週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#248 -’16. 強烈な香と言うか匂いで

2016年09月28日 17時35分08秒 | 日常の出来事(日記)
今日は10月の旅行の為にJRみどりの窓口へ。

用事が済んだ後の写真です。

金木犀が咲き、遠くからでもその強い香りでその存在を誇示して居ます。


駅前のロータリーにも彼岸花が咲いていた。


こちらは公園の彼岸花です。
殆ど咲き終わっている中でも今を盛りに綺麗に咲いていたので一枚撮影です。


画像は総てスマホにて撮影です。

家に帰り着いた時は既に一万歩を達成です。
このところ歩数も全く伸びていなかったので、今日は少し頑張ったかも。
暑かったけど朝一番に出かけて良かった。
午後から時々雨が降りだしてきた。
コメント (2)

#246 -’16. お墓参り(9月26日)

2016年09月26日 13時25分02秒 | 日常の出来事(日記)
暑さ寒さも彼岸までと言われますが、めっきり涼しくなりました。
時期的な要因と言うより、秋の前線が停滞して且つ台風の襲来です。
天候不順で太陽も拝めず、気温が低下するのも当たり前です。
それでも涼しくなるのは有り難いですが、お日様が出て来ないのにはガッカリです。

晴れ間を狙ってお墓参りに今朝行って来ました。
既に、彼岸は昨日までで終わっていますが、お墓参りに優劣は有りません。

直ぐ脇には彼岸花も綺麗に咲いていました。


秋の長雨の為でしょうか、大きなキノコが出ていました。


秋ですね。
木の実(きのみではありません、勿論このみです。)



霊園内の交差点です。
時計回りの一方通行です。
早い話英語で言う所のラウンドアバウトです。
神宮外苑の大きな外周路もある意味ラウンドアバウトです。
最近出来たように言う人もいますが、もの心ついた時には既に存在していました。
此処は右折して出口に向かいたい所ですが、左折して周回路に入り3/4周せねばなりません。
海外で良く見かけますが、大きい所ではパリの凱旋門の所でしょうか。


この時期のお墓参りではやぶ蚊に閉口します。
その攻撃は熾烈を極めます。
今回は殺虫剤を噴霧してのお参りで私は刺されませんでしたが、家内は刺されてしまいました。
コメント

#245 -’16. 9月24日土曜日の日記

2016年09月24日 16時53分14秒 | 日常の出来事(日記)
9月に入ってから連日の雨か曇り空であった。
行いが良かったのか土曜日にお邪魔した日米友好祭の時のみ太陽が輝いていた気がする。
太陽が出なければ作物の生育に影響するし、8月後半から9月に掛けて台風の影響で大被害を被っている。
作物にも影響が出そうだし、例年だと東北や北海道はそれ程台風被害に会わないのに今年はこれでもかと言わんばかりに襲い掛かられた。

そんな秋の長雨で散歩の歩数も伸び悩み気味であった。(天候不順を言い訳に怠惰に過ごしていただけだが。)
今日は少し日がさしたので午前中に散歩に行って来て大正解であった。
今は雨が降っている。

午前中の散歩コースで撮影した物をアップします。
撮影は全てスマホです。

彼岸のお墓参りに未だ行っていませんが、霊園にも曼珠沙華が沢山咲いている筈です。


そのすぐ隣で咲いていたネジバナです。
スマホの悲しさで、撮りたい花にピントが合っていずに奥に合っているのがご愛敬です。





オシロイバナかな、正確にはしれませんが、幼い頃そのように呼んでいた気がする。


冬になるとセーターなどに良くこの実が付いた気がする。



台風シーズンは銀杏が沢山落ちる頃です。
沢山落ちていました。


ムラサキツユクサかな。



クリスマスのデコレーションと言えば定番です。
 


連日の大雨にもめげずカイツブリの巣は無事だったみたいです。
番いですが、子供が居るのかは遠くて分かりませんでした。




公園の池に飛来するカワセミです。
焦点距離の長いレンズを構えて沢山の方が撮影しています。
撮影し易い様に止まり木を何本も建てて。
どんなもんなんでしょうか。
勿論スマホですからズームしても此処までです。
分かると良いのですが。
 


