週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#097 -’17. 4月12日の日記(御苑を横切って)その二

2017年04月13日 09時49分04秒 | 日常の出来事(日記)
新宿御苑の桜と、千駄ヶ谷から国立能楽堂にお邪魔して再度新宿御苑に戻って来た。

b01


b02


市ヶ谷の防衛省の電波塔方向です。
b03


再入場券を頂いて、国立能楽堂に向かいました。
b04


b05


高校時代学校の行事で一度,能と狂言を見に来たことがあるが既に大昔なので完全に忘却の彼方でした。
b06


国立能楽堂4月公園です。
お邪魔したのは定例公演で素人にも優しい前の席にモニターが付いて説明文などが流れます。
演目は狂言は:子盗人です。
能は:采女(うねめ)です。
b0(この画像のみスマホです。)





予約して購入した席は正面の6列19番・20番です。
席は正面ですが壁側の端っこでした。
家内曰く「良い席なんだよ」とのこと。
始まって見れば納得でした。
b07


能楽堂の中庭です。
b08





注意していませんでしたが、再入園のタイムリミットは午後4時でした。
数分前に到着でした。
再度、新宿御苑に入り新宿門に戻ります。
苑内の放送では午後4時30分が退苑時間ですとのアナウンスが流れていました。
b09


b10


b11


b12


八重桜はこれからですが、ソメイヨシノは陽光や大島桜は散り始めていました。
b13


放送も何のその、ノンビリしている人が沢山いました。
一寸、閉苑時刻が早過ぎるきらいもしないでもない。
b14


南新宿のドコモのビルを1枚。
b15


この木何の木バージョンの桜の大木の下では皆さんゆったり、ノンビリ、長閑な一時をすごしています。
b16


西新宿の高層ビル群です。
早く帰らねばナナちゃんが心配です。
b17
コメント

#096 -’17. 4月12日の日記 (御苑を横切って) その一

2017年04月12日 21時53分53秒 | 日常の出来事(日記)
一ヶ月以上前に狂言と能を予約した時は、新宿御苑に未だ染井吉野などの桜が咲いているとは思っていなかった。
満開宣言が出てからも咲いているとのこと。
能楽堂に行くなら千駄ヶ谷で降りるのが直近の駅であるが、新宿御苑を横切って国立能楽堂に行く事になった。
行きも帰りもお邪魔させて頂いた。
新宿門で入り、千駄ヶ谷門で出る時再入場のカードを頂いた。

スマホからアップした画像をすべてニコンの物に差し替えです。
出掛ける前に、ナナちゃんの本日の写真を三枚ほど。
a01


a02


a03



国立能楽堂の開園は午後1時です。
なので、11時過ぎに和幸で少し早い昼食です。
a04


新宿御苑前は沢山の外国人が来ていました。
新宿御苑をゆっくり見て歩くと言うより、通り抜けです。
万歩計の歩数も伸ばさねばなりません。
一挙両得です。
a05



a06



a07


a08


a09


a10


a11


a12


a13


a14


a15


a16


a17


コメント

#090 -’17. 今日の散歩(4月7日金曜日)

2017年04月07日 21時44分36秒 | 日常の出来事(日記)
今日はご近所の桜も満開になったようなので散歩してきました。
散歩の途中でスマホで撮影した桜の花などです。















ボケです。
昨年、皇居の一般開放の時に大手門を出る直前でお会いしたイギリス人の老夫婦に英語ではChaenomeles japonica 日本との名前が付いているのですよと教えて貰いました。


菜の花です。


おまけと言ってはナナちゃんにしかられそうですが、今日は家内が爪をきりました。
それと、午後9時少し前にドサクサに紛れて抱き上げてケージの中にナナちゃんを入れる事に成功です。
こちらの寝姿のナナちゃんは冒険して疲れて日中の1枚です。

地下室の扉は閉めて、そのに至る階段と玄関と二階の一室は侵入解除しました。
色々探検して疲れたかもね。
コメント

#082 -’17. 桜祭り

2017年04月02日 18時45分02秒 | 日常の出来事(日記)
最近は桜の開花宣言が出てから暖かい日が続き、桜祭り開催の時には葉桜になっていた。
今年の25回目の桜まつりでは未だ満開になっていなかった。
葉桜になる前に開催できた何よりでした。


















コメント

#078 -’17. 今日は3月30日、年度末の日記です。

2017年03月30日 22時17分52秒 | 日常の出来事(日記)
用事が有って少し出掛けてきました。
春の日差しを浴びて暖かい一日です。
先ずは午前中の出来事をアップします。
午後からの出来事は追って。

