<新・とりがら時事放談> 旅・映画・音楽・演芸・書籍・雑誌・グルメなど、エンタメに的を絞った自由奔放コラム
宇宙エンタメ前哨基地



宮崎駿の「風の谷のナウシカ」を劇場で見てきた。
これまでビデオやテレビで何度か見ていて初観ではないのだが劇場で見ることになったのは今回が初めて。
で、同じく初めて知ることになったのが映画は音声がモノラルサウンドだったということなのであった。
正直かなりびっくりした。
あの宮崎駿の作品であっても、このころはまだステレオサウンドにするだけの予算がなかったのか、それともモノラルで良いと判断されたのか。
なにかこう、ものすごく物足りない感覚に陥ってしまったのだった。

「風の谷のナウシカ」は私が大学生の時に公開された作品だ。
当時の私は宮崎駿だからといってとりわけ見に行きたい、と思うことはなかった。
というよりも当時の私は日本映画はアニメであろうがドラマであろうが見たい、などと思うことは決してなかった。
「な〜に?日本映画〜〜〜........見たくない。お金、捨てたくない」
という感覚なのであった。
大学ではかの依田義賢先生、宮川一夫先生、森田富士郎先生方の指導を受けていたにも関わらずだ。
いかにアホな学生であったかは理解できよう。
実にワンオブゼム的な学生なのであった。

でも、これには大きな理由がある。

私は高校時代から日本映画を見に行っては連続的に期待を裏切られるということを経験していた。
高校に進学した1978年はSF映画ブームだった。
このブームは前年に米国で大ヒットした「スターウォーズ」に始まる世界的な潮流だったのだが、このブームに乗っかって日本でもSF映画が作られた。
それが最低なのであった。
記憶に残る恐ろしい映画は2本。
現千葉県知事の森田健作が主演していた「惑星大戦争」。
志穂美悦子がウェディングドレスをまとってアクションしていた「宇宙からのメッセージ」。
当時どちらもCMが盛んだったので期待して見に行ったのだが「バカにしてんのか!」と言いたくなるような作品だった。
惑星大戦争はいたるところスターウォーズの焼き直しシーンがありどっちらけ。
宇宙からのメッセージは一箇所だけ見せる特撮があるものの、その他は学芸会。
ほんとにひどいものなのであった。
この年に楽しめた映画は「柳生一族の陰謀」と「赤穂城断絶」ぐらいだった。
その後、日本映画には足を運んだのだが、どれもこれもつまらない。
究極は1983年の「南極物語」。
健さん主演の映画ということで期待して見に行ったにも関わらず、その映画は単なる動物映画を下回る品質の犬の芸オンパレードだった。
もう「犬がそんなことするかい!」というようなシーン満載なのだった。
「なんで高倉健がこんな映画にでるねんな」
と毒ついたのは言うまでもない。

「風の谷のナウシカ」は丁度このころ公開された。
見るわけがないのである。

よってポスターはよく目にしていたにも関わらず見たいということにはならなかった。

この映画を見たのは社会人になってから。
テレビの映画劇場で放送されているのを見て「風の谷のナウシカ」がただものではないことを知ったのであった。

今回コロナウィルス禍による映画館の苦境を救うべく、ジブリやディズニーの過去の作品が緊急リバイバル上映されていて、この中に「風の谷のナウシカ」が含まれていたのだ。
劇場の大画面と立体音響で同作品を楽しめるめったに無いチャンスだと思った。
料金も大人1100円で安いではないか。

ということでいざ劇場へ入って見てみて驚いたのは大画面だが立体音響でなかった、ということだ。
画面もなにやらワイドスクリーンにしては幅が狭い。
テレビを意識したサイズであることを知った。
絵も少々雑な部分があり、
「予算かな」
と思わせるものがあった。
翌々日に「千と千尋の神隠し」を見に行ったので、その差を歴然と体験することにもなった。

それにしても劇場でのリバイバル公開というものは、なにか新しい発見があるものだ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あまり大きく扱われていないようだが新型コロナウィルスの影響で無印良品の米国法人が日本で言うところの民事再生法の適応を申請した。
つまり倒産してしまったのだ。

このニュースは日本の本家無印良品に遠慮してかどうかわからないが、どのマスメディアも取り扱いが小さい。
米国のブランドが同様の事態に陥ったら大声で報道するのに扱いが随分と違うものだ。

