イスラーム勉強会ブログ

主に勉強会で扱った内容をアップしています。

78章解説【3】

2012年04月19日 | ジュズ・アンマ解説

بسم الله الرحمن الرحيم
31.まことに、畏れ身を守る者たちには成就(救済の成功)がある。
32.(つまり)いくつもの庭とぶどう畑、
33.そして同年齢の胸の丸く膨れた乙女たち、
34.そして満たされた酒杯(があり)、
35.そこでは彼らは戯れ言も(互いが)嘘つき呼ばわりすることも聞くことはない。
36.おまえの主からの報いとして(つまり)十分な賜物として。
37.(つまり)諸天と地とその間のものの主、慈悲深い御方(からの報いとして)。彼らは彼に話しかける権限を持たない。
38.霊(ジブリール)と天使たちが整列して立つ日、彼らが語る(請願する)ことはない。但し、慈悲あまねき御方が許し給い、正語を述べた者は別である。
39.それが真実の日である。それゆえ、望む者は主の御許に帰り処を得る(が良い)。
40.まことにわれらはおまえたちに近い懲罰を警告した。人が己の手が以前になしたことを見、そして、不信仰者が「ああ、わが身が土くれであればよかったものを」と言う日における(懲罰を)。

「まことに、畏れ身を守る者たちには成就(救済の成功)がある。(つまり)いくつもの庭とぶどう畑、そして同年齢の胸の丸く膨れた乙女たち、そして満たされた酒杯(があり)、そこでは彼らは戯れ言も(互いが)嘘つき呼ばわりすることも聞くことはない。おまえの主からの報いとして(つまり)十分な賜物として。」

主に従い、自らに禁じられた諸事項を避けることで主を畏れた者たちには:「成就(救済の成功)」があります。つまり、成功、至福の楽園の獲得、地獄の罰からの解放です。また彼らには、「いくつもの庭とぶどう畑」つまり、実のなった木々やぶどうがふっさりとついた木々からなる庭園があります。「そして同年齢の胸の丸く膨れた乙女たち」完全に女性として成熟し、胸がはっきりと表れた、年齢が統一された女たちがあります。「そして満たされた酒杯」次々に満たされた、楽園の住民が飲むに純粋な酒杯があります。「そこでは彼らは戯れ言も(互いが)嘘つき呼ばわりすることも聞くことはない。」間違った言葉も罪も彼らはそこで聞くことはなく、お互いを嘘つき呼ばわりすることもなく、嘘を聞くこともありません。「おまえの主からの報いとして(つまり)十分な賜物として。」つまり、アッラーはそれら全てを彼らが行ってきた善行に対する褒美、報奨として、御自身の寛大さをもって楽園の住民に与え給うということです。

以上は、クルアーンが述べた視覚的な至福の描写です。代わって、その本当の甘美さや楽しさはというと、私たちの理解を超えるものです。来世の至福は現世の至福をその質や持続性において上越しており、現世の至福は過少かつ消えゆくものです。預言者ムハンマド(平安と祝福あれ)は来世の至福の描写に関して、主に代わってハディースを伝えています:「わたしの善良なしもべたちのために、目が見たことも、耳が聞いたことも、人間の心が想像したことのないようなものをわたしは準備した。」

そしてクルアーンは、最後の日におけるアッラーの荘厳さと偉大さを解明していきます。その時、あらゆる裁定はアッラーおひとりのみに委ねられます:

「諸天と地とその間のものの主、慈悲深い御方。彼らは彼に話しかける権限を持たない。」

アッラーとは、諸天と大地とその間にあるすべての被造物の主です。かれは慈悲深い御方、つまり、最良の至福を与え給う御方です。罪人達の罪を軽減してもらうためや、無罪の人々の報奨の増加のためにかれに話しかける権限を持つ者などいません。

クルアーンは続けます:
「霊(ジブリール)と天使たちが整列して立つ日、彼らが語る(請願する)ことはない。但し、慈悲あまねき御方が許し給い、正語を述べた者は別である。」

つまり、ジブリールと天使たちがアッラーの荘厳さを前に整列して立つ日。至高なる主が許し給うた者か、正しいことを言った者以外に話す者はその日誰もいません。または、執り成されることをあらかじめアッラーによって許された者以外の人間は誰も執り成しについて話すことはないとも言われます。またその許された者とは、現世において正しい言葉を話し、ラー・イラーハ・イッラッラー(アッラーのほかに神はなし)と言っていた者を指します。

