週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#231 -’16. 歩数稼ぎの散歩(8月16日の散歩)

2016年08月19日 10時45分34秒 | 日常の出来事(日記)
こちらに居ると意識して散歩しないと歩数が稼げない。
この日は意識して少し歩いてみた。
ママチャリでは良く来るが歩いてくることは滅多にない。
行きつけのセルフのガソリンスダンドが途中にあるのでしょっちゅう通るが散歩では何故かこちら方面に来ることが少ない。
歩道が有るとはいえ大通りを散歩するのも気が進まないからかもしれない。

この日は暑かったが、日影を求めながら散歩してみた。


既に、蝉にとっては夏の終わりでしょうか。
ツクツクボウシも鳴きだしているし、蝉の抜け殻より蝉の死骸を見る事の方が多くなって来た。

大好きな風景。


サルスベリです。


次の時代に命を繋いだのでしょうか。


長い期間地中で生活し、短い地上での活動の為。


抜け殻です。


小学生位の子供たちがサッカーの練習です。


こちらは、女子大生がラクロスの練習か試合後です。

総てガラケーにて撮影です。


オリンピック
〇 色々の競技でメダルを獲得している。
嬉しい限りです。
メダルが取れなくても、心身を鍛錬して競技に臨んだアスリートに栄光あれと祈ります。
コメント (4)

#216 -’16. 蝉の鳴き声を聞きつつ本日の雑感

2016年08月06日 20時02分59秒 | 日常の出来事(日記)
〇 蝉しぐれと言う言葉がありますが、最近はアブラゼミとミンミンゼミが7対3程度の割合で鳴き声を聞く感じです。
ウキペディアでミンミンゼミを調べるとアブラゼミやクマゼミより暑さに弱いと書かれている。
てっきり、最近の温暖化に伴う夏の高温化により東京でもミンミンゼミの鳴き声を聞くようになったと思っていた。
なのに暑さに弱いとは不思議な感じがしないでもない。

虫取り網を持って蝉や虫を追いかけていた子供の頃は、アブラゼミとニイニイゼミそして晩夏のツクツクボウシだった。
ツクツクボウシのみ羽が透明で透き通っているので、捕まえる事が出来るとうれしかった。
昆虫図鑑などでミンミンゼミやクマゼミの姿とみてその羽の美しさで捕まえて見たいと思っていたものである。
でも、子供の頃は東京にはミンミンゼミもクマゼミも全くいなかった。

今では虫取り網を持って麦わら帽子をかぶり虫かごを斜め掛けにして歩いている昔の自分の子供の頃が懐かしい。
そんな遊びをしている現在の子供は勿論いない。
自然に親しむ雰囲気が薄れたのかもしれない。
反対に自分で捕獲するのではなく、日本に生息して居ない外来のオオクワガタなど希少価値を買い求めている。
日本にいない昆虫が入ってくることも問題だとおもうのだが。
散歩で蝉の声を聴きながらこんな事を思ってしまった。

〇 以前に小学校の校庭が芝生に覆われていると言う話をアップしましたが、何と今日は散水機で自動的に水が撒かれていました。
散水し終わると下がっていきました。
誰かがスイッチを操作しているのでしょうが。
でも、進歩したと言うか無駄と言うか時代の変化を感じます。

〇 先日、家内がネットで絵本を注文して孫に本を送りました。
勿論、一歳の誕生日が過ぎたばかりですが。
親が読み聞かせて、コミニュケーションを図る事が大切ですから。
贈ったのは、我が家の息子達も読み聞かされて育った二冊と、もっと幼い子供用です。
より幼児向きの: だれだれだあれ と ぴよちゃんのおやすみなさい

我が家でも読み聞かせた絵本: 100万回生きたねこ と ぐりとぐら です。

年齢にも影響を受けますが、贈った中で今一番のお気に入りは『だれだれだあれ』との事でした。
本に親しみ感受性豊かな子供に育ってほしい。
コメント (5)

#209 -’16. さるすべり(猿滑)

