週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#283 -’16. 皇帝ナポレオン1世と皇后ジェゼフィーヌの戴冠、絵画と陶板画

2016年11月01日 23時22分45秒 | 国内旅行
大塚美術館の『皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠』式の陶板画です。
大塚美術館の元になった絵画はルーヴル美術館に所蔵されている。

作者はダヴィッド・ジャック・ルイだが本来の『皇帝ナポレオン1世と皇帝ジョゼフィーヌの戴冠』はルーヴル美術館に所蔵されている。
同じダヴィッド・ジャックが模写したと言う事で同じ物をルーヴル美術館ベルサイユ宮殿二つ描いているのである。
模写はする場合は原本と違える為に一ヶ所を別に異なる点を設けなければならないと定められていた。
その為に今回アップするヴェルサイユ宮殿の戴冠の間に展示されている二作目の『皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠』はルーヴル美術館とも大塚美術館と異なるのである。
その違いは最後に。

大塚国際美術館の陶板画の『皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠』です。


皇帝ナポレオン1世は自ら戴冠していて、ローマ法王から冠を授かってはいないのである。
ローマ法王の下(もと)に位置する僕(しもべ)ではないとの事である。
ジョゼフィーヌの冠を授けているのが皇帝ナポレオン1世です。


こちらはヴェルサイユ宮殿にて撮影したものですが、この時はコンデジの性能が今ほど良くなかったので、少しボケていますがご容赦のほど。






何処が違っているか分かりましたか。
ルーヴル美術館とヴェルサイユ宮殿に行った時には見比べるのも良いかも。

因みにルーヴル美術館の前まで行きましたが、時間が無くて入りませんでした。
後日、訪問する積りが延び延びになってしまっています。


ルーヴル美術館とベルサイユ宮殿の『皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠』の絵画の違いは、ナポレオンの妹でナポレオンお気に入りの妹(ポーリーヌ)が複製ではピンク色のドレスを着用している事です。
次の説明文はウィキペディアからの引用です。
ボナパルト家の女性達。左からナポレオンの妹3人、カロリーヌ(次女、ミュラの妻)、ポーリーヌ(三女)、エリザ(長女)の順。横にナポレオンの養女でルイの妻でもあるオルタンスが6.の子供の手を持ち、その後ろに兄ジョゼフの妻のジュリーが描かれている

是非、フランスに行ったら違いを確認して下さい。
コメント

#282 -’16. レンブラントの夜警、絵画と陶板画

2016年11月01日 21時46分31秒 | 国内旅行
大塚美術館で撮影したレンブラントの夜警の陶板画とアムステルダム国立美術館蔵の絵画です。
今で言う所の写真屋さん、即ち写真工房と言った感じです。
依頼を受けての絵画の作成です。
その為、レンブラント個人の作成と言うよりレンブラント工房が作成したと言うところが正確のようです。
依頼主にOKを得るために、小さな物(それでも30号位の大きさがありそうです。)をにレンブラントが描きその構図で工房での作成だったとの事。

それでも、光と影のレンブラントです。

大塚美術館の説明文を撮影してきましたのでそちらをご覧ください。


大塚美術館のレンブラントの夜警の陶板画です。



ズームアップした物を。


こちらはオランダ・アムステルダムにあるアムステルダム国立美術館のレンブラントの夜警です。






これは30号程度の小さな今で言う所の見本と言えば良いのでしょうか。
でも、これがレンブラント工房と言うよりレンブラント本人の描いたものの様です。


ガイドさんの受け売りです。
コメント

#281 -’16. 瀬戸大橋(北備讃瀬戸大橋)@与島から

2016年11月01日 17時21分49秒 | 国内旅行
四国から瀬戸大橋を渡り本州に戻ります。
瀬戸大橋の眺望を望めることで与島PAにて休憩です。
ここから見える北備讃瀬戸大橋の形式は吊り橋です。
上は専用自動車道の瀬戸中央自動車道で下がJR本四備讃線が通っています。
その巨大さはレンボ―ブリッジやベイブリッジとは桁違いに大きかったです。

それでは与島からの瀬戸大橋の眺望です。










本四備讃線を通過する電車です。
展望台には、列車の通貨の時刻表がありました。












コメント

#276 -’16. ガイナに見送られて

2016年10月28日 22時09分34秒 | 国内旅行
二日目に宿泊した大山レークホテルのマスコット犬です。
名前はガイナです。
フランスとスペインと小さな国アンドラ公国の国境に聳えるビレネー山脈。

