週末を原村で

非日常性のユッタリした時の流れを信州は原村で。音楽を聴きながら星を眺め!最近は海外の旅の記事もアップします。

#299 -’16. 11月18日のお山の日記(待ち合わせしてお山へ)

2016年11月19日 08時21分47秒 | お山の日記
今回のお山は業者との用事があり来なければならない。
日曜日には東京で嬉しい用事がある。
タイトな日程中での原村滞在だ。
ペンキ塗りも未だ終わっていないし、タイヤ交換も済んでいない。
やるべき作業は沢山有れど何も出来そうもない。

金曜日は家内がオープン・ユニバースの講義を受けに行く。
お昼に終わるので、武蔵境のヨーカドーの駐車場で待ち合わせする積りだった。
(買い物すれば2時間程度駐車場に止められるから、中央線で飯田橋からくれば武蔵境の駅前で少しの誤差があっても大丈夫とふんだ。)
自分の到着が遅くなら、ロータリーで待ち合わせしてお山へ出発した。


出発する直前に魂の裁判のアクリルの額が届いた。
はざいやさんで、注文した来たものがタイミングよく届いた。)
原村に到着してすぐの装丁を開始した。
縦75センチメートル、横130センチメートル。
すごく大きい。


段ボールを解いて組み立開始です。


枠の取り付け説明書と首っ引きです。


凄く良いシステムの造りなので感心しました。


筒に入れて保管していたのでパピルスがどうしてもよれ初めている感じです。
少しピント伸びたら再度装丁し直す積りです。


ピクチャーレールに掛けて飾って見ました。
ベージュ色のバックにベージュ色のパピルスです。
どうもしっくりきません。
後日、黒の背景に替えて見る積りです。



【磯五郎@富士見町】
今回は買い物も食料品も持参しておりません。
ヨーカドーで買わずに峠の我が家の直行してしまいました。
その後の『魂の裁判』の装丁作業でどこにも出かける事無しに夕飯時刻になりました。
何処へ行くとの事で、カキフライが食べたいとの自分の申し出に、家内から。
昨日もカキフライ食べたよねとの事。
毎日でも良いぐらいに大好きですから何の問題もありません。

カキフライが食べたくて、磯五郎さんに来た。
ところが、メニューに載ってない。
顛末は峠の我が家に戻ってから。




11月も後半です。
黒板に書かれたメニューにカキフライが有りました。
この為に磯五郎に来たのです。
私が頼んだ、カキフライです。


家内が頼んだのはミックスフライです。


最後にデザートです。






夕食後に西友に寄って買い物です。
明日は雨とのこと。
でも星空です。

中央高速での覆面パトカーと遭遇しました。
おって追記します。
コメント (2)

#290 -’16. 四国と中国地方の旅のお宿編(一泊目)

2016年11月11日 22時42分46秒 | お山の日記
楽しい旅の始まりです。
四国八十八ヶ所巡礼の一番札所から五番札所までの巡礼を済ませて徳島グランヴィリオホテルにチェック・インです。
今回の此方のホテルは素敵なシティーホテルです。
二泊目がリゾートホテルで、三泊目が日本旅館でした。
バラエティーに富んだ一泊目のホテルです。


01



02



03



04



05
ヨットなどが係留されている川を眼下に眺める素敵なお部屋でした。
部屋に入るまで想像もしていませんでしたから、眺望の良さに感動ものでした。



06



07
結婚式などが執り行われるシティーホテルです。



08
シティーホテルなので一泊朝食付きでの予約です。
外に食べに行っても良いですが、飲んでホテルに戻るのも面倒です。
素敵な中華レストラン・中華酒家龍殿で頂きました。



09



10



11



12



13



14



15



16
ここからは翌朝のバイキングです。



17
レストラン棟からホテル棟をのぞいて一枚。



18
お客はそれ程多くないのかと思っていたら、朝食会場は結構沢山の方がおりました。


徳島グランヴィリオホテルを後にして大塚国際美術館に向かいました。
コメント

#289 -’16. 11月8日の雑感(U.S.A.の大統領選挙など)

2016年11月08日 16時38分15秒 | お山の日記
〇 アメリカの大統領選挙(大統領選挙人選出選挙)は4年に1度、「11月の第1月曜日の次の火曜日」と決められている。
アメリカ合衆国の大統領選挙が始まっる。(アメリカ時間で)
既成政治の打破を期待されるトランプ氏が善戦している。
マスコミも多くの知識人も反トランプを叫んでいる。
共和党の大統領候補であるトランプ氏が民主党のヒラリークリントン氏に善戦しているのである。
共和党の主流派の議員などの政治家も反トランプの旗を上げて居る人すらいる。

