教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

森の彩りツチアケビの秋

2019年10月04日 | 自然

冬虫夏草に出会った森では楽しみにしていた実りがありました。


ツチアケビです♪
長さ70mmほどの真っ赤な実がなっていました。


このツチアケビの7月初旬の花がこちら。
こんなに蕾が出ていたのに10月の実の数は少ない。
もう鳥たちに食べられたあとだったのでしょうか。


下にいくつか実が落ちており、カッターを持っていたので


半分に切って中を見せてもらいました。
これが熟した状態なのかな?
中の香りは青臭く期待した甘さは感じられませんでした。

ツリバナの実も熟していました。


どの実にも幼虫、成虫のキバラヘリカメムシが群がっていました。


これはきっとチチタケの仲間


細い枝でさっとヒダを撫でると白い液が出てきました。
「触ってみたら」と言われ手がベタベタになって驚いたことも
今は懐かしい思い出。。


コノシメトンボのオスは全身真っ赤!


こちらはコノシメトンボのメス
この日は気温が高かったのでこんなポーズに。


ふわ~りオオアオイトトンボ

さすがにセミは鳴いていませんでしたがなかなかの暑さで
飛び回るチョウ達も見られました。のちほどご紹介いたします☆

コメント