超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

咲-Saki- 7巻について色々ツッコミ

2010-04-30 13:34:31 | 漫画(新作)


この間未掲載になった咲のレビューは無事載りましたが、
元々ブログ用にも文章を書いていたので、
今度はそれを載せますね。
2度手間?いやいや、好きでやってますから(笑)。



まずは表紙が非常に爽やかな感じでいいっすね。
爽やかな感じだし!
ってところでしょうか。
個人的に八重歯とか好きなんで、チラっと見えているのが良いなあ、なんて思ったり。
彼女も初登場時と比べて相当化けましたね。
最初はあんまり存在感なかったキャラがいつの間にか中心と呼べるくらい大きくなっている、
ってのはこの作品の肝、あるいは特徴でしょうか。
性格的にも実力的にもどんどんパワーアップしていくのが面白いですね。


それで、内容なんですが、この巻もまた前の巻と同じように15分くらいで読み終えれます(笑)。
しかしその後しっかり読み返してしまうんですが。
それにしても、このスピード感の強さは相変わらず素晴らしいですね。
臨場感ありまくり、というか。
高速で読み終えれるのに、何の不満もないんですよ。
だってしっかりと中身が面白いし、濃ゆいですからね。
良質のスポーツ漫画を読んでいる感覚(それも少年漫画の)でしょうか。
こういった読み応えの作品は今はあまりない、もしくは自分が見つけれてないので
そういう意味で個人的に貴重な作品だったり。
思い入れも強いです。
初期の頃からレビュー書いてきましたからね!
今や皆が大好きだー、みたいな状態ですよ。ええ。

その皆が決勝の結果に喜んだり悲しんだり、あるいは他の反応をしてる場面はいちいちどれも面白くて
そしていじらしい印象もあって、
特に表紙になってる池田の行動は正直、涙腺に来てしまいましたよ。
だって制服で顔を覆うなんて、あまりにも分かり易すぎて、なんかもう来たわあって感じでした。
その前の明るい表情とか見てるとね。
しかも風越女子のコーチが本当は部員たち、特に池田を可愛がってる事も発覚(笑)。
これもまた嬉しい発見でしたね。
やっぱこのチーム好きだわ。

鶴賀は、もう桃子と加治木の2人独壇場みたいな形ですが、
巻末の外伝を読むとそれ以外の面子にもスポットが当てられていますね。特に部長。
今までは単なる能天気キャラって感じで描かれていたんですが
ここら辺のエピソードを読むと、能天気キャラ・・・ではありますね(笑)。やっぱり。
ただそれ以上の優しさみたいなものも垣間見れたと思います。
何気に部長としては最適だったのかも。
それにしても加治木さんの麻雀始めた時期がすげえ。
本当につい最近って感じなんですね。
これはこれからの伸びにも期待されそう。
 でも個人的には桃子も推してもらいたい。ルックス的に好きなタイプってのもそうですが
ステルス能力は観ていて凄く楽しいですからね。
カラーページの桃ちゃん可愛かったなあ。
更に言えば、揺れるバスの中でのアレは・・・。本当にはいてない状態なのか!?、と。
6巻のタコスの割れ目云々に続いての狙い目はここですか、と。
いやまあ、楽しいですけどね?
言いづらいですが(笑)。

最後、龍門渕。
ここは確実に衣が主役、というかこの巻の肝でもありますね。
彼女は他のキャラと違って、最初から最強状態、完成された状態で登場したわけで
そこからどんな変化を加えるか?ってなると
必然的に丸くなる、周りとの調和って事になってくる訳ですけど
それをこれ以上ない形で上手くやってくれたと思います。
最初の頃と比べると随分素直で良い子になってくれた印象で、これもまた成長、ってことなのかな。
彼女にまつわるエピソードはどれも深みがあって単純に面白いですね。
ようやく自分に対抗出来る、渡り合えるライバルの存在によって解きほぐされた孤独感。
115ページの晴れやかな表情は池田の顔隠しに続くハイライトであったんじゃないかと思います。
 そして透華が逆に孤高の存在へ向かいつつありますね。合宿の話を読むと。
遂に彼女も賑やかしキャラ卒業なんでしょうか。
元々強さも見せてましたし、だとしたらかなり楽しみかも。