なのに、選挙が終了してみなければどちらに転ぶか分からない程拮抗しているのである。
と言う事は、裏を返せばそれ程ヒラリー氏の人気が無いのかと言う事である。
驚いているばかりではいられない。
七月の末に述べた『共和党候補に決定のトランプ氏、民主党候補にクリントン氏』の内容と殆ど変わることなく接戦なのである。
本来で有るなら大差がつく選挙戦になってもおかしくない問題児のトランプ氏なのに人気が衰えない。
それほどまでに、何かを期待しているアメリカ国民。
何かを変えてくれるかもしれない未知数のトランプ氏としての思いがあるのだ。
オバマ大統領が変化を訴えて勝ち取った大統領とは大きく違うのである。

アメリカ合衆国の国民は政治の変革を願う人が如何に多いかと言う事である。
オバマ大統領は共和党のブッシュ大統領に決別するアメリカの変革を強力に訴えたのと違うのである。
トランプ氏を支持する人々は、雇用など何か変革してくれるかもとの淡い期待で支持行動を起こしているかんじがする。
反対にクリントン氏では今と雇用も景気も何も変わる事の無い政治が続くと思っているようだ。

トランプ氏が共和党の指名を受けるまでは過激な発言をしても、民主党との決戦になれば現実的な路線に少し軌道修正するのが一般的である。
なのに何も変更する事が無いトランプ氏。
その、未知数な政治姿勢が諸外国にも不安を与えるのである。
それでもアメリカ人の人々から多くの支持を受けているのである。
日本のように、政権が変わっても霞が関の高級官僚が政治の一翼を担う訳では無いアメリカ合衆国です。
ホワイトハウスがガラッと変わる不安があるのである。

でも、トランプ氏が大統領になる可能性は非常に高い感じがする。
大統領選挙人の反乱が無ければトランプ大統領の誕生もありかも。

〇 先日の日経新聞にクルド人の部隊がISの重要な拠点であるモスルを奪回すべく攻撃を開始したとのこと。
イラク軍はISの拠点のファルージャを奪回しつつある。
一見、ISが駆逐されれば世の中の騒がしさが収まり静かになる感じがするが、現実はことなるのである。
戦力の不均等が大きくなれば成る程、自爆テロ的な活動が増えるのである。
ISの残党兵や信者が世界に拡散して少人数で出来るテロ活動に移行する危険が増大するのである。
クルド人の部隊に積極的に関与するアメリカ軍は武器も戦術も伝授するのである。
敵の敵は味方の理論が現実として消失すると、過去のユダヤ人と同じ国を持たないクルド人とトルコ軍との軋轢が顕在化する。
何とも難しい国際情勢である。
 
〇 雑感ではなく、下調べに行ってきました。
行った先は、日本料理の『瑞鳳』です。
お昼を頂いてきました。











日本料理の美しさには芸術性すら感じます。
コメント

#287 -’16. 11月6日のお山の日記

2016年11月06日 16時10分55秒 | お山の日記
前回のお山の滞在と、今回のお山の滞在ではどこにも行っていない。
でも、最高に充実していた。
現役世代である時は最高の充実は何もしない事。
リタイヤした我が身にとっては、峠の我が家で充実した時の過ごし方が変わった。
前回と今回と作業を行い無駄な時間を浪費することなく活動したからである。
変われば変わる物である。
現役時代には如何に何もしない虚無の時間を過ごす事が満足感となり充実した時を過ごした。
今は、反対に何かものを成し遂げる事が充実感&満足感が増すようだ。

今日は巷での日曜日です。
午前中乃至は正午過ぎには小仏トンネルの渋滞発生個所を通過したい。
その事を勘案して、本日は何もせずにお山を後にした。

今回も水抜きはしてこなかった。
タイヤもラジアルタイヤのまま。
気になるのはタイヤチェーンを積んでくるのを忘れてしまった。

次回に水抜きとタイヤ交換をしなければならない。
原村はいよいよ冬到来です。

峠の我が家には群れた四十雀が飛来してきて居る。
餌を求めて木から木に飛び移っている。

鉢巻道路の紅葉です。


助手席から家内がスマホにて撮影です。






甲州ブドウを求めてお邪魔したが、パック詰めの小分けされたもののみであった。
既に終わりの様である。


釈迦堂で小休止です。
目的の物はありませんでした。


コメント (2)

