イスラーム勉強会ブログ

主に勉強会で扱った内容をアップしています。

整列(37)章 解説 (2)

2019年05月10日 | ジュズ 23 解説

2019.5.10(ラマダーン)
整列(37)章

ムカーティル(※)は言った:マッカの不信仰者たちは言った:彼(ムハンマドﷺ)は神々を一つにしたのか?こんなにもの多くの被造物が一つの神で足りるのか?そこでアッラーは誓い給うたのである。(タフスィール・アル=クルトゥビー(※))続いて至高なる御方は彼の唯一性と神性を説明して仰せになった:
【諸天と地とその間のものの主にして、】
至高なる彼は諸天と地とその間に在る全ての創造主であること。二者の存在と二者が則っている法則こそ、アッラーの存在と彼の唯一性の最も明快な根拠である。
【諸々の昇る(日の)処の主であらせられる。】
彼は太陽の昇る処、また冬と夏の太陽が沈む処の主である。アッ=タバリー(※)は言った:「沈む処」ではなく「昇る処」が言及されたのは、その言葉の意味が充分に前者も指しているからである。続いて、諸天の星々による装飾で彼の御力について知らせ給うた。彼の唯一性の言及後に仰せになった:
【まことに、われらは最下天を星々の装飾によって飾った。】
おまえたちに近い天を、輝く宝石のような見た目の光り輝く星々で飾った。
【そして反抗的なあらゆる悪魔に対する守りとして。】
アッラーにお仕えすることから背いた横柄で反抗的な悪魔に対する守りとして。カターダ(※)は言った:星々は3つとして創られた:悪魔たちの石撃として、導きの光として、最下天の装飾として。
【彼らは最高の集い(長老格の天使たち)を耳にすることはなく、】
彼らは最高の世界にいる天使たちを耳にすることが出来ない。
【彼らは、四方八方から(流星によって)石撃たれる。】
彼らは、あらゆる方向から流星で石撃たれる。
【追放されて。】
天の情報を盗み聞きすることからの追放。

【そして、彼らには永続する懲罰がある。】
来世ではかれらに止まることない懲罰がある。
【ただし、(天上の知の一部を盗み聞きし)強奪して掠め取った者は別であるが、】
盗み聞きして、
【彼を輝き燃える炎(流星)が追跡した。)】
光り輝く流星が彼を追いかけて、その光線で焼き焦がした。
解説者たち曰く:悪魔は最高天で交わされる話を高速で盗み聞きすることがあるが、悪魔が下界に降りて行くのを流星が追いかけて完全に焦げ尽くす。

【それゆえ彼ら(マッカの多神教徒たち)の見解を質せ、】
ムハンマドよ、蘇りを否定する者たちに尋ねなさい。
【彼らは創造において一層困難(強固)か、それとも、われらが創ったもの(天使やその他の被造物)の方か。】
いずれがより作りにおいて強固でしっかりとしているのか、彼らなのか、それとも諸天と地、その間にある天使や偉大かつ驚嘆すべき被造物か。
【まことに、われらは彼ら(人間)を粘りのある泥土で創った。】
何の力も有さない、緩く、べとべとの泥土から。
この聖句の目的:人間の蘇りの立証。無からこれらの被造物を存在させた御方には朽ちた後に身体を元通りにすることが可能であること。
【いや、おまえは驚愕したが、彼らは嘲笑している。】
ムハンマドよ、おまえは彼らが壮麗なるアッラーの御力の印を見ていながら蘇りを否定することに驚愕したが、彼らはおまえとおまえがそのことについて説明していることを嘲笑する。
【そして、彼らは訓戒されても聞き入れず、】
彼らはクルアーンによって訓戒を受けて恐れさせられても、聞き入れず、熟考しない。

※ムカーティル:ムカーティル・イブヌ・スライマーン。ヒジュラ暦150年/西暦767年 バスラ没のクルアーン解説者。
※アル=クルトゥビー:アンダルシア、コルトバ生まれのイスラーム学者。ヒジュラ暦671年/西暦1272-1273年没
※アッ=タバリー:アッ=タバリー:ムハンマド・イブヌ・ジャリール・アッ=タバリー。イラン北部出身。著名なクルアーン解説者でその長とも呼ばれる。ヒジュラ暦310年/西暦923年没。バグダードに埋葬される。
※カターダ:カターダ・イブヌ・ダアーマ。タービイー(教友の後の世代)。盲目で、暗記力の強かった人物。