個人的にはフランスと言うよりスペインのバスクなどを想い浮かべてしまう。
スペインのと言ったところ、ホテルの方がフランスのピレネー犬と言っていた。
01



02



03



04



05



06



07



08



09



昨年の紅葉シーズンに大山レークホテルへケネディー米国駐日大使が来られたみたいです。
10
コメント

#275 -’16. 四国巡礼と中国地方の旅の車窓からの風景(3日目~4日目)

2016年10月28日 13時45分06秒 | 国内旅行
3日目には大山レークサイドホテルを発ち、今回の主目的の2つ目の足立美術館です。
その夜は玉造温泉に宿泊ですから車での移動はノンビリです。
4日目は佳翠苑皆美を発ち境港へ。
ゲゲゲの鬼太郎で童心にかえり、昼食を食べて一路京都に向かった。
楽しかった旅も此処でお別れです。
色々お世話になりました。

新幹線のぞみに乗って東京駅に到着して、最後はタクシーで自宅に戻りました。


大山レークホテルのピレネー犬に見送られての出発です。
向かうは足立美術館へ。
ナビのゴールは足立美術館です。
40



大山を下って来ると前に街並と海か湖か、が見えてきました。
道路標識にタイヤチェーンを付ける場所が表示されています。
山陰での数少ないスキー場で有名な大山です。
41


前日は暗くなってから大山レークホテルでした。
ですから大山の雄姿は闇夜に来ててしまいました。
後ろを振り返ると、大山です。
42



43



44



45



足立美術館の駐車場に到着です。
安来節演芸館がありました。
46



47



48



49



50



51



52



53



54



55



56



57



58



59



60



61



62



63



64



65



66



67



68



69





コメント

#274 -’16. 四国巡礼と中国地方の旅の車窓からの風景(1~2日目)

2016年10月27日 18時03分27秒 | 国内旅行
一日目。
早朝の東京を新幹線で発ち新神戸へ。
待ち合わせ場所は新神戸です。
前回、神戸に来た時は往きも帰りも飛行機でしたが、今回はのぞみです。
のぞみに乗るのは始めてからもしれません。

四国巡礼&大塚国際美術館と中国地方南北縦断の旅です。
助手席の車窓からニコンデジタル一眼にて撮影したものです。


新幹線では富士山側の席で雪の無い表富士の写真を撮る事ができました。
01


新神戸に到着です。改札を出ると既に待っていてくれました。
ふた家族の楽しい旅の始まりです。
02


03


04


明石海峡大橋を渡り淡路島に入ります。
05


06


07


08


09


サービスエリアに入り明石海峡大橋の雄姿を眺めました。
10


11


12


本線に戻り四国に向かいます。
淡路島を素通りされてしまうのが問題かも。


鳴門大橋を渡り四国巡礼を5ヶ寺に参拝して本日宿泊の徳島へ。
13


徳島ですから阿波踊りです。
欄干にも阿波踊りが描かれています。
14



二日目
徳島から鳥取の大山へ。

徳島の宿から鳴門に戻り大塚国際美術館で世界の名画(陶磁器の)を鑑賞して本州に戻ります。
瀬戸大橋を越えて大山に向かいます。


15


16

17


18


19


念願の大塚国際美術館です。
20


21


22


今度は瀬戸大橋です。
23


24


与島PAで瀬戸大橋観光を済ませて本線に。
25






26


27


28


29


30


31


32


33


34


35


36


37


38


39





本日の宿泊ホテルの大山レークホテルに向かいました。
コメント (4)

#272 -’16. 茶室 寿立庵@足立美術館

2016年10月25日 13時08分55秒 | 国内旅行
念願の足立美術館を訪問です。

喫茶室などレストランも開店と同時に満席になると家内が言っていた。
喫茶室の脇を通ると庭園の見える喫茶室(翠、大観)席が空いていた。
入ろうかと思いつつそのままそのまま通過してしまった。

庭園の見学コースが終わり、美術館に入る直前の茶室・寿楽庵があったが、こちらは満席で入る事ができなかった。
足立美術館のHPから寿楽庵の説明を引用させていただきます。
椅子席で気軽にお抹茶を楽しめます。招福・延命に功ありとされる純金の茶釜で沸かしたお湯で、お抹茶をお出ししております。
双幅の「生の掛軸」を眺めながら、安らぎのひとときをお過ごしください。


結果的に一番素敵な茶室・寿立庵にお邪魔する事ができた。
こちらも足立美術館のHPからの引用です。
京都・桂離宮にある「松琴亭」の意匠を写して建てられた茶室で、館名にちなんだ庵号は、裏千家15代前家元・千宗室氏(現千玄室大宗匠)によって命名されました。杉苔が色鮮やかな茶庭を、飛び石伝いに散策でき、秋には楓の紅葉を眺めながら至福の一服をお楽しみになれます。