という訳で長かった県大会もこれにて終了です。
どの高校が勝ったのかは、敢えて記述しませんでしたが
ここまでの流れでまあ、分かってもらったと思います。
この県大会シリーズってこの作品にとって非常に大きかったというか、
主にハッタリ関連の表現に於いて抜群に突き抜けさせることが出来たと思うんですよ。
まあこれは単純に賛ばっかりではないでしょうけど(笑)。
 でも、ここら辺をじっくりと描いていく事によってキャラクターに対する思い入れとか、
それに拠る感動要素とかも生まれて
衝撃を受けた1~2巻以上にますますタフな作品として成長していってるような。
特に最近の話は本当に唯一無二というか、孤高の作品になってきた感があります。
この県大会を踏まえて、その後どういう話作りをしていくのか。
楽しみで仕方ありません。
早速合宿でドリームチーム組んでたりしますけどね(笑)。
このメンバーだと気が休まらない合宿になりそう、ってか早くもなってますね。
前述の通り、透華の覚醒とかもあったりして。
中々8巻が楽しみになる引きも用意してくれています。
その8巻がいつ出るのかがやっぱり未定なんですけど! 年に一冊とかになったら嫌だなあ。
ま、じっくり書いてくれるのが一番ですけどね。




最後に、大量に登場した新キャラたちへのツッコミも記載しときます。

白糸台高校の面々>ここは意外と外見に関しては普通?でも名前がいちいち難しい!咲のお姉さんも遂に登場。

解説の二人>攻守がハッキリしていて良い(笑)。小鍛冶プロはへタレ可愛い。

臨海女子の面々>外国人ばっかり。メガン・ダヴァン、って。男に見えるし。
        そしてネリーの格好は一体??魔法使い?

永水女子の面々>薄墨さんの格好が危険すぎる。そして何故に皆巫女さん風?一人だけ普通だし。
        その辺のエピソードにも期待。

マホ>あれ?これって解説ページのキャラだ。 本編にも登場って事でちょっとワクワク。
こんだけ煽っておいてへタレだったら面白いんですけど(笑)。


こうして改めて見返すと本当にクセ者ばかりです。全国の強敵たち。
早くもこれらとどう戦っていくのかが楽しみで、
また楽しみになるような描き方で。
これまでのピリオドを打つと同時に、次の展開へ向けてのスタートを堂々と切った巻でもありまして
2重の意味合いで楽しませて頂きました。
やっぱこの漫画好きすぎる。


ただ和の出番が少なかったのは唯一寂しかったですかね(笑)。
それがなくとも最高に面白くはあったんですけどね。
そこはアニメの最終回とかで補完かな。


コメント

GUNSLINGER GIRL 12巻

2010-04-30 01:47:02 | 漫画(新作)

相田裕「GUNSLINGER GIRL」12巻が発売されまして、ちょくちょく読み返したりしてます。


今回の内容って、
言うなればもう既に結果が分かっている事象を描く内容だった訳で
ともすれば衝撃度が薄まるというか、予想通りだねって感じに捉えられるリスクもあったと思ってるんですが
これが結果が分かっていてもきちんと衝撃的で、動揺しまして。
これは流石にやられたな、というか
やっぱ構成等よく練ってるんだなあって単純に思いましたね。
って淡々と冷静に書いてますけど
実際の内容はそれとは程遠いですね。
それまでに二人が仲良くなっていく描写がしっかりと描かれているからこそ、グッと来るというか。
ああでもグッと来るってよりはいきなり感が強かったので
ガクッと来るって言い方のが相応しいかな。
エンリカとか、あんなに元気で良い子だったのに、まさかあんな・・・。
内容を踏まえた上で表紙を見るとちょっとキますねえ。


んで、
個人的に意外だったのはジョゼは最愛の妹を失ったから今の状態に~って成り行きだと勝手に思ってたんですけど
この12巻読んでると、
むしろ生きてる内に構ってやれなかった後悔の念のが強いような気がして。
ジョゼさんは基本的に自由に生きたい、家族に左右されたくない類の人間だったんですが
この事件がきっかけでそんな自分を責めている節もあって。
だからこそ、他の担当官よりも義体に関する思い入れが強かったわけですね。(ヒルシャーさんとかもそうだけど)
正直長年の謎、というかしこりが解消されたみたいでその点では実にスッキリとした読み応えでした。
性格も昔と今じゃ結構違ってたのか。

余談ですが、自分割とスーツを着ている男性が好きなんですけど
そうなったきっかけがジョゼさんだったんですよね。
学生の時、観たり読んだりしていたジョゼさんにちょっと憧れていた部分があって。
なんか格好良いなと。
だからこそ、そんな彼の過去話は興味深くてワクワクしながら読んだんですけど。