カルガモは留鳥なんでしょうか。
一年中何処でも見かけます。


グランド脇のツツジの所で沢山のシジミチョウが乱舞していました。
正確を期すために調べたらツバメシジミだそうです。









今現在目出度く、10000歩を越えました。


カワセミとネットで調べたら漢字では「翡翠」「川蝉」と出てきた。
鉱物のヒスイと引いても「翡翠」と出て来た。
ヒスイとカワセミが同じ「翡翠」である事を今日知った。
ヒスイと読めてもかけませんが。
東急の箱根翡翠もハコネカワセミではなく、ハコネヒスイですよね。
素敵なホテルでした。
そちらのスレッドはこちらです。
美しい鳥ですが、東京の小さな川や池などに結構飛来します。




コメント (2)

#240 -’16. 横田基地日米友好祭(9月17日土曜日)スマホ版

2016年09月17日 15時56分07秒 | 日常の出来事(日記)
横田基地日米友好祭2016に行って来た。
スマホにてアップしたものです。(スマホ版すなわち、横田基地からライブでアップしたものです。)

横田エアベース

横田基地に到着。
暑いので一休みです。
まだ、飛行機を展示している滑走路は先です。

いよいよ、日米友好祭の開場に向かいます。



ID チェクを済ませて、こんどは荷物のセキュリティチェクです。




画像をスマホで撮影しWi-Fiでアップ。


【日米友好祭】

米ドルもつかえる事がわかっていたけど20ドルしか持参しなかった。
もっと持ってくればよかった。











海外旅行の米ドルだけでも未だ$700有るので、ケチらずに持ってくれば良かった。



コインはクオーター、ダイム、5セント、1セントと総て持参した。


画像をスマホで撮影しWi-Fiでアップ


日陰で一休み














画像をスマホで撮影しWi-Fiでアップ。



ビールを飲んで









画像をスマホで撮影しWi-Fiでアップ。

コメント

#238 -’16. 都内をドライブして。(9月10日土曜日)

2016年09月12日 15時23分40秒 | 日常の出来事(日記)
用事が有って車で出かけるか、電車にするか検討した結果、エアコンの効く涼しい室内での移動に決定して車で出掛けた次第。

都内を撮影したスマホでの写真をアップ。

2193



2194



半蔵門から桜田門に向かう途中の皇居を一枚。
2195



2197



晴海通りに入ると渋滞の始まりでした。
2198




前方の高架は首都高のC1の枝線ですが昔の会社線ですから意図しなけらば走る事はありません。
自分も走った事はありません。
その下は西銀座デパートです。
2199



数寄屋橋交差点での停車ですが、殆ど動いておりません。
右手に見えるのがソニービルですが、解体されるようです。
銀座通りは歩行天を行って居た為に、銀座8丁目方面も銀座1丁目方面にも通行できません。
その為に銀座4丁目交差点では右左折出来ずに渋滞に拍車をかけて居たようです。
土曜日も歩行者天国が行われているとは思ってもいませんでした。
2200



2201


ここ三原橋で左折して昭和通りにはいります。
ここで左折せずに直進すると、月島を通り昔懐かしい晴海です。
今ではフェリーターミナルが有る物の殆ど足を運ぶことがなくなりましたが、流行の先端でした。
2203



此処からは用事が済んでからの帰宅の画像です。
帰路は晴海通りは通らないで、永代通りを通り皇居まで行く事にした。
左側に見えるのは東京駅八重洲側の日本橋口です。
2204






正面は皇居です。
2205



2208



右手の皇居前広場を見て走行中です。
祝田橋で左折して20号へと向かいます。
2209



2210



ホップオン、ホップオフ形式なのかは分かりませんが、外国でも良く見かける乗り合い観光バスです。
ここ数年、本当に海外の観光客が増えました。
2211
コメント

#237 -’16. 昨日の早朝散歩

2016年09月07日 22時40分39秒 | 日常の出来事(日記)
9月6日の早朝の散歩です。
それも、普段は早朝に散歩する事はありませんが、この日は目が覚めたのが早かったのでfitbitの歩数稼ぎです。
5時に起きて家を出たのが5時10分です。
夏の日中は暑いですが、流石に早朝ですから気分爽快なのです。
何時もは暑い日中に歩いているのに何故か昨日は朝の散歩です。
神様がご褒美をくれたが如く、空は美しい朝焼けが始まって居ました。
5時12分に凄く綺麗な朝焼けに気が付いたが、たった二分かけて自宅にカメラを取りに戻るのも勿体無くて目に焼き付けて散歩を続けた。
東の空も、西の空もそれは美しい朝焼けでした。
なのに、今日は寝坊して(何時もの通り)日の出時刻に散歩する事が出来なかった。
我が家の周りには、公園まで行かずとも未だ広い空の空間を眺める事が出来る。

