ピーナッツの唄

毎日の出来事を好奇心旺盛に書いています。

大晦日には

2015-12-31 18:47:21 | 独り言
大晦日の今夜は、我が家の恒例になっている「納豆汁」を頂きます。郷里山形では大晦日には必ずとよい位に「納豆汁」を食べていました。今どきは山形でもこの風習は続いているのだろうか?。

大阪産まれのカミさんは、結婚当時から中々納豆には慣れなかったが、何時の間にか大晦日には納豆汁ねと言ってくれる。娘達も子供の時から抵抗なく良く食べてくれる。それに山形の青采漬けと、お節のミニパックで大晦日を過ごす事になる。

間もなく紅白歌合戦が始まるが、夫婦2人で静かな大晦日になりました。
コメント (2)

1年を振り返る

2015-12-31 10:59:01 | 独り言
いよいよ2015年も大晦日を迎えました。夫婦2人とも元気で今日を迎えられたことに感謝です。簡単に一年を振り返ってみたいと思います。

健康面ーーがん検診、特定検診ともに異常は見られない。特に前立腺がん手術後の定期検診は、術後10年目の2月には無罪放免の予定。

運動ーーー昨年からゴルフに代ってパークゴルフを。今年7月からカミさんも同道。週に2~3回のペースでウォーキングを兼ねてプレーを。年初に目指した体重は70Kgから67Kgに。夏の暑い時期にもプレーしたのが良かった様である。  

写真ーーーパークゴルフに凝り出してから撮影機会が激減。ただ2月、5月、10月、12月の4回千葉市内で生涯大学社写真クラブの写真展に出展同じ12月には東京で写真仲間との写真展。さらに4半期毎にがんセンター待合室に写真を展示している。

読書ーーー上の娘の勧めで、読書メーターなるサイトで、5月から読んだ本を記録。250余日で63冊、24.522ページを記録。堂場舜一、久坂部羊、今野敏、さらに池井戸潤、北方謙三と続く作家の本が多い。図書館やがんセンターの文庫から借り出しも。

金婚式ーー3月で結婚50年、娘家族達とパレスホテルでお祝いの会席。11月に札幌、小樽、余市、ザ・ウインザーホテル洞爺の旅行に招待頂いている。感謝・感激でした。

TV---酒類を頂かないために、夜は必然的にTVを観る機会が多い。スポーツ中継、ドラマ、紀行ものとジャンルは幅広い。

家族ーーー小生は5人兄弟、郷里山形の兄弟姉妹4人も高齢化していて健康面も心配。カミさんは姉弟の2人が、こちらもいささか心配である。
コメント (4)

紅梅とロウバイと

2015-12-30 12:24:21 | 独り言

今朝も風は冷たいが、晴天である。カメラを手に遊歩道に出てみた。実はパークゴルフ場に行く道すがら、既に紅梅が咲いている場所を見付けている。そこで我が街の遊歩道ではもしかしたらと思ったからである。ところが紅梅はまだチラット咲いているのが見付かっただけである。

しかし近くに2本だけあるロウバイの樹には結構花が咲いている。また水仙の花もあちこちに咲いていてこちらは満開の様相である。これから真冬に向かいながら、この寒風の中に咲いている花々が愛おしいと思ったのでした。

紅梅の花である。まだ寂しい。左上にはロウバイの花をご紹介です。
コメント (2)

G・大阪と浦和・Rが

2015-12-29 19:58:36 | サッカー
本日、サッカー天皇杯準決勝2試合が行われた。浦和・Rは対L・柏戦に延長の結果1-0で勝利。G・大阪はJリーグ王者S・広島に3-0で快勝している。

元旦に行われる決勝戦は、浦和・RとG・大阪の対戦となる。小生は連覇を狙うG・大阪の勝利を願っている。
コメント

美空ひばりと戦後70年と

2015-12-29 16:07:28 | 独り言
昨夜のNHKBSプレミヤム「HIBARIフェス!」と題する番組を拝見した。戦後70年を生き抜いた家族の生き様のドラマと、美空ひばりの歌を著名の歌手たちが生放送で披露してくれた。

思へば終戦の年は小学校に入学したばかりである。校庭の滑り台で遊んでいた時に空襲警報のサイレンが鳴り響き、急いで自宅に逃げ帰り防空壕に逃げ込んだ事だけがわずかに記憶に残っている。その後は5人兄弟だったこともあり、我が家は赤貧洗うが如しの生活が続いている。長じて学校生活後の、企業生活を48年間をも過ごす事が出来たのだが、大袈裟に言へば波乱万丈の戦後70年余の生活だったと思うのである。

