イスラーム勉強会ブログ

主に勉強会で扱った内容をアップしています。

67章解説【1】

2014年10月02日 | ハッジ関連
1.祝福あれ、その御手に王権がある御方に。そして彼はすべてのものに対して全能なる御方。
2.(つまり)死と生を創り給う御方。おまえたちのうち誰が行いにおいて最も優れているかを試み給うために。そして彼は威力比類なく、よく赦し給う御方。
3.重層に七つの天を創り給う御方。おまえは慈悲あまねき御方の創造になんの不調和も見出さない。それから(天に)視線を戻してみよ、おまえはなにか裂け目を見出すか。
4.それから視線を2度戻してみよ。疲れた視線は伏し目に、おまえの許に引き返す。
5.またまこにわれらは最下天を灯明(星々)で飾り、それ(灯明)を悪魔たちへの投石とし、彼らには烈火の懲罰を用意した。
6.また、己の主への信仰を拒んだ者たちには火獄の懲罰がある。またなんと悪い行き着く先であることよ。
7.彼らがそこ(火獄)に投げ込まれた時、彼らは、煮えたぎるその咆哮(ほうこう)を聞いた。
8.それは激怒から破裂せんばかりである。そこに一団が投げ込まれる度、門番たちが彼らに尋ねた。「おまえたちに警告者は来なかったのか」。
9.彼らは言った。「いや、その通り。確かにわれらには警告者が来たが、われらは嘘と否定し、そして言った、『アッラーはなにも下し給わない。おまえたちは大きな迷誤のうちにあるにほかならない』」。
10.また彼らは言った。「もしわれらが聞き、悟っていたなら、烈火の輩の中にはいなかったものを」。
11.そうして彼らは己の罪を認めた。それゆえ、烈火の輩は(アッラーの慈悲から)遠ざけられよ。

この章は、死と生の目的を説明します。また、アッラーと最終の日への信仰を確実にするための天地に存在する偉大なアッラーの御力の諸しるしにも視線を向けさせます。そしてアッラーに背く者たちには審判の日に火獄の罰があることを警告します。

まずアッラーの御力とアッラーの御力が地球全体に及んでいることの解説から始まります:
「祝福あれ、その御手に王権がある御方に。そして彼はすべてのものに対して全能なる御方」

「祝福あれ(タバーラカ)」は、至高なるアッラーに属する諸性質の一つです。その意味は、聖なる存在であられる、至高であられる、偉大であられる、です。または、タバーラカは、バラカ(善きことが多いこと)から来ているとか、彼の善が増大し、彼の恩恵が増加した、とも言われます。

「その御手に王権がある御方」は、この世界における完全な実行権と所有権を意味します。「全能なる御方」は、桁外れの能力を指します。アッラーおひとりのみが、彼の御望みに応じてすべてのことを行うことが可能です。

次に、アッラーの御力の諸外観が述べられます:
「(つまり)死と生を創り給う御方。おまえたちのうち誰が行いにおいて最も優れているかを試み給うために。そして彼は威力比類なく、よく赦し給う御方」

クルアーンはまず死を述べました。なぜなら存在する全ての生き物はかつて無の状態にあり、その次に命が入り込んできたからです。そしてまた死が訪れ、その次に来世の命が訪れます。至高なるアッラーは仰せです:「どうしておまえたちにアッラーを否定できようか。死んでいたおまえたちを生かし給うた御方であり、それからおまえたちを死なせ、それから生かし給い、それからおまえたちは彼の許に戻されるというのに。」 (雌牛章28節)

人間が地球上に創られた目的は、あらゆる種類の悪と善で人間を試みることで、誰が行いにおいてもっとも優れ、誠実であるかを判明させるためです。「おまえたちのうち誰が行いにおいて最も優れているかを試み給うために。」もし人々がこの意味を理解したなら、善行における競争に走るようになり、悪を引き起こす諸事を避けたことでしょう。

次にクルアーンは、天の創造におけるアッラーの御力の解明に移ります:
「重層に七つの天を創り給う御方。おまえは慈悲あまねき御方の創造になんの不調和も見出さない。それから(天に)視線を戻してみよ、おまえはなにか裂け目を見出すか」

