イスラーム勉強会ブログ

主に勉強会で扱った内容をアップしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

悔い改める者の道しるべ③

2008年10月28日 | あちこちからタズキヤ(自我浄化)
賞賛がアッラーにありますように。そして、最上の祈願と最上の平安の挨拶が私たちの指導者ムハンマド、彼の家族、教友たちすべての上にありますように。

 『ザンブ(罪)の種類』:最初に、アッラーに同位者があるとすること(シルク)で、それから悔悟するまでこの罪は、許されません。次に、しもべと彼の兄弟であるしもべとの間に起こる罪で、相手が許してくれない限り、加害者は罪から開放されることはありません。

 今回は、前者についてお話しましょう。このザンブとは具体的にどういったものなのでしょうか。

 アッラーは、私たちに礼拝、断食、巡礼、喜捨のような崇拝行為を命じられたと同時に、視線を(禁じられたもの、許されていない異性等)下げたり、(余計なことをしゃべらないように)口をつぐむことも命じられました。
 クルアーンには、2つの繊細な専門用語があります。それは、イスム(罪)とウドゥワーン(敵対行為)です。
 ウドゥワーンは、兄弟の生命、プライドに傷をつけることで、イスムは、兄弟の権利とは直接関係ない罪で、アッラーの権利に関係している、しもべとして不服従であることをいいます。

 では、ザンブとイスムの間に違いはあるのでしょうか。預言者さま(平安と祝福がありますように)が《全てのアーダムの子孫は間違いを犯しますが、その中の善い罪人は、悔悟する者です。》という言葉を残しています。
 よって、ザンブは間違いを犯すこと、イスムは敵対行為といえると思います。

 ウドゥワーン:あなたが、アッラーが定められた一線を超えてしまうことによって、兄弟である人間を傷つけてしまうこと。たとえ被害者がムスリムであろうと無かろうとです。預言者さま(平安と祝福がありますように)はこうおっしゃっています。《誰でも騙す者は我々の仲間ではない》、《自分に望むことを、兄弟に望むようになるまでは、だれでも真の信仰を得たとはいえない》後者のハディースは、「自分に望むことを、人間としての兄弟に望むまでは」こうも解釈できます。

 先に、ウドゥワーンとは、被害者がムスリムであろうと無かろうと、全ての人間に危害を加えることであると説明しました。実は、非ムスリムに危害を加える方が罪はきいのです。なぜかと言うと、ムスリムがムスリムから被害を受けると、「誰々が自分にこうした」と言いますが、非ムスリムが同じような立場に立つと、この被害のきっかけに、イスラーム全体を批判するからです。ですから、あなたは数多くあるイスラームの裂け目の中にいると言えます。ムスリムは、この教えの大使であり、彼の振る舞い、動き、静けさ、許し、売買の仕方などのすべてが顕微鏡にかけられ、大きく映し出されるのですから、全ての人の間で公正を実現しなければなりません。相手が不信者だからといって害を加えるのではなく、公平に接します。それが一番篤信に近いのです。実に至高なるアッラーは、被害者がムスリムでなかったとしても、アッラーの公平さにより彼の祈りを聞き入れます。それはちょうど、アッラーが、切羽詰った者が祈るにふさわしくなくても、彼の祈りを受け入れるようにです。公正の名のもとに被害者に応え、慈悲の名のもとに緊急を要する者に応じるのです。