休憩してお茶したいと気持ちも勿論あったが、それ以上に庭園と隔絶された空間を覗いて見たいとの気持ちが勝っていた。
その為、結果的にこちらの寿立庵に入る事になった。
家内が持参したガイドブックを全く目を通す事もなかったので、喫茶室の翠大観茶室の寿楽庵寿立庵の違いも特色も分かっていたかった。
入ってみて、何度も行けない場所だから足立美術館で体験できる最高の茶室だと思っている。

それでは、その時の画像をアップします。
説明は追って。

わびさびが少し分る歳になって来たのかもしれません。
華美に亘らずに、深い技術に裏付けされた施工なのにその事が説明を受けなければ全く分からない。
それ程に奥深い技術です。

01


02
土塀の先に見える庵(いおり)がお邪魔した寿立庵です。


03
細かく見てきませんでしたが、門柱の屋根は樹皮で葺かれているようです。
ヒバなどの針葉樹系の樹木のようですが、その時は気にも留めずに潜ってしまいました。
声明文を書くだんになってさてと思い悩んでいます。


04
日本文化に感動すら覚えます。
担当の方に説明を聞いていますから、壁一つとってもその凄さに聞惚れ見惚れてしまいます。
素養が無い自分の脳裏には留まらず右から左なのが少し悲しいですが。


05


06


07
こちらの茶室には八つの窓があるとの事。


08


09


10
床の間に一輪活けられていました。
また、それば曲がっているのが何とも。
真っ直ぐにしない事すらその感性に惚れてしまうように洗脳されてみているのかも。


11


12


13


14


15


16
雪見障子が二面程角の所に在りますが、この障子が開け放たれていて庭木が赤く紅葉している写真が寿立庵の紹介に載っている構図です。


17


18


19
日本建築の匠の技が写っているのですが、写真の撮り方が悪くて説明しても理解できないかも。
ダメな撮り方ですいません。
雨戸が全てこの直角の所を通り過ぎて、一か所の戸袋に収まります。
二か所造れば直線的に総て簡単に収まりますが、90度の直角の二面を雨戸が回転する仕掛けが写っているのが分かりますでしょうか。
匠の技が光る所以です。


コメント

#271 -’16. 足立美術館の日本庭園

2016年10月24日 21時57分05秒 | 国内旅行
皆さんご存じの足立美術館です。
説明は足立美術館の公式HPに譲るとして、自分で撮影した写真と主観的な注釈を。
日本一の日本庭園です。
アメリカの日本庭園専門雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』が選ぶ日本庭園の日本一に13年連続で受賞しています。

足立美術館は、美術館と謳っていますから本来は横山大観などの日本画と中心とした素晴らしい芸術作品が展示されているのを鑑賞するのが主目的になります。
でも、こちらでは撮影禁止の為にそれらの画像はありません。
私が訪れた主目的も日本画より世界に冠たる庭園を拝見する事でした。
普段は美術館を訪れる事の好きな家内に連れられ行きますが、今回は日本庭園の魅力の方が勝っていました。

只自分の事前の勉強不足でその庭園の鑑賞方法が金沢の兼六園など今まで訪れた数多くの日本庭園と同じく、回遊して木々の美しさを愛でるものと思い込んでいました。
こちら、足立美術館の日本庭園は全て建物内から乃至は決められた場所からのみ拝見する形式でした。
其れで無ければ、この究極の美の日本庭園を維持管理する事は叶わないのかもと感じた次第です。

借景を含め全て、計算され尽くした庭園美。
庭師として尊敬される日本の匠の技を感じずには入れれない美しさでした。
自然と言う四季の演出家が庭園に彩りを添えてくれる足立美術館の庭園。
四季折々に訪れて見たいと思うのは私だけでしょうか。
四季の移ろいを愛でる心の日本人の感性の豊かさに感動すら覚える庭園でした。

因みに、今回三日目に宿泊した佳翆苑皆美(かすいえん みなみ)は第八位にお宿の日本庭園が入っていました。
チェック・インする際に中居さんから日本庭園で第六位ですと聞きました。
なので、少し順位を落としたみたいですが、それでも凄いですから中居さんに尋ねてしまいました。
「第六位はお宿の日本庭園の部門としてですか?」と、すると返事ははっきりとしませんでした。
ホテルでの日本庭園の素晴らしい所にも結構お邪魔しているのでこちらの佳翠苑 皆美さんが全国日本庭園部門で第六位とは思えなかったのです。
でも、今年は全体での第八位でした。
凄い事です。