今日は、日中の暑い中での散歩と夜の散歩をしてきた。
東京の空は街が明るいので、空を見上げると漆黒の闇ではなく濃い濃い青く色付いた空を眺める事が出来る代わりに本当に明るいシリウスや金星位しか見られない。
一昨日の空では見えなかった三日月が西の空に見えた。(一日ごとに月の出は遅くなる。)

昨日と今日、ダイニングと廊下にワックスがけを行なった。
ピカピカにあると嬉しい物だ。


2日間に亘2度掛けしました。
後一度ワックス掛けをするつもりですが、ワックスが無くなってしまいました。







9月上旬の雑感。

〇 ISの話題も少なくなって来たが、消え去った訳ではない。
ISがシリア&イラクなどの勢力を伸ばして来た時の戦略で不思議に思った事がある。
力で殲滅する事は血が流れ憎しみの連鎖を必ず生む。
世界から刹那的な青年を集め軍隊を作っているのである。
戦わずとも、兵糧攻めにすれば、食料も弾薬も底をつき戦力ダウンするのに何故にその戦術を取っていないのか不思議だ。
トルコ経由で原油を輸出しているとしても、その代金を抑える事は出来る筈だし、シリヤ国内などで原油自体を空爆破壊する事も出来る。
金が無ければISの戦士の所に食料が届かず、弾薬も届かない。
戦意は喪失して内部から瓦解するはずである。
シリアのアサド大統領派(ロシア)も反体制派&トルコなどとクルド勢力もISと対峙している。
ISと行動を共にする勢力はないのである。
居るのは世界に散らばるシンパだけである。
なので、至って簡単に兵糧攻めもし易いと思うのだが。
自分が知らない、戦術として採用できない問題点が有るのであろうか。

〇 アメリカ大統領選でのトランプ氏のミス。
既に大昔の事ですが、大学の一般教養の政治学で、アメリカの大統領に成れる資格なるもを学んだ記憶がある。
その資格は法律に規制されたものではないが、アメリカ合衆国の設立の経緯に深くかかわるところである。
プロテスタントである事。アングロサクソンである事。男子である事。離婚歴のない事などである。
カソリックのJ.F.ケネディが大統領になったのは画期的な事だと教えられた気がする。
勿論、アングロサンソンでない方も沢山輩出しているし、クリントン元国務長官が選出されれば女性で初めてである。
トランプ氏なら離婚歴のある大統領となる。
で、トランプ氏のミスは、共和党の指名を受けてからも現実離れした主張をしている事である。
選挙民もそれ程バカではない。
本来で有れば、過激な発言をしていても指名を受ける頃から、現実も帯びた政策に軌道修正するのが常である。
なのに彼はその時期を逃してしまった。
人気のないクリントン氏であり、二期続いた民主党政権からの揺り戻しなのにその機を逃したかもしれない。
人間だれしも大きな変革を望まない保守的な一面をもっている。
夢物語では良いが、選挙民は大きな変革を望まない事に気が付くのが遅れたようだ。

〇 東京都知事小池さん。
ムジナの社会の都議会を白日の下にさらしてくれそうだ。
国(国会)の情報は新聞やTVにて報道されているので掴み易い。
市町村は生活に近いので掴むつもりなら情報をつかむ事が可能である。
そこへいくと、都道府県の議会は何をして、いくら報酬を貰っているのかなど分からない。
日本では新聞は全国紙である事が多いから、都道府県の議会の情報など記事にすら上る事が少ないから分からない。
都議会から「都議会だより」などの広報誌は届く事は届く。
でも、ジャーナリズムに載った紙面ではない。
只の手前みそな広報誌である。
都民や府民や県民が真に知りたいことなど載る筈がないのである。
情報を開示しない事はしないで済ませるのである。
それを良い事に好き勝手を行なっているのである。