#286 -’16. 11月5日のお山の日記

2016年11月05日 19時55分13秒 | お山の日記
開門の9時過ぎに農業大学校に買い物にお邪魔した。

真っ直ぐに温室のところにお邪魔した。

温室の鉢の花とシクラメンを買った。

戻る途中で売店にも寄ってリンゴ等買ってきた。






















【積雪を前に】


原村は必ずしも、積雪量が多い地域ではない。
しかし、雪が降りだせばウッドデッキのペンキ塗りは出来ない。
朝一番に農業大学校にお邪魔しただけで黙々とペンキ塗りだ。

昼食も夕食も温泉も行かず作業した。
夕方には照明を点けて行った。
完全ではないが、コールドです。

まあ、よしと言うこと修了です。


画像は全く関連の無い、イギリスのスワン・ホテル(コッツウォルズ・バイブリー)です。







コメント

#285 -’16. 11月4日のお山の日記(峠の我が家に向かって、GO)

2016年11月05日 05時35分25秒 | お山の日記
【峠の我が家に向かって、GO】

気になるウッドデッキのペンキ塗りです。
未だ未だ、先が見えません。
雪が降りだす前には、2度塗りまで行いたい。
なのに、1度塗りすら終わっていない。

そんなこんな、峠の我が家に。
高速道路の割引が無くなったのは痛い。

今回も、勝沼で降りて一般道へ。

朝の混在を避けた積りだが、中央道は渋滞こそしていないが結構混んでいる。
上野原を越える辺りから走行車両も少なくなってきた。


右手に見える変わった形のお山は大月の岩殿山です。


勝沼で一般道に降りて、国道20号を走行です。






甲州街道の甲府バイパスを通り韮崎から、141号へ。



【鉢巻道路へ】

141号から鉢巻道路に。






富士見のイチョウの紅葉が美しい所ですが、既に終わっているようなので通過です。





【雉に出迎えられて】

鉢巻道路を通って峠の我が家に到着です。

我が家から出迎えに出て来たのは雄の雉でした。

カメラを構えいなかったので藪に消え去ってしまった。

鉢巻道路の終わりかけた秋です。















【昨日(10月4日)到着時の室温は】

昨日は結構、暖かかった様で室温はプラスの5℃でした。



ここまでが昨日の出来事。
コメント

#270 -’16. 10月23日の日記(原村撤収)

2016年10月23日 10時29分40秒 | お山の日記
朝は霧が出ていた。


秋を堪能することも無く、小仏トンネルの渋滞を嫌いお山を撤収です。
画像は談合坂SAです。
コメント (2)

#266 -’16. バチカン美術館&システィーナ礼拝堂

2016年10月19日 20時07分07秒 | お山の日記
大塚国際美術館つながりで、以前に訪問したバチカン美術館システィーナ礼拝堂をアップします。

こちらのバチカン市国観光もツアー旅行でしたので、長い行列の脇を通り抜け指定予約時間にバチカン美術館&システィーナ礼拝堂に入る事ができました。
事前予約しないとこの長蛇の列に並ばなければなりません。
でも、今は個人旅行でもネットから予約できますから便利になりました。

観光して順路を古い記憶をよびもどしているので、誤っている所もあるかもしれません。
ご指摘いただければ、訂正いたします。
バチカン美術館から厳しいセキュリティーを通り、上にあがりバチカン美術館中庭で現地の日本人ガイドさんの説明を受けたから、美術館にはいりました。
美術館の次にシスティーナ礼拝堂へ。
システィーナ礼拝堂の劇混みの場所を抜けてサン・ピエトロ大聖堂を参拝した。
バチカン市国はご存じローマ法王の居所もありますが、そちらには入る事はできません。
コンクラーヴェの煙突も教えて頂いたはずでが今では記憶が定かではありまん。
それとも、ローマ法王の選出の話は出ても白い煙、黒い煙の立ち昇る煙突は見えなかったのかも。
そして、サン・ピエトロ広場に出てきました。

画像をアップします。
写真を撮ることへの出来なかったシスティーナ礼拝堂、バチカン美術館、サン・ピエトロ大聖堂から出て最後にサン・ピエトロ広場へ。(書きかけ)

01
バチカン美術館の上の中庭です。
日本だけではなく、欧米の方も有資格の現地ガイドさんの説明をこちらで受けます。
中に入ると一切ガイドする事ができません。
なので見処など説明に必要な所の掲示板が何カ所にも設置されています。
沢山の方が訪問されてガイドの説明を受けているので、そのガイド用の説明板があきません。



02
奥に見えるドームがサン・ピエトロ大聖堂です。



03
中のフレスコ画などです。
こちらで説明を聞いてからバチカン美術館に入ります。
右側の一番上の絵がミケランジェロのアダムの創造です。
システィーナ礼拝堂に描かれています。
左側の絵の中央部分を切り取り拡大してあります。
左の絵の中央の上から七番目です。



