イスラーム勉強会ブログ

主に勉強会で扱った内容をアップしています。

預言者伝46

2013年06月20日 | 預言者伝関連

145.王たちはどのようにこの尊い書簡を受け取ったか:
  ヘラクル、アン=ナジャーシー、アル=ムカウキスは敬意を込めて書簡を受け取り、丁寧な返事をしたためました。アン=ナジャーシーとアル=ムカウキスはアッラーの使徒(祝福と平安あれ)より使いとしてやって来た者に寛大に接し、アル=ムカウキスは二人の女奴隷を贈り物として預言者に(祝福と平安あれ)送りました。そのうちの一人は、アッラーの使徒(祝福と平安あれ)に男児イブラーヒームを産んだマリヤ です。

  代わって、キスラー・アブルウィズは、書簡が読み上げられた瞬間にそれを引きちぎって、言いました:わしの奴隷の身である分際で書簡を送り付けるだと?その知らせがアッラーの使徒(祝福と平安あれ)に届くと彼は言われました:アッラーが彼の王権を裂き給いますように。

   そしてキスラーは、イエメンを治めていたバーザーンに、預言者を連れてくるように命じました。キスラーはバーザーンの両親を彼のもとに送り、「王たちの 王であるキスラーは、バーザーンにお前(つまり預言者)を連れてくる者を送るよう命じた。そしてお前を連れて帰るために彼は私を送ったのである。」と預言 者に言うよう命じました。アッラーの使徒は、キスラーの使いの者に言われました:すでにアッラーはキスラーの上にその息子であるシールウェイを君臨させ給うたが、息子はその父を殺した。

  アッラーの使徒がお知らせになったことは詳細にわたって実現しました。シールウェイと いう称号を持つ息子のカバーズは玉座を奪い、キスラーは西暦628年、息子に暗殺されるという形で惨めに死んでいきました。彼の死後、彼の王権は裂かれ、 統治する一家の子息たちの手中でもて遊ばれるおもちゃと化しました。シールウェイは六ヶ月だけ生き、彼の後の四年の間に10人もの王が現れました。ヤズラ ジュラドに集まって彼に王冠を人々が被せるまでは、王国の手づなは大いに乱れました。このヤズザジュラドはササン朝の最後の王となりました。そして彼こそが、ササン朝の完 全な滅亡を導いたイスラームの襲撃に対面した人物でした。ササン朝国は、4世紀に渡り存続し、開花した王国でした。滅亡した年は西暦637年。このような 形でアッラーの使徒の知らせは実現したのでした。それ以降にササン朝帝国と呼べるものは存在しませんでした。つまり、アッラーの使徒のもう一つの予言: 「キスラーが滅びたら、その後にキスラーはない」が実現したということです。
  アッラーは信徒たちにイランを所有させ、その民をイスラームに導き給いました。彼らの中から学者や、イスラームの天才が輩出されました。またアッラーの使徒(祝福と平安あれ)の彼らについての言葉は真実でした:「星に知識があるとしたら、ペルシアの子孫から成る人たちがそれを手に入れただろう。」

146.ヘラクルとアブースフヤーンのやり取り:
  ヘラクルは、預言者(祝福と平安あれ)の真実を確認したいとの思いから、彼についての情報を集める人物を探しましたところ、ガザに商売のために滞在していたアブースフヤーンが当たり、ヘラクルの元に連れて行かれました。ヘラクルの数多くの質問は、理性ある、宗教の歴史や預言者の特徴や彼らの歴史や彼らとの人々の接し方や彼らに対するアッラーの慣行に熟知した経験者であることを示していました。アブースフヤーンはアッラーの使徒(祝福と平安あれ)が真実であるとしましたが、うそをつく人間だと人々に言われることを恐れるとの先代アラブそのものの態度をとったのでした。そして二人の間に次のようなやり取りがなされました:
  ヘラクル:彼の血統はあなたたちの間ではどんなものか?
  ア:私たちの間では、彼は由緒正しい血統の持ち主です。
  ヘラクル:彼以前に、このようなこと(自分が預言者であるとの宣言など)を言う人間があなたたちのの中にいたか?
  ア:いいえ。
  ヘラクル:彼の祖先に王はいたか?
  ア:いいえ。
  ヘラクル:高貴な人たち、それとも弱者たちのどちらが彼に追従したか?
  ア:弱者たちです。
  ヘラクル:彼らは増えているか、それとも減っているか?
  ア:増えています。
  ヘラクル:教えに入った後に背教する者はいるか?
  ア:いいえ。
  ヘラクル:かの言ったことを言う前に、あなたたちは彼を嘘つきだと非難したことはあるか?
  ア:いいえ。
  ヘラクル:彼は裏切るか?
  ア:いいえ。
  ヘラクル:あなたたちは彼と戦ったか?
  ア:はい。
  ヘラクル:あなたたちの彼に対する戦いはどんなものだったか?
  ア:私たちの戦は、こちらが勝ったり負けたりです。
  ヘラクル:彼はあなたたちに何を命じているか?
  ア:アッラーおひとりをあがめなさい、彼に同位者を配してはならない、先祖の言うことを捨てなさいと彼は言います。また私たちに礼拝、正直であること、貞操を守ること、家族とのつながりを持つことを命じています。