続いてクルアーンは、再生は疑いなく真実であり、それを迎えるために善行によって準備する機会は誰にも与えられていることを解明します:
「それが真実の日である。それゆえ、望む者は主の御許に帰り処を得る(が良い)」

最後の日は真実の日です。それゆえ、主の良き報奨に帰り処を求める者は、アッラーを信仰し、かれに服従することで求めなさい、ということです。

続いて、多すぎる罪に沈んでいる、再生を否定する者たちに対する警告の言葉をもってこの章は結ばれます:
「まことにわれらはおまえたちに近い懲罰を警告した。人が己の手が以前になしたことを見、そして、不信仰者が「ああ、わが身が土くれであればよかったものを」と言う日における(懲罰を)」

アッラーは人々に近づいた罰を警告し給います。その日すべての人間は行ってきた良い行為、悪い行為を目の当たりにします。それらは天使たちによって書簡にしっかりと記録されています。「そして、不信仰者が「ああ、わが身が土くれであればよかったものを」と言う」つまり、現世で私は土くれであれば、存在させられることも、責任能力を負わされることも、清算されることもなかったのに、という意味か、私はこの日土くれになることができれば、清算のために甦らされることもなかったのに、という意味になります。

(参考文献:ルーフ・アル=クルアーン タフスィール ジュズ アンマ/アフィーフ・アブドゥ=ル=ファッターフ・タッバーラ薯/ダール・アル=イルム リルマラーイーンP15~17)

コメント

預言者伝33

2012年04月12日 | 預言者伝関連
111.アン=ナディール家が放逐される:
  アッラーの使徒(平安と祝福あれ)は、アーミル家出身の殺害された二名の血の代償の支払いを援助してもらおうとアン=ナディール家に出向きました。アン=ナディール家は大きなユダヤ系部族で、マディーナではアッラーの使徒(平安と祝福あれ)が血の代償を負う際は援助するとの約束がはじめからありました。アッラーの使徒(平安と祝福あれ)には何とかしましょうと、と答えたものの、裏切りと殺害の意志をひっそり隠していることをまだ誰も知らずにいました。ある時、アッラーの使徒(平安と祝福あれ)が彼らの住宅の壁のそばに座っていると、人々が次のように囁き合いました:「この男がこんな恰好でいるのを二度と見られないかもしれないぞ。誰かこの家の最上階に行って、岩を男の上に落して、俺たちをさっぱりさせてくれないだろうか!」その時アッラーの使徒(平安と祝福あれ)は、アブー・バクル、ウマル、アリーと含めた教友達と共にいました。
  すると、アッラーの使徒(平安と祝福あれ)に、ジブリールを介して天から知らせが入り、人々が企んでいることを知らされました。彼はすぐに立ち上がり、急いでマディーナに戻り、アン=ナディール家を襲うための準備をするよう信徒たちに命令しました。丁度、ヒジュラ暦4年のラビーウ・ル・アッワル月(西暦635年8月)のことでした。信徒らは敵を6夜の間包囲し、アッラーは彼らの心に恐怖を投げ入れ給うたので、彼らはアッラーの使徒(平安と祝福あれ)に、武器を除いたラクダが積める分だけの荷物だけを持って立ち去るので、見逃してもらえるよう、そして殺さないでもらえるよう懇願するのでした。アッラーに使徒(平安と祝福あれ)は彼らの頼みを受け入れると、彼はその通りに荷づくりを始めるのでした。人々の中には、信徒らに住まわれないようにと自分の家を壊して、ラクダに載せて出発する者もいました。この戦についてアッラーは次のように仰せです:「彼こそは、啓典の民のうち信仰を拒んだ者たちを、最初の追い集めの際に、彼らの住居から追い出し給うた御方。おまえたちは彼らが出ていくとは考えなかったし、また彼らも、自分たちの要塞がアッラーから自分たちを防衛するものであると考えていた。だが、アッラー(の命、懲罰)は、彼らが予期しなかったところから彼らのもとにやって来て、彼は彼らの心に震恐を投げ込み給い、彼らは自らの手と信仰者たちの手によって自らの家を破壊するのである。それゆえ、心眼を備えた者たちよ、考慮せよ。」(59章2節)