したらですね、そんな学生の時格好良いなあって思ってたジョゼさんがある重い決断を・・・!
これは正直どうだろう、とも思ったんですが
ただ単にダメでしょ、とも言えない感じもあって。
正にグレーゾーンど真ん中。
色々と心配になってくるんですが、
その決断に対して贖罪するかのようにヘンリエッタに取った行動、
それもまた「ああっ」ってなってしまって。
それは昔ヘンリエッタにしてあげた事の再現だったんですけど。
このシーンも昔から凄い好きなシーンだったんで、その時の事とかも思い出しつつ、
なんかちょっと物悲しい気持ちにもなってしまいましたね。
これが最後の喜びにならなきゃいいんですが。



それで、物語自体も12巻の終わりの終わりで急展開を迎えまして
この作品にもそろそろピリオドが打たれる瞬間が近づいてきた、ってかすぐそこなのかなと
一気に寂しい気持ちにもなってきました。
今の自分が購読している漫画の中でも、非常に読者歴が長いんですよ。
学生の頃からずっと楽しみに読んでるし、
何度も感傷のツボを押された作品なので。
半永久的に続いて欲しい気持ちもあるっちゃあるんですが、
再び人気や注目度を取り戻しつつある今だからこそ、最高の終わり時には相応しいのかも。
怖い気持ちもありますが、続巻にも大いに期待したいところです。


個人的には、これが終わったら今同人で書いてる日常野球漫画とかでもいいと思いますが。
元々ファンでしたが、9巻以降は更に好きになった印象があります。
より人間味が出てきている部分が大きいのかも。


コメント   トラックバック (1)

ゆらり、ふわり、君となら/奏功ドリーム/marble

2010-04-29 01:38:02 | 音楽


という訳で昨日は我らが(?)marbleの新曲の発売日でした。
今回は両A面ですよ。
初の試みですね。
なんでもゲーム用に、2パターンのEDでそれぞれの楽曲が使用されるのだとか。
だからこういう形態になった訳ですね。
それで、ジャケットもそういう仕様になっていて。
これはちょっと買いにくいかな?(笑)。
でも、全然素晴らしい楽曲なんで。
それこそ、ZAZEN BOYSやクラムボン聴いてる人にも余裕で勧めたい感じの。



今回のシングルは、はっきりいって傑作ですね。
個人的には前回のシングルの出来を更に上回ってるかのような印象です(現時点ではね)。
といいつつタイアップ先の関係で売り上げは負けるんだろうな。
つくづく所属事務所の妙に売り上げでは振り回されてる気がしますが、
まあその分、下手に路線変更強要されないだけいいのかな、と納得はしていますけど。

でも、今回のシングルは、本当に良いですよ。
もっともっとお茶の間に広まって欲しいくらいの。
なんならMステとかで流れても良い。
ここまで手応えのあるメロディは、個人的にはあまり見当たりません。
 そう、「ゆらり、ふわり、君となら」はメロディが非常に美しい曲なんですよ。
アレンジもおもちゃ箱って形容詞が似合うくらいキラキラしたものなんですが、
そこまでコテコテになってないのが素晴らしいし。
 それに、歌に関しても気合が籠もってて良い具合に引き込まれますね。
こういうリスナーをグッと掴む感覚はいつもながらとても感銘を受けます。
いつもながら、って言い方だといつも同じように~って事だと勘違いされそうですけど
そういう事じゃなくて、もう毎回毎回新鮮味のある名曲!っていうか。
だからこそ、まったりとかほっこりとか日常系だとか、
そんな形容詞で済まされちゃ困るっていうか
それ以上のカタルシスがあるっていうか。
正直この曲だけでもすっげえ満足してたり。

したら、「奏功ドリーム」がまた良い曲で(笑)。
カジヒデキかよ!?って思うような音像で来たと思ったら、サビの部分ではいつもながらのmarble節になっていて。
渋谷系とmarbleポップの合体、とでも言えばいいんでしょうか。
疾走感とか、爽快感とかっていう紹介が似合う曲ではあるんですが
個人的にはそれ以上の深い試みを感じさせる曲ですね。
この季節にもピッタリ合いそうで、
早くも晴れた日に自転車で聴くのが楽しみです。
そういう風な気分になる曲ですね。
これもまた、新しいmarbleの実験の成果です。



実はね、あまりにもワーカホリック過ぎて、作品の出来がちょっと心配だった部分もあったんですけど
今回もきっちり名シングル盤に仕上げてくれて。
むしろ火事場の馬鹿力的な強さがこのユニットにはあるのかもしれないですね。
一切の妥協を感じないからなあ。
なんか自分いつもmarbleの音源絶賛してる訳なんですが、
正直そうせざるを得ないんですよ。
だって毎回グッと来てますから。
それも、違う感触でね。
今、日本のポップス業界にmarbleがいてくれて本当に良かった。
なんてことを改めて思ってしまいました。
ライブで聴くのも楽しみだっ!