04
現地の日本人女性ガイドさんの説明を受けているのは、ミケランジェロの最後の審判です。
仏教的には三途の川ほとりで閻魔様に審判を受けている所でしょうか。
同じような思想、構図の絵はリラの僧院にもありました。



05



06



07



08



09



10



11



12



13



14



15



16



17



18



19



20



21



22



23



24



25



26



27



28



29



30



31



32



33



34



35



36



37



38



39



40



41



42



43



44



45



コメント (4)

#243 -’16. 9月20日の原村日記

2016年09月20日 11時00分34秒 | お山の日記
台風をよけてお山を撤収です。
最初の予定では、午前7時頃お山は出発して調布ICの渋滞解消頃を狙って帰宅する積りでいた。
でも、午前3時半過ぎに目が覚めてしまった。
それでは、調布の渋滞が始まる前に通過できるかもしれないとの希望的観測で原村を出発。
雨降りと予想していたので、大きな荷物一つのみ事前に積み込んでおいた。
諸々の小物類など雨の降りしきる中積み込みして、ゴミステーションに立ち寄り出発したのが、午前4時20分でした。
暗くて雨の降る中での走行です。
一番神経を使い、疲れる時間帯でのドライブですが渋滞を考えると致し方ありません。
鉢巻道路ではいつもの如く細心の注意を払い鹿との遭遇を警戒です。
今日は全く鹿は見かけませんでしたが、キツネか狸か猫かは分かりませんが鉢巻道路を横切っていきました。
小淵沢ICまでおよそ15分で到着するところ、安全運転に安全運転を重ねて20分後に中央高速にはいりました。
50キロ制限が所々ありましたが、談合坂迄順調に走行です。
高速道路の舗装材に依り浸透式アスファルトの所は走り易いですが、浸透しない路面を走る所は水しぶきを跳ね上げますし外は暗いし神経使います。

八王子料金所を通過すろと、走っている車が詰まってきました。
何の事はない、左側先頭を赤色灯を付けた白黒の車が走っていました。
50キロの速度制限中の所ですから皆さん速度を落としての走行です。
それでも、車のメーター上での速度で70キロ程度で白黒グルマとのと対比速度差が少ない状態で、ソロリソロリと抜いて行きます。
勿論自分も白黒グルマの脇を通る時は可能な限り速度差を少なくして抜き去りました。
抜き去って少し走ってからは脱兎の如く走り去った事は勿論です。
いい迷惑だから走るなと言いたい所です。
しかし、その後直ぐに渋滞に捕まりました。
18キロポストを先頭に3キロ程度(通過に5分程度)と調布IC(8キロポスト)の手前での低速走行でした。
2か所の渋滞にしては想像より短時間でぬけられましたから、御の字でしょうか。
我が家に到着したのが午前6時40分でした。
所要時間は2時間20分でトイレタイムが一度でした。
雨の中の到着です。

スマホで撮影したキノコをアップします。
春の山菜、秋のキノコと趣味にしている人が採りに来る時期になりました。
管理別荘地には入会権は無い筈ですが。
美味しいものの場所は別荘の出来る前からご存知のようで。
コメント

#242 -’16. 9月19日の原村日記

2016年09月19日 21時52分48秒 | お山の日記
【秋を見ーつけた】

9時過ぎの雨の止んだ時間帯に敷地内を探索。

























【室温が30℃を越えてしまった】

一日中薪ストーブのみを焚いている。
雨は降っているものの、外気温は上がってきたのかも!
夕方から半袖に。
それでも暑くて、窓を開けた。

温度計を確認したら30℃を越えていた。
暑いのも当たりまえだった。

昨日、薪がストーブのガラスに当たって燃えたようで、煤で真っ黒になってしまった。
白樺は火保ちは悪いが良く燃える事。



【峠の我が家の秋、見ーつけた】

昨日、今日と雨のため外での作業は何も出来ない。
時々、霧も発生するときもある。
何もしないでノンビリしている。
今日、10時過ぎにお邪魔した、たて しな自由農園は駐車場から大混雑です。
家内がお店へ。
店内も大混雑とのこと。
三連休ですから致し方ありません。

たてしな自由農園に行く前撮った我が家の秋です。

























中央高速道路の今の渋滞情況は、我が家に関係するところをトータルすると42キロです。


【目が覚めて】

喉が渇き目が覚めてみると、まだ日付は変わる前。
コメント (2)