尤も無印良品の米国法人は倒産はさせるものの事業は継続するということなので、本体が資金を投入するのか、はたまた現地資本を注入するのは詳しいことは知らないが店舗の閉鎖や人員削減はあるけれどもなくなりはしないのだという。

それにしてもコロナで順調だと思っていた会社が経営危機に陥り、最悪は倒産してしまうということが発生している。

首都圏での感染者激増は新たな非常事態を招きかねないのだが、感染者の全部が軽症あるいは無症状であることを考えると、なにかもっと詳しい情報をリリースしてもいいのではないかとも思ってしまう。

無印良品米国のニュースにしろコロナの感染者数のニュースにしろマスメディアの忖度および煽り屋根性は世の中の利益にならないんじゃないか。
思わず達観してしまう今日のニュースの一コマなのである。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




自動車ででかけると交通情報はどこから得るのかを迷うことがある。
JARTICの道路交通情報サイトか、Google Mapの渋滞状況か。

JARTICの交通情報は全国の高速道路の情報が網羅されていて事故、通行止めなどを知るにはぴったりだ。
しかしそれに伴う渋滞状況や自然渋滞はあまり詳細な情報が表示されることがないので、そちらの方はGoogle Mapの渋滞状況を確認することになる。
一般道の情報となるとJARTICの出番はほとんどなくなる。
2つのアプリをあっちを見てこっちを見るということになるので運転している時は危険なので当然操作をすることができない。

この道路交通情報のチェックは遠距離を走るときほど重要になる。

一昨日。
私は所用で未明から大阪から名神高速道路を長野県に向かって走っていた。
おりからの梅雨末期の豪雨で熊本では球磨川の氾濫が伝えられる中、午前の早い時間に到着する必要があり車を飛ばしていたのだ。
大阪を出発したときから雨脚は強かったのだが、京都の山科を走っている頃に雨が土砂降りに変わりセンターラインもよく見えない状況になった。

「おお、これで中央道は大丈夫か」

と不安がよぎった。
長野県に入るには中央道の木曽山系を貫く恵那トンネルを通る必要がある。
この大雨の中、あの山深い木曽の山を通り抜けることができるのか。
大いに心配になったのであった。

そこで途中、滋賀県の黒丸PAでトイレ休憩も兼ねて停車。
道路交通情報をチェック。
東海北陸道には通行止め箇所があるようだが中央道にはその心配は今のところない。
しかしJARTICの情報からは車が順調に流れているのかどうかの判断はしにくい。
当然Google Mapも確認。
小牧付近の渋滞状況をチェックして名古屋のラッシュに巻き込まれないように急ぎ東へ向かったのであった。

結果的に途中なんども豪雨に見舞われたが無事に目的地に到着。
事なきを得て、帰る頃には少し晴れ間も出ていたほどなのであった。

で、ここで感じたのはカーナビって何?ということだ。
カーナビにも渋滞情報キャッチのシステムは装備されているが目的地に向かってかなり先の情報を表示したり告知したりするのは得意ではないらしい。
しかもGoogle Mapとは連動していないので各所に発生している渋滞にはほぼ無防備でもある。

JARTOCとGoogle Mapというタイトルにしたが、カーナビって何なん?というのがこのブログの正確なタイトルだったかもしれない。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ジャック・ニコルソン演じる映画「恋愛小説家」の主人公は極度の潔癖症。
手を洗うたびに固形石鹸1個を使用する。
つまり1回使っただけでその石鹸はそのままゴミ箱へ。
冒頭にそういうシーンがあるのでびっくりしてしまい、見ている観客はズズズっと物語に引きずり込まれるのだ。
私も引き込まれた。
この映画のストーリーはなかなか優れていて助演のヘレン・ハントも素晴らしい演技で確かアカデミー賞を受賞したように記憶している。

この映画のジャック・ニコルソンならずとも潔癖症の人は少なくない。
とりわけ新型コロナウィルスの蔓延で日本国内は1億総潔癖症という感じで少々行き過ぎではないかと思うところもなくはない。
どこでもアルコール消毒、どこでもマスク、どこでもゴム手袋、という感じだ。
外出から戻ってきたら即シャワーで、外出中はできる限り公衆トイレは使用しない。
電車に乗ってもつり革は持たずバランスをとって立ち続ける。
間違っても座席に腰を掛けるなんて大胆なことをしてはいけない。
もちろん外食はだめ。
どうしても食べたいときはコンビニでオニギリかサンドイッチを購入して包装ビニールを持った手で直接本体を触らないのが重要になる。
ペットボトルのお茶は奥から取り出し飲むときは栓のネジを綺麗に消毒。
ここでも流行りの紙コップのブレンドコーヒーを買ってはいけないのだ。