そして「ひだま~ぶる☆☆☆」の発売も、いよいよ2週間後です。
5月はインストアもツアーもあるしで、正直ワクワクが止まりません。
洗練されたポップ・ミュージックは、やっぱりいいもんですよ。
興味があれば、是非。


コメント

わぁい! vol.1 創刊号

2010-04-28 23:46:23 | 漫画(雑誌感想)


気の迷いで、というか怖いもの見たさで買ってしまった。
女装男子専門雑誌「わぁい!」。
これをレビューするには色々と勇気とか勇気とか勇気が必要なのだが
それでも頑張ってレビューしてみる事にする。
あくまで簡易よ。


まず冒頭にカラーページで特集がガッツリ組まれているんですが、
そのどれもが女装男子関連のもの。
広告もそう。
まずこの時点で若干引いたんですが(笑)。
読み進めていくとバカテスの秀吉の特集ページが6ページ組まれています。
これを見てると、うーん確かに可愛いよなあ、って気分にはなってきますよね。
今一番旬なキャラなんじゃないんですか? この界隈で。
看護士の所の解説文とか、かなりいっちゃってんな。
その他は大体がPCゲーム系。
漫画系の特集が無かったのがちと残念かな。「カイチュー!」とかね。



■さざなみチェリー/神吉
トップバッターで、一番オーソドックスな感じ。
それでいて導入部分で終わっているので、特になんとも言えない感じですけど
まったりとした雰囲気はそこそこ良い。
この後の展開次第ですかね。


■オンナノコ ときどき オトコノコ/ひねもすのたり
これもオーソドックスな学園もの。
なんだけど、ページ数多めでそこそこ楽しめました。
設定的にも色々と面白い部分がありそうで、これも今後の展開次第なんですけど
1話単体でも普通に面白かったですかね。
しかしケンカのシーンが本当に痛そうだ。


■すずのね~若女将?奮闘記~/日辻ハコ
これが一番良かったかな?
多分一番まともな感じなんじゃないかと。
こういうのははっちゃっけた方が面白くなるんですけれど
周りとは違ってこれだけ女装男子側が主人公だったのと
結構感情移入して読めるのが大きかったですかね。あと雰囲気も良い感じだし。


■リバーシブル!/すえみつぢっか
男子校に編入してきた主人公だったが、なんと週ごとに生徒の半分が女子に入れ替わるという規則で
今週は男子で今週は女子、っていう風にそれぞれの週で性別(というか格好)を変えるらしい。
設定に関しちゃ一番ひねってる感じ。
あとはそれをどう描くか。
主人公かなり男っぽかったのに意外と女装姿が似合ってるのがちょっと面白かった。
ギリギリセーフというか。



付録はぶっちゃけ要らん!(笑)。
値段もかなり高めだったし、単純に満足できたかと言えばそうでもないんですけど
取り敢えず一応の面白さはあったと思います。
もう少し値段下げて連載数増やせばそこそこの雑誌になるのでは。

それにしても、こういうのが出せるほど趣向が深化したんだなあ、ってちょっと思いましたよ。
自分は渡良瀬準が好きな時点で一応こういうのもアリなのかな。
「カイチュー!」も好きだしね。
でもこういうの読んだ後は決まって普通の恋愛漫画読みたくなっちゃう不思議。
それもまた効果の一つなのかもしれないですね。



コメント

けいおん!!第4話「修学旅行!」 感想

2010-04-28 02:37:17 | けいおん!&けいおん!!


本日、OPとEDを購入しました。どっちも良いと思いますが、
今回もやっぱり私はOP派ですかね。CDで聴くとよく作りこまれてるのが分かるなあ。
前回もそうだけど個人的にオルタナ・ポップって感じがする。
そんな「けいおん!!」の感想でっす。



今週は修学旅行の話。
なんですけど、修学旅行ってこんなに面白いものだったんですね。
という感じです。
ぶっちゃけこんな修学旅行過ごしたかったよ(笑)。
だって皆すっごく楽しそうなんだもの!
 まーとにかく唯と律の自由人っぷりが如実に出てましたよね。
それを制御しようとする澪。
優しく見守る・・・と思いきや時に大胆な行動を取るムギ(←こういう部分が好きなんです)。
それぞれのキャラクターの特性をきっちりと活かしていた印象で、
正直2期最高!って思いは募っていくばかりです。
なんかもうどんどんパワーアップしてるような。
隙間無く面白い4話目でした。