至高なるアッラーは七つの天を「重層に」、つまり一つの天の上にさらに天を重ねることで創造し給いました。

この七つの天の真相は私たちには不可視のものですが、私たちはその存在を信じ、その真相における知識を至高なるアッラーにお任せすることが求められます。もしかすると、時間の経過とともに、宇宙の秘密を人間が発見しているように、天の秘密が発見されるかもしれません。また、クルアーンが諸天と大地について述べるのは、その存在に関する知識のためではなく、それらの創造について熟考することへ私たちを誘うためであると言っておかなければなりません。それは人間が創造主への信仰にたどり着くためです。以上はクルアーン中のほかの場所で述べられたとおりです。「まことに、諸天と地の中には信仰する者たちへの諸々の印がある。」(45章3節)

「おまえは慈悲あまねき御方の創造になんの不調和も見出さない」の意味:アッラーの創造の中に差異や混乱を見出さない。生物学者たちと物質学者たちの研究は、この聖句に同意するものをもたらしました。彼らは、世界のすべての最小の原子から、普通の視覚では見えないDNAという、そして天空の最大級の惑星まですべてがある規則にとても正確に従っており、そこには何の欠陥も見られない、と言います。また、「それから(天に)視線を戻してみよ、おまえはなにか裂け目を見出すか」:つまりお前の視線を天に戻して、そこに欠陥があるか考えなさい、という意味です。

クルアーンは続けて述べます:
「それから視線を2度戻してみよ。疲れた視線は伏し目に、おまえの許に引き返す」

二度、と述べられているのは、その動作を何度も行えとの指示か、または、二度だけを意味すると言われます。何とか欠陥を見つけ出そうとじっくり見ても、おまえの視線は「伏し目に」つまり卑しく何の欠陥も見つけられない。「疲れた」欠陥を見つけ出そうと必死に目を酷使するために疲労した、の意味。

クルアーンが示したアッラーの創造の完璧さは、現代の科学の進歩を介して現れたようには当時現れませんでした。人間は、90万倍に拡大する電子顕微鏡や遠くのものを近づけて見せる望遠鏡を開発し、学者たちはそれらを通して自分らを驚愕させるものを見、創造主に対する信仰心を篤くしました。つまり当時の人たちはどれだけ凝視しても何の欠陥も見つけられないどころか、疲労を増大させるだけだったのです。

続いてクルアーンは天の美しさや創造主への信仰を掻き立てるものたちについて述べます:
「またまこにわれらは最下天を灯明(星々)で飾り、それ(灯明)を悪魔たちへの投石とし、彼らには烈火の懲罰を用意した」

夜の暗い天上における星々の光景には、魅力と恐怖と美が混在します。その光景は郊外や砂漠の住民、船乗りたちには晴れているときにはさらに鮮明に見えます。アッラーはこの天を悪魔を石打つ星の場所となし給いました。かつてアラブの占い師たちは、悪魔を介して最天上とつながっていると主張していました。悪魔は占い師たちに最天上で記録されるさまざまな情報を運んでいたというのですが、クルアーンはそれを否定しつつ次のことを解明ます:悪魔は石を投げつけられることなく最天上にたどり着くことはできなかった。これが彼らに対する現世での罰であるなら、至高なるアッラーは来世ではか火獄の罰を彼らのために準備し給うている。

参考文献:ルーフ・アル=クルアーン タフスィール ジュズ タバーラカ/アフィーフ・アブドゥ=アル=ファッターフ・タッバーラ薯/ダール・アル=イルム リルマラーイーンP10~13)
コメント

ハッジを行う方へのアドバイス

2014年09月11日 | ハッジ関連
ハッジはイスラームの5行の一つで、いくつかの条件が当てはまらないと義務とならない崇拝行為です。
その徳は大きいゆえ、行える機会を得た方は、そのことを大いにアッラーに感謝しましょう!
2012年の私のハッジ体験からのアドバイスをご紹介します。
参考になれば幸いです。
せっかく行くのですから、準備はぜひ万端に!

