イスラーム勉強会ブログ

主に勉強会で扱った内容をアップしています。

預言者伝56

2013年12月26日 | 預言者伝関連
178.マッカ出発への準備とハーティブ・イブン・アビーバルタアの手紙
  アッラーの使徒(祝福と平安あれ)は人々にマッカに向かうことを知らせ、そのための準備をするように命じて言われました:アッラーよ!われわれがクライシュの土地に彼らの知らないうちに入れるよう、彼らに(われわれのマッカへの旅を)知らせるスパイを取り除いてください。

  人民的イスラーム社会が実生活、人間の感情、自己の思いとその欲求の中で人間の社会として生きる時、その中に存在する個々人は正解に辿りついたり間違えてしまったりします。また彼ら自身の振る舞いや決めごとにおいて自分らで解釈を求めることで、正解を得られることもあるでしょう。それは、自由と信頼を満喫出来ている人間社会の特徴の一つです。そこでアッラーの使徒(祝福と平安あれ)は間違いを認めない場合、人々に言い訳の余地を与えようとし、彼らをゆるそうとしました。彼は間違えてしまう者たちを大目に見る心の広いお方です。また彼らの徳とジハードにおける彼らが受けた災難、そして彼らが初期にイスラームに帰依したことを最も良く知るお方でした。ハディースや預言者伝、イスラームの歴史の本がこのような珍しい出来事を収録しています。

  これらの珍しい出来事の一つが、ハーティブ・イブン・アビーバルタアに起きたことです。彼はマッカからマディーナに移住した一人で、バドルの戦にも参加した人物です。かつて預言者(祝福と平安あれ)が人々に彼がマッカに行かれることを知らせ、その事実はお隠しになり、人々がその準備に取り掛かると、ハーティブはクライシュにアッラーの使徒(祝福と平安あれ)がマッカに向かうことを手紙で知らせようとしました。手紙はある女に預けられ、報奨を得る代わりにクライシュに手渡されるよう約束されました。女は手紙を頭に隠して、出発しました。代わってアッラーの使徒はハーティブが成したことの知らせを天より受け取ったので早速アリーとアッ=ズバイルを呼び付け、ラウダ・ハーフ(マッカとマディーナの間の地名)に向かいなさい、クライシュへの手紙を持った女がいるから、と言われました。二人は馬を早く走らせて女を追いました。すると女は言われたとおりの場所にいました。二人は彼女に乗り物から下りるように言い、手紙を持っているか尋ねました。女はないと答えるので二人は彼女の荷物の中を探りましたが何も見つかりません。そこでアリーは言いました:アッラーの使徒(祝福と平安あれ)が嘘を言われないこと、そしてわれわれが嘘をついていないことをアッラーに誓おう。さあ手紙をだしなさい。さもないとぬがすぞ。女はアリーたちが本気であることを悟ると、後ろを向いてください、と言いました。アリーが背を向けている間に女は頭に隠していた手紙を取り出して、二人に差し出しました。アッラーの使徒がその手紙を開くと、なんとハーティブがクライシュにアッラーの使徒(祝福と平安あれ)が彼らの許に向かっていると知らせていることが分かりました。

  アッラーの使徒(祝福と平安あれ)に呼ばれたハーティブは言いました:アッラーの使徒さま、私への処罰をどうかお急ぎにならないでください!アッラーに誓って、私はアッラーとその使徒を信仰していますし、背教もせず、宗教を変えてもいません。ただ私はクライシュの出ではないため、あの地にいる私の家族や子どもには彼らを守ってくれる親戚がおらず心配なのです。あなたさまと共にいる人たちには親戚がいるので彼らが守ってくれるでしょうが。そこで事前に家族を守ってくれる人を確保するために手を打とうと思ったのです。ウマルは言いました:アッラーの使徒さま、こいつの首を切らせてください!こいつはアッラーとその使徒を裏切って、信仰を偽ったのですから。アッラー使徒(祝福と平安あれ)は言われました:ウマルよ、彼はバドルの戦に参加したのです、おまえに何が分かるというのでしょうか!もしかするとアッラーはバドルの戦に参加した人たちの様子を御存知で、「さあ、おまえたち、好きなことを成せ。われはおまえたちを赦そう」と仰せになったかもしれないのだから。するとウマルは目を涙でためて言いました:アッラーとその使徒が最もよく御存知です。

