週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#048 -’17. 温度計での最低気温と最高気温の計測

2017年02月21日 11時51分20秒 | お山の日記
別荘を建てて以来ですから既に十数年使用しているデジタル温度計&今回ネットで買い求めた水銀式の最高&最低温度計を試してみた。
デジタルは温風ヒーターなどに使用されている温度センサーが外気温用として長いコードの先についている。
室内は本体にセンサーの受温部が組み込まれている。
現在温度の室内&室外温度をリアルタイムで表示する。
リセット以降の室内と室外の最高&最低気温が記憶される優れものだ。
乾電池で稼働するために、数字を示す液晶部分が低温では少し見難くなる成るきらいがある。
それでも、正常に動けば最高である。

室内の部屋から外部に配線を出す所がなくなり、玄関ドアの狭い空間を這わす事にした。
仮置きなので外気温センサーには直接太陽光が当たる可能性がある。
取り敢えず様子見です。
後日、正しい場所に恒久的に設置する予定です。




こちらは至ってアナログな昔ながらの寒暖計です。
赤く着色されてアルコールではなく、青い液体を押し上げる為に質量の重い水銀を使用しているようです。
でも、原理は簡単ですがこの方式を考えた方の頭脳に脱帽です。
右が現時点での温度です。
ですが、左も現時点での温度です。
気温が上がれば右に水銀が移動して、温度が下がれば左に移動します。
押し上げたブルーの液体の下部がリセット後の最低最高温度を表示します。


土曜に夜から外に出して置き、日曜日の早朝に雪が降ったみたいです。
最低気温は11℃でした。


室内に持ち込もと、どんどん温度は上昇してしまいます。


温度計のケースの裏に印刷されていた取説です。
コメント

#046 -’17. 魂の裁判(額装)

2017年02月20日 11時41分20秒 | お山の日記
エジプトで買った魂の裁判を以前にはざいやさんで買い求めてアクリル板で額装した。
しかし、パピルス紙に描かれている魂の裁判。
パピルス紙と背景の裏の紙と色調と色彩が近くどこかしっくりしなかった。
ユザワヤさんで買った紙での額装し直しです。

個人的には決まった感じで満足です。
アクリル板なので作成中に静電気を帯びてしまい、ゴミが沢山付いてしまった事と黒い紙を切る丁度良い鋏が無かったので、後日正確に裁断せねばならない。

こちらは総てニコンにて撮影です。
ピクチャーレールから外して作業開始です。



パピルス紙と裏紙はどちらもベージュ系です。



個人的には満足できる額装です。



パピルス紙自体が工業的に端が綺麗に裁断されている訳ではないからこの程度で妥協せねばならないかも。


額装の裏紙を貼り直して、今回のお山での大きな目的の一つを完了です。
コメント

#045 -’17. 2月19日日曜日のお山の日記 (目か覚めて&恐る恐る温度計確認)

2017年02月19日 04時10分08秒 | お山の日記
【目が覚めて】

喉が渇き目が覚めた。
今では薪ストーブに目一杯詰め込んで、空気を絞る焚きかたはしていない。
なので、3時間程度すると薪ストーブは消えてしまう。
再度、火を点けなければならない。
今回、ジョイフル本田で買った着火剤が優れもので一発で燃え上がり火が点いた。
ランニングコストと良い、火つき、火力と良い。
当たりであった。
太い薪ではなく、柴に点けたとはいえ火力、燃え上がりが強力だ。






次の画像は昨日の日没後に窓越しに撮影したものです。




総てスマホで撮影。


【恐る恐る温度計確認】

昨日修理した温度計。
完全に修理が済んだか恐る恐る確認。
うまく機能しているみたいだ。
玄関に取り付けたデジタル温度計は南向。
こちらは午前7時の温度



こちらはデジタル温度計の今日の最低気温。



こちらは買ったばっかりで今回初使用の寒暖計。
リセットするまでの最低最高気温が記録できる。
ネットで家内が買ってくれた優れものデス。



このスレッドの入力は全て音声入力です。
購入してから一度も使用していなかった。
かしこさに感動です。

(上のブルーの文字の所は音声入力にてスマホでアップです。画像もスマホにて撮影です。)
コメント

#044 -’17. 2月18日土曜日のお山の日記(その二)我が家から&冬の八ヶ岳

2017年02月18日 18時36分31秒 | お山の日記
【我が家から】
到着時の外気温はマイナス2度で大平ではプラス2度でしたから、温度差は4度でした。
峰に雪を戴く風景も格別です。