☆出発前☆
- 言うまでもありませんが、ハッジとウムラの行い方を十分に勉強しておくこと。当MLでの講義や、各ウェブサイトに載っている情報だけでもかなり参考になります。写真や動画でハラムモスクや預言者モスクの各門の名称や、イスラームの歴史にちなんだ場所をあらかじめ確認しておくことも忘れずに。

- 利用する旅行会社に、機内食がハラールか確認をとること。トルコエアーやカタルエアーなら元からハラールですが、私が日本から韓国まで乗った飛行機の食事はハラールではなかったです。

- 出国時のバスなどの予約はそうですが、帰りの予約もとりあえずしておくと安心です。

- 女性で月経のある方は、事前に婦人科などでピルの処方をしてもらい、月経のコントロールをしておくこと。

- ビザ発給のためには予防接種を受けなければなりませんが、妊娠の可能性がある人は受けられないそうなので注意。

☆服装に関して☆
- とにかくラクな服装が一番です。もちろん、イスラームに則っている(顔と手以外は見えない)ように。持参する服の数は人それぞれでしょうが、私は安全ピンなど不要の2ピースのヒジャーブ、アバーヤ、ワイドゴムパンツ、キャミORタンクトップなど。現地は湿気の無い暑さのため、風通しの良い服で気持ち良く過ごせます。

- 日本に帰って来る時に寒いかもしれないので、軽いジャケットのような畳んでも場所を取らない物を一つ持って行くと安心です。これはエアコンが良く効いているバスの中などでも重宝します。

- 手洗いしてもとても乾燥していてすぐに乾きます。面倒ではない人はたくさんもって行かずに汚れたら洗って干しましょう。

- 靴:脱ぎ履きしやすく、汚れても良い、軽く、出来れば水に強いもの。無くなってしまったときのために、1足余分に持って行くと安心です。現地で売られているのはあまり質が良くなく、また種類が少ないです。

☆もって行くと良いもの☆
- 風邪薬、痛み止め、ビタミン剤、体温計、のどあめ、マスク、ウェットティッシュ、ポケットティッシュ、おりものシート、無香料の洗濯洗剤、せっけん、シャンプーなど(香料入りは避ける)、洗濯用ひも・洗濯バサミ・ハンガー、サングラス、サンバイザー、帽子、爪切り、櫛、ヘアゴム、ビニール袋、日傘、室内用ビーサン、シーツ、枕カバー用タオル、筆記用具、寝袋

☆カバン☆
- 荷物用:たくさん買い物することを予定しているなら1.大きいカバンと、手荷物用2.軽いキャリーバックかボストンバック。現地では2.を多用します。ミナーへは2.だけを持って行きます。バスでの移動では放り投げられたりするので、汚れても良いものを。軽ければ軽いほど良いです。背中に背負うタイプも良いですがスリに注意。

- 普段用:好みによると思いますが、ななめがけが出来るバッグ。両手が空いて良いです。ポケットがたくさんついていると便利です。

- ハラムに入った時用の靴入れ。

- マイサッジャーダや靴や水を入れる手提げ(丈夫なビニールバッグでも大丈夫です)。

☆その他のアドバイス☆
- ハッジは出発前から既に始まっていることと、そのときから試練に満ちていることを覚えておくこと。イライラを避ける、不満に思わないよう心がける。とくに現地では常にイライラを誘う要因が溢れているので気を付けること。

- 体調管理をどんなにしていても、ほとんどの人がまず喉から調子を悪くし、発熱していくことをあらかじめ知っておくこと。軽い症状(喉、鼻水、軽い熱)は持参の薬で十分だが、高熱が出たら現地の医療機関を頼るべき。自分も発熱するであろうことを覚悟しておく。

- イフラーム後は、マスク・サングラス・ニカーブなどで顔に直に触れるもので顔を覆うことが禁じられることを忘れないように。(これを良しとする見解を採る人もいるが、口論にならないよう気を付ける)

- 現地で野菜を食べることがおそらくほとんどないと思って良い。売られている食事は、フライドチキン、ハンバーガー、ポテトフライなどが多い。食べ物が痛んでいたと言う話は聞いたことはないが、一応気を付けること。

- ザムザム以外は、ペットボトルに入った水を買って飲むこと。

- 外国で使える携帯電話を持っている人は、持参して、現地でSIMを買うと便利。

- wi-fiはあっても弱い。

- 持って帰る用のザムザムは早めに汲んでホテルに置いておくこと。ボトルも早めに買っておかないと売り切れてなくなる)

- 日本円の両替は可能だが、すべての両替商がやっているわけではない。米ドルはどこでも大丈夫。

- 食事と気候の変化のために酷い便秘になるが、水をたくさん飲んでしのぐこと。
コメント