ピーナッツの唄

毎日の出来事を好奇心旺盛に書いています。

最後の2秒で逆転・甲子園ボウルへ

2018-12-05 09:59:16 | スポーツ一般
小生は若い時からアメフトが大好きだった。今でこそ社会人チームのXリーグと称する対抗戦があるが、当時は大学がアメフトの主役だった。
最初の勤務地が大阪だった事もあり、アメフト好きの先輩に甲子園や、西宮球場でのアメフトの試合を観に連れて行った頂いたのが始まりだった。
当時はまだまだマイナーの競技で、関西学院大が圧倒的な強さを誇っていた。ただ大学の対抗戦があちこちの競技場であり、観戦にも出向いた。
大阪から転勤した以降は、TVで甲子園ボウル、ライスボウルの観戦は欠かさなかった。
何故かアメフトは関西勢が圧倒的な強さを誇ったが、次第に関東勢も力を付けて来て、日本大学がショトガン攻撃を採用し、日本一にもなった時代もあった。

そして今年であるが、西日本代表戦で、関西学院大と立命館大が決勝に残った。試合は拮抗して第4Qまで17-19と劣勢だった関西学院が残り時間2秒で、フィールドゴール(FG)を決めて20-19と劇的な逆転の勝利を決めた。
一方の東日本代表には昨年日本一の日本大学が欠場したこともあり、早稲田大学が勝ち上がっている。

12月16日(日)に大学日本一を懸けて、関西学院大と早稲田大学が甲子園で対戦する、非常に楽しみな事である。


                  
コメント

貴景勝の優勝は素晴らしい

2018-11-26 06:08:40 | スポーツ一般
大相撲九州場所。3横綱が不在の中、素晴らしい小結貴景勝の活躍が見られた。大関高安に自滅の形で敗れた14日目、その敗戦を引きずらず、千秋楽の昨夜の取り組での錦木関に勝利。高安の予想外の敗戦で、若干22歳で難しいと言われた、小結での優勝は一種の清涼剤になったと思う。師匠の貴乃花親方の突然の引退から、部屋が代わるアクシデントもあった環境での、初めての場所。実に複雑な感情も持っていただろうとと推察して、場所中は夫婦で彼の応援を続けていたのです。
表彰式のインタブューで、またNHKのサタディースポーツで、あの寡黙な感じの彼が、確りとした受け答えをしていたのが印象的であった。願わくは大相撲協会は、セッカチに大関に横綱にと期待することなく、じっくりと成長を見守って欲しいと望んでいる。


              

              
コメント

ああ・稀勢の里2連敗

2018-11-12 18:39:06 | スポーツ一般
大相撲九州場所、ひとり横綱の稀背の里。初日の貴景勝に叩きこみで敗戦。そして2日目の今日は、妙義龍に寄りきりで敗れている。解説者の話では、横綱は体調も良好に見えるが、どうも初めてのひとり横綱の重圧に負けているのではないかと言う。こんな時にこそ本来の力強さを発揮して欲しいと、多くの大相撲ファンが望んでいる。横綱不在の場所にならない事を祈るだけである。
コメント (2)

52回スーパーボウル

2018-02-05 17:13:13 | スポーツ一般
今朝8時から、NFL52回スーパーボウルに注目した。
PHI・イーグルとNE・ペイトリオッツの対戦だった。
4Qまで接戦を繰り広げたが、ペイトリオッツのQBT・ブレディに痛恨のハンブルのミスが出た。
これでイーグルスに勝機が訪れて、スーパボウル初制覇を果たしている。
有利と見られていた、ペイトリオッツの6度目の優勝がならなかった。
毎年のこの大会は、世界中が注目する、これぞアメリカを思わせるイベントだ。


            
コメント

大相撲騒動のこと

2017-12-20 20:10:38 | スポーツ一般
午前中に大相撲の暴行事件で、今日には大きな動きあると書いた。
夕方には横綱審議委員会の報告、そして危機管理委員会と理事会の報告があった。
横綱審議委員会では、横綱白鵬の、土俵上での横綱らしからぬ言動にもしかるべき厳重注意を答申した。
危機管理委員会では、横綱白鵬と横綱鶴竜が、暴行の場に同席していながら制止しなかった責任を断じている。
さらに日馬富士の親方の役員待遇への降格と、理事長の3ヶ月の報酬返上が決まった様だ。
また貴ノ岩の番付けでは、被害者として特例で十両幕尻に据え置く処置が取られるらしい。
また貴乃花親方も、今回の騒動の責任の一端があるとの見解で、後日再度検証されるとの事である。