  アッラーの使徒(祝福と平安あれ)はヒジュラ暦8年ラマダーン月にマッカへ10000人を連れて出発しました。クライシュは彼の到来の事実を知ることはありませんでした。

179.不正なる者を放免する:
  アッラーの使徒(祝福と平安あれ)は道中で、いとこであるアブースフヤーンに出会いましたが、今まで彼から受けて来た激しい悪さのためもあって、彼を無視しました。それを気にしたアブースフヤーンはアリーに訴えました。「アッラーの使徒さま(祝福と平安あれ)の面前に行って、ユースフの兄弟がユースフに言ったように【アッラーに誓って、まことにアッラーはあなたをわれらの上に優遇し給いました。まことにわれらこそは誤った者でした】(ユースフ章91節)と彼に言いなさい。彼はご自分よりも誰かが話すことにおいて彼に優ることに満足されないから」と助言しました。アブースフヤーンはアリーに言われたとおりにしたところ、アッラー使徒(祝福と平安あれ)は彼に言われました:【今日、おまえたちに咎めはない。アッラーはおまえたちを赦し給う。彼は慈悲ある者たちのうちの最も慈悲あるお方】(ユースフ章92節)。その後アブースフヤーンは態度をあらため、イスラームに帰依した後は、アッラーの使徒(祝福と平安あれ)に対する羞恥心から彼の前では頭を上げることはありませんでした。

(参考文献:①「預言者伝」、アブー・アルハサン・アリー・アルハサニー・アンナダウィー著、ダール・イブン・カスィール出版、P332~335)
コメント

71章解説【3】

2013年12月19日 | ジュズ・タバーラカ解説
13.『アッラーに尊厳を期待しないとは、おまえたちはどうしたことか※』。
※なぜアッラーの尊厳を恐れないのか、の意味とも言われる。
14.『また彼はおまえたちを確かにいくつもの段階に創り給うたというのに』。
15.『おまえたちは見なかったのか、いかにアッラーが7つの天を重層に創り』、
16.『そして月をそれら(7つの天)の中の光とし、太陽を灯明(とうみょう)となし給うたかを』。
17.『またアッラーはおまえたちを大地から生やし(産出させ)』、
18.『それからおまえたちをそこ(大地)に戻し、そして、外へと出でさせ給う』。
19.『また、アッラーはおまえたちのために大地を敷布(広げられたもの)となし給うた』。
20.『おまえたちがそこに広い道を辿るために』。」
21.ヌーフは言った、「わが主よ、まことに彼らは私に背き、その財産とその子供が損失しか増やさなかった者(彼らの頭目(ずもく))に従いました」。
22.「そして彼らは大それた策謀を企(たくら)みました」。
23.「そして彼らは言いました、『おまえたちは、おまえたちの神々を捨ててはならない。おまえたちは、ワッドもスワーゥもヤグースもヤウークもナスルも捨ててはならない』」。
24.「そして彼ら(頭目たち)はすでに多く(の追従者)を迷わせました。そして(わが主よ)不正な者たちには迷誤(めいご)しか増やし給うな」。

 ヌーフのその民との長い戦いを追っていくと、彼は彼らの注意を彼ら自身の中に存在しているアッラーの諸しるしに向けていることが分かります。またヌーフは彼らのアッラーに対する無礼さに驚きます:

「アッラーに尊厳を期待しないとは、おまえたちはどうしたことか(なぜアッラーの尊厳を恐れないのか、の意味とも言われる)また彼はおまえたちを確かにいくつもの段階に創り給うたというのに」

 وقار(ワカール)が人間のこととして使われると、英知や釣り合いの意味を持ちますが、アッラーのこととして使われると、偉大さという意味を持ちます。つまり:おまえたちはどうしたことかアッラーの偉大さを恐れないのか、彼こそがおまえたちを段階に作り給うたのに。「段階」が指すのは、人間がその母親の腹の中で精滴から肉塊そして骨と肉で出来た被造物に変化する過程です。