〇 台風。
今年は台風の発生が遅いと思っていたら、次から次に日本に襲ってくる。
被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
明日には東京方面にも来そうです。
コメント (2)

#236 -’16. 9月4日のポタリング(ママチャリにて)

2016年09月04日 19時29分05秒 | 日常の出来事(日記)
今日は雨の天気予報が暑い好天に変わって暑い日中にママチャリてに走り廻った。
その内の気になった所をつまみ食いして。

三鷹の車庫の所を通過したので何枚も撮って、小さな公園で一休み。
すると三鷹事件の碑が建っていた。
今は三鷹車両センター何ですね。
三鷹駅始発の千葉方面の中央線各駅の車両が多く停まったいると思ったら色々の車両が停まっていた。




正面に中央線快速の車両が高架線に上がって行くのが分かりますか。
三鷹駅前後は高架になったのに、三鷹は車庫が有る為でしょうか、地上駅のままです。
隣の武蔵境、小金井方面の高架下が結構良くなっているのに驚きました。
中央線を横切っても、平行に歩くことは有りませんでした。
今回はチャリでポタリングです。






甲斐路かあずさらしき車両が停まっていました。






三鷹事件もその碑が建っている事も知らなかった。




三鷹事件で思う事:
全く事実は分からないが、真実を真に見つけるべく捜査されたのだろうか。
この頃の捜査は自供偏重で客観的事実での捜査に重点を置かずに真実を探求する努力が足りない感じがする。
南北に分かれた朝鮮の如く共産勢力が武力革命を目指すべく、日本共産党も武力闘争を仕掛けたのだろうか。
総て、歴史の闇の中に消えてしまった過去の事件として忘却して良いのか気にかかる事件である。
コメント

#234 -’16. 今日の散歩とプール

2016年09月01日 18時51分19秒 | 日常の出来事(日記)
夏休みも終わり今日から新学期です。
今日は9月1日で防災の日です。

家内と一緒に散歩です。
自分が歩いた事も無い道を通り、お買い物です。
今現在でfitbitは10045歩です。
設定が一万歩だと意識的に散歩しないと届かない。

外で昼食です。
こちらは自分の食べたもの。


こちらは家内の食べたもの。



自宅に帰ってから市民プールに行く事にして出かけた。
慌てて出かけたのでタオルも持参しなかった。
入る前に担当者から一言。
「小学生で混んでいますよ。」
「午前中で学校は終わった為に小学生大挙してきていますよ。」
とのこと。
めちゃ混みなので、1時間弱で帰って来て直ぐにシャワーを浴びた。

今日は関東大震災の起きた日です。
東日本大震災後に地震の事はいつも念頭に置くようになった。

大好きなイタリアでも地震で沢山の方が亡くなった。
日赤でも30日から義援金の募集を始めた。
意思のある方は是非こちらにアクセスしてみて下さい。
コメント

#231 -’16. 歩数稼ぎの散歩(8月16日の散歩)

2016年08月19日 10時45分34秒 | 日常の出来事(日記)
こちらに居ると意識して散歩しないと歩数が稼げない。
この日は意識して少し歩いてみた。
ママチャリでは良く来るが歩いてくることは滅多にない。
行きつけのセルフのガソリンスダンドが途中にあるのでしょっちゅう通るが散歩では何故かこちら方面に来ることが少ない。
歩道が有るとはいえ大通りを散歩するのも気が進まないからかもしれない。

この日は暑かったが、日影を求めながら散歩してみた。


既に、蝉にとっては夏の終わりでしょうか。
ツクツクボウシも鳴きだしているし、蝉の抜け殻より蝉の死骸を見る事の方が多くなって来た。

大好きな風景。


サルスベリです。


次の時代に命を繋いだのでしょうか。


長い期間地中で生活し、短い地上での活動の為。


抜け殻です。


小学生位の子供たちがサッカーの練習です。


こちらは、女子大生がラクロスの練習か試合後です。

総てガラケーにて撮影です。


オリンピック
〇 色々の競技でメダルを獲得している。
嬉しい限りです。
メダルが取れなくても、心身を鍛錬して競技に臨んだアスリートに栄光あれと祈ります。
コメント (4)