  (参考文献:「預言者伝」、アブー・アルハサン・アリー・アルハサニー・アンナダウィー著、ダール・イブン・カスィール出版、P299~302)
コメント

73章解説【1】

2013年06月13日 | ジュズ・タバーラカ解説
1.包まる者よ、
2.夜に(礼拝に)立て、少時を除いて。
3.(つまり)その(夜の)半分、もしくは、それより少し欠くほどか、
4.あるいは、それ(夜の半分)より増やせ。そしてクルアーンを滔々と読誦せよ。
5.まことにわれらはいずれ、おまえの上に重い言葉(クルアーン)を投げかける。
6.まことに夜の発現、それはさらに平坦で言葉もさらに廉直である。
7.まことに、おまえには、昼間は長い(生活のための)往来がある。
8.そしておまえの主の御名を唱え、彼に専従し仕えよ。
9.東と西の主、彼のほかに神はいない。それゆえ彼を代理人とせよ。
10.そして、彼ら(マッカの多神教徒)の言うことに耐え、彼らからきれいに(みごとに)身をかわし避けよ。

 この章が啓示された背景がいくつか伝えられています:

預言者(祝福と平安あれ)による人々への宣教活動を阻止するための策を講じようとクライシュがアン=ナドワ館に集まったという知らせがアッラーの使徒(祝福と平安あれ)に届くと、悲しみに覆われた彼は、ご自身をも衣服で覆いました。(服に包まったという意味)そして心配する中眠りにつきましたが、そこに大天使ジブリールが来て、言いました:「包まる者よ」つまり衣服に包まった者よ。そのような呼び名は預言者(祝福と平安あれ)にとって慰めでした。アラブの習慣として、呼びかけの相手の状態に合わせた呼び名で親しみを込めるということがあります。

また:ジブリールがヒラーの洞窟にいた預言者(祝福と平安あれ)の前に現れたとき、預言者(祝福と平安あれ)は恐れから震えながら家に帰りました。寝床に逃げた彼は、覆ってくれ、覆ってくれ、と言いました。預言者(祝福と平安あれ)がまさにそのような状態にあったとき、ジブリールがふと現れて、「身を包んだ者よ」と言い、その直後に「包まる者よ」が啓示されました。

また:預言者(祝福と平安あれ)が礼拝のために身を服で包んだところで、「包まる者よ」つまり崇拝行為の準備が整った者よ、と呼ばれたと言われています。

至高なる御方の御言葉:「夜に(礼拝に)立て、少時を除いて」は、崇拝行為のために少しの時間を除いて夜に立ちなさい、という意味です。ここで言葉は預言者(祝福と平安あれ)に向けられたものです。眠りを放棄して、崇拝行為のために夜は立ちなさいとの天からの呼びかけです。それは背負わされることになる重い責務に対する準備になるのです。それはほかでもない、アッラーへと人々を誘う仕事です。

この呼びかけが預言者(祝福と平安あれ)に向けられたものであるということは、同時に彼の追従者たちである信徒たちに向けられたものでもあるということです。皆が崇拝行為とアッラーへの誘いの責任を預言者と共有するためです。そのためにも信徒たちは預言者(祝福と平安あれ)の夜の礼拝における道をたどったのです。

これらがアッラーが定め給うた初期の任務です:寝床の放棄、礼拝・クルアーン読誦・タスビーフ(スブハーナッラーということ)・タハリール(ラーイラーハイッラッラーということ・罪の許しを請うといった行為を含むアッラーに捧げる崇拝行為を夜に行うこと。

夜中の崇拝行為が、軍に入ったばかりの兵士の訓練に匹敵することに注目しないわけにはいきません。ただし崇拝行為は違った種類の訓練です。それは実に、信者を創造主につなげ、魂を強くし、また活性化し、神の命令を受け入れやすい状態にする精神的訓練なのです。こういった面のほかに、夜中の崇拝行為は身体を鍛えて厳しさを受け入れる訓練となるいった面もあります。そうすることで魂は満足と忍耐で人生のさまざまな責務を負える準備状態に入れます。また安楽、思うが侭に欲を満たすといった危機感や重大な仕事の実行を弱めたりといった浪費者たちの状況を避けることもできます。つまり夜の崇拝行為は、初期の信者たちが卒業して行った信者の小学校であるということです。だからこそ人々のために輩出された中でももっとも優れた共同体なのです。この共同体こそが国々を解放し、導きと平等を各地に広めたのです。