2016年07月27日 10時17分32秒 | 日常の出来事(日記)
ここ1ヶ月連日、暑さにかこつけて室内でネットサーフィンにかまけて散歩をおざなりにしていた。
(因みにfitbitに設定してある一日の歩数の目標は1万歩です。)
そんな私を見かねて家内が「もう一度お風呂に入りに行くだけでも良いからジムに行った方が良いのでは!」との事。
運動不足を気にしてくれている。
でも、時間が無駄。
お金が無駄。
など、色々気になり退会してしまったのである。
しかし、このところのテロなど心配事が沢山ある。
なので、海外旅行の予定を組んでいないからジムに行く気ならいけるのである。

そんな家内の提案に奮起して:
昨日、今日と一万歩を越えて散歩して来た。
下の画像は最近良く見かけるようになった『さるすべり』です。
最近と言うとここ数年の感じがしますが、自分的には街路樹などで見かけるようになって5~6年経つでしょうか。
夏の暑い時期に庭木として、また街路樹としてピンクや白い花をつけているさるすべりを良く見かけるようになった。

さるすべりを調べたら漢字では百日紅と書く事をしった。
てっきり幹の樹皮がはがれた如くツルツルなので、猿も滑って登れない木。
即ち、さるすべりと命名されていたのだとおもっていた。20160725194127

幼い頃のサルスベリとの出会いと言うか、只の回想です
サルスベリ(百日紅・猿滑)で思い出す回想です。

私の記憶の中ではサルスベリは豪邸での庭木と思っていた。
最初にサルスベリと出会ったのが子供の頃である。
都内と言っても今の様に素敵な家ばかりでは無く、貧しい家もお大尽の家も所々に入り混じっている。
貧しい家と言っても戦後、懸命に生活している姿そのものである。
そんな中に在って、地域的な棲み分けがなされて居なかったのか、生まれ育ったところでも10軒に一軒程度豪邸があった。
貧しい庶民の家といえども、敷地は50坪をゆうに超える敷地が普通であった。
庭には木々が生い茂り、貧しいながらま庭に花も咲いていた。
そんな庶民の生活とかけ離れたお大尽が混じっているのである。
子供であるから、トヨタ、ダットサンなど国産車が有るのか記憶は定かではない。
でも、(医師など)小金持ちはヒルマンやオースチンの自家用車を所有していた。
タクシーはVWのビートルに感じが似たルノーが定番であった。
そんな中にあってお大尽はアメ車のシボレーからキャデラック至るまでの豪華車に乗る大金持ちもいたのである。
そんなお大尽の家には女中さんがいて、家事を取り仕切ていた。
女中さん(途中から差別用語だとして、お手伝いさんに呼称がかわった。)が複数いたし、庶民のお宅でも高卒の女性は家事手伝いと言う事で仕事に就かず、自宅で花嫁修業をしていた。
料理は自宅で母から、お花、お茶、お琴などは免許を持った師匠から教えをこうたのである。
恋愛より、見合いの為の肩書きを増やすためのものだ。
今では考えられない長閑な時代だったのかもしれいな。

サルスベリから逸れてしまったが、そんな大金持ちのお大尽の庭には庭師が入り定期的に草木を整えていらのである。
そのお大尽の家に巨木のサルスベリがあった。
樹形も銀杏や欅などのように真っ直ぐではなく、松の盆栽が大きな庭木になった如くなのである。
花に興味が無かった餓鬼の自分であるが、そのサルスベリの樹形とツルツルの樹皮には感動すら覚えた。
今の子供たちと違い、自宅にも近所にも木は沢山ある。
木は登る物と思っていたし、蝉取りから始まり虫取りまでなんでも行った戦後世代である。
サルスベリのツルツルの樹皮では確かに猿でも滑ると思ったのが偽らざる気持ちである。

そんな記憶も遠くなり、最近になって街路樹で見かけるようになり、過去の記憶が呼び戻されたのである。
サルスベリ = 豪華なお宅の庭木、との図式である。
街路樹で見かけると、結構各お宅でもサルスベリの花を見かけるようになった。
この時期、木の花としては最高に良いかも。
過去の記憶を脳裏の深いそこに仕舞い込まれて居た記憶を瞬時にフィードバックしてくれた。