 イスム:人間が一人で部屋の中でアッラーに背くこと。人間がイスムに陥ってしまったら、アッラーにアッラーの権利に引っかかった罪の許しを請う必要が出てきます。礼拝、巡礼、断食はアッラーの権利です。これらの罪が起こり、アッラーがしもべの心からの悔悟、悔悟への熱心さをお知りなれば、どんなに罪が多かったとしても許してくださいます。
《あなたが天地を覆うほどの罪でわたしの許に来たとしても、私はあなたを許す》(ハディース クドゥスィー)この言葉の意味は次の、クルアーンの中でも一番望みがかけられているアーヤから取られています。【自分の魂に背いて過ちを犯したわがしもべたちに言え、「それでもアッラーの慈悲に対して絶望してはならない」アッラーは、本当に凡ての罪を赦される。かれは寛容にして慈悲深くあられる。】(集団章53節)しかし、(アーヤが次の文句に続くように)アッラーに悔悟して帰らなければなりません。この点がとても大事です。
 実にほとんどのムスリムが、アーヤの前部分の【わたしのしもべたちに伝えなさい、私こそが寛容にして慈悲深いと。】だけを取り、次に続く【そしてわたしの罰は痛々しい。】を軽視しているようです。しかし、アッラーが人間に示すすべての悔悟にまつわる意味、すべての赦しと慈悲の約束は、しもべがアッラーに帰ることと結びついていますから、悔悟なしにこれらの慈悲に与れることは不可能と言えます。アッラーの慈悲降下は、あなたがアッラーに帰ることと結びついているのです。
たとえ話をしてみましょう。ある青年に師匠が居、こう彼に言いました。「息子よ、凡ての罪それぞれに罰があるのだよ。」この青年は、罪の中に足を踏み入れてしまい、ヒジャーブ(アッラーと自分を隔てるもの)に陥りました。特に、普段からアッラーと関係が親密な者にとって最も大きな罰といえば、アッラーがご自身を彼から覆われることでしょう。それは、丁寧に育てられた男の子にとっての大きな罰は、父親に批判されることであるのと丁度同じです。ですから、高位にある者の罰は、繊細なのです。
さてこの青年は、自身とアッラーとの間で罪を犯したため、アッラーから遮られてしまいました。そのために忍耐しきれないほどの苦しみに襲われたので、アッラーに嘆きました。「主よ、私はあなたに背きました。どうかお赦しください。」この青年に対する罰は、物質的なものではありませんでした。神は言います。「しもべよ、わたしはお前が気づかない間に罰する。」これは、ある学者たちが指すように、『しもべよ、わたしに語りかけるときに感じている甘美をお前に許さなかったではないか。』ということです。あなたの前にアッラーとあなたを隔てる幕が現れたということです。
アッラーは英知なるお方ですから、しもべを辱めるような罰を下したりせず、覆いによってしもべを罰します。アル=ハサン アル=バスリーがこう言っています。「礼拝に立っても何も感じない者、クルアーンを読んでも何も感じない者、アッラーを念じても何も感じない者、これらの者は、アッラーに覆いをされた者だ。」
ヒジャーブ(覆い)は、信者にとって一番大きな罰であるどころか、最後の審判の日のうちで一番大きな罰です。【いや、本当にかれらは、その日、主(の御光)から締め出される】(量を減らす者章15節)逆はこうです。【その日、或る者たちの顔は輝き、かれらの主を仰ぎ見る。】(復活章22,23節)信者が現世でアッラーの道を志すとき、アッラーが彼を罰するなかでも一番大きいものは彼をアッラーから覆ってしまうことなのです。人の前で彼は健康で元気ですが、礼拝に立っても、道は閉ざされてしまっているのです。この罪は、高位をゆく信者の罪です。アッラーは、その英知の素晴らしさにより、あなたに教育的懲罰を選んで与えくださいます。ヒジャーブ(覆い)がその中のひとつです。不安、恐怖、心配もそうです。これらすべては、あなたが、あなたとアッラーの間で犯した罪に対する罰です。

信者は何か痛みを感じるたびに、自分が一体何をしたせいで、こうなったかを自問するべきです。そうすれば、正しい道を行くことが出来るでしょう。自分自身を責めるということです。これは、最も進歩し上昇した精神の一つです。その上にあるのは、安心、大悟している魂です。【おお、安心、大悟している魂よ。】(暁章 27節)ですから私は毎フトバ後に、あなたたちが清算される前に自分自身を清算しなさい、あなたたちの行いが量りにかけられる前に自分自身の行いを量っておきなさい、と言っています。誰でも自分自身を現世で厳しく清算した者の来世の清算は楽なものになるでしょう、そして誰でも自分自身を現世で簡単に清算した者の来世の清算は厳いでしょう。

赦される罪は、あなたとアッラーの間でおかされたもので、その中でも代表的なものは、イバーダート(崇拝行為)です。しかし、アッラーの慈悲、赦し、受け入れ、恩恵のようなアッラーの許からのものは、信者が赦しを求めてアッラーに帰らない限り、それらを得ることは出来ません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サダーク・マハルの定義

2008年10月19日 | 法学(フィクフ)
サダークの定義:
  サダークとは、ニカーの契約によって発生する夫が妻に支払わなければならない金品のことをいう。
  (サダークの語源 ص د ق は、誠実、信頼、友情などを意味する)
  ニカーのために金品を捻出する誠意を表すため、サダークと名づけられる。