デジタル式の室内温度と外気温度を計測出来る優れものです。
尚且つ、室温と外気温の最高と最低温度を記憶出来るます。
外気温を計るコードが窓の外の外気に触れる所に出さねばならない。
改築して二重サッシにしたとき断線してしまった。
長いことほっておいたが、簡易的に修理した。

撮影時の外気温と室内(玄関)の温度を表示中。
ドアの外の南側にあるので少し外気温は高く表示されえているかもしれない。

スマホで撮影です。


以前で有れば、ウッドデッキの積雪を下に落としたけで、何もしないで溶けるのを待つつもりです。
40~50センチ程度の積雪です。
新雪時ならいとも簡単に除雪できるけど、一旦固まるとこれば難行苦行の作業になります。

スマホで撮影です。


窓の外を一枚。

スマホで撮影です。


白樺が藪になっているので少し切倒さねばならない。

スマホで撮影です。


ウッド・デッキから蓼科山を一枚。

スマホで撮影です。


【冬の八ヶ岳】

富士見の生協に買い物に行った途中でのこの時期の絶景です。
スマホで撮影していますが、追ってニコンの画像に変えるかも。

原村と富士見からのこの時期にしか観ることの出来ない絶景です。
















池さん、白犬さん、コメントありがとうございます。東京に帰ってからご返事させていただきます。


コメント (2)

#043 -’17. 2月18日土曜日のお山の日記(その一)双葉SAで&除雪

2017年02月18日 18時35分50秒 | お山の日記
【双葉SAで】
週末を原村で過ごす為、朝一番に出発。
8時過双葉サービスエリアで朝食を頂いた。
レストランコブシでは、バイキンクだったのでフードコートで炒飯を頂いた。

撮影はスマホにて。


レストランコブシの前には大河ドラマの名残。

画像もスレッドもスマホから送信です。


【除雪】

何時もの事ながら鉢巻道路を走行してきて原村に入ると途端に路上に残雪が圧雪されて残っている。
富士見と原村では同じ鉢巻道路でも温度差が2~4℃程度ある為なのかも。
原村で雪が舞っていても富士見では雪が舞っていない事が多い。
それとも、除雪対処の違いなのかに気成る。

9時少し前に到着して雪かきです。
最初に道路から玄関までの細い一本道を作らねばならない。
道路は所に依って前日の雪融けした水が凍結してブラックアイス状態。
歩くのもままならない状況でした。
道路は管理事務所が除雪してくれるが、その為敷地内に入る所が壁になってしまう。
これを除雪するのが結構大変なのだ。
家内の手伝いもあって一時間で完了した。


撮影はスマホにて
コメント (2)

#032 -’17. 2月9日のナナちゃん & Florence Vacation Travel Guide | Expedia

2017年02月09日 13時53分56秒 | お山の日記
保護猫ナナちゃんの今日の日記です。
色々と体験させていますが、超が付く心配性でナカナカ馴染んでくれません。
野良猫の時につらい思いを体験しただけではなく、猫種にも依って人に対する警戒心に強弱がある事。
なので他の猫のリハビリを気にせずに、牛歩の歩みでも気長に頑張っています。

ケージが心落ち着く安住の地。
ケージから出る時はキャリーケースに入って居れば問題ありません。
しかし、それだけでは世界が広がりません。
先日来、大好きになったペットベットで部屋に出るようにリハビリ中です。

今日のナナちゃんの凛々しい姿です。

スマホにて撮影。


エクスペディア編集のフィレンツェです。
何度もお邪魔しているミラノはイタリアに入る玄関口。
素晴らしいフィレンツェは是非とも何度も訪れて見たい。
イタリア訛りの強い英語ですが。
ご覧ください。
Florence Vacation Travel Guide | Expedia
コメント (2)

#022 -’17. 冬の峠の我が家の顛末

2017年01月29日 18時00分23秒 | お山の日記
前回峠の我が家に来たのは12月の10日です。
タイヤ交換の為と月一の訪問実績の為です。
一番寒い時期の長期間留守にしていたから問題発生です。