自分にとっては、懐かしい素敵な木であり、花であるサルスベリ。




スマホ画像です。


7月27日記載の近況です。

〇 里から高原に向かうカッコウがご近所に住みついてしまったのか、連日鳴き声を聞く。
カッコウの声を聴くと原村が思い出される。

〇 日・月曜日と歩数を飛躍的伸ばした。
月曜日はご近所の散歩だけで17000歩を越えた、散歩だけで稼いだ歩数にしては新記録です。

〇 車の定期整備が近づいてきたので、このところ遠足に出かけてしまった車のキーをお願いしようと思った。
その内、出てくることは間違い無いのだが、どうせならと思い問い合わせして驚いた。
電気信号で施錠・開錠が出来るとしても、キー1本で三万円を越えてしまうとの事。
外車では有るまいに、高がトヨタ車なのに。
他の方のトヨタ車利用の方に対する意見ではありません。念の為。
キーの注文を諦めて、遠足から帰る事を待つことにした。

〇 相模原で残虐な殺人事件が発生した。
殺された方の人数にも驚かされるが、犯人の弱者に対する確信的な犯意に対しても驚愕を覚える。
犯人のその犯意の成立過程の解明が次の事件を防ぐのかもしれない。
亡く成られた方に哀悼の意を表します。

〇 東京都知事の選挙が迫ってきた。
このところの都知事にはガッカリする。
美濃部さん、石原さん、猪瀬さん、舛添さんと、一度は応援したのに皆さん裏切られてきた。
今度は裏切らない人が選ばれると良いのだが。
コメント (2)

#205 -’16. 目黒雅叙園 アートイルミネーション「和のあかり×百段階段」スマホ版

2016年07月20日 12時17分16秒 | 日常の出来事(日記)
今朝、食事が終わってから目黒雅叙園で「和のあかり×百段階段」のイベントに「行く?」との問いに直ぐに「行くと」返事した。
いつも金魚のフンで付いて行くのが自分の流儀です。
家内はいつもの如く情報を持っているのに驚かされる。

和のあかり×百段段階にお邪魔しています。
スマホで目黒雅叙園のフリーWi-Fiからのアップ。













コメント (3)

#200 -’16. 桃を持参してお出かけです。

2016年07月14日 21時23分37秒 | 日常の出来事(日記)
昨日、新府で買い求めた桃をもってお出かけです。

出掛けた先は孫の所です。

では、その道すがら停車時に自分がスマホで撮影した画像をアップします。

家内は助手席ですが、写真など撮影しません。

観光ではありませんが、車窓からの都内のスマホ画像をアップします


左手は皇居で走っているのは内堀通りです。
右から来ている車は青山どおりからで、内堀通りはお濠に沿って左折していきます。
画面に映る正面の先は霞が関方面でその先は新橋方面です。
KIMG1593


日比谷交差点です。
正面明るい茶色のビルが息子が結婚式を挙げたザ・ぺニンシュラ東京です。
左右の道は国道一号です。
写ってはいませんが、左手は日比谷壕で右手は日比谷公園です。
KIMG1595



日比谷交差点での停車が長いので右を向いて日比谷公園を一枚ぱちりと。
KIMG1596



新しく建て替えられた水天宮です。
信号が変わりそうなので少し慌てて一枚。
KIMG1597



証券取引所です。
数日の値上がりで、含み損が少なりなりました。
でも、大幅な含み損に変わりありません。
KIMG1599



我が家への帰り道です。
大手門を正面にみてパレスホテルの所を左折して皇居前広場を眺めつつ走行です。
KIMG1600



電波塔の見える所が桜田商事です。
俗に警視庁と言う人もいるようですが。
KIMG1601



左手脇に見えるのがムジナの住む所です。
以前は正面を右折して、赤坂見附の交差点を抜けたものでした。
KIMG1602



リベラルな判決を下して欲しいものです。
KIMG1603


甲州街道と新宿駅正面の新宿通りの分岐点です。
KIMG1604


大ガードに向かう靖国通りです。
靖国神社は後ろですが。
KIMG1606
コメント

#148 -’16. 自画自賛

2016年05月10日 13時26分19秒 | 日常の出来事(日記)
我が家の敷地から道路側に伸びているツルバラを切り採った。
大輪なので花が重いうえに雨粒の御蔭て垂れ下がってくる。
通行人に迷惑を掛けてはいけないので沢山伐採した。

