週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

§ TPP

2011年10月31日 00時00分01秒 | たわごと(少し硬派に振って)
一部の団体が反対するのは理解できなくは無い。
でも、政治家が反対するのは理解できない。
こんな政治家が居ては、間違いなく日本の将来はない。

コメント (2)

#177 -’11. 関西旅行(土曜日その二)

2011年10月30日 16時23分05秒 | その他
三宮から北野の異人館街まで。

三宮で荷物をコインロッカーに預けて、神戸の観光開始である。
観光案内のボランティアの方に聞くと、タクシーで行くほどではないとの事で教えて頂いた坂を上る入り口へ。



画像では分りにくいですが、お山の家に向かう、小淵沢から大平に向かう坂道と同じ8%の勾配の坂道です。



車止めのポールの上には萌黄の館が。
流石に神戸ですね。



坂の途中にあったスタバです。



軟弱な自分にとっては丁度よい休憩場所でした。




文化財のようです。






風見鶏の家のすぐ下まで来ました。
観光地ですね。



風見鶏の家からウロコの家に向かう途中にありましたが、階段に恐れをなしてカットです。
ご朱印帳も持参していませんでしたし。


次に向かったのはウロコの家です。
コメント

Phone 220 -’11. 枯れ葉

2011年10月30日 07時25分39秒 | お山の日記
木々の木の葉が落ちて、見晴らしが利くこと利くこと。 1030072538
今まで、見えなかった景色が良く見えるようになった。
昨夜は太陽を追うように薄いと言うか、細いと言うか、三日月直前の月が沈んで行った。
新月と同じ漆黒の闇夜のはず。
満天の星屑と思いきや、薄い雲が懸かってしまった。
これからのシーズンは星が良く見える。
次回に期待して。

画像は昨日の朝、庭に降りた霜。
葉の上についた状態がまるでクリスタルリーフのようである。
寒いくてまだ起きていません。
凛とした外気を浴びる覇気はありませ。
昨日の画像でご勘弁のほど。
今朝は曇天のため昨日ほど冷え込みはきつくない。
今は薪ストーブのみ。

コメント

Phone 219 -’11. 薪奉行

2011年10月30日 04時02分03秒 | 薪ストーブ
我が家の鍋奉行ならぬ、薪ストーブ奉行に徹している。
今は他の暖房器具を止めて、薪ストーブのみ稼動中。
昨日も朝が早かった為、10時過ぎに早々に寝てしまった。
急に眠くなってきた。
また、一眠り。
お休みなさい。
コメント

Phone 218 -’11. 磯五郎ナウ

2011年10月29日 18時46分45秒 | 八ヶ岳ご近所の食事処・お茶処
夕食時にお邪魔するのは初めて。 1029184645
殆ど満席で、お酒類を注文するお客が多い。
お魚も酒の肴も美味しいから混むのも当然か。


PCから追記。
前回はお邪魔した時はアジフライ定食で、今回はいわしセット定食を。







自分の頼んだいわし定食です。
美味しいフライと。



新鮮で美味しい、いわしの刺身です。



いわしの骨のおせんべいも届きました。



こちらは家内の注文したミックスフライ定食。



本来、デザートは付いてきませんが、今回もみかんを頂きました。
お酒を頂く方には優先的に酒と肴をだして我が家の料理が遅くなった為のようでした。
何度も気にされているのが伝わってきましたから。
コメント

Phone 217 -’11. 10時のお茶

2011年10月29日 13時02分59秒 | お山の日記
安いロールケーキとコーヒーでブレークタイムです。 1029130259
今日は快晴で行楽日和。
紅葉の名所は人出が多そうだ。

コメント

Phone 216 -’11. 所要時間

2011年10月29日 08時24分12秒 | お山の日記
4時に起きる積もりが寝坊して4時半を過ぎてしまった。1029082412
紅葉シーズンだし渋滞覚悟で5時6分に我が家を出発。
車は多いものの渋滞に遭遇せずに1時間58分後の午前7時4分に到達した。
到達直前の放送では、中央高速下りは既に3ヶ所で渋滞が始まっていた。
渋滞前に通過できて良かった。
画像は今朝のニシキギの実。





PCから追記。
渋滞に遭遇する事無く、何時もの小淵沢を下りて大平経由で鉢巻道路へ。
この時期、隣町の富士見町の銀杏の紅葉が終わりかけているように見えたので停車する事無く通過した。
翌日、帰宅する時にイチョウの下にテントが設営されて何か行われていたようだ。
この日は早朝の為に気が付かなかったのかも。
コメント