01

こちらの画像はスマホにて撮影。
なにも明記していないのは全てニコンにて撮影です。


02



03



04



05



06



07



08



09



10



11



12



13



14



15



16



17



18



19



20



仏壇の脇の床の間に掛けられた掛軸の如く庭の姿が四季の佇まいを映しくいく。
凄い感性です。



22



23



24



25



26



27

これら視写体の二点のみニコンでは撮影していませんでした。
こちらの画像はスマホにて撮影。
なにも明記していないのは全てニコンにて撮影です。


コメント (2)

#263 -’16. 大塚国際美術館(建物関係と睡蓮のみ)

2016年10月16日 22時01分45秒 | 国内旅行
いつかは大塚国際美術館に行ってみたいと思っていた夢が叶いました。

取り急ぎ、建物とモネのスイレンなどをアップします。


01 実はこちらに玄関前に来るのは二度目です。



02 入るのは初めてです。


03



04



05



06



07



08



09



10



11



12



13



14



15



16



17 男性陣が注文したもので、こちらはご飯です。



18 女性陣が注文したもので、こちらはパンです。



19



20
コメント (2)

#261 -’16. 四国巡礼と中国地方の旅・三泊四日(10月14日)本日の夕食は

2016年10月14日 18時18分40秒 | 国内旅行
【京都駅にてお別れして】

4時に京都駅に到着です。
5時過ぎののぞみに乗って帰宅です。
色々と荷物が増えてしまい、電車での旅は大変です。



撮影は全てスマホにて。

Fukurou さん、コメントありがとうございます。東京に戻ってからご返事させていただきます。


【本日の夕食は】

本日の夕食は田中屋の柿の葉寿司でした。
京都駅で買ってきて、食べました。
あと一時間ていどで東京駅に到着です。


撮影は全てスマホにて。
コメント (2)

#259 -’16. 四国巡礼と中国地方の旅・三泊四日(10月13日)足立美術館

2016年10月13日 18時23分56秒 | 国内旅行
【グレートピレネーズ】

お宿のマスコットです。










撮影は全てスマホにて。


【足立美術館】





美術館の茶室にて。






撮影は全てスマホにて。


【出雲大社に】

神無月に日本全土から八百万の神々が出雲の國の出雲大社に参集する。

神有月の地の出雲大社に御詣りした。











撮影は全てスマホにて。

tenjin 95さん、しまそだちさんコメントありがとうございます。東京に戻ってからご返事させていただきます。


【楽しく夕食を頂ました@玉造温泉佳翆苑皆美】

日本式旅館のお宿の佳翆苑皆美に宿泊です。
本日の夕食は楽しく美味しいひとときでした。

ウェルカム・ドリンクを頂いてチェクインです。
素敵な日本庭園で、全国7位とのこと。






撮影は全てスマホにて。
コメント (4)

#258 -’16. 四国巡礼と中国地方の旅・三泊四日(10月12日) 宿は、徳島グランビィリオホテルです。

2016年10月12日 06時38分00秒 | 国内旅行
【宿は、徳島グランビィリオホテルです。】

素敵な居心地良いシティーホテルです。
川の前なのか入江の前なのか、素敵なロケーションです。











撮影は全てスマホにて。


【バチカン市国のシスティーナ礼拝堂】

徳島市内の徳島グランビィリオホテルから高速を通り鳴門北インターへ。
今日は車で到着した外国です。
今回の旅の主目的の一つの大塚国際美術館です。


ローマカソリックの大本山のバチカン市国です。
システィーナ礼拝堂ですがローマに行った時お邪魔していますが、こちらのブログにアップしてありません。
後日、時間が取れればその時の画像をアップします。
ただ、システィーナ礼拝堂内は撮影禁止ですが、観光客で超満員です。
禁止も何のその多くの人が撮影していました。
私は規則に従順な日本人ですから勿論撮影しておりません。
こちらの大塚国際美術館は、撮影は勿論OKです。



ご存じモナリザです。


Fukurou 0731さん、コメントありがとうございます。
東京に戻ってからコメントさせていただきます。

撮影は全てスマホにて。


【うどん県から桃太郎県へ、又その先へ】

さぬきうどんを食してから出発する積りでいましたが、大塚国際美術館のレストランで昼食を食べた為にお腹の按配と折り合いがつかずに通過してしまいました。
瀬戸大橋の撮影のため与島PAに立ち寄り撮影です。
瀬戸大橋は二段になっていた下部を電車がとおります。
展望台にはその電車の通過時間の時刻表が載っています。
私達が居る間にも何台も通過していきました。