 またヌーフは民の視線を英知ある創造主を彷彿とさせる世界に向けさせます:
 「おまえたちは見なかったのか、いかにアッラーが7つの天を重層に創り、そして月をそれら(7つの天)の中の光とし、太陽を灯明(とうみょう)となし給うたかを」

 人々よ、アッラーがいかに7つの天を重ね合わせて創り、月を現世の天における大地の暗闇を照らす光とし、夜に灯明を使って明るさを求めるように、人々が昼間に求める灯とし給うたことに留意しないのか、という意味です。

 またヌーフは、彼らが大地から生まれ、死によってそこへ帰って行くことへ視線を向けさせます。彼らを初めに創った御方は、彼らを清算と報復のための審判の日に生きた状態で生き返らせることが可能であることを強調するためです:

 「またアッラーはおまえたちを大地から生やし(産出させ)、それからおまえたちをそこ(大地)に戻し、そして、外へと出でさせ給う」

 そして最後にヌーフは民の視線をアッラーが彼らに恵み給うた地上にある生活を遅れるようにするための恩恵へと向けさせます:
 「また、アッラーはおまえたちのために大地を敷布(広げられたもの)となし給うた。おまえたちがそこに広い道を辿るために」

 大地を敷布と:平坦に。
 この言葉は、ヌーフがその民を訓戒するものとして彼の舌で語られたものですが、それと同時にアッラーから人類へ向けられたものでもあるのです。

 至高なるアッラーは、広い道を辿れるよう大地を平らにすることによってしもべに恩恵を与え給えました。このクルアーンの予言は現代に実現しています。クルアーンが啓示された14世紀の時代の道には、数名の歩行者と家畜に乗る人たちだけの広さしかなかったはずです。しかしさまざまな大きさの車がそう遠くはない昔に発明された後は、人間は交通の便のために巨大な機械を使って道を広くしました。そして道路の拡張には国家予算での潤沢な資金が充てられるようになりました。

 以上のすべての訓戒にもかかわらずヌーフの民はその迷いの中に留まり続けました。そのときヌーフは、彼の民の変わらぬ迷いから来る痛みを感じさせる言い方で主に苦情を訴えます:
 「ヌーフは言った、「わが主よ、まことに彼らは私に背き、その財産とその子供が損失しか増やさなかった者(彼らの頭目(ずもく))に従いました」

 ヌーフは主に呼びかけます:私の民は、あなたへの信仰や己たちの罪の赦しの懇願といった私が彼らに導こうとしたことにおいて私に背きました。そして不信仰と財産と子どもが現世における迷いと来世における罰しか増やさない彼らの頭目に従いました。

 ヌーフの民が不信仰に頑なになっている理由は:自分たちが所有している富や子どもや名声や権力で追従する者たちを騙している自らが迷いまた回りを迷わす指導者たちの後ろに続いていることです。

 つまり裕福で迷ったリーダーたちに追従することは彼らにとって現世と来世における損失であるということです。なぜならかのリーダーたちは彼らを行き過ぎた不信仰心を持つようにさせるからです。

 ヌーフは主への呼びかけを続けます:
 「そして彼らは大それた策謀を企(たくら)みました。そして彼らは言いました、『おまえたちは、おまえたちの神々を捨ててはならない。おまえたちは、ワッドもスワーゥもヤグースもヤウークもナスルも捨ててはならない』。そして彼ら(頭目たち)はすでに多く(の追従者)を迷わせました。そして(わが主よ)不正な者たちには迷誤(めいご)しか増やし給うな」

 「そして彼らは大それた策謀を企(たくら)みました」مكرは詐欺です。彼ら頭目たちは民を大きく欺き、これらの偶像に固執するよう奨励しました。これらの偶像は彼らの時代以降もムハンマドのメッセージが到来する時代まで崇められ続けてきました。それらの名は:ワッド、スワーゥ、ヤグース、ヤウーク。

 このようにして各頭目たちは名前と形の違う偶像を祀って、その回りに追従者たちを侍らせます。石の偶像、人の偶像(人の崇拝)、思想や迷った学派の偶像があります。

 頭目たちはこれらの偶像を自分たちの利益のために利用しました。偶像は崇拝する人たちに重くのしかかり、人類間に争いごとを植え付け、そして創造主とアッラーの教えが推奨する道徳から人間が遠ざかるように仕向けました。

