君は転んで血を流す

もう僕は夢のあとが見たいから

全部が上手く行かないから死にたい気持ちもある

2017-03-05 00:11:59 | 雑記










全部が上手くいかない。
全部。
何もかもが失敗。
何もかもが通じない。
生きていても仕方がない。
そんな人間になってしまった。
何もかもが意味がない。
何もかもが正しくない。
圧倒的に負け犬で、
圧倒的に最下位で。


そんな自分に嫌気が差す。
上手く出来ない自分に嫌気が差す。
もういつ死んでもいい。
後悔などない。
最近はそんな気持ちで生きている。もうこの命にも人生にも、価値はない。どこかでひっそりと消えたい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「誰か」の「何か」になりたい

2017-02-21 22:38:13 | 雑記








正直、「誰か」の「何か」になりたい気持ちが自分は強いです
自分ひとりだけで完結する人生は、あまりに寂しくて無意味な気がする
だから、「誰か」の「何か」に強烈になりたいんです
その為ならぶっ壊れたっていいとすら思う
だって、
「誰か」の「何か」で在れないなら、生きている理由すらわからなくなってしまうから。
努力したいよ。努力したい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

意味のない人間

2017-02-16 23:35:35 | 雑記









意味のない人間なのが辛い
価値のない人間なのが辛い
頑張っても無意味なのが辛い
動いたら動いた分だけ空回るのが辛い
何もかも裏目に出るのが辛い
周りと同じ感性を持ってないのが辛い
群れからはぐれざるを得ないのが辛い
昨日が辛い
今日が辛い
明日が辛い
明後日が辛い
明々後日が辛い
何もかもが辛い


ずっと昔から、正体不明の何かと戦ってる気がする
だけど、それに勝ったことは人生で一度もない気がする
一体自分には何があるんだろう
一体自分には何が出来るんだろう
目の前の誰かの何かにも成れずに、どう言い訳したらいいんだろう


自分では、足りない
誰かに届かない
生きる度にその事実に死にたい気持ちが強くなる
空回りしない賢さが欲しい
裏目に出ないスマートさが欲しい


俺だって、
「あの人のように」振る舞いたい気持ちだってあるんだ
でも、いくら頑張ったところでそれは叶わぬ願いで
人が普通に出来る事さえ出来ずに絶望する正真正銘の出来損ない、生きる資格すら持たないクズ。


本当は、羨ましかった。
自分が欲しいものをいっぱい持っている彼彼女らが。
自分には何もない・・・・・。
その事実が今日も死にたい消えたい気持ちにさせてくれる。
その事実が・・・。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

突然死しないものか

2017-02-09 22:48:47 | 雑記








なんか・・・すべてにおいて「負けたな。」「劣ってるな。」って思う
人に誇れるようなもの何一つないな。って思う

だから、ときに頑張ろうとするんだけど
結局それが裏目に出たりすると
「ああ・・・。」ってなっちゃうというか、「やっぱりね。」っていうか・・・。

それは、
その現象はとてもシンボリックなもので
それが「自分らしい」って思っちゃうと、この先何想像しても嫌なイメージしか沸かなくなって
途端に絶望的な気持ちになってしまう


散々騙されたせいで、
他人を心から信用出来ないのが辛い
心のどこかで「どうせ・・・。」って思ってしまう自分が辛い
すべてが空しい
空しくないことを探す方が難しい

正直、これなら生きたくない、、、という気持ちもなくはない
だけど、自分からリセットを押す勇気なんてあるはずもない
だから生きてる、ただそれだけ。
どうしようもない
仕様がない
誰かの様になることも出来ずに、
しょうもなく価値もない「自分らしさ」を抱えて途方に暮れながら生きている
そこに意味を見出すことが出来ない
何もかもが空しい
こんな気分になるのなら、いっそお得意の不条理でこの命を奪ってほしい。。と思うときもある

だけど、それはなかったですね・・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何も無いのが悔しい

2017-02-02 00:49:12 | 雑記







何も無いのが悔しかった。
何も無いのが悔しい。
媚びる事も、
空気を読む事も自分は出来ない
どうしても出来ない
コバンザメのように生きれない
かとって、誰かを引き寄せる強い力がある訳でもない

時折、
そんな事実に死にたい気持ちになる
別に、自分と他人を比べる為に生きてるわけじゃない
生きてる訳じゃないけど、
どうしても何かが足りなく思える時もある
欠けたパーツはずっと昔に紛失してしまった気がする


無力なのが悔しい。
無力なのが情けない。
無力なのがありがたい。
無力で良かった、とも思う。
だからこそ、余計な勘違いをせずに済む。
所詮俺はただの出来損ない
「彼ら」のように振る舞えない自分を恥じる気持ちもあるけれど、
そんな自分も許せたら、少しは気持ちも楽になる・・・のかもしれない。

完全に満たされてしまったら、向上心を失くしてしまうかも。
だから、「嫌だ」という想いと、
「これでいい」っていう想い
二律背反の気持ちを背負って今日も生きている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加