ピーナッツの唄

毎日の出来事、特にスポーツ観戦、読書や映画等の感想を中心に、好奇心旺盛に書いています。

映画「今日から俺は」を鑑賞に

2020-07-29 16:20:14 | 映画

今朝は鑑賞の機会があり映画「今日から俺は」を観て来た。日本TVで放映の青春ドラマの劇場版だと言う。残念ながらドラマの放映は観ていないのだが、若い方々に絶大なる人気を得たドラマらしい。

舞台は千葉の幾つかの高校生の群衆劇であるが、小生などは若い俳優さん達の顔と名前が一致しないのが残念である。もっとも出演の俳優たちに高校生に扮して貰うには無理な面があるが、それはそれで熱演しているのが頼もしいと思う。異なった高校の縄張り争いを描いているが、アクションが素晴らしい。大笑いをしながらの鑑賞だったが、出演者によるロックの効いた演奏場面が実に愉しい。若者たちの人気のある所以かもと思う。流石に同じく鑑賞されていた観客の皆さは若い人達が多かったのである。

                                     

コメント

映画「人魚の眠る家」

2020-05-31 06:02:39 | 映画

昨日の午後には当地では思わぬゲリラ雷雨の襲来もあり、自宅でゆっくりと過ごす羽目にないりました。前から懸案としていたアマゾンプレミアムで、映画「人魚の眠る家」を鑑賞している。

東野圭吾著の原作を映画化したもので、脳死の状態となった「娘の死」をあくまでも受け入れられない母親の苦悩を題材にしている。父親が経営している会社で、障害者の機能回復を図る為の機器を研究している技術者が、機械的に植物状態の娘の手足や臓器を回復させたことから、なおも娘の死が受け入れられず、次第に狂気に満ちる行動にはしる母親。実に重たい内容でありながら見応えのある映画に仕上がっていると思う。主演の母親役の篠原涼子さんが報知映画賞の主演女優賞に輝いている。

    

   

コメント

沢田研二・志村けんを継ぐ

2020-05-17 11:48:13 | 映画

残念ながら新型コロナウイルス禍で逝去した志村けんさん。初の映画の主演が決まっていた「キネマの神様」が、親交のあった沢田研二さんが主演を引き継ぐとの発表があった。ふたりは同じ事務所に所属していて、お互いに共演をしている間柄でもあった様だ。今回は志村さんの思い入れのある映画を、やはり映画の主演は始めての沢田さんが「やり遂げる覚悟」と語っている。

    

コメント

映画「新聞記者」のこと

2020-03-08 10:26:37 | 映画

昨年に公開された映画を対象にした日本アカデミー賞の発表があった。主演男優賞には「新聞記者」に出演の松坂桃李さん、同じ映画に出演のジム・ウンギョンさんが主演女優賞を獲得している。さらに同映画は最優秀作品賞を合わせて受賞の快挙であった。どちらかと言うと昨年の「万引き家族」の様な圧倒的に支持を受ける作品が少なく地味な作品が多かった様である。小生はこの作品は鑑賞する機会がなく、感想を述べる事が出来ないのが残念だが、地味に政界の真相に迫ろうとしている記者の活動を描いている様である。また主演女優賞のジム・ウンギョンさんは韓国映画界でも実力派の女優さんだと言うのも始めて知ったのでした。

      

   

 

コメント

映画「AI崩壊」を鑑賞

2020-02-18 10:09:30 | 映画

昨日に映画「AI崩壊」を鑑賞している。2030年の未来、AIのぞみは医療を中心に国民生活に多大の恩恵を与えるまでに進歩していた。10年前にこのシステムの創設者が、日本に帰国した事から、AIのぞみは暴走を始める。国内の生活は混乱を極めるが、その首謀者として名指しされた主人公は、その原因を突き止める為に逃走する。執拗にその主人公を追い詰めるのもAIのシステムである。近未来にはAIの進歩はどうなるのか、人間の手の及ばない暴走を始めたらと考えると恐ろしい。脚本はオリジナルらしいがなかなかと面白く鑑賞した。