原村に行くようになって17年です。
それまで雑草がひっそりと咲いていても尊い生命の営みに気が付く心を持っていませんでした。
原村の生活が自然に目が注ぐ心を開いてくれました。
地方から出て来た方が、東京には自然が無いと言うのを聞く事が大嫌いです。
自然を感じる心の目が開いていないだけです。

少し歩くだけで、駐車場脇に咲いているぺんぺん草に春を感じるようになりました。


大好きな花です。
花の名前は嫌いですが。


まるで花が咲いているが如きの生け垣です。


総てスマホにて撮影です。
午後からの飲み会はスマホからアップします。
午後4時前から飲み始めました。
三時間飲み放題です。
今回も前回と同じ所沢です。
呑んべいが多い町なのか今回は前回と異なるお店です。
よく、こんな早い時間から開いているのかと驚くほどです。
酒も、会話も楽しい時を過ごすことが出来ました。







午後9時過ぎには我が家に戻りました。
コメント

#064 -’17. 3月16日の日記(ジョイフル本田編)

2017年03月17日 21時41分19秒 | 日常の出来事(日記)
我が家の暖房はエアコン&ガスストーブ・ガス温風ヒーター&石油ストーブ・石油温風ヒーターです。
ナナちゃんがいるので石油ストーブは少し気になります。
それでも、冬の我が家では灯油は必需品です。
ジョイフル本田への買い物がてらに灯油と車にガスを満タンにして来た。

前回お邪魔した時はほんの少しの店舗しかのぞいて来なかったが、今回は園芸の売り場まで足を伸ばしてきた。
やっぱりジョイフル本田は凄い。
薪ストーブ関係も建築資材も凄かった。

我が家を出たのは10時半だけど到着すれば11時30分です。
お昼を頂くつもりできた。
こちらは家内のものです。



私はビビンバ丼ですが、食べ始めてしまった何時もの汚い画像しかありません。
後日小さい映像で。


フードコート内の写真を一枚。


文具だったか?京菓子だったかのコーナーです。


外国製の猫の爪とぎです。
凄くおしゃれです。


キャット・ウォークに良いかも。


でも、値段的には高くはないが、こんなに丈夫で重くなくても良いかもね。


プロも買いに来ていました。
資材関係も充実です。


写真に撮るのを忘れてしまいましたが、薪ストーブ関係も、燻製器も大から小まで。
斧も色々ありました。

元気満々のナナちゃんの動向は後日。
元気になってきました。


コメント

#058 -’17. ドン.キホーテ・デビュー

2017年03月05日 17時24分04秒 | 日常の出来事(日記)
自分にとってドン・キホーテと言えば勿論、セルバンテスのドン・キホーテですが、今日デビューしたのは激安の殿堂と謳っている例のお店、ドン.キホーテです。
店の前は通っても買いたい物が有る訳でもなし。
のぞいて見たいと思う気持ちも無く、入った事がありませんでした。

この所、殆ど散歩していないのを家内が気にして買い物に行ってみようとの事で昼食後に散歩を兼ねていってきた。
特段欲しい物は見つからなかったが、空荷では出てきにくいので少しだけ買い物して来た。
初のドン.キホーテのデビューでした。
ダイソウに入ってもドンキは自分向きでな無いようだ。

スマホにて撮影。

散歩の道すがら道端にはオオイヌノフグリやホトケノザなどが咲いていた。
何と可哀想な名前を付けられたのがと思ってしまう。
可憐に小さな花で大好きだが何とも頂けない名だ。
花壇にクリスマスローズが咲いていた。
好きな花では無いが名前が良いのか結構人気がある。
花の名前は重要だ。

道すがら沢山の春を感じる花が咲いていた。

スマホにて撮影。

ミモザ。

スマホにて撮影。

白梅。

スマホにて撮影

紅梅です。

スマホにて撮影。

椿です。

スマホにて撮影。


スマホにて撮影。

次からは家内がガラホにて撮影です。
自分のスマホより新しいですから、影像も綺麗です。



今日のナナちゃんは大人しくしています。
家内は素手で撫でまわしていますが大人しいもんです。
でも、今日も爪を立てた猫パンチを朝に食らっていました。
めげない家内には感心します。
テーブルの下に隠れているナナちゃんです。
落ち着く場所の一つです。
コメント (2)

#056 -’17. 3月3日の日記(今度は西新宿へ)