始まりは修学旅行の準備・・・と思いきや、な~んか声がおかしいな、と。
したら案の定、憂に準備をやらせてる唯(笑)。
いやいや、これはないでしょう!
どんだけダメ人間なんだ!?
2話の時も思ったんですけど、唯はどんどんと自堕落になっていっていますね。
でもね、それがネタとしては非常に面白い。
だから視聴者としてはOKですよ。ええ。心配ではあるけれど。

心配といえば、律も律で非常にうるさい。
電車の中で騒ぎまくり、はしゃぎまくり。
唯も相変わらずただただお菓子を食べまくってる。
そんな彼女らに注意を促す澪。
だったんだけど、何故か律に「澪が写真を撮ろうって~」となすりつけられたりして、とっても可哀そう。
と、いいつつちゃっかり写真撮影に入るさわ子先生。
だからナメられるんじゃないかな?(笑)。
 それとこのパートで唯が「可愛く映らなくちゃ」と手鏡を取り出すシーンが何気に女の子らしくていいなあ、と。
普段自堕落なだけにね。

その後、京都に到着。
ここでも先生の号令中に眠る唯。マジで大丈夫なのか・・・!
なんかもう本当に澪やムギがいて良かったなあ。
 それはともかく、観光の一環として金閣寺。
自分も修学旅行で京都行った事あるんで(それも数回、家族旅行でも)、
正直結構馴染み深くて、観ていて楽しかったです。
この次のお寺も行ったことあるし、
気がつけば見慣れた風景ばかり!
こういうのを疑似体験できるのはありがたいなあ。
ディティールもしっかりしてるし。
 個人的にはこのパートでのムギの活躍が嬉しかった&可愛いなあって思ったり。
京都弁普通に喋れるんかい!
そしてお茶の作法まで熟知!
これも幼い頃からの教育の賜物、だったりするんだろうか。
かと思えば、Aパートの後半まくら投げに思いっきり目を輝かせてみたり。
秀でてる部分とアホな部分が同居しているのが良いよなあ。
しかも、何気に自分以外の3人に命中させていたりね。
意外に好戦的!

ベタですがさわ子先生に当てるところと、下らない事を言ってクスクス笑うシーンは単純に面白かったです。
後者は定番だよね。


Bパートでも引き続き観光。
ここら辺の風景も見覚えあって、なんだか懐かしいなあ。
必然的に取り上げますがお猿さんを怖がるムギは素直に可愛かったですよ。
これもまた意外性、かな。
注意しつつもやっぱり楽器に夢中になってしまう澪とかも。
さりげに軽音部っぽい描写入れてくんのも抜かりないなあ、とか思ったり。
律が絵馬に「武道館」って書いてたりね。
最後に唯が布団の中で思っていた事も含めて、やっぱりこういう空気感は良いですよね。
絆度はどんどん強まっている気がする。
或いは、結束度ですか。

あと観ていて思ったのが、後半から注意ばっかりしていた澪が素直に楽しむようになっていて
多分他のメンバーに感化されたんでしょうけど
Aパートを観ている時って、注意してばっかりで大変そうだな、澪は楽しいのかな?って若干思った部分があって。
だからこそ、後半の澪の表情はちょっと爽快だったし、
澪も何だかんだで与えてもらっているものあるんだなあと。
そんな事を思いましたですよ。
 それと、さわ子先生も今の感じが丁度良いとは思います。
最後の方本当に友達感覚になってたからなあ。ああいうのが似合うかな、と。
しかし、あの場面でもお菓子を勧めるムギは流石だなって思った。

最後は、富士山をバックに終了。
結果的には全員が全員思いっきり楽しめたようで、それが伝わって来てこっちも楽しかった。
迷子になったのも大事にはならなかったようで(ここら辺の描写は中々現実味がある)、
良い感じの修学旅行になったのでは。
羨ましい感じもしますね。



今週観てて思ったのが、あんまり無駄なキャラいないなあというか
役割分担がキチッとしてるのが修学旅行というフィルターを通してよく分かって
ある意味キャラクターの特性を再確認するというか、
そういう回でもあったと思います。
「けいおん!」でも原作を限りなく膨らませていたんですが
「けいおん!!」では一回やったのが功を奏して、その膨らませ方が更に上手くなっていますね。
なんか観てたら澪とムギの子供が唯と律みたいでした。
それが何より面白かったですよ。
話題作は話題作なんですが、こういう作りの丁寧さも伝わればいいなと。
そんな感触の4話目。
したら次回は2年生チームのお留守番の回だって!
こりゃあ2重に楽しみですよ。
こういう構成の仕方は正直、あんまないし、面白い試みだと思う。
期待しています。



OPとEDの感想は2枚まとめて明日か明後日に更新します。



コメント (2)   トラックバック (42)