#241 -’16. 9月18日の原村の日記

2016年09月18日 20時21分47秒 | お山の日記
【原村ナウ】

我が家を5時に出発して、ガスを入れて高速道路へ。
八ヶ岳PA でトイレ休憩して峠の我が家に到着したのが7時10分。
勿論全く渋滞に遭遇すること無く到着です。




途中から雨が降ってきた。
今日は外回りの作業が出来ないのが残念です。
到着時の室温は18℃でした。
東京ではエアコンをつけていたのに、此方では薪ストーブと温風ヒーターを可動中です。
嘘みたいだ。


【原村は冬仕様】

真冬の原村ならこんな簡単に室温は上がって来ない。
寒くなったと言っても、まだ9月です。
室温も直ぐに24℃に上がったので、温風ヒーターを消して今は薪ストーブのみ。
シーリングファンも冬仕様にした。
春~秋物までは夏仕様でファンの風が下に直接降りてくる。
冬仕様はファンの風を下から上に吸い上げる。
吸い上げられた暖かい空気は壁などの壁面に沿っておりてくる。

300℃になってきた。


やっぱり暑くなってきた。
長袖を半袖に着替える程の暑さになってきた。




シーリングファンのリモコンです。








【おいしい便りでシュー】

今朝、下り八ヶ岳PA で買ったシュークリームです。

夕食後の別腹で美味しい頂ました。




【原村は雨】

朝、原村に到着した時から雨。
鉢巻道路を通った時、朝市会場は雨にも関わらず沢山の車が止まっていた。
我が家は最近、特段買いたい物も無いので素通りです。

我が家の敷地内にも、秋の訪れです。






一日中雨のため、外での作業は何も出来なかった。
薪ストーブも一日中焚いている。
コメント

#233 -’16. 二泊三日のお山の日記(自8月26日~至8月28日)

2016年08月28日 22時22分55秒 | お山の日記

Uターンして台風が関東地方に戻って来るとの天気予報を気にしつつ晴れの日を選んで原村に向かった。
敷地内の整備、花壇の整理、建物の清掃、ウッドデッキのペンキ塗りなどである。
最大の目的はウッドデッキにキシラデコールを塗る事である。
建物を建ててから10余年後に新たに造り変えたのはウッドデッキだ。
建設時の木材は値段も安いし、加工もし易く、何も検討せずに設計施工会社に任せっきりで造った。
その為に数年おきにキシラデコール塗らねばならなかった。

今回のは南洋材で恐ろしく堅く、非常に重い木で造った。
本来はペンキや防腐剤など塗る必要はない。
しかし、木の上を歩く人が少なすぎる。
雨が降り、雪が積もり、黒カビらした物なのか汚れなのか分からないが生えてきた。
そんなこんなで、塗って木材を保護する事にしなのである。
デッキブラシで掃除して、初めてキシラデコールを塗る事を思い出したのである。

【今日は甲府昭和から、8月26日


朝一番に我が家を出発。
甲府昭和で甲州街道に降りてサントリー白州工場を過ぎた荒田で右折してループ橋を経由して小淵沢を通り、峠の我が家に到着。
前回来たとき甲州街道を走り一般道の走り易さを再確認した。
急ぐ旅でもないし。
ノンビリ、甲州街道を走り地場の風景を堪能しての走行です。
高速道路を走るとどこも地域性の無い風景だ。





到着時の室温。


外気温を知りたくて炎天下に出し忘れていた。


今回の最大目的のキシラデコールを塗り始めた。
手抜きして養生もそこそこに。
広い面を塗るローラブラシは有ったものの、狭い所を塗る刷毛ブラシがどれもこれも使い物にならない。
仕方なく、広い面だけを塗る羽目になった。

午後から車を洗車した。
納車時に10年のコーティングを施してあるので、水洗いだけである。
でも、二年チョットになるがスタンドでの洗車を除くと記憶にないぐらいだ。
どうも、洗車が好きになれない。




朝から雨、8月27日】峠の我が家から
目覚めると生憎の雨。
家内曰く「いつもしない洗車などしたからかもね。」と、
ウッド・デッキが濡れては塗る事はできない。

何時もはできないサッシのレール部分などの室内清掃をおこなった。
晴れ間にJマートに行って刷毛ブラシや外の立水栓の水受けの買い替えです。
以前はテラコッタの水受けであったが、寒さに弱いのか粉々になって来たので新しい物にしたのである。