2017年03月03日 16時52分43秒 | 日常の出来事(日記)
【汐留にて】

新宿で用事を済ませて、約束時間をチョト過ぎて汐留へ。







【今度は西新宿へ】

汐留は約束時間が有ったので、新宿から汐留へつぎに新橋駅から地下鉄で西新宿へ。
大きな予定を三件ほど済ませて我が家に帰るのみ。
今日は風が冷たいし、時間がちょっぴり早いときている。
美味しい生ビールで一杯といきたいところだが、暖かい我が家に帰ることにした。

画像は西新宿のスカイラインです。







コメント

#041 -’17. 私はゼウス

2017年02月17日 16時47分22秒 | 日常の出来事(日記)
私は全知全能の神、ゼウスである。
と、大上段に構えると何事かと思うかもしれません。

我が家の熱帯魚達にとっては、小さな水槽の世界の運命を司るゼウスなんです。
小さな水槽の中で生存している熱帯魚たちにとっては自分の行動により総てが握られている。
なのに、この所水槽の清掃を怠っていた。
如何に魚たちが努力しようが生存環境を改善する事は出来ない。
総てこの自分の腕にその生命の存続はかかっている。

と、言う固い事はさておいてと。
今日は東京でも20℃を超えて春一番が吹いたポカポカ陽気です。
水槽のガラスに付いた苔を落とし(四面ある内の前面だけですが。)、水を半分弱交換してフィルターの清掃を行った。
この程度でも小一時間掛かってしまった。
以前から家内に言われている水草を買い求めてこなければと思っている。
命ある生き物。
それを眺めるだけで心を癒してくれる。

その為、心を込めて維持管理をせねばと反省している。
特段、熱帯魚が死んだとかではないが、見た目も芳しくなかった。

少しは綺麗になって、カージナルテトラ&グッピグ達が元気に泳いでくれれば幸いだ。

スマホにて撮影です。



スマホにて撮影です。
コメント

#039 -’17. ジョイフル本田に行ってきた。(2月15日の日記)

2017年02月16日 10時37分15秒 | 日常の出来事(日記)
我が家から少し遠いいが今日はジョイフル本田瑞穂店に行ってきた。
ジョイフル本田の品揃えの充実度、価格の安さなど近くにできるのを心待ちにしていた施設だ。
千葉や茨城などに店舗があり近くに在ればと長い事願っていたのにそれ程お邪魔していない。
DIYにもそれ程情熱を持たなくなった為かもしれない。
瑞穂にヤットできてから5~6年程度経過したかもしれない。
それでも今回の訪問を含めても3~4回程度だ。
少し遠いいのと、たどり着くまで1時間程度かかってしまうのだ。
必要な物は殆ど近場のJマートやケーヨーD2で事足りてしまうからだ。
今回はナナちゃんのペット・タワーを探しながら小物などをと思い足を運んだ。
ナビに入れるとジョイフル本田瑞穂店まで20キロもあるではないか。
遠いし時間はかかると思っていたが20キロもあるとは思っていなかった。
ナビの所要時間は一時間である。



お昼もそちらで頂く事で諸々の買い物を兼ねて出発進行です。

ナナちゃんのキャットタワーは思ったより高いので結局、買わなかった。
少し暖かくなれば、キャットタワーになる材料はお山の地下室に色々あるので作成してみようと思っている。
買ったのは猫じゃらしやじゃれる小物類でお茶を濁して来た。

薪も売っていた脇に火付け用のものが売られていたのでそちらを買ってきた。

フードコートで食事をしてきた。
いろいろのお店が入っていて、我が家は長崎ちゃんぽんのお店で頂いた。
横田基地に近いせいもあり、迷彩色の軍服姿の軍人さんやアメリカ人を多く見かけるのもこちらの特色かもしれない。



最後に食料品を買い込んで来た。
こちらは、2パックがひと箱に入り1000円です。
欲しくて買ってきました。


ガソリンも灯油も安いのでこちらも事前にポリタンクを積んで買ってきて、ジョイフル本田瑞穂店の買い物ツアー完了でした。
ナナちゃんはペット・ケージの中で半日お留守番でした。
コメント (4)

#038 -’17. 本命チョコ

2017年02月15日 16時53分00秒 | 日常の出来事(日記)
昨日のバレンタインデーに家内から本命チョコを頂きました。
今年は近場で買ったと言う事で頂いたのはモロゾフの美味しいチョコでした。
頂けるだけで嬉しい限りです。