このままいくと来年の今頃はみんな宇宙服を愛用しているのではないか。
と大げさながら思ってしまう今日このごろなのだ。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




「それは新しいのぞみ」
「新大阪↔小倉間 1時間59分」
「新大阪↔博多間 2時間17分」
「300km新幹線 500系のぞみ、発信!」
(以上、石坂浩二のナレーションをイメージしてお読みください)

山陽新幹線が全通した1975年。
新大坂〜博多間の所要時間は3時間44分なのであった。
当時私は小学生で父のふるさとの岡山までたまに新幹線に乗車したが岡山までの所要時間は約1時間であった。
それが現在では45分。
ちなみに阪急電車で梅田から京都河原町まで特急で43分なので大阪〜岡山と大阪〜京都の所要時間はほぼ同じになっている。
で、新大阪と九州方面はとみると最速のぞみ号で新大阪〜小倉は2時間12分で新大阪〜博多は2時間28分。
CM当時より10分ほど時間が余計にかかるようになったのは新神戸駅と姫路駅または福山駅などに停車する時間が増えたことと500系がのぞみ号を引退したことが挙げられる。
恐らくダイヤの混雑度も影響しているに違いない。

過去最速だった500系はともかく現在のN700系ののぞみ号は新大阪〜博多間を553.7kmを148分で走り抜けるので平均時速は224km/h。
最初期の新幹線0系の最高速度が210kmであったことを考えると、すでに平均速度が当時の最高速度を超えていることになる。

それでは東京〜新大阪はどうかというと、現在の最速のぞみで2時間30分。
実距離は515.4km。
平均速度は206km/h。
こちらも当初の最高速度に近い速度に達している。
東海道新幹線が山陽新幹線より遅いのは都心の地下鉄並みの混雑ダイヤとカーブの多さが原因で、最高速度が285km/h抑えられている結果だ。
山陽新幹線は最高速度が300km/hなのだ。

このN700系は数年前に外国メディアと鉄道関係の要人を招いてデモンストレーションに使われた時、京都〜米原間を時速340kmで安定して走行。
多くの鉄道ファンをびっくりさせた。
「これは早い。」
と。
そして、
「リニア不要なんとちゃうの」
という声が数多く出てきた。

現状よりも50km/hも早いN700系のデモンストレーション速度で東京〜新大阪を走ると単純に比較して現在よりも30分ほど短縮することができて所要時間は2時間ジャスト。
これが東北新幹線はやぶさ並に時速360km/hで走行すると2時間の壁を突破する。
冒頭の山陽新幹線のCMの新大坂〜小倉間のセリフが新大阪〜東京間になるわけだ。

新幹線の技術はリニアの開発が進んでいる中でも進歩を遂げた。
その最大のポイントは「乗り心地」「スピードアップ」だ。
ところがもっと大きなポイントが新幹線にはある。
「高度な互換性」
なのだ。

新幹線は東北上越新幹線と東海道新幹線こそ接続していないが電圧を除くと線路幅は同じで異なる新幹線路線に乗り入れることができる。
また軌道を3本レールで対応することで狭軌の在来線部分へ乗り入れることも山形新幹線以来一般化していて、技術的にも問題はない。
東海道新幹線もダイヤさえ組めば東京から鹿児島まで乗換なしに移動することも可能なのである。

リニアはこれができない。

独自の軌道を走行するため新幹線も在来線もその線路の上を走ることができない。
名古屋まで開通させても乗り換え時間を考慮すると東京〜大阪間は航空路に勝てない。
まして岡山、広島方面は乗り換えがめんどくさく航空路に圧倒的な軍配が上がるだろう。

私は大阪から名古屋へ行く時、近鉄特急を利用するが新幹線との乗車時間差1時間はあまり気にならない。
同様のことがリニアにも言えるのではないか。

9兆円を越えるという工費をかけるのであれば、他に優先度の高い使いみちもあることだろう。
ましてや必ず会って話をしないと行けない時代、社会ではなくなってしまった。

1時間縮めるためだけに9兆円もかけるんですか。
費用対効果に大いに疑問があるところだ。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




