超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

kocorono全曲レビュー その6「7月」

2010-07-31 23:26:50 | kocorono全曲レビュー



7月の終わり。
そういう訳で「kocorono」全曲レビュー、その6「7月」です。
・・・ようやく追いつけました。
途中で日記も挟みましたが(約2ヶ月ぶりだった)、ほぼ連続で更新です。
 だけど、この曲はどうしても7月にレビューしなくてはいけなかったんです。
自分の中で。
その為、今週はブッチャーズの記事が多くなってしまいましたね。
久々のフジロックはどうだったのかな。
そんな事を思いつつ。



この曲は、ちょっと色々な意味で思い出深くて
まずこのアルバムの中で一番人気のある曲、というのがあって
自分自身も多分一番印象に残る曲、っていうのもあって
思春期、中学生時代によく聴いていた曲、というのもあって・・・
というか引越しの最中だか前後だかは忘れたけど、その時期に聴いていたというのもあって。
 ふと、気が付くとこの曲を聴いてる最中に泣きそうになった事が何度もあって。
でも、今聴くと切なさは感じるんですけど
泣きそうになる、ってのはちょっと違うな、って思っていて
それを考えると、思春期の、或いは十代特有のメランコリックだったりペーソスがこの曲には詰まっていて
それが当時の自分に大きく作用したんじゃないか、とか
今はそれを俯瞰しているんじゃないか、とか色々な事を思うような、そんな曲です。
まあ、一言では語れない曲ってのは確かですね。
やっぱりこの曲は、ブッチャーズのファンならきっと誰しもが特別な曲なんじゃないかな。
違ってたらゴメン、ですけど。


9分もある曲。
でも、全体的に疾走感のあるサウンドやきっちりと盛り上げどころの付いたメロディラインが
兎にも角にも印象的で
意外とそこまで長くは感じない曲になってるのがミソです。
基本、バンドアンサンブルがガッチリしていて常に気持ち良いので
演奏面に関しても飽きずに聴ける曲、って表現も出来るかも。
そして、間違いなくアルバムに於いてもハイライトって位置づけの曲、だと思います。
曲自体がハイライトな上に、曲間でもハイライトを容赦なく刻むもんですから
結果的に2重ハイライト、みたいな形になってるのが素晴らしいです。
確実に名曲だと思われます。
思います。


「君に伝えたいだけ どこにも君はいない」


多様な解釈が出来る、といえば出来る歌詞なんですが。
それと同時に、情景が直に分かり易く浮かぶ歌詞でもある。
丁寧にイメージさせてくれるというか
聴き手を世界観に誘ってくれるような、非常に浸れる感じの詞。
と、共に襲い掛かってくる相当の喪失感。
ここで描かれている「君」は、
どんな「君」かは知りようがないんですが
突然消え去ってしまったのか
それとも合意の上で立ち去ったのか。
何にせよ、一人ぼっちで取り残されてしまった主人公の想いが
宙ぶらりん状態のままその場でずっと蠢いてるような
なんとももの寂しい感じのフレーズが全体を占めていて
最後の大サビの切なさ加減は、多分大いにグッとくるようなものになっていると感じます。
一気にブアッって来る感じ。
こういう状態のときに、誰にも触れられたくない、ってのは本当分かり過ぎるくらいに分かってしまって
それが更にその感情を加速させている印象もあって。
恐らく、このアルバムの中では最も感情に訴えかける歌詞になっていると思います。
 そして、「6月」に続いて季節感もたっぷり。
7月の思い出、といえば、やはり夏休み。
と、家族旅行。
けど、その時期に転校があった事とかもあって
自分の中では妙にせわしない季節というか、多感な季節だった、という記憶がある。
 そして、実際私は7月に「7月」を聴くという行為をよくしていた。
この曲もまた、今までの7月の記憶の中に、何度も何度も経験した季節の中に
ピッタリと張り付いているんだろうな。と思うと、やっぱり大切な曲だなあって思います。
そろそろライブでも聴きたいね。



「このままではすべて流れて行きそうで」


揺れ動く少年の、或いは少年の心の移ろいを真正面から描いているような、そんな一曲だと自分は感じています。
この曲で何かを感じてくれたなら、ファンとしてとても嬉しい、って思いますね。
いつもより長くなりましたが、「7月」のレビューはここで終わり。
次からはまた月イチで、
当初のコンセプト通りにやっていきます。 なんか今年はブッチャーズの年だね。自分の中で。



コメント (4)   トラックバック (1)

ねんどろいど ルッキーニ

2010-07-31 17:39:32 | 日記



この間、某所の自販機でジュース買ったら全然違うのが出てきた。
黒いGが出てくる夢を見たら、起きて直ぐ正夢になった(マジ)。
自転車でフラフラしてたら鳩のフンが肩に直撃した。
仕事で疲れすぎて放心状態になってたらいつの間にか意識飛んで深夜になってた。


