 21時00分01秒 | 薪ストーブ
薪ストーブに火をつける為に以前に使用した固形アルコール燃料を買いにかっぱ橋へ。

前の時は、固形燃料を買い求める為にお邪魔したわけではない。
何かの用事で偶々通りかかった時の見つけて、買ったのが始めであった。
最近の火付けはガスボンベのバーナーを使用している。
でも、これが意外と大変である。
紙などに火を点けるのであれば簡単なのだが、細いとは言え薪に点けるとなると10分ぐらいあててなければならない。
そんなこともあり、Jマートに買い求めにお邪魔したが、今回はなかった。
そんなこともあり、またまたカッパ橋に伺った。

業務用で使用するから大量に入っている。
量が多いので管理に気をつけねばならない。
揮発性が高くて、不完全な状態で保管すると気化して燃料が細ってしまい、最後には無くなってしまう。
それでも、ホテルや宿での鍋料理に使用できるほどの燃焼力があるので火を点けて薪の下に置いておくだけで済むので大変重宝。



前回の時は時間も無かったしそれほど興味も無かったので他の店をのぞくことも無かった。
ところが今回はこの固形燃料を探す為に色々な店に入ってみた。
店舗で売られているものを見ると実に楽しい。
面白い物や素敵なものなど沢山あるではないか。



台東区のコミュニティーバスが走ってきた。



食事の席の添え物でしょうか。
小さな和凧が売られていました。
観光客の外人さんには素敵なみやげになりそうです。



そんなかっ橋の商店街でエスプレッソマシーンを見つけたので買ってみました。



お山用です。
従って、まだ使用していません。
コメント

#057 -’12. ANA

2012年03月20日 20時08分19秒 | 国内旅行
夕食も済んだし、保安検査も完了。
後は搭乗を待つのみ。
搭乗はANA。

画像は駐機していたJAL。 (携帯電話にて撮影)
コメント

カウンター