サダークの決まり:
  A 法則:サダークの支払いは、結婚契約が発生すると同時に夫に義務になる。契約時にサダーク額が明瞭にされていてもされていなくてもである。もしサダークは不要と合意があったとしてもなくても、サダークは必須であるのでその合意は無効である。

  B 必須性の根拠:クルアーン、スンナ、ウンマの意見一致
    クルアーン:『وَآتُواْ النَّسَاء صَدُقَاتِهِنَّ نِحْلَةً فَإِن طِبْنَ لَكُمْ عَن شَيْءٍ مِّنْهُ نَفْسًا فَكُلُوهُ هَنِيئًا مَّرِيئًا(そして(結婚にさいしては)女にマハルを贈り物として与えなさい。だがかの女らが自らその一部を戻すことを願うならば、喜んでこれを納めなさい。)』女性章4-4
     『 فَمَا اسْتَمْتَعْتُم بِهِ مِنْهُنَّ فَآتُوهُنَّ أُجُورَهُنَّ فَرِيضَةً(それでかの女らと、交わった者は、定められたマハルを与えなさい。)』女性章4-24
          『لاَّ جُنَاحَ عَلَيْكُمْ إِن طَلَّقْتُمُ النِّسَاء مَا لَمْ تَمَسُّوهُنُّ أَوْ تَفْرِضُواْ لَهُنَّ فَرِيضَةً(あなたがたがかの女らに触れず、また贈与額も定めない中に、離別するのは罪ではない。だがかの女らに(マハル)の一部を与えなさい。)』雌牛章2-236

    スンナ:サハル・ブン・サアドは言った:ある女性が預言者(S)の許にやって来て、私は自分をアッラーとその使徒に捧げますと言った。預言者(S)は、「私は女性を必要としていない」と答え、ある男が「彼女と結婚させてください」と言った。預言者(S)は、「彼女に服を与えてあげなさい」と言われたが、男は「持ち合わせていません」と答えた。預言者(S)は、「鉄の指輪でもいいから彼女にあげなさい」と言われた。男にはそれも無理そうだった。預言者(S)は彼に「クルアーンの何かを覚えていないか?」男は、これこれなら、と言った。預言者(S)は、「私はあなたのもつこれこれのクルアーンをもって彼女と結婚させよう」と言われた。

    ウンマの意見一致:サダーク支払いが義務であるということですべての学者の意見は一致している。

  C サダーク施行の英知:マハル(サダークとマハルは同じ意味を持つ)は、夫の、妻と尊い関係を持ちたいという誠実な思いを表すものである。また、女性はマハルによって、衣類など結婚の準備をすることが可能となる。イスラームはマハル(支払い)を、女性を守りたいと思う夫の義務とした。

  D 契約時にサダークの額を決めること:結婚契約時にマハルの額を明瞭にすることはスンナである。預言者(S)はどの結婚契約時にもマハルの額を不透明にすることはなかったからである。そして額を明瞭にすることで、夫婦間のトラブルを避けることができる。
    預言者(S)はマハルの額を明瞭にするのは義務ではないとし、結婚契約時にマハルの額が不透明であっても問題はないと学者間でも意見が一致している。といってもそれは預言者(S)の行動に反するので、嫌悪されることである。

  E マハル保有者:マハルは妻一人の所有物である。彼女の保護者にそれを取る権利はない。彼らはマハルを受け取ることはできるが、それは計算や妻に渡すためにだけである。『فَلاَ تَأْخُذُواْ مِنْهُ شَيْئًا أَتَأْخُذُونَهُ بُهْتَاناً وَإِثْماً مُّبِيناً(仮令かの女に(如何に)巨額を与えていても、その中から何も取り戻してはならない。あなたがたは、ありもしない中傷という明白な罪を犯して、これを取り戻そうとするのか。)』女性章4-20、『فَإِن طِبْنَ لَكُمْ عَن شَيْءٍ مِّنْهُ نَفْسًا فَكُلُوهُ هَنِيئًا مَّرِيئًا(だがかの女らが自らその一部を戻すことを願うならば、喜んでこれを納めなさい。)』女性章4-4