イナックスのシャワートイレには水抜きが難しい為に電源を入れたままでシャワーのタンクなど通電して暖めています。
その為に小さなタンクが空になる事もあるので心配でした。
でも、今回の心配の種はシャワートイレの水ではありません。

峠の我が家の水抜きは建物の外に出てバルブを開け閉めする必要はありません。
室内からライラックと言う水抜き用(水通し用)のスイッチに電源をオンにしてボタンを押して水通しすれば完了です。
その前に蛇口など開放状態の所を総て閉まるのは勿論ですが。

今回そのライラック(商品名)の電源を入れて水通しのスイッチを入れても異常のランプが点灯します。
勿論、建物への水通しが完了していませんから全ての蛇口から水が出てきません。
これでは、今回峠の我が家にやって来た目的が達成できません。
ライラックの設置されている場所の近くに不凍立水栓があります。
これは、水抜きした後でも唯一我が家で水が出る所です。
水が動けばライラックの近くに冷たくても熱が移動します。
不凍水栓からどんどん水を出してもライラックの変化は全くありません。
家内が取説を出してきて、手動でもライラックを開く事が出来るとの事。
勿論、原因は凍結です。
手動でもびくともしませんでした。
ドライヤーを出してきて10分以上かけて暖めてヤット動き出して水を出す事に成功しました。
寒冷期の長期間不在は問題が発生しやすいと痛切に感じた次第です。
不凍液も薄かったのか、トイレやお風呂場の排水トラップの所が少し凍っていました。
別段、凍結する事でパイプなどの損傷は発生して居なかったのが何よりでした。
不凍液のみ多く入れて居れば春になれば問題発生する恐れはない状況ですが。
月一来る状態では問題です。
トイレも問題なしでした。

寒冷地の別荘では夏は良いとしても、冬は問題です。

金曜日に東京は発ち、峠の我が家を到着して少し建物自体を暖めて小淵沢の風かに投宿です。
翌、土曜日の午前九時半過ぎにチェックアウトして峠の我が家に向かった次第です。
ライラックの異状状態発生はこの日、即ち土曜日です。
この為に、30分以上タイムロスしてしまいましたが、修理しなければならない故障が発生しなかったのが何よりでした。

ライラックで水抜きして峠の我が家を発ったのは午後3時半でした。
談合坂SAで休憩して我が家に午後6時に到着でした。
調布で降りてから一般道が何処もかしこも帰宅ラッシュでした。
空いて居れば八王子料金所から30分なのに、調布で降りてから40分かかってしまった。

バックミラーの車窓の後ろの夕焼けを家内にスマホで撮影してもらった。
間もなく調布インターです。



拡大して



調布インターでぐるっと回ったので、正面に見えて来た。



スマホで撮影したのは総て家内です。
コメント (2)

#021 -’17. 1月28日のお山の日記(峠の我が家のご近所)

2017年01月29日 14時27分35秒 | お山の日記
【暖かそうな朝】

峠の我が家より標高が低いし、寒波も抜けてから天候も暖かくなって来たようだ。



風かは山梨県だが、放送は長野の電波だ。

以上山梨県のホテル風かからアップです。


【峠の我が家のご近所】

昨日、小淵沢の風かに宿泊して原村にもどりました。

原村・富士見町の周辺の風景を。

車窓からスマホで撮影した景色です。

小淵沢での外気温です。
標高も1000メートル弱です。



我が家が命名した原村大通りを下りたてしな自由農園に買い物です。
土曜日の朝一ですし、真冬のこの時期ですから空いていました。
簡単なものを少しかって原村生協へ向かいました。
鉢巻道路を八ヶ岳美術館方向に向かう所です。
富士見では鉢巻道路に殆ど雪はありませんが、原村に入ると途端に同じ鉢巻道路ですが雪が多くなります。
圧雪される前すなわち新雪の内に雪を掻いてくれれば消えると思うのですが。
2


大通りを下り樅の湯を過ぎて。
3


富士見パノラマスキー場が見えますが、スマホのピントがありません。
4



多分、富士見のJマートに行く途中の場所からの八ヶ岳です。
5


6




7



肉眼では綺麗に富士山が何処でも見える富士見町です。
8



ここで左折してエコ-ラインに入り深山で右折してズームラインに入ります。
9


ズームラインからの阿弥陀岳が大好きです。
10


あと少しで鉢巻道路です。
11


近づき過ぎれば、阿弥陀岳が見えなくなってしまいますから絶妙な位置関係です。
12



鉢巻道路から美濃戸口方面を一枚。
13
コメント

#020 -’17. 1月27日のお山の日記(峠の我が家に到着)