我が家のバラはバラらしいバラなので大好きだ。
新種でも気を足らう姿ではない。
いたってオーソドックスな種類である。
KIMG 0293

ほんの只の自己満足です。


こちらも我が家のジャーマンアイリスです。
KIMG 0294
コメント

#145 -’16. チョト用事があって。

2016年05月06日 16時16分23秒 | 日常の出来事(日記)
来週に迫った外貨の準備、その他の雑用で新宿へ。

一件用事を済ませて、いつもは通らない道を通り新宿方面を望み。
一枚です。


第一庁舎、第二庁舎と俗に第三庁舎と揶揄される方向を望み。

撮影した場所は此処から南西の方向にスマホそ向けた撮影です。






ポンドはついでのようじですが、いちどきに済ませてきました。
トランスファーを除き初めての英国です。
肖像はエリザベス二世女王です。



裏にはハチドリが印刷されているのに驚きました。
ハチドリの生息域は南米だと思っていたので驚きです。
何か謂れが有る筈ですから、その意味を知りたくなりました。

南米で沢山のハチドリを見ましたが、餌付けされたものなので少しガッカリしたのを覚えています。




バスタですが、利用する事は無いと思い寄らずに写真を一枚だけとりました。

バスタの位置はこちらです。



こちらは昨夜の菖蒲湯の残骸です。
コメント

#138 -’16. 迎賓館&和風別館・游心亭を見学

2016年04月28日 12時25分56秒 | 日常の出来事(日記)
雨の中、家内と迎賓館に来ました。
目的は、勿論言わずもがなの迎賓館の和風別館の游心亭を見学する為です。
前回の迎賓館見学は事前登録しての迎賓館内の見学でした。
今は迎賓館の本館内見学は事前登録をしても、しなくても入館して見学できるようになりました。
日本も大きくかわりました。
撮影は総て、スマホにて撮った物です。20160428122556

迎賓館の入館&和風別館(游心亭)の事前登録の必要な入館方法の案内はこちらです。


游心亭です。
和風別館・游心亭はネットでの事前登録が必要で、警備の方それに案内・説明してくれる先導の方が付き一度に20名の観覧者限定での催しです。
時間を区切られて入場・観覧しますから一日に入れる人も限られるのも致し方ありません。
因みに、120名/一日だそうです。
家内がネットで見つけ、運良く迎賓館赤坂離宮の和風別館(游心亭)にお邪魔する事ができました。
その報告です。




昨年の訪問時には本館の入場も事前登録など色々の制約がありましたが、今は正門の右手、学習院初等科側の角の所で入館のチケットらしきものを配布しているようでした。
係員に直接、西門に行くように言われましたのでどのような手続きが有ったのかは定かではありません。

入館許可を頂いたメールをプリントアウトして持参しまいた。
身分を証明する書類(免許証など)を提示して、パソコンで照合して頂いたのがこちらの五七の桐の紋章のバッチです。
水戸の隠居の印籠ではありませんが、和風別館・游心亭に入る事の出来る目印です。
胸に付けて下さいとのこと。
前回は本館に入るだけでもこのエンブレムを付けましたが、今回本館に入る人は付けていませんでした。
料金、1500円をお支払い事務手続き終了です。



雨の中、傘をさしての列はセキュリテイテェックを受ける為のものです。
我が家はその脇でPCでの手続き完了後、係員の案内で列の前方部分に入れてもらいました。
割り込むとき、担当者が後ろの方に許諾を求めて入りました。
集合時間が有りますので、大変助かりました。



本館内は前回に入っているので、和風別館・游心亭の集合場所の確認の為もあり噴水の有る庭を見学して本館はショートカットした。
游心亭見学後に本館に入れる事も可能なのです。



a4



a5



a6



こちらの画像は、集合して担当者に誘導されて和風別館・游心亭に向かう途中からの迎賓館本館を顧みて一枚。



赤坂離宮即ち迎賓館の敷地内には三本の記念植樹があります。
その内の二本は前回の訪問で見た、アメリカ合衆国のフォード大統領&ソビエト連邦のゴルバチョフ首相のものでした。
三本目のグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)通称イギリスのエリザベス二世が植樹した物である。
しかし、どこにあるのか知らなかった。
游心亭に向かう途中からでないと見る事が出来ないのである。