#216 -’16. 蝉の鳴き声を聞きつつ本日の雑感

2016年08月06日 20時02分59秒 | 日常の出来事(日記)
〇 蝉しぐれと言う言葉がありますが、最近はアブラゼミとミンミンゼミが7対3程度の割合で鳴き声を聞く感じです。
ウキペディアでミンミンゼミを調べるとアブラゼミやクマゼミより暑さに弱いと書かれている。
てっきり、最近の温暖化に伴う夏の高温化により東京でもミンミンゼミの鳴き声を聞くようになったと思っていた。
なのに暑さに弱いとは不思議な感じがしないでもない。

虫取り網を持って蝉や虫を追いかけていた子供の頃は、アブラゼミとニイニイゼミそして晩夏のツクツクボウシだった。
ツクツクボウシのみ羽が透明で透き通っているので、捕まえる事が出来るとうれしかった。
昆虫図鑑などでミンミンゼミやクマゼミの姿とみてその羽の美しさで捕まえて見たいと思っていたものである。
でも、子供の頃は東京にはミンミンゼミもクマゼミも全くいなかった。

今では虫取り網を持って麦わら帽子をかぶり虫かごを斜め掛けにして歩いている昔の自分の子供の頃が懐かしい。
そんな遊びをしている現在の子供は勿論いない。
自然に親しむ雰囲気が薄れたのかもしれない。
反対に自分で捕獲するのではなく、日本に生息して居ない外来のオオクワガタなど希少価値を買い求めている。
日本にいない昆虫が入ってくることも問題だとおもうのだが。
散歩で蝉の声を聴きながらこんな事を思ってしまった。

〇 以前に小学校の校庭が芝生に覆われていると言う話をアップしましたが、何と今日は散水機で自動的に水が撒かれていました。
散水し終わると下がっていきました。
誰かがスイッチを操作しているのでしょうが。
でも、進歩したと言うか無駄と言うか時代の変化を感じます。

〇 先日、家内がネットで絵本を注文して孫に本を送りました。
勿論、一歳の誕生日が過ぎたばかりですが。
親が読み聞かせて、コミニュケーションを図る事が大切ですから。
贈ったのは、我が家の息子達も読み聞かされて育った二冊と、もっと幼い子供用です。
より幼児向きの: だれだれだあれ と ぴよちゃんのおやすみなさい

我が家でも読み聞かせた絵本: 100万回生きたねこ と ぐりとぐら です。

年齢にも影響を受けますが、贈った中で今一番のお気に入りは『だれだれだあれ』との事でした。
本に親しみ感受性豊かな子供に育ってほしい。
コメント (5)

#209 -’16. さるすべり(猿滑)

2016年07月27日 10時17分32秒 | 日常の出来事(日記)
ここ1ヶ月連日、暑さにかこつけて室内でネットサーフィンにかまけて散歩をおざなりにしていた。
(因みにfitbitに設定してある一日の歩数の目標は1万歩です。)
そんな私を見かねて家内が「もう一度お風呂に入りに行くだけでも良いからジムに行った方が良いのでは!」との事。
運動不足を気にしてくれている。
でも、時間が無駄。
お金が無駄。
など、色々気になり退会してしまったのである。
しかし、このところのテロなど心配事が沢山ある。
なので、海外旅行の予定を組んでいないからジムに行く気ならいけるのである。

そんな家内の提案に奮起して:
昨日、今日と一万歩を越えて散歩して来た。
下の画像は最近良く見かけるようになった『さるすべり』です。
最近と言うとここ数年の感じがしますが、自分的には街路樹などで見かけるようになって5~6年経つでしょうか。
夏の暑い時期に庭木として、また街路樹としてピンクや白い花をつけているさるすべりを良く見かけるようになった。

さるすべりを調べたら漢字では百日紅と書く事をしった。
てっきり幹の樹皮がはがれた如くツルツルなので、猿も滑って登れない木。
即ち、さるすべりと命名されていたのだとおもっていた。20160725194127