 これらの偶像は人々の多くを迷わせました。「そして彼らはすでに多くを迷わせました」またはヌーフの民の頭目たちは多くの人を迷わせた、という意味にもなり得ます。

 この定着してしまった迷いの後、ヌーフは望みの持てない民を呪います:
 「そして(わが主よ)不正な者たちには迷誤(めいご)しか増やし給うな」彼らの信仰を失望し胸を痛める者の祈りです。彼はあらゆる方法を使って彼らを納得させようとしましたが、少しも成功せず、彼らの面前には、痛ましい懲罰が相応しくなる更なる迷いの増加しか残っていませんでした。

参考文献:ルーフ・アル=クルアーン タフスィール ジュズ タバーラカ/アフィーフ・アブドゥ=アル=ファッターフ・タッバーラ薯/ダール・アル=イルム リルマラーイーンP82~85)
コメント

預言者伝55

2013年12月12日 | 預言者伝関連
マッカ征服
ヒジュラ暦8年ラマダーン月

171.マッカ征服のための下準備:
  イスラームの教えの確立と信徒たちの教育におけるアッラーの御命令が完遂されると、アッラーは信徒たちの心に畏敬における試みを課し給いました。代わってクライシュの心の杯は不正、敵対、真実の否定と、アッラーの道の遮断、イスラームとその民との争いで溢れていました。アッラーはその使徒と信徒たちをマッカに勝利者として入れさせ、偶像崇拝と多神崇拝と嘘の言葉の穢れからマッカを清めさせ、マッカに戻すことを望み給いました。そのすることで、マッカが人々が不断に集まる場所となり、そして安全な場所となり、かつてそうであったように祝福された、あらゆるもののための導きとなるようになるためです。

172.バヌー・バクルとクライシュが協定を破る:
  アッラーはその実現のために原因をいろいろと準備し給いましたが、クライシュも気付かないうちにそれに貢献することになります。じつはそれに導くことになるある事件が起きるのですが、まさに諸天と大地の軍はアッラーに属するとしか言えません。
  かつて、フダイビーヤの協定ではアッラーの使徒(祝福と平安あれ)側に入り彼の庇護を受けたい者は者は入ることができ、クライシュ側に入り彼らの庇護に入りたい者は入ることが出来ました。そこでバヌー・バクルはクライシュ側に入り、フザーアはアッラーの使徒(祝福と平安あれ)側に入りました。
  実はバヌー・バクルとフザーアの間には古いいざこざと、歴代から続く争いがありました。その歴史はイスラーム誕生前に遡ります。イスラームの到来が両者の間を隔てたことで、人々はイスラーム没頭しました。アッラーの使徒(祝福と平安あれ)とクライシュが休戦状態に入ると、両者は争う者同士に戻ってしまいました。昔からの復讐を達成できるこの機会を逃すまいと躍起になったバヌー・バクルの一団は、水場にいたフザーアの人たちを待ち伏せして襲いかかり、殺し合いが起きてしまいます。
  そこでクライシュは武器によってバヌー・バクルを援助し、クライシュの貴族たちは夜には隠れて彼らと共に戦いました。彼らはフザーアを聖域まで追いやったところでバヌー・バクルが次のように言いました:聖域にわれわれは入ったぞ。クライシュは言いました:今日、神はいない!バヌー・バクルよ、さあ仇をとるのだ。今後、こんなチャンスなど巡ってこないだろうから。

173.アッラーの使徒(祝福と平安あれ)に助けを求める:
  フザーアの人間、アムル・イブン・サーリムはマディーナにいるアッラーの使徒(祝福と平安あれ)のところへ赴いて、詩を読みあげました。彼はその詩の中で協定について語り、彼に援助を求め、クライシュが約束を破り、確定していた協定に反したこと、水場に自分たちを待ち伏せして襲って来て、祈りに没している人たちを殺したことを知らせました。それを聞いたアッラーの使徒(祝福と平安あれ)は言いました:アムル・イブン・サーリムよ、援助しよう!