      

      

コメント

映画「12人の死にたい子どもたち」を

2020-01-31 14:44:15 | 映画

今晩の日本テレビ系の金曜ロードショーで、昨年1月に封切りされたばかりの映画「12人の死にたい子どもたち」が放映される。小生は残念ながら映画館でこの映画視聴していない。そこでこの映画のTV 放映を前に、さっそく図書館から原作本を借り出して読了した。

インターネットサイトで応募して来た、自死を望む12人の少年・少女たちが指定された廃病院に集まって来る。ところが既に13人目の死体が放置されていた。やがて12人の少年・少女たちが、何故に死を選ぶに至ったかを議論しだす。そして13人目の死体の謎を解こうと努力する。そして結末は?。こんな難解な原作本をどう映画化されたのか、そんな興味もあって、21時からの放映を楽しみにしているのです。

コメント

映画「こんな夜更けにバナナかよ」

2019-01-09 19:59:16 | 映画
楽しみにしていた映画を夫婦で鑑賞に行って来ました。
前にも書いたと思うが「愛しの実話」と副題がある通り、北海道に住まわれた、筋ジス患者の鹿野さんと、彼を支え続けたボランティアの活動を描いている。
20歳までしか生きられないと言われる難病を患う主人公。何度も病院に入退院を繰り返す。
しかし彼は周辺の多くの方々に支えられて、42歳まで精一杯に人生を楽しんだ。
主人公を大泉洋、彼を段々と理解しようとするボランティアに、高畑充希、三浦春馬が演じる。
昏くなりがちな話題だが、明るいコメディータッチの映画に救われた感じがしている。
是非ご覧になる事をお勧めしたい。


               
コメント

映画「こんな夜更けにバナナかよ」

2018-12-15 21:08:50 | 映画
今日のTBS番組「王様のブランチ」を観ていた。
映画のコーナーで、12月28日公開の映画の紹介があった。
大泉洋、三浦春馬、高畑充希が共演の「こんな夜更けにバナナかよ」である。
実話を映画化したもので、筋ジストロフィーと闘った人物が主人公である。
その主人公と手助けをするボランティの人達の物語だが、実に明るいコメディータッチで描かれているらしい。
実際のモデルの方が住む北海道で撮影された様で、地元出身の大泉洋さんが好演されていると言う。
公開はまだ先だが、是非共映画館に出掛けてみたいと、今から愉しみである。


               
コメント (2)

あのファンタジーを再び

2018-12-07 09:43:36 | 映画
日本TV系金曜ロードショウに、映画「DESTNY 鎌倉ものがたり」が登場する。
アニメを映画化した、ファンタジーモノだが、古来から鎌倉に棲むという化け物たちが登場する。
主演の堺雅人、高畑充希がおとぼけぶりが面白い。
小生は、現在放映の朝ドラの主演の安藤サクラの演ずる「死神」が好きである。
何時の間にか妻が消えてしまう、黄泉の国に匿われている事を知った主人公が助けに向かう。
かくして化け物たちとの壮絶な闘いがある。無事に鎌倉に帰れるのか?。
夜長のTV番組、是非ともご覧あれとお勧めである。
コメント

日本アカデミー賞

2018-03-03 17:22:30 | 映画
昨夜のTV番組、何となく日本アカデミー賞授与式を観ていました。
作品賞を受賞した「三度目の殺人」が、6部門での表彰を受けている。
残念ながら、小生はまだこの映画は観ていない。従って論評は避けたい。
主演男優賞は菅田将瞳さん、主演女優賞は蒼井優さんでした。
尚、受賞作品はDVDが発売されていると思うので、是非拝見したい。

映画界も若い人達の時代になったのではと思いながらTVを観ていました。
コメント