幼い頃のサルスベリとの出会いと言うか、只の回想です
サルスベリ(百日紅・猿滑)で思い出す回想です。

私の記憶の中ではサルスベリは豪邸での庭木と思っていた。
最初にサルスベリと出会ったのが子供の頃である。
都内と言っても今の様に素敵な家ばかりでは無く、貧しい家もお大尽の家も所々に入り混じっている。
貧しい家と言っても戦後、懸命に生活している姿そのものである。
そんな中に在って、地域的な棲み分けがなされて居なかったのか、生まれ育ったところでも10軒に一軒程度豪邸があった。
貧しい庶民の家といえども、敷地は50坪をゆうに超える敷地が普通であった。
庭には木々が生い茂り、貧しいながらま庭に花も咲いていた。
そんな庶民の生活とかけ離れたお大尽が混じっているのである。
子供であるから、トヨタ、ダットサンなど国産車が有るのか記憶は定かではない。
でも、(医師など)小金持ちはヒルマンやオースチンの自家用車を所有していた。
タクシーはVWのビートルに感じが似たルノーが定番であった。
そんな中にあってお大尽はアメ車のシボレーからキャデラック至るまでの豪華車に乗る大金持ちもいたのである。
そんなお大尽の家には女中さんがいて、家事を取り仕切ていた。
女中さん(途中から差別用語だとして、お手伝いさんに呼称がかわった。)が複数いたし、庶民のお宅でも高卒の女性は家事手伝いと言う事で仕事に就かず、自宅で花嫁修業をしていた。
料理は自宅で母から、お花、お茶、お琴などは免許を持った師匠から教えをこうたのである。
恋愛より、見合いの為の肩書きを増やすためのものだ。
今では考えられない長閑な時代だったのかもしれいな。

サルスベリから逸れてしまったが、そんな大金持ちのお大尽の庭には庭師が入り定期的に草木を整えていらのである。
そのお大尽の家に巨木のサルスベリがあった。
樹形も銀杏や欅などのように真っ直ぐではなく、松の盆栽が大きな庭木になった如くなのである。
花に興味が無かった餓鬼の自分であるが、そのサルスベリの樹形とツルツルの樹皮には感動すら覚えた。
今の子供たちと違い、自宅にも近所にも木は沢山ある。
木は登る物と思っていたし、蝉取りから始まり虫取りまでなんでも行った戦後世代である。
サルスベリのツルツルの樹皮では確かに猿でも滑ると思ったのが偽らざる気持ちである。

そんな記憶も遠くなり、最近になって街路樹で見かけるようになり、過去の記憶が呼び戻されたのである。
サルスベリ = 豪華なお宅の庭木、との図式である。
街路樹で見かけると、結構各お宅でもサルスベリの花を見かけるようになった。
この時期、木の花としては最高に良いかも。
過去の記憶を脳裏の深いそこに仕舞い込まれて居た記憶を瞬時にフィードバックしてくれた。

自分にとっては、懐かしい素敵な木であり、花であるサルスベリ。




スマホ画像です。


7月27日記載の近況です。

〇 里から高原に向かうカッコウがご近所に住みついてしまったのか、連日鳴き声を聞く。
カッコウの声を聴くと原村が思い出される。

〇 日・月曜日と歩数を飛躍的伸ばした。
月曜日はご近所の散歩だけで17000歩を越えた、散歩だけで稼いだ歩数にしては新記録です。

〇 車の定期整備が近づいてきたので、このところ遠足に出かけてしまった車のキーをお願いしようと思った。
その内、出てくることは間違い無いのだが、どうせならと思い問い合わせして驚いた。
電気信号で施錠・開錠が出来るとしても、キー1本で三万円を越えてしまうとの事。
外車では有るまいに、高がトヨタ車なのに。
他の方のトヨタ車利用の方に対する意見ではありません。念の為。
キーの注文を諦めて、遠足から帰る事を待つことにした。

〇 相模原で残虐な殺人事件が発生した。
殺された方の人数にも驚かされるが、犯人の弱者に対する確信的な犯意に対しても驚愕を覚える。
犯人のその犯意の成立過程の解明が次の事件を防ぐのかもしれない。
亡く成られた方に哀悼の意を表します。

〇 東京都知事の選挙が迫ってきた。
このところの都知事にはガッカリする。
美濃部さん、石原さん、猪瀬さん、舛添さんと、一度は応援したのに皆さん裏切られてきた。
今度は裏切らない人が選ばれると良いのだが。
コメント (2)