  ハイバルに移動した者もいれば、シャーム地方に移動した者もおり、信徒たちはやっと策略と陰謀と偽善と裏切りの巣窟から解放が叶ったのでした。

  そしてアッラーの使徒(平安と祝福あれ)はアン=ナディール家が置いて行った富を初期にマディーナに移住してきた者たちに分け与えました。

112.ザート・アッ=リカーの戦:
  またアッラーの使徒(平安と祝福あれ)は、ヒジュラ暦4年に、ナジド遠征のために6名で出発しました。原因は、ナジドの地の数部族がアッラーの使徒(平安と祝福あれ)との戦いの準備をしていると知らせが入ったためです。信徒らの足は傷付いて爪が剥がれてしまったため布切れを足元にぐるぐると巻いたことが、この戦の名前の由来となっています。
  信徒らが敵の地に到着するとそこには女たちしかおらず、男らは、アッラーの使徒(平安と祝福あれ)たちの出発の知らせを聞いた後に、山々に逃げてしまっていたのでした。その中の数名が集まって、戦いのために姿を現し、いざ対面すると、両者はお互いを恐れてしまいました。アスルの礼拝の時間には、アッラーの使徒(平安と祝福あれ)は敵たちが裏切り行為に出ることを心配したため、「恐怖時の礼拝」を指揮しました。実はこの礼拝が初めて行われた恐怖の礼拝でした。またアッラーは敵の心に震恐を投げ込み給うたため、戦いは起きずに済みました。

113.誰がおまえを私から制するのか?:
  こうしてアッラーの使徒(平安と祝福あれ)が仲間たちと帰途についている途中、眠気が彼らを襲いました。アッラーの使徒(平安と祝福あれ)はご自身の剣を木に引っかけて木の下で眠り始めました。
  ジャービルが伝えています:私たちはひと眠りしたのです。そしてアッラーの使徒(平安と祝福あれ)が私たちを呼びました。そこにはとある男が座っていました。アッラーの使徒(平安と祝福あれ)は言われました:この男は私の剣を、私が寝ている間に取ってしまったらしい。目を覚ますと剣を手にしたこの男がおり、このように言いました:誰がおまえを私から制するのか?と。私は、アッラーだ、と答えました。すると男は座り込んでしまいました。かといって、アッラーの使徒(平安と祝福あれ)は彼を罰することもありませんでした。

  この男は後にイスラームに帰依し、自分の民に帰って、「私は最善の人間の許から参りました」と言いながら人々をイスラームに導いたとの伝承もあります。

114.争いのなかった戦:
  ヒジュラ暦4年シャアバーン月に、アッラーの使徒(平安と祝福あれ)はアブー・スフヤーンとの約束を果たすために、教友たちとバドルに向かいました。彼らはそこに8夜留まってアブー・スフヤーンが現われるのを待ちました。実際にアブー・スフヤーンもマッカを出発してバドルに向かったのですが、心は不安と恐怖で一杯でした。共にいた人たちに「肥沃な年でないと、君らには何もできないだろう。今年は不毛の年だ。私は引き返すから、君らも引き返しなさい」と言って、誰も強制されることなく、マッカに帰っていきました。アブー・スフヤーンの到着を待っている間に信徒たちは手元にあった売り物を売り、とても大きな儲けを手に入れることが出来ました。そしてマディーナに帰りました。

(参考文献:「預言者伝」、アブー・アルハサン・アリー・アルハサニー・アンナダウィー著、ダール・イブン・カスィール出版、P244~246など)
コメント (1)

78章解説【2】

2012年04月05日 | ジュズ・アンマ解説

بسم الله الرحمن الرحيم
17.まことに決定(最後の審判)の日は定刻であった。
18.角笛が吹かれる日、おまえたちは群れを成してやって来る。
19.また、天は開かれ、数々の扉となった。
20.また、山々は動かされ、蜃気楼(のように)なった。
21.まことに、火獄は待ち伏せしていた。
22.無法者たちのために(待ち伏せる)、帰り処であった。
23.彼らはそこに長々と留まって。
24.そこでかれらは涼しさを味わうことはなく、また飲み物を(味わうこともない)、
25.ただ、煮え湯と膿汁ばかりを(味わう)。
26.相応の報いを(報われる)。
27.まことに彼らは清算を期待(想定)していなかった。
28.そして、われらの諸々の印・節を嘘として激しく否定した。
29.だが、ことごとくを、われらは書に数え留めた。
30.それゆえ、おまえたちは味わえ。われらはおまえたちには懲罰よりほかに増し加えはしない。