2017年01月27日 14時50分36秒 | お山の日記
到着時の我が家の室内の温度計は氷点下5度でした。
ギンギンに冷えきっています。

来る途中の八ヶ岳パーキングで昼食です。
お昼過ぎで結構混んでいた。



こちらは家内のかき揚げです。


こちらは私のにカツ丼です。



到着じの室内は冷蔵庫状態です。
暖房機を総動員です。
今はここまで上がって来ました。


ウサギの足跡です。
進行方向は私のほうに来るかたちです。
左右に並んでいる足跡は後ろ足です。
後ろ足が前後に並んだ前足を飛び越して着地しているからです。



【風かに到着】
四時前に風かにチェックイン。
お風呂へ行ってきた。
大きなお風呂を一人占めです。
3時にチェックインして入っていた人達が出ていく。
タイミングが良かった。

本日のお部屋は、和洋室です。
三階では一番広い部屋でした。

























【風かの夕食】

風かの夕食です。
飲まない家内ですが、飲み放題コースはグループ毎ですから私のしわ寄せを受けて家内も飲み放題コースです。



生ビールサーバーです。



右が私の注文したオンザロックの、左のグラスが家内の頼んだソーダ割です。


次が黒ビールの生です。



パイ包みです。


蒼龍の白ワインです。
以前にお邪魔した蒼龍のワイナリーはこちらです。




















コメント

#299 -’16. 11月18日のお山の日記(待ち合わせしてお山へ)

2016年11月19日 08時21分47秒 | お山の日記
今回のお山は業者との用事があり来なければならない。
日曜日には東京で嬉しい用事がある。
タイトな日程中での原村滞在だ。
ペンキ塗りも未だ終わっていないし、タイヤ交換も済んでいない。
やるべき作業は沢山有れど何も出来そうもない。

金曜日は家内がオープン・ユニバースの講義を受けに行く。
お昼に終わるので、武蔵境のヨーカドーの駐車場で待ち合わせする積りだった。
(買い物すれば2時間程度駐車場に止められるから、中央線で飯田橋からくれば武蔵境の駅前で少しの誤差があっても大丈夫とふんだ。)
自分の到着が遅くなら、ロータリーで待ち合わせしてお山へ出発した。


出発する直前に魂の裁判のアクリルの額が届いた。
はざいやさんで、注文した来たものがタイミングよく届いた。)
原村に到着してすぐの装丁を開始した。
縦75センチメートル、横130センチメートル。
すごく大きい。


段ボールを解いて組み立開始です。


枠の取り付け説明書と首っ引きです。


凄く良いシステムの造りなので感心しました。


筒に入れて保管していたのでパピルスがどうしてもよれ初めている感じです。
少しピント伸びたら再度装丁し直す積りです。


ピクチャーレールに掛けて飾って見ました。
ベージュ色のバックにベージュ色のパピルスです。
どうもしっくりきません。
後日、黒の背景に替えて見る積りです。



【磯五郎@富士見町】
今回は買い物も食料品も持参しておりません。
ヨーカドーで買わずに峠の我が家の直行してしまいました。
その後の『魂の裁判』の装丁作業でどこにも出かける事無しに夕飯時刻になりました。
何処へ行くとの事で、カキフライが食べたいとの自分の申し出に、家内から。
昨日もカキフライ食べたよねとの事。
毎日でも良いぐらいに大好きですから何の問題もありません。

カキフライが食べたくて、磯五郎さんに来た。
ところが、メニューに載ってない。
顛末は峠の我が家に戻ってから。




11月も後半です。
黒板に書かれたメニューにカキフライが有りました。
この為に磯五郎に来たのです。
私が頼んだ、カキフライです。


家内が頼んだのはミックスフライです。


最後にデザートです。






夕食後に西友に寄って買い物です。
明日は雨とのこと。
でも星空です。

中央高速での覆面パトカーと遭遇しました。
おって追記します。
コメント (2)

#290 -’16. 四国と中国地方の旅のお宿編(一泊目)