小生は今回の騒動では、相撲界でしつけとして横行してる暴行が、依然として残っている風潮に、大きな風穴が開いたのではと思う。その意味では内々に今回の暴行事件を隠蔽するような動きに、貴乃花親方が敢然と挑戦したのではと、善意に考えるのは間違っているのだろうか?。
コメント

大相撲騒動に

2017-12-20 08:10:22 | スポーツ一般
今日には相撲協会の横綱審議会と理事会が開催される。
先場所中に起こった、貴ノ岩暴行事件の一連の騒動に対する審議が中心になる様だ。
実に多彩な報道を通じて、事件の色んな背景が見えてくる。
貴ノ岩の怪我の状況はどうなのだろうか?。その実態は不明である。
報道では、理事長と貴乃花親方と横綱白鵬の対立が噂されるが真相はどうなのだろうか?。
どちらにせよ、今日一日の相撲協会の動きから目が離せない。
沈黙を続け、一方的に悪者に仕立てらている感の、貴乃花親方に逆転の目はあるのかなあ。
夕方には続報が書けるのかな。
コメント

アメフトの面白さ

2017-12-19 16:00:34 | スポーツ一般
先日は大学日本一を決める「甲子園ボウル」を楽しんだ。
そして昨夜は社会人日本一決定戦「ジャパンXボウル」がTV中継された。
富士通対IBM戦、富士通が圧倒的な強さを発揮して優勝を飾った。
来年1月3日の「ライスボウル」で、大学日本一の日大と対戦が決まった。
ただ社会人チームは、多くの大学から優秀な選手を選んでチーム構成を図っている。
なかなか大学チームの勝つ余地は少ない様だが、熱戦を期待している。
20代の若い時から馴染んできたアメフトは実に面白い。
高2の孫は小学生の5年間を経て、高校に入学した昨年から、再度アメフトに挑戦している。
孫の活躍をも期待して、大いに応援したものだと思う。
コメント

日大・27年ぶりの優勝

2017-12-17 16:42:08 | スポーツ一般
アメフト大学日本一決定戦の「甲子園ボウル」。
東日本代表の「日大」対西日本代表の「関学大」の29回目の対戦。
試合は4Qの終盤まで日大がリード23-17とリード。
対する関学大、4Qの残り時間で逆転を狙える位置まで進んだ。
そこで起死回生のパスを放ったが痛恨のインターセプトを喫してしまった。
結果は東日本勢が、11年ぶりの日本一をGET、関学大の2連覇を阻んだ。
また日大は27年ぶり23回目の優勝をGETしたのでした。

小生は、同じ区の皆さんと月1回のパークゴルフコンペの日。
36ホールのコンペが終了後、アメフトの試合をTV観戦の為に帰宅でした。


優勝を決めた瞬間の日大。
          
コメント

稀勢の里・薄氷の逆転勝ち

2017-11-16 18:00:48 | スポーツ一般
大相撲九州場所5日目。
既に2敗している横綱稀勢の里、ややバタバタとしたが、土俵際で逆転の勝利。
3勝2敗としたが休場明けの今場所、まだまだ勝負感が戻っていないのではと懸念が残る。
日馬富士の不祥事で揺れる角界。横綱稀勢の里の活躍が欠かせない。
      「頑張れ稀勢の里!!」
コメント

稀勢の里・前途多難

2017-11-12 20:25:20 | スポーツ一般
大相撲九州場所が始まった。
休場を重ねた横綱稀勢の里の復活場所である。
ところが初日の取り組みで、玉鷲に3度も待った挙句に敗れている。
怪我が癒えての、あらためのスタートでの黒星は前途多難を思わせる。
久し振りの日本人力士の横綱稀勢の里よ、頑張れと言いたいものだ。
コメント