吉村昭著「闇を裂く道」はJR東海道線の丹那トンネル工事を描いたノンフィクション。
私の好みの一冊だが、この丹那トンネルが苦難の工事の末に完成したことをこの本で知った。自然に立ち向かう人間の力と人間が破壊する自然の貴重さの両方が根幹を成していてこの物語の魅力となっている。

丹那トンネルは全長7.8km。
熱海側の入口部分に若干のカーブがある以外はほとんど直線である。
この一見簡単なトンネル。
掘るのに実に16年もかかったのだ。
着工は大正7年で完成は昭和9年。
もともと蒸気機関車で牽引された列車を想定して建設が開始されたのだが、開通したときの一番列車は電気機関車に引かれた大阪行きの特急だった。
東海道の基幹路線はすでに蒸気から電気の時代に変わっていた、というぐらい時間がかかった。

途中いくつもの崩落を経験し亡くなった作業員は67名に上る。
度重なる出水は丹那トンネルの上にあった豊富な水源を干やがらせ特産をわさびや稲作を中心に農業に甚大な被害を及ぼした。
この現代でいうところの環境破壊は凄まじく、いまは農地としての価値はなく住宅地などに変わっている。
当然国がこの農業被害に対して見舞金を交付したわけだが、破壊された自然は戻ってくることはなかった。

トンネルが貫く7.8kmは、丁度伊豆半島が本州にぶつかっている根本にあたり地形は複雑だ。
太平洋プレートに押された伊豆半島と大陸からの本州がぶつかったところにあたるためエネルギーが蓄積された結果として活断層が多い。
丹那トンネルにも活断層が一つ横切っているのだが、これが工事途中の昭和5年に動いた。
北伊豆地震と呼ばれる大地震で、瞬間的に動いた地層は掘られていたトンネルを閉じてしまった。
幸いに作業者がいない時間帯での発生だったため被害者はいなかったが、掘っていたトンネルが一瞬で寸断され数メートルもズレてしまうという驚くべき地震は、この丹那トンネルの安全性が100%ではないということを私達に教えてくれているのだ。
熱海側入り口のカーブは、この地震のための設計変更で生まれたカーブなのだ。

リニア新幹線の静岡県内通過の工事申請が却下された。
環境アセスメントが十分に議論させていない中、静岡県としては環境破壊とそれに繋がる天竜川の水源破壊を認めるわけにいかないというのがその理由だ。
リニア推進派には、
「静岡県に駅ができない嫌がらせだ」
と叫んでいる人達がいる。
その人達は丹那トンネルで静岡県がいかに苦悩したのか知る必要がある。
一度掘ったトンネルの穴は容易に埋め戻すことなどできないのだ。
まして、今回はその中が誰にもわからない南アルプスの地中深くを掘り進む。

もし大出水をして水源が枯渇したら。
地震が発生して軌道が塞がれ、そこに時速500kmの列車が突っ込んだら。
火災がでたら。
超高電圧の電流に問題が生じたら。
磁場は。
停電は。

リニア新幹線工事を阻止する根拠はいくらでもある。
推進する科学的根拠は説明されないので、静岡県知事の判断は今のところ正しい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ちっとも報道されていることに気が付かなかったのだが、去る6月26日に「NHKが映らないテレビを持っている場合は受信料を支払う必要はない」という判決が東京地裁で下されていたのだ。
このニュース。
話題として小さくないはずだが、新聞も民法も一連託生なので大きく扱いにくかったのかもしれない。

裁判はNHKだけが映らないように加工していたテレビを購入した女性がNHKを相手取って起こしたもので、今回の判決に不服のNHKは今日控訴したという。

この裁判。
最高裁まで争うことになるのかもしれず、最高裁でNHKが負けるようなことがあれば公共放送に関するビジネスモデルが崩壊する可能性もあり注目されるところだ。

それにしても、こういうことを堂々と報道するマスメディアがなかなかない。
言論と報道の自由が忖度の塊であることがよく分かる事例でもある。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




優生保護法が憲法の人権侵害に当たるのかどうかが今日、東京地裁で判決がでる。

「不良な子孫を残さない」という考え方で立法化された優生保護法だが、誰がこんな法律をだしたのかというと日本社会党なのであった。
当時、日本社会党は占領軍の方策もあって好き勝手なことを展開したのだが、その好き勝手な2つのうちの一つが優生保護法だったといってもいい。
ちなみにもう1つは農地開放。
遺伝的に欠陥があると思われる不良な子孫を残さないようにするために不妊手術や中絶をする。
そんな無茶な考えはないのであって「日本人は減っても構わない」という占領軍の法律とも合致して立法化されたのだろう。