富士見の生協に寄って、食料品の買い出しです。




帰宅途中です、8月28日】午後9時14分59秒にアップ。八ヶ岳SAから

晴れてはいるがウッド・デッキが乾いていない。
キシラデコールを塗る事が出来ない。

この日に帰る事にしていたので、午後に小仏トンネルの渋滞情報を確認してこちらをスタートする時間を決めねばならない。
そうこうしている内に渋滞は伸びだしてきた。
渋滞の始まり出す時間が早かったので、解消も早い物だと安堵していた。
ところがどっこい、渋滞は伸びこそすれ一向に短くなり始めない。



夕飯は外で食べるつもりでいたが、閉店してしまうかもとの心配がよぎりだす。
どのみち、小淵沢の龍園かSAかPSでの食事で有るのだが。

台風が来るので帰宅途中です。



再度時間調整中】午後10時22分55分にアップ。場所は初狩PAから。

先程の時間調整から小仏トンネルの渋滞は一キロ減って十二キロになったが、依然渋滞中。


再再度時間調整をしなければ小仏トンネルの渋滞に突入する事になるので、最後の休憩で談合坂へ。
談合坂SAでは、時間調整や観光地から帰ってくる大型バスなどの観光客で大賑わいです。

コメント (4)

#232 -’16. 2016年の夏の原村:自8月7日至8月11日

2016年08月22日 17時26分47秒 | お山の日記
楽しみの対象、癒しの対象としても原村が遠ざかって来て久しい。
足が遠のけば維持管理がおろそかになる。
維持管理が不十分で朽ち果ててくる建物や生えるがままの雑草では、近所の景観を損なうし不動産価値も我が家だけに留まらずにご近所さんの価値も低下させる。
金銭で解決する事も可能な項目と自分自身で行える維持管理がある。

自分自身で出来る事を行う積りで今回のお山行は最近になく長逗留した。
と、行っても高々四泊五日だから、ひと夏別荘に来られる方から笑われてしまうが。

過ぎ去ってしまったが、自己の記録として整理したのでアップする。
Wi-Fiから既に送っていますから一部重複する内容ですが、詳細版と言う事アップです。

8月7日日曜日のお山の日記
前回のお山行では早朝に出かけなかったので、中央高速の渋滞解消するのを待ったために夕方に原村に到着する羽目になってしまった。
昔の教訓を踏まえて起き次第出発した。
我が家を出発したのは午前5時でスタンドでガスを補給して、高速道路の渋滞に遭遇する事も無く午前7時少し前に峠の我が家に到着です。

関西から八ヶ岳方面に来る方を思えば楽な物です。
渋滞して居なければたった二時間です。
金銭的にも物理的にも心理的にも近いと言う事は最高です。
そんな近場なのに、季節に依っては足が遠のきだすのです。

小淵沢インターで降りて、大平から鉢巻道路を走って来ると八ヶ岳美術館の道路を挟んだ向かいの広場では恒例の朝市が開催されていた。
我が家は取り立てて買う物も無いのでパスし、我が家に到着です。

一段落してから買い物に出かけて最初に寄ったのがたてしな自由農園ですが、夏休みですから劇混みです。
買い物かごを戻して何も買わずに後にした。
向かうは空いているのと此処から近いので、原村の生協に向かい食料の買い出しです。
庭仕事などを行い午後に八ヶ岳自然文化園に来てエンビセンノウとレンゲショウマをみた。
エンビセンノウの美しさに感動です。
夜は久々にウッドデッキに出て夜空を見上げて至福の時を過ごした。



8月8日月曜日のお山の日記
避暑地と言えばそれまでですが、東京と比べると涼しい事涼しい事。
ご飯も美味しくまるで、食欲の秋です。
朝食後朝一番に向かった先は朝市ではなりません、昨日と同じ八ヶ岳自然文化園です。
いつもの如くまるやち湖の駐車場に車を止めて野草を見に行ってきた次第。

その後Jマートに依って小物と枕木を購入です。
軽トラを借りて峠の我が家に運びました。
少し庭を整理です。

刈払い機で二回ほど草刈です。
敷地内の雑草は基本は刈り取りません。
通路とご近所に迷惑を掛ける所と、景観を損なう所だけです。

それでも、混合ガスが二度ほど空になしました。
前回出来なかった建物の周りと石などに近くてディスクでは刈れない所をロープで刈り取りました。
これがコジャリを跳ね飛ばし最初の内は痛かったこと。

Jマートに軽トラを返してから買い物は富士見の西友です。
どちらかと言うと富士見の生協より西友の方が空いているのでこの日は西友へ。
帰り道は、少し回り道してひまわり見物です。
一部の網戸の清掃が完了して換気扇のエアーダクトの汚れ具合を確認すると、全く汚れていなかったのでそのまま仕舞い込んで完了です。
このところ換気扇(ガスレンジのではありません、室内換気用です。)を使用して居なのかも。