コメント (2)

#036 -’17. 今日は息子と飲んで

2017年02月13日 21時38分17秒 | 日常の出来事(日記)
7時から新宿で飲んで。
お互い生ビールを三杯づつですが、料理を沢山食べてせいかいい値段になりました。
息子におごってもらいました。
お店のホームページ程、室内空間が素敵と言う事も有りませんでした。
それでも楽しい飲み会でした。


帰宅途中の車内から。
コメント

#028 -’17. 2月3日の日記(目黒不動尊ほか)

2017年02月03日 15時13分30秒 | 日常の出来事(日記)
2月2日に目黒雅叙園の『百段雛まつり 九州ひな紀行Ⅱ』に行こうとの提案があり、突然なのと強風が吹いている。
風速が1メートル強くなると、熱が奪われる為に体感温度は1℃さがるとの事。
なので、3日に成れば少し風が弱くなるとの予報を信じて変更です。
でも、3日は節分なので、目黒不動尊にお邪魔するのが混み合うのが少し気になった。

我が家の朝食では目ざしではありませんが、鰯をいただきました。
1月は七草粥も鏡開きのお汁粉も頂いています。
季節季節のしきたりに煩い我が家です。
でも、今話題の恵方巻はつい5、6年前までそんな風習がある事自体知りませんでした。
東京など関東圏では全く行っていない風習でした。
それが、コンビニの営業方針の宣伝と相まって東京でもここ数年はやり出したようです。
反対に幼い頃は良く聞いていた「鬼は外、福は内」の豆まきの声を全く聴かなくなりました。
世の中の地域地域の習慣や風習はすたれて、コマーシャルイズムに則った物だけがTVなどの話題に上り流行って行くようなのが何とも虚しい限りです。

【恵比寿ビール】こちらの画像はニコンで撮影したものに差し替えました。

家内が、雅叙園に行くならとビール好きな私の為に調べえて置いてくれたヱビスビール記念館も訪問です。

ヱビスビール記念館は日本国内では珍しい、単独商品のブランドを冠した施設であり、ヱビスファン、ビールファンのみならず、幅広いお客様に十分に楽しんでいただけるアミューズメント施設です。
三越です。
a1


a2


粋ですね、風除室も円形のご覧の通りのカーペットが敷かれていました。
a3


ビール製造工場に行った事がありませんので確かな事は分かりません。
ウイスキー工場の蒸留釜に見えてしまいます。
でも、ヱビスに関連するのですからホップか麦芽などを熱する釜かも。
a4


七福神(エビス・大黒天・弁財天・毘沙門天・布袋・福禄寿・寿老人)エビス様です。
a5


参加料500円/1人を払って11:40分の回のツアーに申込みです。
私はビールを二杯いだだくコースです。
家内はジュースのコースです。
確実にビールがお得です。
a6


a7


a8


a9


a10


a11


a12


a13


a14


ヱビスビールの歴史など案内頂いて最後に試飲です。
ビールサーバーで二種類のビールを頂きました。
a15


販売されているピルスナーだと思えるヱビスビールです。
家内もアルコールは飲めなくてもちょっとだけでもビールは飲めますのでビールを注文しておけばよかったと後悔しきりです。
a16


a17


左のはこちら限定だそうです。
少し濃い感じです。
a18


ビールの注ぎ方の説明です。
三度注ぎです。
a19


最初はいきよい良くグラスに泡を発生させて注ぐ。
グラスの泡が液体と泡に分離するまで1分以上待ってから、二度目をユックリとそそぎます。
(泡はビールが空気、酸素と触れて味が落ちる酸化を防ぐ線の役目をしてくれます。)
泡が上昇してきます。
最後に泡がビールグラスの淵から一㎝程度上がった所で完了です。
a20


飲み方は、上唇で泡を抑えて等間隔で飲んでいく事です。
飲み干した最後にグラスの底に少し泡が残り、グラスには等間隔で泡の筋が残れば美味しい飲み方であり、美味しく飲めた事間違いありません。
a21


ジョエルロブションの外の案内だけみて、今回は家内が見つけてあるお寿司屋さんに向かいます。
a22



【今日のランチ】ニコンと明記してあるもの以外のこちらの画像は全てスマホでの撮影です。

事前に家内がネットで調べたお店で頂いた。
目黒駅のお寿司屋さんの花見鮨です。

ニコンにて撮影。


ネットで事前調査していたものを家内は注文です。
ばらちらしは家内が江戸前寿司は私が注文です。
口コミでばらちらしは超お薦めです。
家内のばらちらしを少し頂きました。
ネットの評価通り美味しいですよ。