※サフワトゥ=ッタファースィール 第3巻(P27-28)ムハンマド・アリー・アッサーブーニー著 を参照しました。

コメント

整列(37)章 解説 (1)

2019年05月06日 | ジュズ 23 解説

2019.5.6(ラマダーン)
整列(37)章

*整列章は、イスラームの教義の礎である『(神の)唯一性(タウヒード)、啓示、再生、報い』を含んだマッカ啓示の章の一つ。他のマッカ啓示の数ある章と同様に、信仰の柱を定着を目指した。

*まずはじめにこの聖なる章は無垢の天使の話題で開始している。【整列】は、彼らの礼拝における整列の様子、または、アッラーの御命令を翼を整列させて待機している様子を指す。【追い手】は、アッラーの御望みの方向へと彼らが雲を追い払う様子を指す。続いて、ジンについてと、彼らが流星によって石撃たれる話題に移るが、至高なるアッラーとジンの間に血縁関係があるとの信仰を持つ無光の民の伝説に対する応答としてである。またこの章は、蘇り、報い、多神教徒がそれを否定していること、骨と土くれになった後に再び生き返ることを彼らが否定していることに言及している。
*蘇りの教義の確約として、『信仰者と不信仰者』の物語、現世にて交わされた二者の会話、そして信仰者は楽園、不信仰者は永遠の火獄という二者が迎える結末についてもこの章は言及している。
*ヌーフ様、イブラーヒーム様、イスマーイール様といった諸預言者の物語、続いてムーサー様とハールーン様の物語、続いてイルヤース様とルート様、また『信仰と試練』の物語をイスマーイール様の生贄事件の中で詳細に渡り言及し、イブラーヒーム様が見た、息子を生贄にせよとの命令を受けた後に犠牲が与えられたという夢に関して起きたこと、それが最高の裁定者である御方にいかに服従しその御命令に従うかを信仰者に教えているとことが言及されている。
*現世と来世におけるアッラーの預言者たちと親しい者たちに与えられる彼の勝利の解明と、善果は篤信者たちにあることへの言及で章は締めくくられる。

【章の命名】天に在して休むことなくアッラーを崇めている清廉な天使たちからなるしもべたちを想起させるために『整列章』と呼ばれる。【預言者たち章21節(根拠)】また、彼らに課された任務の解明のためでもある。


【列成す整列(天使)たちにかけて(われは誓う)、】
まず、被造物である彼らの真相の偉大さを誇示するため、また彼らの尊い位についてしもべに示すために彼らにかけての誓いで至高なるアッラーはこの章を開始し給うた。意味:われはこの一団の天使たちにかけて誓う。列成とは、礼拝における整列、または、アッラーの御命令のために待機して整列させている翼を指す。イブヌ・マスウード様は言った:彼らは天上にて崇拝行為(イバーダ)や唱念(ズィクル)のために整列する天使たちである。ハディース:《おまえたちは、天使たちが主の御下で整列するように整列しないのか?私たちは言った:いかにしてですか、アッラーの使徒様?彼は言われた:彼らは前方の列を埋め、列に並ぶのだ。》(ムスリムが出典)至高成るアッラーは天地たちにかけて誓い給うたのは、彼らの尊い位、彼らの数多き崇拝行為を示すためである。彼らはこのような特徴を備えながらアッラーを崇めることにおいて休むことを知らない。彼らは信仰者たちが礼拝時に整列するように崇拝行為のために整列しつつ、全被造物が信奉した比類なき力の主に対して畏敬と畏怖の念を持つ。

【ついで、(雲を)追い払う払い手(天使)たち、】
つまり、雲を追い払う天使たち。彼らはアッラーが御望みになる方向へとそれを追いやる。
【ついで、訓戒し、読み聞かせる者たちにかけて、】
無垢な天使たちの第三の特徴。つまり、アッラーの御印を預言者たち、親しい者たちに読み聞かせる天使たちにかけてわれは誓う、という意。彼らの美徳や功績の言及により彼らを称賛していることになる。
【まことに、おまえたちの神は唯一であり、】
この聖句が誓いの対象である。つまり、おまえたちが崇めている神はー人々よー、唯一であり、同位者はいない、という意味である。

※サフワトゥ=ッタファースィール 第3巻(P27-28)ムハンマド・アリー・アッサーブーニー著 を参照しました。

 

 

コメント (3)