夕食後は夜のデッキで音楽を聴きながらの至福のひと時です。

8月9日火曜日お山の日記
朝食を済ませて、直ぐに峠の我が家を出発です。
行先は子供達が大きくなり全く行かなくなってしまった蓼科牧場&御泉水公園です。
蓼科牧場&第二蓼科牧場は子供を遊ばせるのはもってこいの場所で好きな所であったが、子供たちが成長するに従いお邪魔しなくなってしまった。

勿論、未だ別荘など無い頃の話ですが。
今回は、御泉水公園に久々に行ってみようと前日から決めていた。
最近原村に来ても殆ど何処へも行かずにノンビリしている事がおおくなっていたし、二日間諸々の作業をこなした事だし、骨休めです。

我が家からの行き方は色々ありますが、今回はビーナスラインを通り白樺高原夕陽の丘で写真撮影のみして女神湖に向かった。
女神湖を一周してから蓼科牧場を通過して車で御泉水公園に向かった。
蓼科牧場からリフトに乗って御泉水公園に来る方法もあるが、直接上って来る方法を選択した。

公園内を二時間弱探索して園内を出て車に戻って来ると蓼仙の滝に行く入り口があった。
こちらも御泉水公園内になるので入場券が必要とのこと。
戻って、入り口の係員にどの位時間が掛かるのか家内が尋ねてくると、片道一時間弱「かかるような話であった。
往きは下りで帰りは登りになるとの事。
我が家ではパスする事にした。
女神湖に戻り帰りは白樺湖経由大門街道で峠の我が家に帰る事にした。
女神湖も昔のように人造湖の風合いが薄れて自然な姿になって来た。
(白樺湖も第二白樺湖も御射鹿池もため池の人造湖ですが。)
白樺湖の裏手の道を通り第二白樺湖を越えて下り始めた。
大好きだった白樺湖。
湖面から顔を出す白樺の立ち枯れした木々もなくなり、湖畔のホテルが風情を害してから素通りしだした。
息子と引馬に乗ったこと、自転車を借りて走った事。
湖畔のホテルに何度もお邪魔した事。
大好きだった白樺湖が懐かしく思い出される。

エコーラインを通り原村に戻ってきて御柱街道で左折して白樺の道と名付けている所で右折してまるやち湖に抜けようとすると何台もの車が細い道で止まっている。
何台かがバックしだした。
尋ねてみると前方でトラックがスタックして道を塞いでいるとの事。
我が家もバックしてUターンできる場所まで来てUターンして峠の我が家に戻った。
スタックするような所も無いと思うのだが、道路が狭いので外れたのかも。

夕方、八ヶ岳自然文化園に行って見ると今までにない混雑です。
通路の片側にまで駐車させているほどでした。
我が家は帰る方が沢山居たので目出度く本来の駐車場に停める事が出来た。
私は知りませんでしたが、UAさんのコンサートが行われていたようです。

夜はデッキにローソクを沢山立てて音楽を聴き至福のひと時でした。


8月10日水曜日のお山の日記

この日は敷地内の草刈と、建物に関する清掃などいつもは出来ない物を中心におこなった。
網戸の清掃など細々した物を行うと結構時間が掛かる。
夜のウッドデッキで星空を撮影していて一部の木々が空や景観を遮っているので、この日はチェーンソーで切り倒す事にした。
思う方向に倒す事が出来なかったが、車を移動していたので大事に至らなかった。
夜は蚊取り線香を焚いてのウッドデッキでの音楽鑑賞です。
最高のひと時でした。


8月11日木曜日のお山の日記
本日の深夜帰るか、明日の早朝に帰るかと言う事で決定。
ならば、今年最後の完熟桃を買えるチャンスです。
でも、朝一に並んで買う程の気力はない。
それでは、10時半頃の完熟桃の販売に行く事で我が家は出発です。
それでも新府の共選場に到着したのは10時過ぎ。
早すぎて誰も並んでいないし、掛かりの方と話すと昨日は10時半の回はひと箱も出なかったと言う事。
今日も完熟桃が出るか分からないとの事。
9時からの販売ですら33箱だったとの事で有るから既にシーズンは殆ど終了でした。
家内はネットで調べて大草共選場に行こうとのこと。
でも、折角一番目に並んでいるから移動するのは気が向かない自分。
無ければ、2700円の販売用の正規品を買えば良いと決めて待つことにした。
待つこと凡そ30分で我が家以外の方も並び列は四名になりました。
目出度く全員買う事ができました。
9時からの完熟桃は桃農家が出荷時に既に完熟してしまって市場に出すだけの日持ちがしない桃。
その為に既に共選場でレーンには載らずに販売される桃。
10時半頃販売される桃は出荷農家では市場に乗る事が出来る桃として共選場に運び込まれた桃。
しかし、なにがしの理由にて市場への出荷レーンからはじかれた桃である。
その為に、桃の質自体は格段に良かった。