それはそれとして、このねんどろいどの出来は良い。


コメント

kocorono全曲レビュー その5「6月」

2010-07-31 00:47:38 | kocorono全曲レビュー



もう明日で7月も終わりなんですね。そして明後日からは8月か。今年の夏も良い具合に暑いですね。
そんな中、梅雨の曲の感想を書く訳ですが。
うーん、気持ち良いくらいにタイミング外しとるわ。



という訳でbloodthirsty butchers「kocorono」全曲レビューその5、「6月」です。
明日「7月」を無事に書ければ、ようやくまた月イチに戻す事が出来ますよ。
気合入れて行こう。


で、そんな個人的事情はさておき
この「6月」という曲。一言でとっても重い曲です。
雰囲気は暗いし、ボーカルもかなり沈み気味で、
ボソボソと呟くように歌うその音像は、正に梅雨の季節と一体化したようで、
その意味じゃこのアルバムの中で最も季節感のある曲、といってもいいかも。
 そう、そういえばこのアルバムって1年を1枚のアルバムで表現したものなんですけど
基本フィーリング重視で、
そこまで季節感、みたいなものはないと思うんです。
それを考えると、この曲は兎角雨ってキーワードがいっぱい出てくるし
あじさい、なんてフレーズもあったりして
最も季節を表現する事に尽力した曲、とも言えるかもしれません。
ただ、当然明るさはゼロに等しいんですけど。
地下牢とか、そんな感じのイメージも沸いてくるんですけど
歌詞の中じゃキレイな風景が出てきたり列車って単語が出てきたり、逆に外に開けてるのを見ると
そんな季節感溢れる時期の中で、自分一人だけが閉じてしまっている、というか
そういった印象を受ける曲でもありますね。
ベタに心の中でずっと雨が降っているのかな、とかも思ったり。


抜け切らない季節と、抜け切らない自分自身が
決してキレイではなく気持ち悪さを含んだ感じで一体化してるような、
深いまどろみや虚ろな感情がぼんやりと、決して強くはない形で伝わってくる曲です。
結構、サウンドや歌詞カード読んでると気になる部分がいっぱいあったりして
オルタナティヴ・ロックの一曲としても秀逸な楽曲だと思います。
こういうストイックな音、個人的にはとても好き。



ここまで書いておいてなんですが、キャッチーさに関してはゼロに等しい、といっても過言ではない曲で。
でも、その分聴きこんでみたり
じっくりと向き合ったりすると
自分なりに感じる事、思う事がふつふつと出てくるような、そんな曲です。
季節感を盛り込んだ楽曲としても、このアルバムには必要な楽曲だと思います。

憂鬱→宙ぶらりん→憂鬱、と来ているような3~5曲目の構成。
個人的にも6月って何気に転機になるような出来事や、考える事、悩んだ事が多かったような気がする。
「6月」のレビューは、これにて締め。

そして季節は、夏に向かいます。




コメント

たまりば1巻/しおやてるこ

2010-07-30 03:11:47 | 漫画(新作)



しおやてるこ「たまりば」1巻読了。



本屋で見掛けて何の考えもなしにフラッと買った漫画なんですけど
これが思った以上に面白くて。
ちょっと良い買い物したな、って思ってしまいました。
 個人的に、表紙とか本屋のポップからしてかがみふみをとかあずまきよひこに近いイメージを感じていて
(名前も同じ平仮名だし)
実際それは間違ってなかったんですけど
結構生々しい部分とかもあったりして
可愛い絵柄して意外にやるな!とか思ったりも。
 ページ数厚めなんだけど、
会話のシーンとかがいちいち面白いからあっという間にスラスラ読めてしまった。
雰囲気もイイしね。
読みやすい。


まあ、一言で年の差恋愛?だけどそんなにシリアスな雰囲気でもなくて
割かし楽しくて、賑やかで、でも時々ほろ苦いシーンなんかもあったりして。
すっごくガヤガヤして「楽しいなあ」みたいな回の後とかに
いきなりそういう暗めなシーンが挿入されてくるんで
油断ならないなあ、って感じなんですけど
個人的には、メリハリが効いていて良いと思う。
 それで、キャラクターがどれもこれも味があって良いヤツなんですよ。
なんかこう、汚い部分(特に男子)とかも良い部分と平行して描かれてるのも人間臭さ感じられて良いと思うし。
というかそういうとこ描かれても別段好感度が下がらないのが上手いなあ、って思う。
これはあくまで個人的な判断なんですけど。
でも、絵柄はあくまでほのぼので老若男女選ばずに読める感じなんですけどね。
大きなお兄さんも年頃の少女もカバー出来る、みたいな。