2016年11月11日 22時42分46秒 | お山の日記
楽しい旅の始まりです。
四国八十八ヶ所巡礼の一番札所から五番札所までの巡礼を済ませて徳島グランヴィリオホテルにチェック・インです。
今回の此方のホテルは素敵なシティーホテルです。
二泊目がリゾートホテルで、三泊目が日本旅館でした。
バラエティーに富んだ一泊目のホテルです。


01



02



03



04



05
ヨットなどが係留されている川を眼下に眺める素敵なお部屋でした。
部屋に入るまで想像もしていませんでしたから、眺望の良さに感動ものでした。



06



07
結婚式などが執り行われるシティーホテルです。



08
シティーホテルなので一泊朝食付きでの予約です。
外に食べに行っても良いですが、飲んでホテルに戻るのも面倒です。
素敵な中華レストラン・中華酒家龍殿で頂きました。



09



10



11



12



13



14



15



16
ここからは翌朝のバイキングです。



17
レストラン棟からホテル棟をのぞいて一枚。



18
お客はそれ程多くないのかと思っていたら、朝食会場は結構沢山の方がおりました。


徳島グランヴィリオホテルを後にして大塚国際美術館に向かいました。
コメント

#289 -’16. 11月8日の雑感(U.S.A.の大統領選挙など)

2016年11月08日 16時38分15秒 | お山の日記
〇 アメリカの大統領選挙(大統領選挙人選出選挙)は4年に1度、「11月の第1月曜日の次の火曜日」と決められている。
アメリカ合衆国の大統領選挙が始まっる。(アメリカ時間で)
既成政治の打破を期待されるトランプ氏が善戦している。
マスコミも多くの知識人も反トランプを叫んでいる。
共和党の大統領候補であるトランプ氏が民主党のヒラリークリントン氏に善戦しているのである。
共和党の主流派の議員などの政治家も反トランプの旗を上げて居る人すらいる。

なのに、選挙が終了してみなければどちらに転ぶか分からない程拮抗しているのである。
と言う事は、裏を返せばそれ程ヒラリー氏の人気が無いのかと言う事である。
驚いているばかりではいられない。
七月の末に述べた『共和党候補に決定のトランプ氏、民主党候補にクリントン氏』の内容と殆ど変わることなく接戦なのである。
本来で有るなら大差がつく選挙戦になってもおかしくない問題児のトランプ氏なのに人気が衰えない。
それほどまでに、何かを期待しているアメリカ国民。
何かを変えてくれるかもしれない未知数のトランプ氏としての思いがあるのだ。
オバマ大統領が変化を訴えて勝ち取った大統領とは大きく違うのである。

アメリカ合衆国の国民は政治の変革を願う人が如何に多いかと言う事である。
オバマ大統領は共和党のブッシュ大統領に決別するアメリカの変革を強力に訴えたのと違うのである。
トランプ氏を支持する人々は、雇用など何か変革してくれるかもとの淡い期待で支持行動を起こしているかんじがする。
反対にクリントン氏では今と雇用も景気も何も変わる事の無い政治が続くと思っているようだ。

トランプ氏が共和党の指名を受けるまでは過激な発言をしても、民主党との決戦になれば現実的な路線に少し軌道修正するのが一般的である。
なのに何も変更する事が無いトランプ氏。
その、未知数な政治姿勢が諸外国にも不安を与えるのである。
それでもアメリカ人の人々から多くの支持を受けているのである。
日本のように、政権が変わっても霞が関の高級官僚が政治の一翼を担う訳では無いアメリカ合衆国です。
ホワイトハウスがガラッと変わる不安があるのである。

でも、トランプ氏が大統領になる可能性は非常に高い感じがする。
大統領選挙人の反乱が無ければトランプ大統領の誕生もありかも。

〇 先日の日経新聞にクルド人の部隊がISの重要な拠点であるモスルを奪回すべく攻撃を開始したとのこと。
イラク軍はISの拠点のファルージャを奪回しつつある。
一見、ISが駆逐されれば世の中の騒がしさが収まり静かになる感じがするが、現実はことなるのである。
戦力の不均等が大きくなれば成る程、自爆テロ的な活動が増えるのである。
ISの残党兵や信者が世界に拡散して少人数で出来るテロ活動に移行する危険が増大するのである。
クルド人の部隊に積極的に関与するアメリカ軍は武器も戦術も伝授するのである。
敵の敵は味方の理論が現実として消失すると、過去のユダヤ人と同じ国を持たないクルド人とトルコ軍との軋轢が顕在化する。
何とも難しい国際情勢である。
 