アッラーは崇拝行為に関して仰せになっています:
「夜に(礼拝に)立て、少時を除いて。(つまり)その(夜の)半分、もしくは、それより少し欠くほどか、あるいは、それ(夜の半分)より増やせ。そしてクルアーンを滔々と読誦せよ。まことにわれらはいずれ、おまえの上に重い言葉(クルアーン)を投げかける。」

夜における崇拝行為は夜の半分かそれより少しだけ短い時間、つまり夜の三分の一よりも少なくない時間に行われなければなりません。魂の研磨と創造主とのつながりにおいて求められている効果と成功した行動を生み出すためです。それか夜の半分としても良いが、長い崇拝行為によって求められているものの逆の効果、つまり体が弱まってしまって、それ以降の生活に支障が出てしまうことがないように三分の二以下としてもよい。「そしてクルアーンを滔々と読誦せよ」の意味は、字の判読とともにじっくりと考えながら一節一節を読め、意味についての熟考のない読み方ではいけない、です。それには、無理のない程度での美しく読もうとする試みも含まれます。「あなたたちの声でクルアーンを飾りなさい」というハディースも存在します。

「まことにわれらはいずれ、おまえの上に重い言葉(クルアーン)を投げかける」つまり、ムハンマドよ、導き・英知・正確さ・明解さにおいて人間の言葉を超える尊く重い言葉-クルアーン-をいずれ啓示する、という意味です。または、クルアーンは、人々が慣れ親しんだ間違った信条の放棄や受け継いできた腐敗した習慣の放棄の要求を含むことから、人々にとって重くて踏み込みにくいものとなるだろうという意味です。

そこでアッラーは、崇拝行為のために夜の間立ち、クルアーンを読むことの英知を解明し給います:
「まことに夜の発現、それはさらに平坦で言葉もさらに廉直である。まことに、おまえには、昼間は長い(生活のための)往来がある。そしておまえの主の御名を唱え、彼に専従し仕えよ。東と西の主、彼のほかに神はいない。それゆえ彼を代理人とせよ。」

夜の発現とは、夜の時間帯すべてや、その間に行われるクルアーン読誦や礼拝などの服従行為のことです。だからそれは「さらに平坦で」つまりさらに足がしっかりと地につき、混乱から離れており、昼間よりも礼拝する者にはより重いものだ、ということです。「言葉もさらに廉直である」より正しい言葉ということです。夜における静かな声、動きの少なさは、クルアーンの意味についての熟考と礼拝における畏敬の念の高まりを助けます。

「まことに、おまえには、昼間は長い(生活のための)往来がある」つまり、昼間には用事を済ませたりする十分に空いた時間がある。だからこそ、夜間にやり逃した崇拝行為があるなら、昼間にそれを取り戻せばいいだろう、という意味です。「そしておまえの主の御名を唱え」おまえに対して創造と調教の義務を負い給うたアッラーの御名前を唱えなさい、という意味です。「彼に専従し仕えよ」彼のために崇拝行為に専念し、意志を純正化し、彼以外の存在を彼とともに配置しないこと。タバットゥルとは:現世から離れてアッラーに向かうことを指します。「東と西の主、彼のほかに神はいない」他でもない至高なる彼こそが東と西の所有者です。「それゆえ彼を代理人とせよ」彼おひとりのみを頼り、降参し、よりどころにしなさい、という意味です。

(参考文献:ルーフ・アル=クルアーン タフスィール ジュズ タバーラカ/アフィーフ・アブドゥ=アル=ファッターフ・タッバーラ薯/ダール・アル=イルム リルマラーイーンP107~110)

コメント

預言者伝【45】

2013年06月06日 | 預言者伝関連
帝王たち太守たちをイスラームへ誘う
(ヒジュラ歴6年後期~7年初期)