それで、個人的にはやっぱ主人公の美和の存在感が凄いな、と。
凄いなっていうか・・・まぶし過ぎ?
ひと目合ってフィーリングが合った相手を
あそこまで真っ直ぐに好きになれる純粋さ。
ハルオは外見だけ見れば大した事無いルックスなんですけど
何気にオーラがあったり、時々格好良かったり、そして実はモテてなんかりもして。
だからこそ、逆に美和が心配になる時もあったりするんですが・・・。
というか途中から現れた男も明らかに軽いノリの奴だし。
 なんかこう・・・キラキラしてる娘をハラハラしつつ見守る感じ?
でも、どう転ぼうが
過程の部分でこれだけ面白けりゃ、結末も相当良い感じのものになるのでは、って思ってしまうけど。
何巻くらいまで続ける予定なんだろ?
展開に関しては、常にひねってる感じがして隙間なく面白いです。
だからこそ、きっちりと終わりどころを見据えて終わって欲しいですね。
ぶっちゃけ半永久的に見たい気持ちもあるけれど。


他にもツッコミたいネタはあるんですけど
実際読んだ方がインパクトのあるネタたちだと思うんで、敢えて記述はしません。
でも、読めば必ず面白い、と思います。って事を読んだ後言いたくなる漫画ですね。
絵柄的にも内容的にも、自分が読んでる漫画にしては珍しく幅広くオススメ出来る感じ。
でも、ニッチな人が読んでも楽しめる懐の広さもあると思うし。
ってまだ1巻の段階なんですけどね。
思った以上に面白かったんで、やたら期待したくなってしまう。癖かこれは。
 ちなみにもう一つこの作者の新刊が出てたみたいなんで、それも読んでみようかなあ。
そっちは恋愛ものじゃなかったっぽいけれど。
何かこれ読んですごく癒された感じはします。
癒され目的で買った訳でもないけれど。





コメント

ストライクウィッチーズ2 第4話「かたい、はやい、ものすご~い」 感想

2010-07-29 03:27:29 | アニメ




喧嘩するほど仲が良い、って事なんでしょうか?珍しくシャーリーが怒るシーンも!今週のスト魔女の感想です。



今週はシャーリーとバルクホルン中心の回。
1期の場合、普通にシャーリーとルッキーニの仲良しコンビの話だったと思うんですけど
今回はお互いライバル同士、って感じの話で。
 この二人の関係の掘り下げはあんまりされてなかったと思うし
また新たな関係性の妙が楽しめるようになった、そんな話だったと思う。
そしてハルトマンが実はアレだったとは!
色々楽しめた回でした。
という事でいつもの如くネタバレ込み以下つらつらと。




始まりは訓練場から。
下着姿でユニットに乗っているシャーリー。を、注意するバルクホルン。
人種の違いも関係してるのか、この二人がはっきりと不仲である、って事が提示されてましたね。
とはいえ、シャリーだけじゃなくルッキーニもハルトマンも下着姿だったんですけど。
最初からグダグダな雰囲気(笑)

しかし、その雰囲気もこの後持ち込まれたあるブツによって変わります。
その名も、「ジェットストライカー」という脅威のスピードやパワーを出せる新ユニット。
が、試作品として届いたんだとか。
時速950キロメートルぐらい出せる、って事で
当然音速を目指すシャーリーが目を付けるんですが
ユニットが作られたのはバルクホルンの出身国、という事で彼女もそれを求めて
一気に一触即発ムード。
を、壊すかのようにルッキーニが間を取って一番乗り。
だけど、乗った途端に電気のようなものが走ってビリビリって状態になってしまったルッキーニ
一気にジェット恐怖症になってしまい、相棒のシャリーにも「乗らないで・・・」と涙目でお願い。
これは流石にめっちゃ可愛いな!
了承するシャーリー、ジェットストライカーは譲るよ、と。

しかし、そのまま素直に譲られればいいものを
バルクホルンが「怖気づいたのか?」とシャーリーを挑発。
うーん、バルクホルンも意外と子供っぽい一面あるんだね。微妙に新鮮。
 それを受けて挑発にのるシャーリー。
ここから彼女たちのストライカー勝負が始まります。一言で、意地の張り合いですな。


まずは、上昇勝負。
どこまで上昇できるか。
これはシャーリーがストレート負け。
終わった後のじゃがバタの取り合いでは勝つ(?)ものの、調子に乗るバルクホルン。
そういえば1期にもじゃがバタのシーンあったな。懐かしいね。

次は、装備勝負。
どこまで重い装備で飛んでいけるか。
これもシャーリーのストレート負け。
余談ですが、ペリーヌ曰くシャーリーはまず胸の搭載量をなんとかしろ、だとか。
その言葉を聞いて自分の胸を押さえるリーネちゃん。
うーん良いシーンですなあ(笑)。
 一方で、勝負に勝ったバルクホルンは、何だか異様にお疲れ気味。
この時点で、怪しいな、とは思ったのですが。