四国から山陰まで足を伸ばしたので、その軌跡を簡単に記します。
徳島グランビィリオホテルを発ち鳴門の大塚国際美術館へ。鳴門北ICから神戸淡路鳴門自動車道~高松自動車道~高松東自動車道~高松自動車道~瀬戸中央自動車道~山陽自動車道~岡山自動車道~中国自動車道~米子自動車道の溝口ICで一般道に降りて大山レークホテルに到着です。瀬戸内海側を走っているときは晴れていましたが、岡山自動車道を過ぎるてから高速道路の表示板に雨でスリップ注意が出てきました。
解せない気もしましたが、山脈を越えて日本海への分水嶺と越える辺りから雨が降りだしてきました。
溝口で一般道に降りたころから暗くなり始めて、大山を仰ぎ見る事はできませんでした。
翌日に大山の雄姿を見る事が出来ました。


今日のお宿はこちらのお山の中です。
超素敵なお宿です。


お宿に到着したのは6時過ぎでした。
雨も降り始め、外は真っ黒になっての到着です。
さて、ここのお山は?


撮影は全てスマホにて。


【大山レークホテル】

お宿は、素敵な大山レークホテルです。








撮影は全てスマホにて。

コメント (2)

#257 -’16. 四国巡礼と中国地方の旅・三泊四日(10月11日) 鳴門海峡大橋

2016年10月11日 17時35分25秒 | 国内旅行
Wi-Fiからアップした物を曜日別に編集してアップします。

【のぞみから】
旅の始まりです。
新幹線のぞみに乗って新神戸まで。
既に静岡を通過して。

今回の旅は峠の我が家のお隣さんとの、四国&中国地方の旅です。
海外旅行もクルーズもご一緒させて頂いている素敵なご夫婦との楽しい旅のはじまりです。






撮影は全てスマホにて。


【鳴門海峡大橋】
新神戸で降りて、鳴門海峡(訂正です、明石海峡大橋です。画像も)を越えて淡路島経由で四国へ。




撮影は全てスマホにて。


【四国霊場八十八ヶ所】
今日は四国霊場八十八ヶ所の巡礼の旅です。
親しくして頂いている方と新神戸で待ち合わせして。
一番札所の 竺和山 一乗院 霊山寺から順番に五番札所の無尽山 荘厳院 地蔵寺までお詣りしました。


























撮影は全てスマホにて。
コメント (2)

#144 -’16. 上田駅前(真田丸)

2016年05月04日 16時41分14秒 | 国内旅行
上田城に行く時間はありません。
でも、予約した新幹線の時間まで少しあります。
それでは真田丸で人気沸騰中の駅前を探索です。

上田駅に着く前のバスの車窓から。
信州上田の造り酒屋さんです。



上田の観光が観光が目的ではありませんから、上田城は素通りです。
それでも櫓が見えるとシャッターを押してしまいます。



幟がはためいています。



勿論、六文銭です。



a5



a6



a7



a8



a9



b1



b2



b3



b4



一年限定です。


コメント (3)

#143 -’16. アルペンルートを後にして(4月20日)立山~上田

2016年05月04日 15時53分24秒 | 国内旅行
アルペンルートを立山まで下って来た。
此処からは我等の観光バスに乗って一路上田にむかいます。
北陸道、上信越道を通り長野に向かう。

ここで少し休憩です。
近くをぶらつき、中国人団体のシャッター押して国際親善です。



我等の観光バスもこちらに駐車です。



一般道を走り高速へ向かう道には桜が咲いていた。



私達が座った席は左側で、素敵な立山連峰が見えるのは右側でした。
高い雪を頂く立山連峰が眼前に迫る。
いよいよ高速道へ。



北陸道&北陸新幹線が走っています。
車窓から見える立山連峰が素晴らしい。



ファスナーのリーディングカンパニーのYKKの工場がありました。
アメリカでも確固たる地位を築いているYKKです。



場所は分かりませんが、大観覧車が目に入りました。



黒部ダムにお邪魔した翌日ですから。



確か富山県砺波市はチューリップの日本での生産地。



親不知の海岸線です。確か?



b0



北陸道に別れを告げて上信越道へ。



桜並木がまんかいでしたが、これも右側でした。
この桜は桜並木ではありません。



予約していた列車まで時間が有り、上田の街を少し歩きました。
と言っても駅前だけですが。
上田城までの時間は有りませんでした。
新幹線が入線です。



新幹線の旅の良さを再確認です。
お弁当と、缶ビールが飲めるんですよ。
最高です。



b5



b6



b7
コメント

カウンター