141.宣教(ダアワ)は英知である:
 協定が結 ばれ、状況が落ち着いて、やっとイスラーム宣教が前進する時間になりました。そこでアッラーの使徒(祝福と平安あれ)は世界中の帝王たちとアラブの太守たちあてに書 簡を作りました。彼らをイスラームへそして主への道へと英知と善きアドバイスによって導くためです。アッラーの使徒(祝福と平安あれ)はこのことに多大な関心を寄せ ましたので、使いを送る際には、相手先に見合う、またその国のことをよく知り、また言葉を理解する者を選びました。
 「彼らは封印のない書簡を受け付けません」と言われたアッラーの使徒(祝福と平安あれ)は、銀の指輪を作り、その中に「ムハンマドはアッラーの使徒である」と刻んで封印用としました。
 アッ ラーの使徒(祝福と平安あれ)による各書簡は、このイスラームという教えがアラブ人たちやアラビア半島だけのものではないことを示しました。まさにイス ラームは人類の教えなのです。またアラビア半島の外の地域を所有していた強力で、発展した大地を治めていた国々に対して、そのような国家も、宣教を受け 入れるか、少なくとも国民にこの宣教を目にしてそして聴く機会を与えて、自らの行き先を決めさせないのであれば、いずれは滅びてしまうだろうと警告しました。

142.王たちに送られた書簡:
 ローマ帝国の王であるヘラクル、ペルシャ帝国の王であるキスラー、エチオピア王国の王であるアン=ナジャーシー、エジプトの王であるアル=ムカウキスに書簡が送られました。

 以下が、これらの王たちに送られた書簡の内容です:

 アッラーの使徒(祝福と平安あれ)は、ヘラクルあての書簡をドゥヒヤ・アルカルビーに託しました。ドゥヒヤは書簡をボスラーの太守に差し出し、太守がまたそれをヘラクルに差し出しました。内容は以下の通りです:

  慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。アッラーの使徒でありしもべであるムハンマドより 、ローマ帝国の王ヘラクルへ。導きを追った者に平安あれ。さて。本当に私はあなたをイスラームへ誘う。帰依しなさい。そうすれば安全となり、アッラーはあ なたに二度の報奨を与え給う。しかしもし背を向けるならあなたはイリスの人々の罪を負うだろう。『言え。「啓典の民よ、われらとおまえたちの間の等しい言 葉に来れ。すなわち、われらはアッラーのほかに仕えず、彼になにものをも並び置かず、われらのある者がある者をアッラーをさしおいて主とすることはない と。」それでもし彼らが背き去るなら、言え。「われらが帰依者であることを証言せよ。」』(イムラーン家章64節)

 キスラーへの書簡:
慈悲あまねく自愛深きアッラーの御名において。アッラーの使徒であるムハンマドより、ペルシャ帝国の王キスラーへ。導きを追った者、そしてアッラーとその 使徒を信じ、アッラーの他に神はなく、私が生きる者を警告するために人々すべてに送られた彼の使徒であるとこと証言した者に平安あれ。さて。帰依しなさい。そうすれば安全である。しかしもし背を向けるならあなたは拝火教の罪を負うだろう。

143.エチオピアの王アンナジャーシーへの書簡:
 慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。アッラーの使徒であるムハンマドより、エチオピアの王アンナジャーシーへ。導きを追った者に平安あれ。さて。本当に私は彼以外に神のいない、王、神聖な、平安なる、信仰を与える、保護するアッラーをあなたとともに賞賛する。また私はマルヤムの子イーサーがアッラーの霊であり貞節な処女マルヤムに投げかけ給うた御言葉であることを証言する。彼の霊により彼女はイーサーを妊娠し、彼(アッラー)は御自身の手でアーダムを作り給うた時のように息を吹き込み給うた。そこで私はあなたを協力者のいないアッラーおひとりに、そして彼への服従の遂行、そして私への追従、私にもたらされたものへの信仰へ誘う。本当に私はアッラーの使徒である。また私はあなたとあなたの軍を至高偉大なるアッラーへ誘う。これで私は確実に伝達し、進言した。さあ私の進言を受け入れなさい。導きを追った者に平安あれ。

144.コプトの王アル=ムカウキスへの書簡:
 慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。アッラーの使徒であるムハンマドより、コプトの王アル=ムカウキスへ。導きを追った者に平安あれ。さて。私はイスラームにあなたを誘う。帰依しなさい。そうすれば安全である。帰依すればアッラーはあなたに二度の報奨を与え給う。しかしもし背を向けるなら、あなたはコプト人たちの罪を負うだろう。『言え。「啓典の民よ、われらとおまえたちの間の等しい言 葉に来れ。すなわち、われらはアッラーのほかに仕えず、彼になにものをも並び置かず、われらのある者がある者をアッラーをさしおいて主とすることはない と。」それでもし彼らが背き去るなら、言え。「われらが帰依者であることを証言せよ。」』(イムラーン家章64節)

(参考文献:「預言者伝」、アブー・アルハサン・アリー・アルハサニー・アンナダウィー著、ダール・イブン・カスィール出版、P285~289など)
コメント