#176 -’11. ホテル有馬六彩の朝食(口コミ)

2011年10月29日 00時00分01秒 | 温泉&宿
このホテルの食事は初めてである。
昨夜の夕食はディナークルーズで済ませた為ホテルでは食べていない。
夕食を食べて見ないと、なんともいえないが今回はバイキングの朝食のみである。


a1



a2



a3



a4



a5



こちらは自分が摂ったもの。



こちらは家内。



a8



b1



b2


可も無く不可も無くといったところでしょうか。
コメント

#175 -’11. 明石浦正@神戸空港

2011年10月28日 23時55分22秒 | 八ヶ岳ご近所の食事処・お茶処
神戸空港から羽田への最終便前の夕食を摂った明石浦正です。
ネタは良いし、調理人の腕は最高。
ホテルで美味しい夕食を食する事が出来ないので、宿を予約すると同時にネットで検索してこちらの明石浦正へ予約を入れた。

雨の為、神戸観光を早めに切り上げて、神戸空港に来て見た。
本来の予約時間は6時30分であるが、1時間も早い5時30分にお邪魔してみた。
早く食事が出来無くても、空港で時間まで待機すれば由と思い、尋ねてみると、快く1時間も早い食事開始を承諾してもたった。
これだけでも、お店に対する心象が良くなる。

日本料理の真骨頂です。
姿も美しく、味も素晴らしいときています。
東京にもお店が無いのか聞いてみたが、残念ながら無いとの事。
飛行機に乗っても食べに来たいと思えるお店である。

只一つ残念だったのが、雨で外の視界が利かなかった事です。


今回予約しておいた料理は、家内も自分もディナーコースです。1028235522




店内の入った時に来店していた客は我が家のみでした。
で、店内を携帯で一枚。



前菜ですが、説明を一つづつ受けていますが、自分は右から左です。
中央にある焼き栗が、実際は一旦裏ごしした栗のみを再度、栗に成形して焼いた物のようでした。
コンデジでフラッシュを焚かずに撮影している為色が綺麗でありません。



美味しいスープです。



お造り五種盛です。
これが素材といい、板さん腕がいい事と相俟って抜群の味でした。
これだけ食べれただけでも凄いと感じてしまった。
この写真からニコンをバックから出して撮影したものです。
悪い画像では素晴らしい料理と創ってくれた料理人に申し訳ないと思ってのことです。



フラッシュを焚いていない為色が出ていないのが残念です。



ネタが良く。



味が良く。



視覚的にも美しい。
キャビアがトッピングされた一品も。



私も勿論生ビールです。



晴れて視界が利くとき再度訪れてみたいお店です。



素晴らしいサラダです。
味も抜群です。



説明を受けたのみ右から左で申し訳なく思いますが、アップした画像で凄く手が混んで居る事が見て取れます。




あまりに美しいので黒御影石に写った物を一枚。



火山岩が焼かれて出た来ました。
その熱々の石の上で美味しい牛スティーキを自分自身で焼き、三種類の薬味で食しました。
お土産にも買った神戸牛だと思います。



好きな握りを聞かれましたが、お任せしました。
本日の一番美味しいネタで握ってくれました。



どの一品をとっても。



どのにぎりをとっても。



素材の良さと板さんの腕により最高のできばえです。







c5




最後のデザートですが、こちらのみどうしても美しい赤を出したくてフラッシュをたかさ
せていただきました。



二杯目の生ビールを頂きました。

最高の晩餐でした。
電話で予約した時、ネットに載っていないもっと上のコースがある旨の話があったそうです。
正確に判断できる情報を持ち合わせていない家内は、ネットに記載されているコースをお願い下との事。
いつか、上のコースを食べに行ってみたい。


情報;明石浦正神戸空港店
   078-303-3545
   今回お願いした料理は家内も自分もディナーコースです。@7,350円×2
   生ビール(中) @700×2




コメント

#174 -’11. 関西旅行(土曜日その一)

2011年10月28日 23時04分48秒 | その他
観光二日目、宿から三宮までの出来事を。

朝食後、宿を発って本日の観光のはじまり。
関東近辺であれば車であるが、今回は宿の送迎車でバスターミナルへ。
観光名所が目白押しの神戸。
何時もの如く、朝食を食べて少し休んで宿を発った。
9時少し過ぎにパスターミナルについてみると、神戸市内の直通バスは出発したばかり。
電車なら15分おきぐらいに出ているとの事で、有馬温泉の駅に向かった。