#205 -’16. 目黒雅叙園 アートイルミネーション「和のあかり×百段階段」スマホ版

2016年07月20日 12時17分16秒 | 日常の出来事(日記)
今朝、食事が終わってから目黒雅叙園で「和のあかり×百段階段」のイベントに「行く?」との問いに直ぐに「行くと」返事した。
いつも金魚のフンで付いて行くのが自分の流儀です。
家内はいつもの如く情報を持っているのに驚かされる。

和のあかり×百段段階にお邪魔しています。
スマホで目黒雅叙園のフリーWi-Fiからのアップ。













コメント (3)

#200 -’16. 桃を持参してお出かけです。

2016年07月14日 21時23分37秒 | 日常の出来事(日記)
昨日、新府で買い求めた桃をもってお出かけです。

出掛けた先は孫の所です。

では、その道すがら停車時に自分がスマホで撮影した画像をアップします。

家内は助手席ですが、写真など撮影しません。

観光ではありませんが、車窓からの都内のスマホ画像をアップします


左手は皇居で走っているのは内堀通りです。
右から来ている車は青山どおりからで、内堀通りはお濠に沿って左折していきます。
画面に映る正面の先は霞が関方面でその先は新橋方面です。
KIMG1593


日比谷交差点です。
正面明るい茶色のビルが息子が結婚式を挙げたザ・ぺニンシュラ東京です。
左右の道は国道一号です。
写ってはいませんが、左手は日比谷壕で右手は日比谷公園です。
KIMG1595



日比谷交差点での停車が長いので右を向いて日比谷公園を一枚ぱちりと。
KIMG1596



新しく建て替えられた水天宮です。
信号が変わりそうなので少し慌てて一枚。
KIMG1597



証券取引所です。
数日の値上がりで、含み損が少なりなりました。
でも、大幅な含み損に変わりありません。
KIMG1599



我が家への帰り道です。
大手門を正面にみてパレスホテルの所を左折して皇居前広場を眺めつつ走行です。
KIMG1600



電波塔の見える所が桜田商事です。
俗に警視庁と言う人もいるようですが。
KIMG1601



左手脇に見えるのがムジナの住む所です。
以前は正面を右折して、赤坂見附の交差点を抜けたものでした。
KIMG1602



リベラルな判決を下して欲しいものです。
KIMG1603


甲州街道と新宿駅正面の新宿通りの分岐点です。
KIMG1604


大ガードに向かう靖国通りです。
靖国神社は後ろですが。
KIMG1606
コメント

#148 -’16. 自画自賛

2016年05月10日 13時26分19秒 | 日常の出来事(日記)
我が家の敷地から道路側に伸びているツルバラを切り採った。
大輪なので花が重いうえに雨粒の御蔭て垂れ下がってくる。
通行人に迷惑を掛けてはいけないので沢山伐採した。

我が家のバラはバラらしいバラなので大好きだ。
新種でも気を足らう姿ではない。
いたってオーソドックスな種類である。
KIMG 0293

ほんの只の自己満足です。


こちらも我が家のジャーマンアイリスです。
KIMG 0294
コメント

#145 -’16. チョト用事があって。

2016年05月06日 16時16分23秒 | 日常の出来事(日記)
来週に迫った外貨の準備、その他の雑用で新宿へ。

一件用事を済ませて、いつもは通らない道を通り新宿方面を望み。
一枚です。


第一庁舎、第二庁舎と俗に第三庁舎と揶揄される方向を望み。

撮影した場所は此処から南西の方向にスマホそ向けた撮影です。






ポンドはついでのようじですが、いちどきに済ませてきました。
トランスファーを除き初めての英国です。
肖像はエリザベス二世女王です。



裏にはハチドリが印刷されているのに驚きました。
ハチドリの生息域は南米だと思っていたので驚きです。
何か謂れが有る筈ですから、その意味を知りたくなりました。

南米で沢山のハチドリを見ましたが、餌付けされたものなので少しガッカリしたのを覚えています。




バスタですが、利用する事は無いと思い寄らずに写真を一枚だけとりました。

バスタの位置はこちらです。



こちらは昨夜の菖蒲湯の残骸です。
コメント

カウンター