ニコンにて撮影。



ここからの花見鮨の撮影はスマホです。


こちらは家内の注文した物。


こちらは私の物。











【百段ひな祭り@目黒雅叙園】ニコンで撮影したものと差し替えです。

今回の目的は目黒雅叙園ファミリーの家内のお裾分けです。



目黒雅叙園の百段雛祭りです。
九州ひな紀行Ⅱです。






【目黒不動尊】

今日は節分。


目黒不動尊のご朱印は別スレッドでアップする予定です。20170203151330

コメント

#025 -’17. 神韻2017日本公演

2017年02月01日 12時40分02秒 | 日常の出来事(日記)
私の説明では上手に表現できませんので、神韻2017日本公演の公式HPから共有させて頂きなした。
神韻2017日本公演
作動が重くなるので「神韻芸術団」のユーチューブを削除しましたので、興味のある方は検索して下さい。


ダンサーが踊る舞台の後ろに三段の階段があります。
その後ろのスクリーン幕があり、ここに映像が投影されるのです。
投影された人物がこの三段の舞台から上がって来るのです。
空を飛んで来た演技者が此処で実際の役者に変わるのです。
特許を取得しているとの事ですが、凄いシステムです。
コメント

#024 -’17. 神韻晩會2017日本公演(SHEN YUN)@シビックセンター&シビックホール

2017年01月30日 18時27分07秒 | 日常の出来事(日記)
今日は神韻芸術団の日本公演を観劇です。
年末にチケットを購入して楽しみにしていた、神韻晩會2017SHEN YUN 日本公演です。
本来は日中にお邪魔したかったが、良い席を予約する事が出来ずに夜の部の公演になってしまった。
チケットを手に入れてから約一ヶ月である。
その日がヤットやって来た。
オーケストラ・ピットが有り実際は前から七列目の最高に良い席だった。
ピット内には、神韻交響楽団が陣取っている。
動きの速い舞台の演技とシンクロさせねばならないから、大変である。
しかし、しっかりとシンクロしていて踊りに引き付けて離さない。


舞台を撮影する事は禁止であるが、ホアイエに撮影ポイントが設けられている。
人が居ない時に神韻2017日本公演のタペストリーを一枚。


それと素晴らしいと感動したのは、神韻芸術団の影像と舞台が一体になっているのである。
大道具の造った舞台の場面毎の舞台装置が必要ないのである。
スクリーンに映し出しだされた画像を舞台で実際に舞う人とシンクロしてコラボレーションしているのである。
実際に見ないと実感できないかもしれませんが、スクリーンに映し出された背景の景色がシンクロしている素晴らしさです。

ここから青字は引用です。
  声明:
神韻は新たな特許を取得しました。
神韻公演における背景幕とステージの協応(インターアクション)は特許権を取得し、法的に守られています。
米国特許№9468860 発明者は神韻芸術団芸術総監督D.F.
デジタル背景幕とステージの動作を統合するためのシステムとメソッド
(以降一部抜粋)
パフォーマーがステージと背景幕の間を往来する事を可能にするシステムである。・・・背景幕の臨場感あふれる動的表現によって、実際のステージを無限に拡張する事ができる。さらに、数千年の歴史のすべての場所、いかなる瞬間をもステージに甦らせ、時空を超える体験を観客に提供することを可能にしている



演目は頂いた冊子から転載させて頂く。






新宿で早い夕食を取り、開演の6時15分までには時間がある。
公演会場のシビックホールの隣の文京区役所のシビックセンターの展望台から夜の東京を眺める事にしたいた。
夕闇で有ればニコンを持参したが、それ程とは思わずにスマホで撮影すれば良いとの思いでじさんしなかった。
冬の夜である。
持参しないで残念なことをしてしまった。

それでも、PCで確認して少しでも良い東京の夜景です。
西の空を眺めにこちらへ。
勿論、目指す先は富士山と都庁です。
1



三日月の右下に富士山が見えるのが分かりますか。
2



スマホで此処まで撮れれば満足です。
3


ズームアウトしていますが、肉眼では富士山と周りの景色はこんな感じです。
4



もう一つの目的スカイツリーです。
東の空です。
5



6



東京駅方面ですが、完全な南方面はレストランがあり、入店しなければ見ることができません。
少しだけ見えたビル群を。
7



コメント

カウンター