最後の勝負は明日に持ち越し。
ひとまずお風呂に入って休むシャーリーたち。
ペリーヌの云う事もよく分かるわ、ここら辺見てると。
今時ドラム缶風呂、ってのも風情があっていいやね。
 バルクホルンは疲れたまま就寝、この時さり気に毛布を掛けてあげるハルトマンの優しさにも注目。

で、翌日。
最後は堂々とスピード勝負。
流石に、スピード狂としては、これには負ける訳にいかんでしょう。
が、レースが始まった途端にルッキーニが吹っ飛ばされるくらいの猛スタートダッシュを切るバルクホルン。
「ピギャー!!」って。安い悪役じゃないんだから(笑)。
 それで、なんとここでも、圧倒的に勝利してしまうバルクホルン。
当然、ウソだろ・・・?って感じでポカーン状態のシャーリー。
 が、落ち込む暇もなく、バルクホルンの様子がどうにもおかしい。
と思ってたらそのまま海に落ちてしまった彼女。
どうやら、魔法力を使い切って気を失ってしまった、との事。後の解説によると。


勝負には勝ったものの、体力が回復するまで謹慎、そしてジェットストライカーにも禁止命令が下って
一気にみじめな状態になってしまったバルクホルン。
風呂のシーンでルッキー二も言ってましたが、やっぱり原因はそのジェットストライカーにあるっぽい。
強力な分、一気に気を吸い取られてしまう、諸歯の剣的な。
 しかし、それでも無茶なトレーニングを続けジェットストライカーも継続して履く、とのたまうバルクホルンに
珍しく怒り気味で注意をするシャーリー。
何だかんだいっても同じ部隊で戦う仲間ですから、心配してたんだろうね。
でも、聴く耳持たないバルクホルン。
この子は真面目すぎるんだよね。色々と。
 そんな彼女に耳栓を渡すハルトマン。せめてあのデカい音だけでも聴かずに・・・って事だったんでしょうか。
余談ですが、トレーニングの最中、やたら股間だけがクローズアップされて
画面が真っ白になるシーンがありました。
無茶しすぎぃ(笑)。

そんな最中、今回も現れた新型ネウロイ。
今度のは分裂する!って事で1期と比べて随分多様になってる様子。
そのネウロイのコア破壊は、シャーリーが中心となってミッション開始。
しかし、スピードマニアのシャーリーでもちょこまか動くコアに苦戦必至、
その状況に危機を感じたバルクホルンが
謹慎命令を無視して、なんといわくつきのジェットストライカーで出陣。
 この時、さっきシャーリーが無茶をするバルクホルンを本気で怒ったように、
彼女もまたシャーリーの事が心配だったのでは、気がかりだったのでは、
なんて見終えた今は思いますね。
ミーナは当然怒るんですけど、半分仕方がないって感じで、5分なら、と出撃時間を提示
「5分で十分!」とやたら男前なセリフを残して堂々出撃
有言実行するように、高速でシャーリーの元に駆けつけ、分裂した中の本体を撃破。
が、しかし再び気を失ってしまうバルクホルン。
けど、シャーリーが再び限界突破のスピードを出して、出せて、バルクホルンを救出。
(何気に彼女もパワーアップしてたのかな?)
助けられたバルクホルンが、
1期の芳佳よろしく、シャーリーの胸の中で幸せそうな表情(笑)。
普段はいがみ合っていても、実はお互い通じる部分もあるんだろうな、って事を感じさせる回でした。
 つーか今回じゃがイモばっかだな(笑)。
ああいうのっていちいち送られてくるのかな。
ちなみにエイラとサーシャは今回殆ど寝てただけだったそうな。相変わらず陰薄いような・・・(笑)。



で、前述の通り、ハルトマンに双子の妹がいる、という驚愕の事実が発覚!
だって双子だもんなあ。
これは予想外。めがね掛けただけで一気に賢く見えるのは何故でしょう?
や、彼女ジェットストライカーの開発チームの一員だったから実際賢いんですけど。
ウルスラ、って名前らしいです。
今回は試作段階のミス、って事でまた開発し直して、新型ジェットストライカーが完成するのか
それともまた別のタイプのユニットが出来るのか。
何にせよ、ホウキといい乗り物的な意味でも2期は楽しめそうな感じで良いですね。

それで、シャーリーとバルクホルンはせめて食事のひと時だけでも仲良くして欲しいと思います(笑)。
一杯あるのに取り合いすんなって!
でも、だからこそお互い助け合った一連のシーンが際立ったんでしょうね。
来週は、そんなシャーリーの相棒であるルッキー二中心の話っぽい、ですね。
引き続きシャーリーの出番も多そうなんで楽しみです。



コメント   トラックバック (8)