昨夜のTV番組では、ソ連の抑留生活から帰還した祖父と祖母の再会、さらに父母の生活、その父親に反発する娘の生き様が3話のオムニバス形式で
ドラマが展開される。その家族の生活に、終戦後の日本国民に大きな希望をもたらした、美空ひばりの歌声が折々に挿入される。

番組が意図した様に、戦後70年、美空ひばりの歌声が、我々多くの国民を元気づけて呉れたのではないだろうか。
コメント

歯科の治療納め

2015-12-28 16:24:55 | 日頃の記事
高齢者の一人として、結構病院通いを続けている。前立腺がんの手術の後、来年2月で丁度10年目を迎えるが、定期的な検査は欠かさんなかった。さらに市役所から指示の特定健診やがん検診も実施している。

さらに定期的に歯科クリニックでの検診も受診している。実は虫歯で失った歯にブリッジで補修していたが、そのブリッジにしていた歯が役に立たなくなり抜歯となった。やむなく合わせて4本程を義歯で補うことになった。その時点でこれ以上の歯の欠損は食い止めたいとして、月1回の定期検診をお願いすることにした。ところが2ヶ月前に、歯茎がやや腫れている箇所があり、点検の結果で歯茎内に膿が溜まっているとの診断がでた。それから週に一度づつ、歯の一部を削り歯茎内の膿の吸出しの治療となったのである。そして先週ようやくその治療が終了し、削ったの歯の補修のための被せの型採りをして、今日ようやく被せの治療が済んだのでした。多くの医療関係が今日から休みの入る。ぎりぎりでの治療納めとなったのでした。
コメント (2)

やっとこさです

2015-12-27 16:08:37 | 日頃の記事
懸案にしていた年賀状、昨夜と今朝でようやく印刷が完了しました。年々賀状の取り止めとの方も出ているし、残念がら喪中のご通知を頂く方もある。もっともメーリングサークルの仲間の皆さんや、生涯大学OBのクラスメートの方には「メールで年賀」とパソコンで失礼している。もっとも年々賀状の発信件数は減少の一途である。

今夜中には一筆ご挨拶を書き入れて、明日の早朝には投函できる。何とか元旦の配達には間に合うものと思っている。「やっとこさ」でした。)^o^(
コメント

青采漬け

2015-12-27 10:20:02 | 郷里山形の事
正月を前に郷里山形の姉が「青采漬け」と「おみ漬」を送ってくれた。毎年の事ながら、山形の「青采漬け」は、子ども時から色んな思い出があり懐かしい。我が家のカミさんは、どちらかと言うと「おみ漬」が好みらしい。

山形では「青采漬け」は秋から冬にかけて欠かすことのできない食べ物で、素朴な郷土風味満点の漬物である。「おみ漬」は起源は最上川をさかのぼって紅花を買いにやってきた近江商人が、青采を集めて漬けた近江漬がなまって「おみ漬」になったと言う。青采を主として、紅花、干し大根、人参、からいもなどを細かく刻んで、塩、しょう油で漬けこんである。

郷里の山形の味を堪能させて頂く心算である。青采漬けである。


コメント

何とかしなはれや

2015-12-26 20:33:33 | 独り言
自分の隠れ家にしている部屋にチェス(戸棚)が置いてある。丁度使い易い高さになるものだから、つい色んな物を置いてしまう。時々部屋を覗くカミさんが「お父さん何とかしなはれや!」「少し整理したらどうですか」と言う。その時は何とか整理をするのだが、つい物置代わりにしてしまう。まあ隠れ家らしくて良いのでは思いがないでもない。今日も今日とて、ポケットから出した財布や、ズボンから抜いたベルトやゴルフ帽まで置いてしまう。何時でも持ち出せる様に?カメラまで出ている。本当に「何とかしなはれや」である。)^o^(

コメント

またまた暖かさに誘われて

2015-12-26 19:06:12 | 独り言
昨日に引き続き暖かい日が続いている。しかし明日から年末にかけては寒冷前線がやってくる予報である。そこでではないが、この暖かな日の内にと今日も午後からカミさんとパークゴルフ場に急いだ。今日の行先は佐倉グリーンパークである。ゴルフ場の芝は完全に枯れていて、それはそれでボールの走りが微妙に難しい。特にこのゴルフ場は多くのグリーンが砲台になっていて、パットが尋常な転がりをしてくれない。非常にストレスの溜まる事夥しいのである。カミさんはこんなゴルフ場は願い下げだと仰る。ただこのコースは北海道の多くのパークゴルフ場に似ているらしい。

結局カミさんは45ホール、小生は54ホールをプレーした。約10.000歩程を歩いたことになる。このゴルフ場、正月も休み無しで営業するらしい。暖かな日があれば練習プレーに行きたいものだと思った。
コメント