〇 雑感ではなく、下調べに行ってきました。
行った先は、日本料理の『瑞鳳』です。
お昼を頂いてきました。











日本料理の美しさには芸術性すら感じます。
コメント

#287 -’16. 11月6日のお山の日記

2016年11月06日 16時10分55秒 | お山の日記
前回のお山の滞在と、今回のお山の滞在ではどこにも行っていない。
でも、最高に充実していた。
現役世代である時は最高の充実は何もしない事。
リタイヤした我が身にとっては、峠の我が家で充実した時の過ごし方が変わった。
前回と今回と作業を行い無駄な時間を浪費することなく活動したからである。
変われば変わる物である。
現役時代には如何に何もしない虚無の時間を過ごす事が満足感となり充実した時を過ごした。
今は、反対に何かものを成し遂げる事が充実感&満足感が増すようだ。

今日は巷での日曜日です。
午前中乃至は正午過ぎには小仏トンネルの渋滞発生個所を通過したい。
その事を勘案して、本日は何もせずにお山を後にした。

今回も水抜きはしてこなかった。
タイヤもラジアルタイヤのまま。
気になるのはタイヤチェーンを積んでくるのを忘れてしまった。

次回に水抜きとタイヤ交換をしなければならない。
原村はいよいよ冬到来です。

峠の我が家には群れた四十雀が飛来してきて居る。
餌を求めて木から木に飛び移っている。

鉢巻道路の紅葉です。


助手席から家内がスマホにて撮影です。






甲州ブドウを求めてお邪魔したが、パック詰めの小分けされたもののみであった。
既に終わりの様である。


釈迦堂で小休止です。
目的の物はありませんでした。


コメント (2)

#286 -’16. 11月5日のお山の日記

2016年11月05日 19時55分13秒 | お山の日記
開門の9時過ぎに農業大学校に買い物にお邪魔した。

真っ直ぐに温室のところにお邪魔した。

温室の鉢の花とシクラメンを買った。

戻る途中で売店にも寄ってリンゴ等買ってきた。






















【積雪を前に】


原村は必ずしも、積雪量が多い地域ではない。
しかし、雪が降りだせばウッドデッキのペンキ塗りは出来ない。
朝一番に農業大学校にお邪魔しただけで黙々とペンキ塗りだ。

昼食も夕食も温泉も行かず作業した。
夕方には照明を点けて行った。
完全ではないが、コールドです。

まあ、よしと言うこと修了です。


画像は全く関連の無い、イギリスのスワン・ホテル(コッツウォルズ・バイブリー)です。







コメント

#285 -’16. 11月4日のお山の日記(峠の我が家に向かって、GO)

2016年11月05日 05時35分25秒 | お山の日記
【峠の我が家に向かって、GO】

気になるウッドデッキのペンキ塗りです。
未だ未だ、先が見えません。
雪が降りだす前には、2度塗りまで行いたい。
なのに、1度塗りすら終わっていない。

そんなこんな、峠の我が家に。
高速道路の割引が無くなったのは痛い。

今回も、勝沼で降りて一般道へ。

朝の混在を避けた積りだが、中央道は渋滞こそしていないが結構混んでいる。
上野原を越える辺りから走行車両も少なくなってきた。


右手に見える変わった形のお山は大月の岩殿山です。


勝沼で一般道に降りて、国道20号を走行です。






甲州街道の甲府バイパスを通り韮崎から、141号へ。



【鉢巻道路へ】

141号から鉢巻道路に。






富士見のイチョウの紅葉が美しい所ですが、既に終わっているようなので通過です。





【雉に出迎えられて】

鉢巻道路を通って峠の我が家に到着です。

我が家から出迎えに出て来たのは雄の雉でした。

カメラを構えいなかったので藪に消え去ってしまった。

鉢巻道路の終わりかけた秋です。















【昨日(10月4日)到着時の室温は】

昨日は結構、暖かかった様で室温はプラスの5℃でした。



ここまでが昨日の出来事。
コメント

カウンター