秀吉所縁の温泉と言うことでねねの像が。



こちらの橋はそのものづばりで太閤橋。






近い距離なのに少し迷いながら駅に着いたは良いけれど、どこまで行けば良いのか行き先がトンと分らない。
表示板に書かれた駅を見ても何処へ行くべきなのか自分の事なのに分らない。
で、家内に駅員さんに尋ねてもらうと丁寧に自動券売機のところで何処のボタンを押せばいいかまで指導してくれた。
向かうは三宮。
ここから一駅乗って有馬口駅へ。
その先、教えて頂いた駅で乗り換えると、直ぐに地下に入ってしまった。
地下鉄直通であった。
神戸は街自体が小さいというか、海岸と山までの間がそれ程なく、地方色豊かな田舎から街の中心まですぐであった。
料金は結構たかかった。

昨日のタクシーの運転手さんとの会話
タクシーにお客さんを乗せて走ってくると、有馬口の駅が見え通り越してその先有馬温泉に向かうとお客から「運転士さん、道を間違えていませんか?」と、有馬口の所は少し小さな街で人家があるが、どんどん山の中に入ってしまい、温泉らしき景色が全く無くなる。
その為、お客がしびれを切らせて聞いてくるらしい。



三宮に到着して観光案内所で神戸市内の神戸待ちめぐり1dayクーポンを購入。

駅のロッカーに荷物を預けて、身軽になって観光の開始である。
地理関係が不案内なためロッカーの場所を覚えては居たが、荷物を取りにロッカーへたどりつくまで難儀してしまった。

駅前の観光ボランティアさんに異人館に行く行き方を尋ねると丁重に教えてくれた。
タクシーの運転手さんも言ってました。
「神戸の人は親切で、口頭での説明ではなく案内してくれる。」と。
関西はこの茶色の車両を良く見かけた。



神戸ですね。
記念に神戸のマンホールの蓋を。



こちらは消火栓の蓋を。
コメント

#173 -’11. 掬星台@摩耶山展望台

2011年10月28日 22時04分00秒 | その他
摩耶さんの展望台・掬星台展望台です。
1000万ドルの夜景です。
ここ掬星台は日本三大夜景の一つだそうです。
他の二箇所は既に行っている。
長崎県の稲佐山、函館山からの函館市内眺望する。
函館はアメの為綺麗に夜景を見ることが出来なかった。
いつかリベンジしてみたいものである。

本来こちらの摩耶山の掬星台展望台は予定外であったが、夜景の素晴らしさに感動している私達を見て運転手さんが片道20分以上遠回りになるのもいとわずに行ってくれた。


この看板のところで下車して、車はこの看板の左手上のホテルの駐車場へと回送しに行ってくれた。
その間、LEDのランプを預かり、戻ってくるのを待っていた。
この看板の右手奥の所から奥は車両進入禁止である。
車を降りてここからは、街頭の無い真っ暗な道を徒歩で行くことになったが、明るいランプを照らしてくれる心遣い。
感謝感謝である。



霧が出たり雲で見えなくなるのではと気にされていた運転手さん。
優しい願いが通り、素晴らしい夜景を見ることが出来た。













後は有馬六彩に戻るだけである。
裏六甲を通り六彩に向かった。
有馬温泉に着くと、ミシュランに掲載された宿があるとの事で案内された。
そんな宿があること自体知らなかった。
そもそも関西は疎いけど。
その名は、『御所別墅』(ごしょべっしょ)です。
いつか泊まってみたい。

コメント

#172 -’11. 鉢巻展望台からの夜景

2011年10月28日 00時00分01秒 | その他
六甲山の鉢巻展望台からの夜景です。1028000001
夜景の名所の神戸でも素晴らしい展望台。


次の二枚写真は、六甲山のとっつきの橋の上からの撮影です。
未だこちらは鉢巻展望台より標高がだいぶ低いようだ。



六甲へ向かうわき道の橋の上から。



ここからが鉢巻展望台の写真です。



標高も高くなり、夜の神戸の街が綺麗に見える。



美しい夜景の見える展望台です。
夜景に限らず、人工物や木立に邪魔されずに遠くが見通せる場所が大好きな自分にとっては最高の場所です。




独り言、昨日嬉しいことがあった。原村のエコポイントの商品券が送られて来た。
でも、全ポイントが商品券に変わるのではないようだ。一万弱減額されていた。
手数料と言うべきののか。
前回、東京でも北の窓のみインプラスで二重サッシにした時に頂いたエコポイントも減額されていたっけ。
コメント