タラー!和風別館・游心亭です。
雨が降る中での池。また、これは風情があって、おつな物です。



和風別館・游心亭の外見は撮影可能ですが、内部は撮影不可です。
説明のパンフレットを頂いていますので、後日時間が有ればアップします。



b2



b3



b4



懇切丁寧な説明を受けて和風別館の見学を完了しました。



こちら側は即ち本館前庭部分は何の制約も受けづにはいれます。
その為、本館見学などの場所に戻る事はできません。
外部に出た形になります。



b7



雨に煙る正門です。



通路が決められているので噴水脇に行く事がかなわない。



振り返り、赤坂離宮こと迎賓館を望み。



c2



c3



迎賓館正門の右側は前庭部分から退出する門で、左手が入場する門です。
素敵な迎賓館前庭に入れます。








四ツ谷に戻る途中で出会った小学生。
学習院初等科の多分ピカピカの一年生が歩いていました。
ビシット決めたスーツ姿の親御さんが付いていました。
慣れる迄の送り迎えでしょうか。
私の幼い頃と変わる事の無い私立学校の登下校の風景です。
幼児語のと言っているのでしょうか。
画像と記事は関係ありません。念の為。


写真は総てスマホにて撮影したもの。
コメント

#133 -’16. 今日の散歩

2016年04月25日 15時51分06秒 | 日常の出来事(日記)
特段吉祥寺に用事がある訳では無いが、二点ほど用事を済ませてきた。

散歩がてら行って来た。

立山から帰って来てから、散歩らしい散歩していない。

陽気につられて歩数を伸ばして来た。

午後にディーラーにドライブレコーダーの予約を入れてあった。

取り付け完了して3時のお茶に間に合った。

auの販売店を出て一枚。



ディーラーで作業待ちでfitbit を一枚。
この時点で一万歩を越えている。
嬉しいかな。


iPod で今一番聴いているABBA です。
コメント

#124 -16. 今日の散歩(4月14日)

2016年04月14日 18時02分08秒 | 日常の出来事(日記)
今日の散歩は一時間強で意識的に早足で歩いて来た。
運動した後は牛乳など蛋白質を補充して筋肉の再生を図る事との鉄則を踏まえて帰宅するなり牛乳を頂いた。

朝起きると直ぐに付けるようにしている活動量計のfitbitに依る現在の歩数は9,591歩です。(5:44pm)
本日も一万歩達成間違いなしです。
今日は徒歩だが CANMOREGPSを持参した。
本来はバイク(自転車)用に買ったが、徒歩でも使用出来る。
散歩の時手に持って地面に対して平行になるようにした。
首からぶら下げることも出来るが、前後左右に揺れると正確な速度が計測できない。
fitbitもGPSも運動する事の楽しみにつながる。
帰宅後にパソコンにデータを取り込み、速度は勿論高度も時間その他諸々の事がデータとして記録される。
歩いた所の地図もGoogleマップ上に表示される。
賢い CANMORE GPS です。
見るだけでも楽しめて運動する事の動機付けになる。

今日、見かけた鳥はムクドリだけだったが、ハナミズキの花が咲き出した。
白い花と赤い花。
サクラが散りハナミズキに移行していく時の流れを感じる。
コメント

#121 -’16. 今日のお花見(4月6日)@小金井公園

2016年04月06日 12時08分38秒 | 日常の出来事(日記)
家内から小金井公園に行こうとの提案があった。
それでは混みだす前にと言う事でガソリンスタンドに寄って、五日市街道を通って都立小金井公園にむかった。
既にネットで駐車料金を調べている家内でした。
以前は日本で一番会員権が高いと言われていたゴルフ場が今も隣にあります。