  F マハルの限度額:上限も下限もない。金銭的価値のあるものであればすべてマハルとして有効である。例:絨毯、1000リラ、居住権、技術的学習など
   しかし、マハルは10ディルハム以下にならないことが好ましい。また、500ディルハム以上にならないことも好ましい。これは預言者(S)の娘たちや妻たちがそうだったからである。(訳者注:ここのディルハムは昔の銀貨である)以下詳細割愛

  G マハル支払い期限を早急にするか遅らせるか:マハルを早急にすることは条件にならないどころか、すべてのマハル支払いを床入り前に求めることは有効である。また支払いのすべてを遅らせることも有効である。またマハルの幾額を床入り後に支払うことも有効である。しかし猶予期限が明瞭にされることが条件である。なぜならマハルは妻の所有物であり、彼女に好きに期限を早めたり遅めたりする権利があるからである。
    マハル支払いを早急にすると合意があった場合、妻には夫がマハルを支払うまで自分自身を制する(夫の性的要求に応じない)権利がある。
    マハル支払いを遅めると合意があった場合、妻はそれに満足しているため、自分自身を制する権利はない。

  H マハルの定着
    ①マハル全額の定着:→夫と妻の性的関係が成立した場合。
              →夫婦のどちらかが他界した場合。他界前に性的関係が成立してもしていなくても。
    ②マハルの半額の定着:結婚契約後、明瞭にマハル額が決定して、夫が妻と性的関係がまだ成立せず離婚した場合。『وَإِن طَلَّقْتُمُوهُنَّ مِن قَبْلِ أَن تَمَسُّوهُنَّ وَقَدْ فَرَضْتُمْ لَهُنَّ فَرِيضَةً فَنِصْفُ مَا فَرَضْتُمْ (あなたがたがかの女らと離別する場合、まだかの女らには触れてはいないが、既にマハルを決めていた時は、約定した額の半分を与えなさい。)』雌牛章2-237
    ③マハル欠落:性的関係成立前に妻が夫と別れたい場合で、原因が妻にある場合。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ニカーの定義など

2008年10月19日 | 法学(フィクフ)
ニカー(フ)の定義:
  単語の意味:一緒になること、集まること
  法的な意味:夫婦間の楽しみを法的に許容する内容を含んだ契約
  二個人を一つにするため、また片方が相手と一緒になるためこのように呼ばれる。
  アラブはニカー(という単語)を契約や性交や楽しみという意味で使用する。
  しかし実際には契約の意味を持ち、比喩的に性交を指す。
  クルアーンに出てくるニカーは契約として登場し、性交の意味は持たない。

  『يَا أَيُّهَا الَّذِينَ آمَنُوا إِذَا نَكَحْتُمُ الْمُؤْمِنَاتِ ثُمَّ طَلَّقْتُمُوهُنَّ مِن قَبْلِ أَن تَمَسُّوهُنَّ فَمَا لَكُمْ عَلَيْهِنَّ مِنْ عِدَّةٍ تَعْتَدُّونَهَا فَمَتِّعُوهُنَّ وَسَرِّحُوهُنَّ سَرَاحًا جَمِيلًا 』(信仰する者たちよ、あなたがたは信者の婦人と結婚し、かの女に触れないうちに離婚する場合は、かの女らに就いて定めの期限を計算しなくてもよい。かの女らに贈与をなし、面目を立ててきれいに離別しなさい。)部族連合章33-49

ニカーの施行:イスラームは結婚を施行し、それに伴いはっきりとした規則が制定されているが、社会の保全、家族の幸福、高徳の拡散、マナーの保守、人類という種の存続のためである。

ニカー施行の根拠:クルアーン、スンナ、ウンマの意見一致
  クルアーン:3-3
        24-32
  スンナ:《若者たちよ、可能であるなら、結婚しなさい。それ(結婚)は視線を低くするのに役立つし、恥部を守るのによい。結婚できない者はサウム(断食)するように。それは実に自制に役立つ。》(アル・ブハーリー)

  意見一致:各時代の学者たちによる意見一致が実現している

結婚の勧め:結婚には個人や社会に返還される多くの有益なことがあるため、イスラームは結婚を勧めている。

  預言者(S)は言われた:《現世はマターウである。現世における一番よいマターウは誠実な女性である。》(ムスリム)
  マターウ:役立つこと、一瞬の喜びを伴うもの

  アッラーの使徒(S)は言われた:《この4つは使徒たちの慣習である:慎み、香料を付けること、スィワーク(歯の掃除)、結婚》(アッ・ティルミズィー)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加