174.証拠の確立:
  アッラーの使徒は知らされた出来事が事実であるかの確認のため、またクライシュに言い訳の余地を残さないようにするために、彼らの許に男を使いとして送り、彼らに、1.亡くなったフザーアの人たちの血の代償を払うこと、2.協定に反するという大きな罪を引き受けて人々(バヌー・バクルの中のバヌー・ナファーサの人たち)をフザーアに送り込んだ者を協定から外すこと、3.バヌー・クライザに攻め入ることの受け入れ、の3つから罰を選ぶよう迫りました。そこでクライシュの指導者のある者たちは、彼ら(バヌー・バクル)に攻め入ることを受け入れると答えました。以上によりクライシュは責任を免れたように見えたつまり、彼らに対する証拠が確立されたことになりました。

175.クライシュ、協定の更新を試みる:
  アッラーの使徒(祝福と平安あれ)はかの知らせを受け取った際、人々に言われました:《アブー・スフヤーンが契約を結ぶためにそして期間を延ばすためにやってくる》。そしてそれが実際に起きました。クライシュは自身が犯してしまったことを恐れ、自分らの一部の愚かな者たちが言ってしまった厳しい返答を後悔しました。そこでクライシュは契約を結び期間を延ばすためにアブー・スフヤーンをアッラーの使徒(祝福と平安あれ)に送りました。

 176.親、子よりも預言者を優先する:
  アッラーの使徒(祝福と平安あれ)のいるマディーナに到着したアブー・スフヤーンは、その娘であり預言者(祝福と平安あれ)の妻でもあるウンム・ハビーバを訪ねました。彼がアッラーの使徒(祝福と平安あれ)のマットレスの上に座ろうとすると彼女はそれを畳んでしまいました。アブー・スフヤーンは言いました:娘よ!マットレスよりわしを優先したのか、それともマットレスをわたしより優先したのかわからないのだが?ウンム・ハビーバは言いました:いいえ、それはアッラーの使徒(祝福と平安あれ)様のマットレスです。あなたは多神教徒でよごれていますのでアッラーの使徒(祝福と平安あれ)様のマットレスの上に座ることを私は好みません。彼は言った:アッラーにかけて、おまえはわしのもとを去ってから悪さにやられてしまったようだ。

177.アブー・スフヤーンの当惑と失敗:
  アブー・スフヤーンはアッラーの使徒(祝福と平安あれ)に会いに行って話しかけましたが何の返事も彼はされませんでした。続いてアブー・バクルのところに行ってアッラーの使徒(祝福と平安あれ)に話してもらえるようにお願いしましたが、私はしない、と断られてしまいました。続いてウマル、アリー、ファーティマにも同じことをしましたが、誰も答えてくれず、「事はそれよりも重大だ」と皆が言いました。アブー・スフヤーンはする術なく途方に暮れて、ファーティマに言いました:ムハンマドの娘よ!おまえのその息子-指を指した先にいたのはまだ幼いハサン・イブン・アリー-に人々から庇護してもらえるよう命ずることはできないか。そうすれば彼は死ぬまでアラブの長でいることだろう。ファーティマは言いました:アッラーに誓って、この私の息子は人々から庇護するほどに成長していませんし、アッラーの使徒(祝福と平安あれ)に対して誰かを庇護することもありません。アブー・スフヤーンのこの当惑ぶりと途方にくれた様子を見たアリーは彼に言いました:あなたが必要とするものは何もないと思うが。あなたはバヌー・キナーナの長であるが、立って、人々からの庇護を求めて、自分の土地へ帰りなさい。アブー・スフヤーンは言いました:それは私には不要であると思うか?アリーは言いました:アッラーに誓って、そうは思わないが、それしかあなたに見つけられないのだ。アブー・スフヤーンはマスジドの中に立って、言いました:人々よ!わしは本当に、人々からの庇護を求めた!そしてラクダに乗って帰って行きました。

(参考文献:①「預言者伝」、アブー・アルハサン・アリー・アルハサニー・アンナダウィー著、ダール・イブン・カスィール出版、P329~332)
コメント