久々の五日市街道を通り小金井公園へ。



駐車場周辺にそれ程桜の木が多くは無かったので、桜は咲き終わってしまったかと。
地面に沢山の花びらが落ちている。
遅かったかもとの予感がよぎる。



自分は駐車場の入り口に近い所に止めた。
でも、奥の方が桜の木が多い所の駐車場に沢山の車が止まっていた。
知っている人は知っているのだと痛感した。



公園自体が広いからそれ程人が多くない。
土日は凄かったかも。



5



桜の木が多くなって来ると人も多くなって来た。



都立小金井公園自体は無料ですが、先に見える江戸東京たてもの園は有料です。



満開の桜を堪能です。



9



10



11




SL広場です。
近くに行きませんでしたのが遠くから。



13



ほんの数ミリの可憐な花なのに何でこんな名前を付けたのやら。



15



北の丸の日本武道館の脇の牛ヶ淵のお濠の斜面に桜の時期にはいつも一緒に咲いていた菜の花。
菜の花と桜はいつも同じ時期に咲く。
コメント

#119 -’16. 今日の散歩

2016年04月04日 15時06分39秒 | 日常の出来事(日記)
雨も上がったので、午後から少し散歩して来た。
近所の色々なサクラはほとんど満開になった。











全てスマホにてアップ
コメント

#117 -’16. 4月2日の日記

2016年04月02日 15時47分12秒 | 日常の出来事(日記)
皇居乾通りの一般公開も日程が伸びる程、気象庁の開花宣言が出てから満開になるまで日日が掛かっている。
嬉しい事なのかも、今年の秋と来春の一般公開が無いとの事であるから、坂下門から皇居に入れるのは二年後になってしまうのだから。

今日は花曇りです。
昼食を済ませてからご近所を散歩して来た。
ご近所の公園では桜の木の下で花見の会が開かれてサクラを愛でていた。

自分は10000歩を目指して歩いてきた。
時間が短かったので、今現在で8800歩である。
三時のおやつでお団子とおはぎを頂いたので、もう一度散歩に行こうか思案中です。

画像は途中で出会った鳥ですが、スマホとiPodしか持っていなかった。
スマホで撮れたのはキジバトとムクドリです。
歩道の所に植えられている木の根元の先にもう一羽ギジバトが居ますがわかりますか。
何分にもピントも合っていませんから難しいかもです。


番いでしょうか、仲良く餌を啄みながら歩いていました。



20羽程度で群れていたムクドリです。
ムクドリも地上の餌を探しながら歩いていますから、撮影は至って簡単です。



桜の開花するこの時期は、蜜を啄むメジロもヒヨドリも撮影が簡単な野鳥ですが、用心深い鶯は難しい。

追記、午後6時20分。
熱帯魚の水草を買いに歩いて行ってきました。
その先の焼き鳥やさんとの合計で10000歩を目出度くこえました。
今は、11190歩です。目出度し目出度しです。
ほんの只の自己満足ですが。
その自己満足が凄く大切なんです。
自分の心に充実感を与えてくれ、そよ風が通り抜けて行くように心を癒してくれますです。Hi!
コメント (2)

#116 -’16. お花見が目的ではありません

2016年04月01日 14時18分40秒 | 日常の出来事(日記)
お彼岸にお墓参りに行けませんでしたので、今回は遅くなりましたが本日行ってきました。
霊園前でお花を買って、箒とバケツと柄杓借りてお線香を手向けてきました。
ついでにお花見も少しだけしてきました。

車で入れる所からほんの100メートル強程度ですから直ぐです。



今回はお彼岸ではないので、借りたバケツ、箒、柄杓を正門前のお店に返しにきました。
彼岸の時期は水場に置いて行っても良いのですが、今の時期は返さねばなりません。
正門まで歩いて(300メートル程度)返却してついでに少しだけ遠回りして桜を見てきました。
















ここまでが霊園内の画像です。


お彼岸の時期ですと、渋滞を嫌い朝一番に行くのですが突然お墓参りに行く事に決定です。
道は何処も混んでいましたが大渋滞と言う程ではありませんでした。
お昼は回転寿司で頂きました。
コメント

#115 -’16. サクラをめでにお散歩

2016年03月31日 15時15分01秒 | 日常の出来事(日記)
例年だと葉桜になってから桜まつりの日に成る事が多かった。
でも、今年は東京の開花宣言が出てから少し寒い日が続いたのでお祭りの日も美しい桜を堪能する事が出来そうだ。
良かった、良かった。















家内が注文したのは左のバニラで、自分が注文したのは右の抹茶です。


途中の民芸で甘い物を頂いて、帰り着いたのが午後2時半過ぎでした。
〆て二時間半の家内とのお散歩でした。








コメント

カウンター