ピーナッツの唄

毎日の出来事、特にスポーツ観戦、読書や映画等の感想を中心に、好奇心旺盛に書いています。

男子プロゴルフ・劇的な幕切れ

2017-04-30 19:59:20 | ゴルフ
男子プロゴルフトーナメント「中日クラウンズ」。
最終日、宮里優作、谷口徹、藤本佳則の3選手が、17番まで12アンダー並ぶ。
ところが最終組の宮里選手が、18番の土壇場で13アンダーとして優勝。
この劇的な幕切れには、見ている方が痺れる展開でした。
それにしても、我が池田勇太選手の出入りの激しいプレーにガッカリである。喝っ!!
コメント (2)

残念・唐川投手で惜敗

2017-04-30 18:51:57 | プロ野球
我が千葉ロッテM、対西武L戦に惜敗である。
唐川投手に期待したが、多くのヒットを打たれながら2点に抑えた。
ところが味方打線が沈黙、ようやく9回に1点を返したが連勝ならず。
このシリーズ1勝1敗1分けで終わった。残念である。
明後日からは札幌で、日ハムF戦である。上昇を狙う対戦として欲しいと願っている。
コメント

藤見の会で

2017-04-29 17:08:05 | 独り言
生涯大学のOB仲間のK・Yさん夫婦宅での素敵なパーティに出席。
毎年この時期に、この夫婦の自宅の作業所の上の藤棚の下の庭園?で、BQQで一杯やる会である。
実に気に於けない仲間、10数名が大いに食べて、呑んで談笑する。最後はお決まりの流しソーメンを食する。
爽やかな薫風の下での、素敵な仲間達とのひとときでした。


藤の花も美しい。
            
コメント

AO頼みの危うさ

2017-04-29 11:39:42 | ゴルフ
男子プロゴルフ、今週のトーナメントは「中日クラウンズ」である。
このトーナメント、レジェンドの青木功プロと尾崎将司プロとの対決を売り物にしている。
おふたりには気の毒だが、もちろん両者はは予選落ちである。
これは残念ながら、今の日本男子プロゴルフの低迷を象徴している様だ。
昨年の賞金王池田勇太選手は、3日目のプレーでもボギーを連発している。
それに引き換えて、外国人選手が元気なプレーをみせている。
先週の久保谷健一選手に続く、若手の日本人選手の奮闘を望みたい。
コメント

週末の憂鬱を吹き飛ばせ!!

2017-04-28 07:37:08 | 独り言
プロ野球千葉ロッテM、今日から対西武L3連戦。
ようやく最近の試合、負け続けだが、打線に勢いがついて来た。点が取れている。
今夜の涌井で1勝、少なくとも2勝1敗で乗り切りたい。

男子プロゴルフトーナメントは、中日クラウンズがスタート。
我が池田勇太選手は、初日は2アンダー9位タイとまあまあの発進である。
昨年の賞金王、本領発揮で優勝を狙って欲しい。

今週こそ、憂鬱を吹き飛ばす良い週末が迎えられる事を熱望である。
コメント

老人は何故嫌われる

2017-04-27 14:14:00 | 独り言
朝日新聞声欄、若者の投稿が寄せられた。
「キレる高齢者」にどう対すれば。と15歳の中学生の女子である。
お店で店員さんを怒鳴る人、電車で何かに怒っている人、道でブツブツ文句を言っている人。
彼らはなぜ、そんにイライラしているのだろう。何にイライラしているのだろう。

こんな投稿に対して、4人の高齢者の方が、応答されている。
「つらいんです高齢になると」73歳。「苦労した私たちを大目に見て」85歳。
「自分失う恐怖との闘いなのです」74歳。「迫る来る「死」が根底にある」84歳。

78歳の小生なりに、この問題を考えて見たい。
確かに何事にもイライラする事は多い。しかしキレる事は自省して抑えることは出来る。
付き合いは極端に、老人仲間だけになっている。スポーツしかり、談笑の仲間も高齢者だけだ。
戦後の(この言葉も若い人には理解されない)、あの究極の生活を経て、今の日本がある。
その先端を担って、走り続けて来たとの自負もある。そしてリタイア後の生活を少々楽しむ余裕も得ている。
ただこの齢になると、病気との闘いと、迫りくる「死」に直面しているのは確かである。
だからと言って、高齢者は世に憚ると言う訳にはいかないのも確かである。
頑固一徹で思い通りにならず、イライラがつのる高齢者が多い。
若い方々は、少々大目に見て頂きたいと言うのが、本音でもある
コメント

日本唯一の「四方懸造」の建築物

2017-04-26 20:01:57 | 独り言
今朝から茂原牡丹園に撮影に行った話は、先ほどアップしてある。
その帰り道に、長南町にある、笠森寺観音堂を訪ねてみた。
この建築物は、日本では唯一と言われる「四方懸造」である。
巨大石の上に、四方を太い柱を立て、その上に観音堂を設置してある。
長元元年(1028年)、時の後一条天皇の勅願による建造されたらしい。
堂の下に立ち、四方から眺めると、巨大な岩が見えている。
実に珍しい建築物であり、国の重要文化財にも指定されている。


その観音堂をご紹介してみる。
               
コメント

今年のぼたんは良いぼたん

2017-04-26 14:12:07 | 独り言
昨夜のNHK関東版のニュースで、茂原牡丹園の紹介があった。
さっそく8時の開園時間に合わせて、カメラを持参で訪ねてみた。
早咲きのぼたんは見頃だったが、全体では3分咲きと言うところだった様だ。
それでも園内を巡って綺麗な花々が沢山撮れたのでした。
やはり月末頃の園内が、もっともっと見頃になるのではないかと思っている。


取り敢えず、撮りたてのぼたんの花である。

                    
コメント

大慌てで

2017-04-25 17:34:43 | 独り言
何故か毎日を忙しく送っている。
TVでスポーツ観戦やドラマを観る、そしてパークゴルフに出掛ける。
読みかけの本や、読む予定の本が6冊も積んである。
そして春らしくなったのでウォーキングにも出掛ける様になった。
その中で一番と手薄になっているのは、写真撮影である。
昨日になって、5月の日程予定を確認していて気が付いて大慌てである。
何と5月9日~15日まで、生涯大学写真クラブの春の写真展が予定されている。
場所は千葉駅前の「そごうギャラリー」で「私の千葉」と題する写真展である。
エッと驚いた。完全に忘れていたのである。(真近の学習会に欠席し資料だけ頂いていた。)
何しろここ1年近くは、カメラを持っての撮影行が極端に少なくなっている。
大急ぎで千葉を思わせる作品を選定である。
今日も朝から必死に保存の画像や、SDカードを点検し2枚の作品を選び出した。
ようやく28日の作品票の提出に間に合わせる事が出来る。本当に良かった!!。)^o^(
コメント

稀勢の里の化粧まわしはラオウ

2017-04-25 10:05:53 | 独り言
横綱「稀勢の里」の新たな化粧まわしが披露されると言う。
コミック「北斗の拳」を発行している企業からのプレゼントだそうである。
いわゆるアニメ「北斗の拳」の3兄弟を模した化粧まわしである。
横綱はその3兄弟の内の長兄ラオウを選んでいる。(主人公を選んでないのが面白い)
太刀持ちは主人公のケンシロウ、露払いが次兄のトキを着ける様である。
5月6日の横綱昇進祝賀会に、揃っての披露される運びだと報道されている。
大相撲界でアニメの主人公を模した化粧まわしは始めてのことである。


こんなラオウが描かれるらしい。
                    
コメント