#171 -’11. ディナークルーズ@神戸

2011年10月27日 22時20分57秒 | 八ヶ岳ご近所の食事処・お茶処
今回のメインイベントの神戸のディナークルーズです。
8月にクラブツーリズムに予約したのと同じクルーズ船コンチェルトです。
8月の時はキャンセルする人が出る事無く、このときの旅行は不発に終わってしまった。

この日も自分達の階とは異なる所でクラブツーリズムのパッチを付けた人たちが乗っていたから、今でもこのツアーはあるようだ。


最近、レストランでも、宿でも個人で予約するより、旅行社や何がしのクラブのコンシェルジュ等を通したほうが待遇が良い様に感じる。
個人での注文は言ってみれば一見さんですが、旅行社などは大切な後に繋がる関係です。今回はホテルを通しての予約ですから、無碍な扱いは出来ないのかもしれません。
で、今回はチケット交換時に指定席ですと言われました。
一番前の良い席でした。
小田急ロマンスカーの先頭車両の先頭の席と同じです。




コース自体は中華のバイキングですから特別なものではありません。




ピアノ演奏で、誕生日の方が居たみたいでした。
同席の方達から拍手の祝福とピアノの伴奏がお祝いに色を添えています。




何時も家内に運んでもらってしまい、感謝感謝です。














こちらは家内の注文したプラム酒のソーダ割りです。
勿論、殆んど私に廻ってきました。




自分はビールを二杯ほど頂きました。
飲み物は別料金です。




杏仁豆腐かと思いましたが、フルーツの無いポンチ風でした。


ピアノの引き手も少し可愛そうな感じでした。
会話に弾み、音楽に耳を傾けている人は皆無だったような気が。

情報:ディナークルーズ船 コンチェルト
   078-360-5600 予約センター

我が家が予約したものは、ホテルのナイトクルーズ付きのものでしたが。
コンチェルトのHP上からだと、中華バイキング @5,300円x2と乗船料 @2,100円×2です。
コメント

#170 -’11. 空中庭園展望台

2011年10月26日 22時32分39秒 | その他
新梅田シティーの空中庭園展望台です。1026223239
伊丹空港から有馬へ直行せずに、大阪に着陸したので寄って見た。
事前のリサーチもなしに。


再開発した街のようだ。
名前も新梅田シティと今風である。




エレベーターに乗り上層階へ。
空中庭園に行く最後はこの長いエスカレーターである。
エスカレーターで思い出したが、立ち止まる人と歩く人の立つ位置が関東を反対である。
関東では歩く人は右側、立ち止まる人は左側であるが、関西では反対であった。







視界が利けばこの先の方向に明石海峡大橋が見えるようだ。
バックを持って見物していると、他の見物している関西訛りの方から「明石海峡大橋はどちらにみえるのですか?」と尋ねられたのである。
どう見ても旅行者に見える風体をしていると思えるのだが。
その問いかけで、ここから明石海峡大橋が見える事を知って、探してしまった。



椅子に座って淀川方面を。
この1階上にも回廊があるようだ。
家内が先に行ってみたきた。



屋上の回廊からの眺めは最高である。
夜間に訪れれば、街の明りも美しそうである。



開発の槌音が。




恋人達の聖地か、ルミ・スカイ・ウォーク&ルミ・デッキ。




コメント

#169 -’11. 燦宮@梅田

2011年10月26日 22時06分34秒 | 八ヶ岳ご近所の食事処・お茶処
お山の周辺ではありません。
食い倒れの街の大阪の中華レストランです。

入り口は少し仰々しいですが、喫煙と禁煙が完全に分離されていました。
感心しました。




店のある場所からしても、入り口の雰囲気からしてももう少し高そうに思えましたが、想像した料金の半値でした。
ランチ類は1,000円です。
自分は日替わりランチを。
家内は、一番右の女性限定メニューの慧琳です。



スープは自分にも家内にも。



自分の選択した金曜日の日替わりには、チョイスメニューで、酢豚か芝海老入り玉子焼きの一方と言うことで、自分は酢豚を選択です。



家内の選択したメニューですが、女性のみの限定です。
美味しそうです。








自分の大好きな物が入っていました。
家内から半分廻ってきました。


流石に大阪です。
安いし、美味いし、大阪に寄った価値のあるランチでした。


情報:中華料理 燦宮
   大阪市北区大淀中1−1 梅田スカイビル39階
   TEL 06-6440-3889
 
   自分の注文したもの  日替わりランチ 1,000円

   家内の注文したもの  慧琳      1,000円
コメント

カウンター