買えるか分からないが来年の為に場所を確認の為に大草共選場にむかった。
時間は既に11時少し前です。
新府から総て一般道を通り大草共選場に到着すると、ひと箱800円の桃が三箱残っていた。
ひと箱で良いのだが、我が家で買えば今年の完熟桃の最後と言う事なので纏めて買い求めた。

一般道を通り峠の我が家に帰宅です。
途中の台ケ原の金精軒の生信玄餅を購入です。

帰宅して昼食を摂ってから八ヶ岳農業大学校温室に伺い、花壇限定のお花を買い求めた。
帰宅して、家内は小さな花壇に植え込みです。

この時期何処へ行ってもレストランは混んで居るので自宅での食事でした。

渋滞状況を確認したながらの撤収準備です。
午後9時過ぎに中央高速の渋滞も短くなって来たので峠の我が家を出発です。
渋滞の元の小仏トンネル通過時には目出度く解消していた。

今回は近年に無く我が家では長逗留でした。
それでも、行いたい事の半分も出来ませんでした。
コメント (2)

#227 -’16. 8月9日の日没@峠の我が家

2016年08月16日 16時38分06秒 | お山の日記
峠の我が家からの日没です。
原村に居ると日没や夕焼けや星空が気になりますから不思議です。
街に居れば、気にする事も無く日が沈み暗くなってしまうのが当たり前のいつものこと。
日の出国の日本人なのに日没(サンセット)が大好きだ。
都会でも日没も日の出もあるのに、原村に来ると自然に対して敏感になるから不思議である。
深層心理下に都会は自然が無く、原村には自然が存在しているとの刷り込み有るのかもしれない。

北アルプスに沈み行く太陽を時系列でアップします。

景色を邪魔して居る此処に写っている白樺を切り倒しました。
倒れる方向にV字(横にしたVです。)の切り込みを入れて反対方向からチェーンソーを入れましたが、予定していた方向に倒れませんでした。
木が最初からそちらの方向を向いたいたのでロープで牽引すべきでした。
大事を取って車を移動しておいて幸いでした。
少し動かす程度でお茶を濁す積りでしたが、完全に移動したために被害を被る事も有りませんでした。
大きな作業では大事をとる事が大切である事を痛感しました。


北アルプスの稜線に沈む太陽です。
#01 18時31分撮影。撮影は全てニコンです。
太陽の輪郭が写っていない真ん中の光輝く所が太陽です。
上下の太陽の輪郭が写っている所は虚像で、複数枚のレンズのハレーションだと思います。


#02 18時31分撮影。


#03 18時32分撮影。


#04 18時32分撮影。


#05 18時40分撮影。


#06 18時40分撮影。


#07 18時40分撮影。


#08 18時41分撮影。


#09 18時41分撮影。


#10 18時41分撮影。


人は物事を目で見ているのではなく、脳で見ているのだと言わらますが、実感する原村での風景です。
何処でも日は沈み、日は登るのに。
何故か、原村ではその自然のサイクルが気になるのです。
街では自然が無く、田舎には自然が存在するとの心のスクリーンに掛けられて選別されているが如くです。
コメント (2)

#225 -’16. 8月13日の雑感

2016年08月13日 20時02分35秒 | お山の日記
〇 今日の散歩で沢山のアブラゼミの死骸とであった。
何年も地中で成長して、地上に出て次の世代にバトンを繋ぎ天国へ旅発った姿です。
今年初めてのツクツクボウシの鳴き声を聞いた。
ツクツクボウシの声を聴くと夏休みが終わる事を意味し、宿題をしていなくて悲しくなる。
そんな子供の頃を思い出す。

〇 今日も遠くでカッコウがないていた。
家内曰く「放送でカッコウの鳴き声をながしているのでは」とのこと。
時間も一定ではありませんから、はぐれカッコウで間違いありません。

〇 リオデジャネイロオリンピックの日本卓球チームの伊藤選手は将来が頼もしいし、見て居ても飽きない面白さをもっている。
異彩を放つ天才少女ですね。

たてしな白犬さんへ
我が家の本日の三時のおやつです。
同じ金精軒の生信玄餅です。
初めて食べました。

コメント (2)

カウンター