それにしても大に嗤えるのはこのことだ。
いつもはこの手の裁判には被害者支援を叫ぶ社民党は全くだんまりを決め込んでいる。
その理由はこういうところに原因がある。

パチンコ屋。
北朝鮮拉致問題。

モリカケやサクラには大声を挙げて糾弾するのだが臭いものには蓋をするのがこの人達のやり方だ。
ちなみに消費税も社会党政権下で税率3%が4%に増税された。
そもそも導入に反対していた消費税に便乗しての増税だった。

何をやってもろくな事はない。
中国共産党もその一つ。
恥を知らない政党は社会に負の遺産を残していく。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




米国の白人警官による黒人死亡の事件以来、米国を中心に人種差別反対運動が極論化している。
差別に反対する運動であれば暴力を振るっても問題ないかのような状態を異常としてとらえず「これが社会の流れ」と捉えるマスメディアの異常さもあいまって強い違和感を感じている人は少なくないはずだ。
私もその一人。

差別反対のデモンストレーションに乗っかって商店を破壊し略奪行為を働く。
車道に止められている自動車に火を付ける。
これらはほんの序の口でやがて歴史上の人物批判にもその矛先は向けられ始め町のシンボル扱いだった英雄たちの銅像は傷つけられ、引きずり降ろされ、記念館の名前は変更を強いられる。
これらは差別反対を叫ぶ人たちからの一方通行の思想の押しつけではないかとも思うのだが、そういうことを言う雰囲気すら漂っている。
それが日本のことではなくて米国のことなので事態は深刻だ。

そもそも亡くなった黒人はなぜ警察によって拘束される事態になったのか。
その部分はほとんど報道されることさえなくなってしまった。
今や彼は英雄のような扱いを受け、その弟は反差別の運動スターなのだ。
偽札所持の容疑で拘束された亡くなった黒人は果たして無辜の市民なのか。
大いに考えてみる必要がありそうだ。

この米国の反差別主義運動に異常さと背景になにかあるのかと疑ってしまうことがある。
というのも彼らは自身の国のことについては大きな声で叫ぶのだが、香港や中国ウィグルの人権弾圧や言論の封じ込め、政治犯の大量拘束についてはあまり述べない。
外国のことだからかもしれないが、それだけでは説明がつかないのは明らかだ。

反差別運動を主導する人々が米国の歴史を捏造するまでもないが、そもそもこのような行動には手本がある。
それは中国と韓国が行ってきた日本に対する歴史捏造と言論誘導とパターン。
この流れや主張の仕方が全く同じなのだ。

今回の反差別に基づく暴力行為を含む運動の背景には中国共産党の存在がある。
そう思いながらニュースを見ているとスッキリと合点がいくのが恐ろしい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一昔前のわたしの大好きなアメリカンジョークに、

「ジョージ・ブッシュはバカ野郎だ!」
とホワイトハウス前で叫んだ男が「国家機密漏洩罪」で逮捕された。

というのがある。
実にアメリカらしいジョークで、たとえばこれを日本におきかえ、

「安倍晋三は大ばか野郎だ!」
とすると雰囲気がちっとも面白くなく、かといって、
「枝野幸男は大ばか野郎だ!」
とすると、事実だけにちっとも笑えず、
「福島瑞穂は大ばか野郎だ!」
とすると、
「あれでも野郎ではない」と言われそうでジョークにならないのだ。

かと言って、今話題の全大統領補佐官ボルトン氏が出した暴露本「The Room Where it Happened(勝手に邦訳「えらいこっちゃの執務室」.......タイトルからするとビル・クリントンと女子大生の話かと思った)」はジョークにもならない笑えない一冊だと思う。
たとえそれが事実であったとしても、だ。
大統領の補佐をやっていた人間がいかに大統領の質が低レベルといえど、それを公にさらしてもいいのか。
わたしはそのような権限はないと思っている。
これでは芸能人の性癖を暴露する超低レベルの娼婦よりさらに低レベルだ。

このようにたとえば「?」な大統領であっても国のトップに変わりなく、その人物の傍らに居たものがホントかどうかは別にして欠点をあげつらい貶める内容を本にして公にするなどモラルとしていかがなものかと思うのである。

まあ大統領が大統領なら補佐官も補佐官だったと考えれば納得ができないことはない。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