 クルアーンはいくつかのアッラーの御力の現象を数え上げた後、最後の審判に起きる現象の描写に移ります:「まことに決定(最後の審判)の日は定刻であった。」決定の日とは、審判の日を指します。その日は定められた期限に起こるものとされており、決定の日と名付けられたのは、アッラーがその日にある決定を下し給うためで、善行を行った従順であった者たちは報奨を得、悪行を行った罪人達はその行為のために罰を受けるということです。

 そして最後の審判の日は、次の出来事で始まります:「角笛が吹かれる日、おまえたちは群れを成してやって来る。」角笛はその名の通り、角の形をしています。そこに息が吹き込まれることは魂たちが体に戻る原因となります。以上が第二の吹き込みと言われるものです。その時、集団となって清算、報いを受けるために人々が現われます。この第二の吹き込みの前の第一の吹き込みの直後に天地にいるすべての生き物が死にます。これについてはアッラーが次の御言葉で説明し給うています:

 「そして、角笛が吹かれ、諸天にいる者も地にいる者も、アッラーが御望みの者を除いて気絶した。それからもう一吹き吹かれると、すると途端に、彼らは立って眺める。」(39章68節)

 続いてクルアーンは審判の様子の描写を続けます:「また、天は開かれ、数々の扉となった。」つまり、天はあちこちから裂けて、その裂け目はまるで壁にあるドアのようです。ドアが私たちの慣れ親しんだ形から来世では替ってしまうことがクルアーンの中で説明されています。「大地が大地でないものに替えられ、そして諸天も諸天でないものに替えられ、彼らが唯一なる支配者アッラーの許にまかり出る日。」(14章48節)

 続いてアッラーは仰せになります:「また、山々は動かされ、蜃気楼(のように)なった。」山々が引き抜かれ、バラバラにされ、風に振り散らばる姿は、見ている者にまるでそれが何もないように思わせます。そのため、遠くから見ると水ではないのに水に見える蜃気楼というのです。

 続いて、アッラーは罪人たちのかの日における帰り処を解明し給います:
 「まことに、火獄は待ち伏せしていた。」火獄とは、来世における罰の家であり、無法者たちが渡るべき道です。ここでのミルサードは見張りと準備という意味があります。火獄は彼らがそこに入るのを見張っている、またはそこは彼らのために準備された場所、ととれます。「無法者たちのために(待ち伏せる)、帰り処であった。」罪人たち、不信仰者たちのための家であり、帰り処であるという意味です。「彼らはそこに長々と留まって。」『アハカーブ』は、『ハクブ』という時の期間を意味する単語の複数形で、長い間、と理解できます。つまり彼らは火獄の罰の中に終わりなく留まり続けるということです。「そこでかれらは涼しさを味わうことはなく、また飲み物を(味わうこともない)、」つまり、その場所では彼らの身体の表面を冷やすものを味わうことがなく、喉の渇きを軽減する飲み物もないということです。「ただ、煮え湯と膿汁ばかりを(味わう)。」非常に温度の高い水と、地獄の民の身体から流れる膿だけ。「相応の報いを(報われる)。」つまり、この罰は彼らの悪行に相応している報いだということです。「まことに彼らは清算を期待(想定)していなかった。」本当に彼らは、自分たちがアッラーによって行為の清算を受けると思っていなかったという意味です。「そして、われらの諸々の印・節を嘘として激しく否定した。」またクルアーンの諸印は嘘であると度を超すほど否定した。「だが、ことごとくを、われらは書に数え留めた。」彼らに報いるために、彼らの全ての行いをアッラーは書き記すことで数え上げ給うた。続いて、屈辱と非難をもって悪行者たちが地獄で苦しめられることが彼らに伝えられます:「それゆえ、おまえたちは味わえ。われらはおまえたちには懲罰よりほかに増し加えはしない。」罪人達よ、主の罰を味わえ、彼からは罰の追加しかおまえたちにはない、という意味です。彼らの罰の追加とは、彼らの皮膚が焼かれる度にアッラーが違う皮膚に替え給うというものです。

(参考文献:ルーフ・アル=クルアーン タフスィール ジュズ アンマ/アフィーフ・アブドゥ=ル=ファッターフ・タッバーラ薯/ダール・アル=イルム リルマラーイーンP13~15)

コメント